7-30-14

現在は心地よい雨上がりの空。
緑が光って、青空が澄んでいます。

自然は大きい。

少し強く、
雨の袖を一振りしただけで…



午前の自宅周辺。

7-30-2

道と川の境目。


7-30-3

早川の墓所は、水没していました。


7-30-4

山が崩れている。



唐突ですが、
台所でキハダ染めの実験をしました。

準備から干すところまで、
所要2時間。


7-30-17

キハダ50gを、
細かく砕いていきます。


7-30-11

素材は、
インドの手紡ぎ手織り木綿。

100gのショールです。

工房で気に入って買ったものの、
白一色は案外、合わせにくかった…

この機会に、色替え!


7-30-10

水3リットルに
砕いたキハダ50gを入れて、
強火にかけます。

沸騰したら弱火に落として、
そのまま20分。


7-30-12

ガーゼ地などで濾します。

トロトロのキハダ。

まだまだ色の薄い染色液が、
取れそう…


7-30-13

色留めに塩を大さじ1杯いれて、
染色液の完成。

再び、弱火にかけます。


7-30-7

まんべんなく濡らして
絞ったショールを浸す。


7-30-6

ムラにならないように、
時おりかき混ぜながら、

15分間弱火で煮込みます。


少し青いな…

ミラーワークの鏡に
混じっている錫とか、

青色の糸が
干渉しているのかな。

これはこれでOK!


(染みろ染みろーと念じながら)
液がさめるまでしばし置いて、

適当な頃に取り出し、
中性洗剤で洗い、水でゆすぎます。

ゆすぎの際に、色落ち防止に
小さじ1杯のお酢を入れました。


あとは絞って、陰干し。


7-30-9

液を濾したガーゼが良い色。

多分、普通に染めると
こちらの色になる筈です。

少しだけ緑がかった、
鮮やかな黄色。


7-30-5

木々に溶け込むような、
好みの色となりました。

同じ色は多分、
二度と作れません。


7-30-8

煮出したキハダは、お茶に。

適度に苦みが薄まって、
飲みやすいかな?

大人の舌には、
なかなかに美味しいです。


漢方の効能は、健胃、整腸、
眠気覚まし(苦いから??)。


キハダは色が出やすく、
熱湯を注いで数分で
きれいな色になりました。

色が薄くなるまで
使えます。

水出しでも何度か
出せるそうで、

煎じないと飲めない
薬草より、

これはラクチン。


☆染色の方法は、
 他の植物染めのやり方を参考に
 実験的に行ったものです。

 正解かは分かりません。

 みなさんのキッチンで、
 お試しください♪


+宣伝。

→キハダ内皮100g/300円で販売します。

 *前回の記事を参照ください。


★染色材料として大量に必要な場合は、
 ご相談ください。割引できます。


 *お茶で飲むなら、100gは当分もちます。



帰宅ラッシュが終わってから、
店舗を確認してきます。

また明日以降、
お会いできますように。



〔私 信〕

はなさん。

んんん、
ご希望のサイズは、
案外、ありませんでした…

申し訳ない。

7-30-15

上下に分かれる箪笥が
ジャストサイズなんです。

上段が使えそう。

現在、店舗で什器にしているものなら、
かなり安価にお譲りできます。


7-30-16

この子も悪くない?のですが、
サイズが超過。