5-30***

何ヶ月も前の話。

我が家で引き取った着物が
作り手さんに買われてゆき、

素敵な洋服にリメイクされた。

売って下さった方の
お母様が着られていた、
緑色の正絹地。


5-30---

いったん手元を離れた布と
再会したのは、

友達に誘われて
初めて出かけた即売会。

もちろん、
新しい姿に生まれ変わった
形見を買い求めた。

四十九日を迎える
前日のこと。


5-30++++

小さな物語の円に連なる
作り手さんと買い手さんが、

一昨日、今日と
それぞれに来店されて、

不思議なことが
あったのよ、と語る。


5-30*****

私たちの背中に、
いつも流れ続けている
ささやかな魔法。


姿を無くしてからも、
日々物語られたりする。


5-30**

美味しい差し入れ。


5-30+++

パンダ焼き!


5-30++

自家焙煎されたばかり、
オーガニックコーヒーの
お豆さん。

香りが格別で、
ずっと嗅いでいたい…。


5-30+

昭和の木綿風呂敷が
はぎ合わされて
スカートになり、

無地の藍木綿地の上着も
心地よさそう。

いいなー


5-30****

この家の主だった方は
学校の先生でもあったから、

可愛いガリ版が
残されていました。


5-30

見つけた時から、
この子を看板にと
考えていたので…


5-30*

できた!


残ったものは、続いてゆけるよ。

全部じゃなくても。



後で思い出して
じんわり胸が満ちるような、

一番地味かもしれない
今日の平凡な物語が、

奇跡みたいに伝説めいた
エピソードよりも、

よほど身近にあってほしい。