昨日は再び長岡市。

お店を休ませていただいて、

6-26***

お客様への納品の為、一黙窯さんへ。

(かこつけて、でもないのですが
行けて良かった♪)

6-26

atelier ひと葉さんのリース展
【深緑】の初日。

6-26*

冷茶をいただきつつ、
木の丸椅子でひとここち。

炒めて食べられそうな
グリーンネックレスの
錆び錆びアルミポット植えと、

ミニどんぶりサイズの
渋色深鉢を購入。

6-26**

細腕ガーデナー、Nさん。



その後は
夜のコンサート会場となる
長岡市神田町の
安善寺さん(曹洞宗)へ。

6-26******

↑開場前に本堂入り口で
のんびり本を読んでいた方が…
風雅〜。

6-26+++++

稲荷堂への石畳。

プライベートスペースの
インテリアが美しくて
禅的?な、引き算のしつらえ。
奥様の趣味かな。

6-26*******

我が家の販売ブース。

飾り付けは魔女っ子ちえちゃん。
ありがとうございましたm(_ _)m 

6-26+

名古屋から、
バイオリニスト金子ユキさん。

(昨年のコンサートでは旦那様、
パカワジ奏者カネコテツヤさんに
舞子の宝林寺さんにて演奏して頂きました)

インド音楽でバイオリン、
意外でしょうか。

インドではポピュラーで、
奏でる音色も変幻自在。

6-26++

ドカンと、
パワフルなタブラは
インド人奏者ならではかも。

東京から、
ディネシュチャンドラジー。

新潟市から会場へ向かう際に、

【今日は本番なの?…練習かと思ってた】
というやりとりがあったそうです(笑)

岐阜からいらした
ジミーさん(宮下節雄さん)の
サントゥールは…もう。

沢山の光が、キラキラ。

言葉にならないビジョンを心に残し、
音色は終着点までスピード上げて、
だけどしっかりと降りてゆきました。

6-26+++

ジミーさんは県内での演奏が
3日間続くそうです。

明日(27日)は、
東山ジャンボリー2010で
癒し系トランス??

サントゥールとパーカッションで踊るって…
それは気持ち良さそう…

6-26****

控え室での一コマ。

少し早い夕ご飯は、
暑かったのでザル蕎麦。

6-26*****

出前のオカモチ、かわいいな〜。



インド音楽を聴くたびに、
考えること感じることは
いつも違います。

(100人100色)

光…大きな光…
今回もそんなことを感じつつ。

あとは、
表現することや、芸術について。

私たちは
生まれてくる時に
【ここはいいところだよ】と
誰かから声をかけられていて、
それを信じていたような。

嬉しいことも悲しいことも
どちらもあるから
感じられることを、

再び神様(みたいなもの)に
返しているような。

【たしかにここはいいところ。
たとえばこんなことがありました…】

子どもが今日あったことを、
夢中になって話すみたいに。

伝えたいことがあって、
誰かに分かってほしくて、
言葉に尽くし絵に託し。

その【誰か】を
身近な誰かに限定できる程、

表現活動は小さな現象では
ないのかもしれない。

…ヘタクソでも、いいかな。
だって、伝えたいんだもの…

6-26++++++

そんな心のつぶやきが
音の光にまぎれました。

石の痕跡に
身体が溶けてなくなるまで、
神様に提出するレポート。