10-29-1

石川県の太鼓工房から届きました。

職人さん謹製の、
積み木セットです。

段ボール箱が可愛かった…
太鼓をかんなで削ってる??

14種の無垢材を丁寧に面取り、
木の名前がそれぞれに
焼き印で押されています。

小さな子が飲み込めない、
だけど掴むのに丁度いい大きさ。

(いろんなちび子客さんが
遊んでくれたので、実証済み!)

カゴの色は、
大人の方でも使っていただけるよう、
ベージュ、ブラウン、深いピンク、
と、落ち着いた3色になりました。

1,980円(税込)数量限定です。

ご予約いただいた分は
キープしてありますから、
ご安心を〜

400年続く和太鼓屋さんの
愛と技術が詰まっています。


10-29-5

店内に色んな木の
良い香りが広がって、

香りは副産物だけれど、
気持ちいいですね…


10-29-3

ちょっと狭くなった店内を
グルグル廻り続ける手塩さん。


10-29-4

入って欲しくない場所
(狭いところ)へ、
積極的にはまる姿が可愛い。

このところ発作が続いて
顔が痩せてきましたが、
食欲はあるので大丈夫。


10-29-7

こちらがわに棚をつけたい。
と、思い続けて早5ヶ月。


10-29-8

大正生まれのお婆ちゃんが
愛用していたお針箱は、
上蓋の真鍮蝶番が
劣化して折れていました。

新しい蝶番さえ付ければ、
問題なく使えます。
おつとめ品価格でどうぞ。


10-29-6

子どもの頃、このお弁当箱で食べたの、と、
74歳のご本人から譲っていただいた
戦中のアルマイト製。

きゅーーぴーーー!


10-29-9

今度は額縁を枕に。


10-29-10

閉店の作業中に
山の本(ドキュメンタリー)を
持ってきた方が居て、
これはロマンなんだな。

山の道を開拓した男たち。

その偉業、私も確かめたいし、
胸躍るものがありつつ、
今年も登らず終わりました(-_-)


10-29-2

友達やお客様に愛用者が多い
SORELの冬靴を買いました。

安物を買っては
凍えて懲りてきたので、
5年以上履くつもりで。

マイナス32度まで耐えられる
仕様は伊達じゃなかった。
あったかい!!

手前は、雪の上も歩いたという
お嫁入り用の下駄です。

昔は冬でも足袋に下駄…

見習いたいのは忍耐力。
血流の良さは鍛え方次第、か。


10-29-11

本日29日(土)は午前中に
tamさんがフェアトレードコーヒー豆の
焙煎実演をして下さいます。

実はここ3週間連続の
レギュラー企画(いつのまにか)。

その場で好みのお豆を選択して、
煎り具合もオーダー可能。

煎って挽いて袋詰めして、
100g530円でのお渡しです。

気になる方、お気軽にお越し下さい。

発注が立て込むと、お昼過ぎでも
ザリザリとお豆の音が響きます。


それではよい週末を!