2-26-6

時間は光の矢のように!

春めいてきて、写真展も佳境…の
かけこみ来店者さんが増えています。

冬の間、ほとんど出かけないで
だけどどこかへ
行きたくなったからここへ来た、
という言葉が嬉しい。


2-26-4

旅につきもの?のおやつ、
cafe soygassolさんの特製。

残りは1袋…
+1種類不足した
アウトレット品2袋のみ
となりました。

最終週も内容がちょっと
変化しています。

新顔『テュイルアマンド』、
食べられずに終わりそうなのですが(ノ_・、)
いかがでしたか〜。きっとおいしい。


2-26-3

でも差し入れたちが。
ありがたいです。国際色豊か…


2-26-7

地元のお店や少し遠方の。
まんべんなく、お客様とシェア中。

ありがとうございます。


2-26-5

大きなアイパッドホルダー人形!
彼はご主人様により
ゴンタという名前を授かった。

ゴンタは足の裏で
画面の掃除もできるのです。
かかかかわいいぃぃ…


2-26-1

友だちが時間と手間と愛情を込めて
作っている小物たちの
ユーザーさんが出会って。

偶然の再会とか
さっき噂してたらご本人来店とか…

目に見えない周回コースは
日常に張り巡らされ、
常に流れを変えているんだろうな、
と思う。

出会うべき人にきちんと出会う。
自分も流れに飛び込んでいたら。


2-26-2

バタバタがとまらない手塩氏。
手当ての作業、
お客様に協力していただきました。

このお店は時おり、野戦病院??
*いつもではないです…

夜は数時間吠えっぱなし。
でも、最後の時間の一部であることには
間違いのないこと。

本当は、全ての人にとって
今日もおしまいへ向けての道。


2-26-8

時おり泣きたくなる。
楽しかったときや、
うれしかったときや、
変化してほしくなくて、
愛しくなったり怖かったり。

写真に残して小さな悪あがき。

けれど、写し取れているのは
わずかなものだ。


2-26-9

アメリを見る会。

作り立てポップコーンは
セルフサービスで食べ放題!


2-26-10

肉無しフラグのたった
おいしいオムライス。

予感通りお肉無しでした(笑)


2-26-12

上の文章たちが妙に感傷的なのは、

以前アメリを見たときにも思い出した
幼少時代の幸せや孤独感が、
この日も蘇ってきたから。

本当に良い映画だと思います。

何度も何度も折りに触れ
思考ごと塗り替えて、
今の自分になったけれど、

おびただしいほどの層の
一番下の方の記憶や感覚は
ふとしたときに、いつでも顔を出す。


2-26-11

いたずらや企みごとが好きで、
妙に冷めた同級生と
歩調の会わなかった思春期や、

逆にドライなスタイルを
会得できたかと思ったころに
熱い人の集まる?高校に恵まれて、
むしろ居場所を見つけられなかったり。

飯田橋の会社と会社の屋上を
眼下を見下ろしながら
綱渡りのように飛び越えて
散歩した昼休み。

自分のルーツを思い出しました。
たぶん、これからも
たくさんの自分が積み重なる。

周りの色んな方の影響を
ふりかけて色鮮やかに。

私も誰かの色彩になって、
まじりあって。
あなたも誰かのパレット。