10-27-5

泡立ち始めて
こいつはー!と気がついた、

せいたかのっぽな秋のキリン草。
= セイタカアワダチソウ。

良く染まる、薬効がすごい、と
にわかに名前があがっています。

コメント欄、
うめさん情報から

>いつか県外では
>この植物をやっつける専用の
>アブラムシが開発されていて
>ある地域では(県外)絶滅状態だそうです。
>なんだかそれも怖い話ですねー。

…怖い。

彼らは他の草を生えさせない物質を出して、
土壌から変えてしまうそうな。

その成分だけを抽出して、
天然の雑草駆除薬を作れないか
という話も聞きました。

キリン草以外適応できない土って、
野菜も作れないのでは…

んんん。


10-27-2

ハッカのお爺ちゃん、こと
97歳になったばかりの源一さんと、
83歳の松田爺ちゃんを囲む会。



16,17歳の頃の源一さんは
馬喰(ばくろう)をしていて、

直江津から馬を引っ張ってきたり
していたそうです。

今でも時おり思い出すのは、
葦毛の素晴らしい馬が
雪で隠れたくぼみに落ちて骨を折り、
その場で殺さないといけなくなったこと…

昭和の始めのお話は、
江戸時代に近しく通じていました。

『ずいぶん遠くまで、
来たと思いますよ。本当に遠いね』

六日町の町内に
川船が往来していた時代だって
知ってる人ですもの。

数百年続いた生活の仕組みが
戦後すぐ位までは
残っていたんだなぁと思う…



農業のプロ松田さんは、
〈除草に手間をかけなさい〉と
繰り返していました。

これからやってくる冬に、
ハッカスプレーと
蒸留水を活かすための
ちびペーパーを作ろう。

それから、個人でカフェなど
経営されている方、

メニューに和ハッカを
加えてみませんか?

商品開発に活用できる方へ、
苗をお分けくださるそうです。

この日、初めて食べた
ハッカ草の天ぷらは美味しかった。

山菜てんぷら盛り合わせに、
加えても良さそうです。

色合いは鮮やかな緑色。

甘みとの相性、言わずもがな。


10-27-4

来年に備えて、
朝顔の種取りを始めました。

咲き続けている昼顔は、
もう少しあとで。


10-27-3

ずっと気になっていた建物へ。
もうすぐ解体だそう。

昭和30年代築、
変電板を囲む箱や食器棚など、
いたるところに職人さんの作品、
パーツも真鍮。

作り付けだったり大きすぎて、
搬出はあきらめました。

豪腕と、雪掘りのいらない
体育館10個ほしい…


10-27-1

時代の空気を感じる
椅子や照明など。

お掃除完了しました。
お店に並べますね。

美しいアクリルの椅子は
2つあります。


10-27-7

冷え込んだ日の帰り道、
泉田のたいやきともちゃんへ。

仕込みをしながら19時すぎまで
お店を開けているそうです。

もう少し駅よりで
50年近く営業していた
大判焼き屋さんが、

一昨年くらい?に辞められて、
ちょっと寂しい。

昭和の味は、
心身あっためたくなったら、
また買いにこよう…

そんな季節になったんだ。


10-27-6

ある日、
長岡市から届いた封筒。

おぉぉ、先日のインド料理食事会の
レポートです!

さすが造形大OB〜な
野田さん作。

サイズの大きな画像は
〈こちら〉から。

プリントしたものも店頭で
配布しています(早い者勝ち)。


10-27-8

小さな頃、
このやり方で自作の絵本を
たくさん作ったものだー

なつかしい。


そして、嬉しいお知らせ。

十日町でも食事会が
企画されましたーー♪

10-27-9

家楽(からく)さんの主催です。
ベジタリアンでも大丈夫。

私もさっそく19日夜の会を
予約しました。

お店を閉めて直行します。
食べることに専念するのだ(^_^)

でも、片付けにはがっちり
参加してきます。

裏方にこっそり混ざり込むのが
イベントの醍醐味〜

ご飯を作って下さる
とらさんのブログもどうぞ。

料理会の前にたくさんの
仕込みを経ているのですよね…

感謝していただきます!


10-27-10

塩沢ご飯会で参加できなかった方、
今年はこれで最後です。

野菜×スパイスの元気料理を
みんなで楽しみましょう。



お寺会場で調理補助から
参加して下さったYさんから、

十日町にお店オープンの
お知らせが届いていました。

定休日が同じだ…
しばらく私はいけません(T_T)
が、みなさんぜひ。

本日28日から開店です。

10-27-11

Oriental restaurant & Cafe
Roots


■住所
十日町市田沢本村甲331-25

■営業時間
11:30~16:00
(Food14:00まで)

■定休日
毎週水曜日
月末3日間
(おいしい野菜発掘の旅)

地元産の出来るだけ自然に近い
無農薬や減農食材を使用することにこだわり、
化学調味料は極力使用せずに
素材本来の美味しさを引き出すように
調理をしております。

Foodはアジア各国を旅したり、
アジア料理経験を活かしたヘルシーアジア
料理が主体です。

Sweetsはイタリア料理のDolce経験を活かした
イタリアンSweetsが主体です。

そして、栄養士として食事を通じて
一人でも多くの人が健康になってもらいたいと
考えています。

とのこと。
コンセプトが好きなお店、
増えて来たような気がします。