★ご飯会、15日夜の会は、定員に達しましたので、
 申し込みを締め切ります。16日はまだ大丈夫です。


☆お申し込みメールの1つが
 『迷惑メール』フォルダに振り分けられていました。
 (返信が来ないよとのお電話で判明)
  メールしてから反応がないという方、
  お手数ですがこのブログへの書き込みか
  お電話にて連絡ください。すみません。


南印ベジご飯を食べる会。
 ↓
モノクロチラシ

*クリックで拡大。

メニュー、とらさん思案中の
暫定版ですが、入れ替わってます。

15日はあと10人、
16日はあと19人。

半分ちかく埋まりました。
(仮予約者さん含まず)

お母さんと一緒の、
ちび子参加者さんも居ますよ。

食べにきてね&食べましょーー

【16日の12時半〜2時まで、
1時間半はやかわを閉めます。*手もみやは営業中】


15,16日と少し違うものが
食べられるらしい…。

菜食ご飯は
胃にもたれにくいです。

夏の疲れた胃腸に、
お試しあれ。



デイリースナップ。

10-4-24

家の裏で
ソバ畑を眺めながら、


10-4-25

大地の恵み、さと芋掘り。
立派なサツマイモも。


10-4-23

玄関先に積み上げた本、
(コーヒー豆代を賄うコーヒー豆文庫)
数日で半分になりました。

今回は手放せなかった本が
だいぶ混じっていたのです。

趣味が合う、のは嬉しいな。


10-4-7

イベント目白押しだった週末。
お昼に自転車で六日町駅前へ。

声をかけていたいだいたお客様から、
蜜だく芋をいただく。


10-4-5

ブランドものの袋って
分厚いんですねぇ…


10-4-6

中身は開店お祝いの
おてしょ皿でした。

さっそく活躍させています。


10-4-8

竹炭入りマルセイユ石けん、
ティラミスロール、なめこ、
栗の渋皮煮、芋けんぴなどおやつ、
綿の実(中の種をキープ)。

いただきものは自然派と
砂糖たっぷりに二分されます。

どちらも大好物。


10-4-4

作るのはきっとめんどくさい…
渋皮煮を、朝の一服に
アッサムティーと。

合う合うーー

寒くなると
嗜好が変わります。

お客様にお出しする飲み物も、
先週の人気ものは、
柚子茶としょうが茶。

(コーヒー等、数種類の中から
選んでいただいています)


10-4-3

閉店後に、近所のおばあちゃん
(と呼ぶのにはばかられるパワー)
のお家で、柿渋つくりのレクチャー。

豆柿を使いました。

昔はどこの家の庭にも
接ぎ木に用いる為に生えていたとか。


10-4-2

玄関先でバシバシ潰して、
同量の水に浸しておしまい。

10日くらい
涼しいところで寝かせてから、
搾り取ります。

(最後に、茶こし等で濾しとる)

潰した柿の汁を舐めたら、
…渋エグ…ほのかに甘み。

この汁をそのまま用いても、
すでに染色液として使えるそうな。



ここから
津南のなじょもん、
焰祭りの様子。

ワタワタ忙しい週末で
行かないつもりが…

薄着で閉店後に参加。

10-4-9

割った丸太に油を注ぎ
点火した灯りが道しるべ。


10-4-10

駐車場脇のエントランス。


10-4-11

そこかしこにテーブルを並べて
思い思いの時間。


10-4-12

100円のオカラコロッケに
オマケで付いてきた
手作りおぼろ豆腐。

おいしいいーーー


10-4-22

竹筒ごはんも炊きたてを
ご馳走になる。

夜遅くから参加したおかげで、
いただきものばかりでした。

残り物は幸福。


10-4-16

ライブの素晴らしい音楽を
贅沢に身体で聞きながら、

目が追っかけていたのは炎。


10-4-18

ひかりひかり、
影と暗闇に飛ぶ火の粉。


10-4-21

目が慣れてきて、
光がもっと見えてくる。


10-4-17

裸足で一日中歌って踊るように
仕事を出来たら素敵だねぇ。


10-4-13

夜には炎を囲んで。


10-4-15

津南のお母さん達が集めた
野山の薬草達。


10-4-14

100円で中くらいのティーサーバーに
好きな薬草を好きな配分で。

オリジナル薬草茶は、
隣同士で飲み比べてみたら、
見事に別々の味わい。

案外、どくだみって癖になる。
美味しい。

そして笹の葉っぱが好き。
ハッカもよかった。


10-4-19

物販のテントは店じまいで、
物欲とは少し距離を置いたイベントで。

転がっている規格外の景色が
いちいち愛おしい。


10-4-20

見上げれば星の空。

私は目が良くないから、

暗闇で声を掛けてくる友人知人たちは
もっと世界が明るく見えているんだろう。
(私には顔が判別できていない)

けれど久々に、闇が霞むほど
集まって輝く星に出会えました。

それでもう、満たされた。

場を作ってくれたスタッフさん、
参加者さんに感謝。

やっぱり
イベントって良いな。