2016年12月

冬のリセット、さなぎの冬ごもり。

12-15-34

【年末年始の営業のお知らせ】
■2016年
*12月18日(日)19日(月)定休日

*12月21日(水)13時半より営業します

*12月22日(木)15時すぎに閉店します

*12月23日(祝・金)11〜16時通常営業

*12月25日(日)26日(月)定休日

*12月28日(水)11〜16時通常営業 ☆年内最終営業


■2017年
*1月3日(火)11〜15時短縮営業 ☆初売り

*1月4日(水)13時半より営業します

*1月5日(木)11〜16時通常営業

これ以外の日は、
11〜16時開店しています。



12-15-8

年末年始は、
お茶のお稽古も
不規則な日程でした。

上記のように商います。
どうぞ、よろしくお願いします。


12-15-4

先日伺った
初めてのお稽古の会場。

素敵な一般の御宅の中に、
ピカピカの茶室が。

玄関に設えてあった
手水鉢(ちょうずばち)。

清められるだけでなく、
迎えていただいている
感覚。


12-15-6

禅語のお軸、
全く読めなくて…
先生に聞いたところ、

関 南北東西活路通
(かん・なんぼくとうざいかつろつうず)

苦労して関所を通れば、
東西南北どこにでも
活路があるよ、

といった意味。

今が辛くても、
そこを超えたら…という
希望が感じられます。


12-15-10

盆略手前を
ひとまず卒業して
(まだ全然、出来てないけど…)

お稽古は、
風炉薄茶運び点前に
入りました。

初めて、
柄杓でお湯を汲む。


12-15-32

構え方の一つにある
「鏡柄杓」。

柄杓を鏡に見立て、
そこに自分を映し、
己と向き合うのだと。


12-15-9

お茶の世界って、
いいなぁー…

そこにまつわるものが
胸に染みるのは、

年齢を重ねた
おかげもありそうです。


12-15-20

若いことも良い。

けれど、年を取って
良いことも、あるんだな…


12-15-11

年月を重ねた色。


12-15-12

道具や布はやっぱり
古ければ古いだけ、
良いものですね!!


12-15-2

店内寒くなってきたので、
今年初めて、

2部屋だけの暖房に
絞り込みました。


12-15-16

玄関からすぐの部屋には
暖房が無くなりますが、

メインの2部屋は
驚くほど室温が上がって、
今年は震えなくて済みそうです。


12-15-38

しばらく雪が
降らなかったので、

今年は年越しの実感が
薄いまま、
早くも残り2週間。


12-15-39

天保年間の鐘。

江戸から数えたって、

まだ150回程度しか
繰り返されていない、

年越しの、
この季節。


12-15-40

100回近く、
お正月を経てきた
物たちに囲まれて、

今年も、
1年を閉じられます。


12-15-13

よくぞ、
残っていてくれました。

ありがたいことです…


12-15-43

昼間から
忘年会をした日は、

一足先にお正月を
迎えたような錯覚に。


12-15-44

山麓スキー場の
ゲレンデを見ながら、

今年最後の
散髪も済ませて。


12-15-15

ママ友さんがオーナーの
美容室、Salon de Amistad.

立地が楽しい。
(ウィンターハウスの一階)

かつて船に乗って
世界中を巡った彼女と、
旅の話。


12-15-14

近くの
パティスリーカフェいけだやさん。

変わりゆく空を見ながら
しばし読書…

何気ないのだけれど、
本当に贅沢だ。


12-15-7

田舎暮らしの良さ。

予約制で貸切とか、
店内がワーワー
うるさくないとか、
眺望最高。

そんな環境が特別でなく、
気軽な価格で当たり前に
提供されていること。


12-15-5

いつも洗濯物の
カラーリングがきれいで
気になる窓辺。


12-15-3

お客様のクリエイション。

普段着は自作が当たり前、
というスタイルが
素敵なのです。

コートまで全部。


12-15-29

素敵な後ろ姿。


12-15-33

可愛い、可愛いなぁー


12-15-35

つぎはぎの楽しさ!


12-15-31

銀糸づかいが個性的。

思うままに、思うように。


12-15-30

廃棄されることも多い、
立派な漆器で、ボタン。

様々な活用方法が
あるものです。


12-15-22

本日、お洗濯日和。

買い出したての
絣の着物を、
たくさん洗いました。


12-15-28

お外は終日、
こんな雪でしたが。

井戸水が大活躍です。


12-15-27

裏庭も快調!


12-15-26

玄関はこんなことに…

お一人隣県から
スニーカーのお客様。

水たまりはありませんが、
冬の南魚沼は、
ブーツがオススメです。


12-15-21

大正時代の美しい
ちりめん着物。


12-15-25

左右の鳳凰。


12-15-24

目に羽に刺繍が
入っています。


12-15-23

花弁にも。


12-15-36

やっと雪国らしい
お天気になって、

真っ白な景色を
眺めた時に、

この土地に住む私たちは、
冬にさなぎになるのだ、

と思いました。


12-15-41

poncotanさんの絵本展は24日まで

知識を蓄えたり、
少し思考を整理したり。


12-15-42

真っ白にして、
また春から動くために。


12-15-37

*コップのビー玉は、
 ジュースの氷だそうです

昨夜、娘が布団の中で。

「そらちゃんは!

笑うために、
いっぱい食べるために、

生まれてきたんだよね!」


12-15-17

以前、

たくさん楽しむために
生まれてきたんだよ、
と声をかけていたら、

彼女の中で
熟成されて、

そういうことに
なったようです。

おー。食べろ、食べろー


12-15-18

公開されていませんが、

酒蔵だったお宅を改装した、
素晴らしい住まい。


12-15-19

どうやって残そうかと
考えていた時に、

カールさんの手がけた
住居を見て、
「あぁ、こういうやり方も
あったか」と思われたそう。

残すことは、
豊かであること。

そして、知識や時間は、
お金に勝る豊かさであること。

美しいお手本でした。

❇︎明日は13時から営業します。

IMG_1780

やっと?雪が降りました。

また再度、告知しますが
営業時間の変更のお知らせです。

明日以降、
第1、2、3、4水曜日は
13時からの営業と
させていただきます。

第5水曜日は平常通り、
11〜16時です。

IMG_1774

3年前まで商っていた場所は
現在素敵なギャラリーに。

懐かしい気持ちと共に
一年ぶりのクリスマス本の展示に
行って来て、娘と本を選びました。

お茶のお稽古の頻度を
もう少し増やすための、
営業時間変更。

減らした分だけ、
お渡しできるものが
増えるはず…と、

それはまだ
直感でしかありませんが、
どうぞよろしくお願い致します。

明日はお昼過ぎからの営業です。

IMG_1755

✴︎お知らせが遅くなりました。

明日(7日)はお茶のお稽古で
12時半過ぎからの開店となります。

IMG_1733

ついでに年末年始は
28日水曜日が最終営業。

新年は3日から商います。

里帰りの際などに、
どうぞのぞいて見てください。

器同窓会、きなりさんにて。

12-2-33

風邪引きで一週間以上
保育園を休んでいた娘、

(まだ多少の咳をするものの)
やっと本日から登園できました。


12-2-37

40度越えが2日続いた
熱も下がって、
元気いっぱいに。

本当によかった!


12-2-35

娘のいない店内で、
(ちょっと寂しいけれど
作業ははかどる)

品出しをしています。

昨日洗った
戦前のガラス瓶たち。


12-2-35

真鍮のサジなど。
鼈甲製も。


12-2-34

古いながら
コンディション良好、
輪島塗の茶托。

上手く写真に撮れませんが…
優しい漆の赤が上品です。


12-2-14

にいがた銀花さんの
BORO市に出す予定の布。

昨日洗って、
本日ごみ取りと
ほぐしを。

あっという間に
開催まで1週間を切りました!


12-2-15

こちらもお洗濯した
大正時代の麻の小紋。

ほぐせたら
よかったけれど。

時間がないので、
このままで。

当日までどうぞ楽しみに
お待ちください。


12-2-23

本日のブログタイトルは、

六日町駅から歩いて5分ほどの
日本酒が美味しいお店、
きなりさんへ行った日のこと。


12-2-24

夫は馴染みですが
私は久しぶり…

蔵戸の玄関扉を開けて
お邪魔しまーす。


12-2-31

名目は夫のお誕生日祝い
でしたが、

私にとっては
お嫁に行った道具や
器たちとの再会が
嬉しい時間となりました。

しっくりー


12-2-30

ほろ酔い…
可愛いディスプレイ。


12-2-29

地味だと思っていた
この時代(昭和初期以降)の器、

お料理が乗ると
印象が一変!良い!!


12-2-28

大きな印判皿には
鴨肉を。


12-2-25

余白が寂しいと
感じていたお皿。

白くて良いんだ、
と実感しました。


12-2-26

手書きの染付が、
上品です。


12-2-27

食べ進めるほど、
見えてくる模様も
楽しいものです。

とても幸せな時間でした。
ありがとうございました!

きなりさんは
ツマミだけでなく、
食事としても上等なメニューが
いっぱいでハズレなし!

個人的には、
自家製シメサバの
サンドが大好きです。

紫芋のブルーチーズニョッキも
美味しかった…

市内・近隣の居酒屋、
食堂、旅館さんなどで
活躍している家具や
器たちとの再会、

少しずつ叶えたいのですが
旅館さんは高級で、
やや足踏み中…。


12-2-5

車が新しくなったおかげで
ゾロ目フィーバーの日々。

(新古車で買った為、
納車時すでに48km走行)

ハンドルさばきって
こんなに軽いものだっけ、
とか、走りやすさに
いちいち感動しています。

新しければそれはそれで…
良いことたくさんある。


12-2-12

同じ感覚で、
新築も良いものなんだなーと
にわかに考え出したり。

木と黒塗りの
しっくい壁なんて素敵。


12-2-32

現時点では、

雲洞庵さんの客殿が
憧れです(文化財級)。


12-2-19

松代の民族資料館も良い。

総工費3億円
事業ですけど…


12-2-10

現実的かとか、
やるかやらないかは
別として、

いいなと思えることなら
いくらだって検討して
考えてみよう、

と思えるスイッチが
入りました。


12-2-2

民族資料館にて、
初めての絵手紙体験。

…かぼちゃのお手本が
手癖で描いたら、イチジクに。

先生曰く「旦那様は繊細なのね。
奥さん大胆。
娘さん、お上手ー!」

とても褒め上手で
笑顔の素敵な先生は、
元保育士さん。

「不思議と
その人の性格がちゃんと
出るんですよー」


12-2-1

久しぶりに農舞台の
里山食堂。

大人になるほど、
本質の上に後天的な性質が
積み重なって、

その時の状況に
合わせながら、
大人になってゆく。

娘を見ていると、
すべてのことが夢じゃなくて、

生まれて間もなくは
叶えられる範囲にあるんだと
感じられます。

否定さえしないで、
目指せたなら。


12-2-21

壁も床も机も何もかもが
黒板になっている教室で、

床にもチョークで
線を引いて。


12-2-22

すべてのものが
金色にスプレーされると、
視界フラット。

影は複雑なまま。


12-2-20

どんなに
押し込められたって、
消えない本質。

表現したらそこに顕われて、
正解も不正解もない。

そのままだって良い、
今の気分のまま、
変えても良い。

否定をなくしたら、
いつもの考え方の結末が、
きっと変わってゆく。


12-2-16

ある日。

ボジョレヌーボーを
楽しむ有志の会…
飲んだのは二人だけですが。

持ち寄りフランス料理が
豪華すぎました。


12-2-17

本職パティシエさん作の
タルトタタンが美しい。

クスクスも、お鍋のストウブが
欲しくなったグリルも、
醤油が隠し味の
バターたっぷりキッシュも、
ニース風サラダも、ディップも…
全てが美味しい!


12-2-36

企画人さんの一人は、
先日のファーマーズキャンプ
主催と同じ方。

ディスプレイされていた
自作コラージュ作品の数々、

完成度がすごかったので、
てっきり雑誌を切り抜いて
額装したのだと勘違い。

単純なコピー&ペーストでない
表現に出会える、嬉しい。


12-2-18

上の原のカフェレストラン、
ソイガソルさんが会場でした。

ミラーボールが
回転している
レアな景色の中、

後片付け終わって
まったり…


12-2-7

娘の熱が
下がっていた日の
銭淵公園では、

なめこ豊作でした。

(見分けに自信がなくて、
持ち帰らず…おいしそー)


12-2-6

納車翌日に
久々の長岡行き、

本当に久しぶりだった
ギャラリーmu-anさんで
秋葉ガラスを購入。

なんて魅惑的な蚤の市!

娘連れでの
ギャラリー訪問、

そろそろ出来るな
と確認。


12-2-11

三人娘、
一番左側は我が家に居る子で
(魚沼市のお宅から出ました)、

右二人がお客様宅で
半世紀ほど保管されていたもの。

とてもよく似ています。

一ノ宮の農具市で
買ったのだそう。


12-2-9

雪道を歩く際に
靴の底につける物だと
思ってました…

昇柱機(しょうちゅうき)と言って、
木に登る際、
荒縄とこれを使うそう。

本職が林業、
という方の元へ。


12-2-4

お客様の
インド旅のお土産、

硬くて甘いお菓子を
食べながら。

なんだってローズウォーター
入れちゃう、
あの場所へまた戻りたい…

高額紙幣が紙切れになった
直後の旅行で
大変だったようですが、

娘が年長さん位になったら
きっと私も!


12-2-3

八海山が真っ白に。

実感があまり湧かないままに、
今年の12月が始まりました。

師走の
はやかわAntique & Craftsも、
どうぞよろしくお願いいたします。

日常の中に、
少しだけ不思議な時間を
挟めるかもしれません。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ