★卯年祭りの検索で辿り着いた方へ。

こちらの方のサイトが、写真も情報も多くておススメ。

(教えて下さったSさん、ありがとうございます)

ゴールデンウイークには、
豪勢な舞子組の卯年祭りです。


4-28-+

あ、お祭りの由来に付いて。

私が父から聞いているのは、

卯年に天災や飢饉、疫病が多く、
良い年にならないので、
神様へ祈り捧げるお祭りを始めたと。

先の震災の後に、
卯年だから…という呟きを
何度か耳にしました。

科学的な根拠はなくても、
言い伝えが土地にしみている。



4-28

買い出し先で、可愛い子が。

お店の什器で、
昭和40-50年代くらい。

久々に、貰い手さん探し。

*5月初旬には廃棄されている
 可能性があります。


4-28**

木枠にガラス。引き戸が2枚。

反対側にも戸があったようですが、
今はオープンになっています。

棚板のガラスが1枚ありません。
お手持ちのものを加えて下さい。


4-28*

金具も可愛い。
木製足も可愛いです。

引き取り代行は出来ませんが、
持ち主さんにお繋ぎできます。
(場所は六日町)

運搬まで自力で行えて、
ジャンク品を自分で磨くのが好き!な方。
トップページのアドレスまでどうぞ。

サイズは目測ですが、
40×50×100程度。




4-28****

お天気のいい日に掃除しました。


4-28******

い草マットを参道に広げて、
にわかお花見ブレイク。

桜は二〜三分咲きくらい。


4-28*****

自家製レモンジャム入りパウンドケーキ。
(Uさんごちそうさまでした)


4-28***

トイレを借りに来た通行人、
かわいい第一号。


4-28+

猫の手、ではなく、猫です、
と言いながら(新しい登場の仕方だ)、

自家製ブラマンジェを
持参くださった方。


4-28-

庭の片隅に、ギボウシを埋めました。

引っ越しグリーン第一号。

茂る笹の根っこをスコップで切って、
石を取り除きながら開墾。


手を貸して下さった方々、
ありがとうございましたm(_ _)m 


★引き続き、猫の手参加募集しております。

↓これからの作業予定

・障子を張る
・ふすま紙をはがす
・壁にマスキングをする
・ひたすら拭き掃除

4-28++

布壁紙をはがす前に。




エビ以外は全てベジなオードブル。

4-28+++

ダージリンカフェさんの
美味しいスパイスごはんを食べながら、
自主上映会の打ち合わせに参加しました。

*発起人は、atelier ひと葉さん。

確定していることを、書いておきます。


ドキュメンタリー映画
〈ミツバチの羽音と地球の回転〉上映会

2011年8月20日(土)
魚沼市小出郷文化会館 小ホール

昼・夜の、2回上映

★どちらの回にも、
 鎌仲ひとみ監督の講演会があります。



4-28++++

打ち合わせの最中に、
本編の半分位を見ました。

エネルギーを選んで買えないことを、
変だと考えたことはなかったな…

支払う電気代の内訳が、
原子力発電なのか、風力、火力、水力、
どこから来ているのか知らない。

水力発電のダムは、
自給自足していた小さな谷間の村を
いくつも飲み込んで、

いつか土砂がたまって
使い捨てになると聞いた時に、

万能な発電なんてあるんだろうか、
と思ったことがある。

他にどんな選択肢があるんだろう?
(映画の中で一部が紹介されています)



原発反対を30年訴え続ける
祝島の方たちは、
次の世代へ海を残したいと言う。

遠くへ働きに出ている
島の若者たちは
祭りの度に島へ戻って来る。

原発職員の方は、
働き口がないと若者が減って未来がないから、
原発建設を選びなさいと言う。

画面のこちらに居ると、
余計なお世話なんじゃないかなぁ…
と思えた。

生活を変えなくても
自然に合わせて自活できているから、
放っておけ、とすら言える
人たちに向かって。

便利と不便が両方
目の前にあれば、

お金の続く限りの
便利を選んで来たので、

そこから外れて歩けるのか、
まだ正直、自信がない。

適度に外れて進めるのかも。


引っ越し先を少しずつ自分で直したい、
と考えたのは、

衣食住をまかなう方法を、
実地で試して学びたいと思ったから。

(もちろん、予算の都合も!)





メモ。

*長野県上田市での上映会で
 監督が語られたという言葉。



ミツバチは蜜を取ると同時に
受粉を助けて実を実らせるという
自然とともに生きていく
持続可能な生き方の象徴だと思うんです。

また『ミツバチの羽音』は
英語でbuzz communication といって、
<口コミ>という意味があります。

日本のエネルギー問題を
マスコミが取り上げないのであれば、

わたしたち一人一人がぶんぶんと
発信していけばいいんじゃないか
という意味合いも込めています。

<誰かではなく、自分自身が>
ミツバチのような存在をめざすことで
社会は変わっていくと・・・。

そして、『地球の回転』は、
人類が動かしようのない大きな力。

地球が太陽の周りをくるくる回ることによって、
すべての自然エネルギーは生みだされています。

ミツバチのような「小さなまなざし」と
地球の回転という「大きな視点」、
その両方を持って進んでいこうと。

そんないろいろな想いを込めた
タイトルになりました。



リンク。

シネマトゥデイさんの記事(2011年4月22日)。
〈原発に代わる自然エネルギーの提案映画〉