休みの日の朝、
早くから目が覚めて、

終わりはないものの
部屋の掃除を始めました。

これだけで
すでに気持ちがいい。

一息ついてから、外へ出て、

12-15-2

世界が白く立ち上がってる!

気道まで凍る感覚を
吸い込みながら、

背伸びして
カメラを取りに戻って、


12-15-1

あわく凍りついた通学路を
子どもたちが歩く列や、


12-15-3

触れられない
フワフワ(実際にはポリポリ)を
眺める事しばし。


12-15-4

長靴で田んぼに入り込めば
シャキシャキ。

一本の藁から、
霜柱がこんなに生えてる。


12-5-5

霜に何度か晒されても、
咲き続ける野草の力強さ。


12-15-9

火山口でも南極でも
生息できる苔たちにとっては
こんな環境、まだ易しいのかも。


12-15-10

店舗を引っ越す前、
毎日のように散歩途中に
立ち寄ってくれていた、

かわいいアンコちゃんが
走ってくる、だだだ。

(名前の由来は背中の毛の
真っ黒色から。)

あえて、白目がちな写真を。
めごーー


12-15-5

何がどうなって、
こんな形になったんだろう。


12-15-6

絡めとられ
閉じ込められた藻のモヤモヤ。


12-15-7

北京オリンピックの
鳥の巣を思い出す。

自然が作る造形美を
再現するには、

たくさん観察して
たくさんスケッチして

あと付けの思い込みを
取り外すひと手間が
必要かも知れない。


12-15-8

『外側の目』を想像すると、
『自分』は薄まって『誰か』に近づく。

生まれついてのギフト、
とてもユニークな個性は、

売れるウケる関係なく、

適度に発散した方が
きっと自然だ。



思っていたよりも早く
母親と手塩番(老ワンコ介護)を
交替できたから、

突発的に十日町へ。

12-15-12

古民家を改築したギャラリー
Iの巣(あいのす)さんにて

3ヶ月に1度開かれる
展示会を見に、夜道を走りました。


12-15-11

シルクスクリーンの型紙を張って
作られたランプシェード。


12-15-15

天井から広がる
茅の大きなシェード。

周りには笹の葉が嵌め込まれ、
温かい薪ストーブの空気が
外へ漏れ出すのを防いでいます。


12-15-18

今回の展示は冬仕様につき、
1階の大きな空間のみ。


12-15-16

テーマは『木』。

色んな人の手から生まれた
自由でかっこいい作品が
飾られています。


12-15-17

小千谷産のハチミツ入り
手作り洗顔石けん。


12-15-13

つかみどり販売な
ハーブバスミックス。


12-15-21

シンプルさがいい。
大工さんの木工作品。


12-15-23

高柳の麦麦ベーカリーさんの
美味しいパンを、

フライパンでカリカリにした
ラスクとお茶つきで
入場料300円です。


12-15-24

このくらい、美味しい。

ゆーーーっくり
会話したりのんびりしたり、

長逗留できたら、
それがおススメ。


12-15-22

唐突に、現在の
はやかわ無料ラッピング見本。

秋深まり虹色だったときの
柿の葉っぱを押し葉にして
両面テープでペタリ、
すげ草がアクセントです。

お気軽にお申し付けくださいな。


12-15-26

中身は
14種類の木を覚えられる
積み木セットでした。
(1,980円/店頭在庫あり)

1歳になりたて
Moccoちゃんの遊び方は、

カゴに入れてはザラザラ
ゴロゴロ落としたり、

ポイポイ投げること。

口に入れたり(無垢材なので大丈夫)
たくさんの傷をつけてね〜

お母さんが蜜蝋由来の
安心クレヨンを買ったばかりで、

『これからMoccoちゃんの
らくがき帳はこの木だね』と
言ってたのがステキ。


12-15-14

虹色の森の夜や、


12-15-19

むかし、かわいい女の子が
纏っていた綿入れを
今も大切に着続けていたり、


12-15-20

10年後、20年後に
ここで過ごした日々の
記憶の種が、

どんな風に、
彼女の花の色を
変えてゆくんだろう。

普段の住まいは現代のお家。

ギャラリーが開く日は
100歳以上を経た古いお家。


12-15-25

お見送りダンス。

また来年、ここに来るね。
ありがとうね。

帰宅して空を眺めたら、
東北東にたくさんの流れ星。

双子座流星群…
明るい月夜でも
かき消されない光線。



たずねるなら、この日がいいです。

12月18日(日)
午後3時~
投げ銭ライブ
Moo-tala's(む~たらず)

入場無料

みなさん旅の途中を共有しませんか!

音を奏で旅する3人組
Moo-tala's(む~たらず)

踊りましょ*



『Iの巣』

22日まで毎日
昼12時~夜7時『木の展覧会』



南魚沼からは
高柳へ向かう道すがら、
道の駅せんだを通過後すぐ、

右手に『赤谷の大ケヤキ』の
看板が出ています。

そこから右折して山道を
5分ほど走ると、

右手に目立つ赤い布付き看板。

細い道を入って一番奥の家です。