2016年02月

*土曜日から長期休業に入ります。

2-25-7

先月の親子で、
インフルエンザ×長期休業に続いて、

今度は
流行性角結膜炎(うたがい)に…


2-24-22

娘大泣きで
1メートル離れた場所からの
診察のためまだ【疑い】です。

確定した場合、
2〜3週間の在宅育児が
必要だそうです。

*有料の託児施設も
 感染性のため使用不可。


2-24-21

鴨にクズ米、エイっ!!!
日々、元気!
たまにウイルス・ウェルカム!


2-24-24

先日は耳の痛みで、
保育園お休みしていました。

診断結果は問題なし。
(中耳炎疑い、で、そうではなかった)

ランチは久々に
八海山・みんなの社員食堂へ。


2-24-23

1年ぶりに市営の
ほのぼの広場へも。

遊び方が
1年前と全く違っていて
面白かったです。


2-24-25

乗り物大好き!

感染性でなければ、
この長期間に旅へでも
行けるのになぁ…


2-24-26

村祭りでムジナに。

今日は実家で育児、
明日は夫が見てくれますが、

以降は全員仕事のため
私しか育児担当がおらず、

2月27日(土)から
長期の臨時休業に入ります。

夫の休みなどに合わせて
週に1度くらいは
開けられるかもしれません、

その際には、
またお知らせいたします。



2-25-3

銀行に行く用事があり、
塩沢牧之通りの
塩沢信用組合(しおしん)さんへ。


2-25-4

明治時代と昭和製のそれぞれに
立派なお雛様が展示されていましたが、
明治は作りが別物でした。

比較すると面白い。

*例:明治のものは火鉢の中に
 本物と同じように
 真鍮の板が張られている。

 昭和はプラスチックパーツを
 はめ込んであるだけ。


2-25-2

ちょっと早まったような
気もしますが、
(未使用品市場価格○百万円…
ゥワーーー)

鈴木苧紡庵(ちょぼうあん)の
紬着物2つをほぐしました。

譲っていただいてから
10年くらいそのままで、
サイズも合わない。


2-25-1

いつか娘のサイズに
仕立ててあげよう。

独身の時分には、
会社3週間休むなんて
ありえないだろう!と

思ったはずの感覚ごと、
育児は、
ことごとく破壊してゆく。

素晴らしい。
きっと焼畑農業だ!

この後の芽吹きを、
楽しみにします。


2-25-6

こちらは本日、
ほぐしに出した
買い付け着物。

このハギレたちは、
ちゃんと販売します(笑)

いい藍でしょう!


2-24-20

買い付け現場では、
その場にあるものをほとんど
すべて見させていただきますが、

引き取れるのは全体の
1/10もありません。
(古いからこそ、
コンディションとの兼ね合い)

こちらは置いてきたものを
その場で撮影。

いいですよね。でも、モスリン。
虫食いでボロボロ。


2-24-14

インバネスと呼ばれていた
はおりものです。

角巻なども大量に出ますが、
状態が良くないです…
致し方なし。

こちらもハネましたが
ミシンの直しが可愛いかった。


2-24-15

頂き物のお団子と
108円で購入して、
べそをかきながら読んだ本。

日々の至福は平凡で、
ささやかです。


2-24-16

休業に入る前でよかった!

月刊Niigataさんの取材風景。


2-24-17

カメラマンさんも
記者さんもフレッシュ!
(死語でしょうが、いいのです)

少し先ですが、3月25日発売の
4月号に掲載されます。

それでは、
また明日もお待ちしております。

*明後日からが休業です。

明治〜大正の麻、ちりめんなど。書も追加!

2-24-12

*小箪笥、掃除前です。

取り急ぎの更新になりますが、
半・蔵出しがありました。

蔵の中にあった荷物を
住まいに移動させて
早、数年。

それらを見せていただく、
という形でした。
(割と多いケースです)


2-24-11

*こちらの小箪笥も掃除前。
上に乗っている薬箱は売約済み。


2-24-10

大正期のものが
中心に出ました。

ふ、ふ、ふ。嬉しくなる

美しい型染めの
木綿布。


2-24-9

江戸ちりめんもいろいろ
出ましたよ。


2-24-8

花と鳥モチーフが、
多いです。


2-24-19

美しい麻着物もたくさん。


2-24-3

たまらん明治時代の
大風呂敷、

藍染木綿の
糸味のいいこと!

2-24-18

さぁ、飛び立っておゆきー!

*これらを含む、
麻と木綿は週末に洗濯上がりが
並ぶ予定です。


2-24-2

キャァァァァァァ
(取り乱してすいません)

2-24-1

久々に、これだけは
自分用にキープさせていただきます…

インド木版布の模様から
デザインを拝借したであろう
更紗布…至福、です…

もしかしたら、幕末あるか。


2-24-7

だいぶ少なくなっていた、
ひろきさんの書も、
追加で29枚!やってきました。

速攻で最初の1枚、
【禅】がお嫁に行きました。

写真はないですが、
いい文字でした…


2-24-5

ほんの一部を、ご紹介。


2-24-4

今回は、大地を想起させる
文字が多かったです。


2-24-6

可愛い。


2-24-13

青龍、白虎、朱雀も居ますよ。

暖かくて大きな書たちを
ゆっくりとお選びください。

渡り廻す。

2-20-5

久々の更新です。
ネットショップ更新も再開です)

田んぼに土が多くて、
ドボンとはまりながら歩く
可愛い足あと。


2-20-4

春の足音が
聞こえてくるような
陽気です。

例年よりも冬ごもり期間が
短いようで、

訪ねてくださるお客様が
増えてきました。


2-20-1

日々、営業しております。
(たまに娘が、熱を出したりもします)


2-20-22

ひろきさんの書は
今朝数えてみたら、
半数以上がお嫁に行きました。


2-20-20

自由な文字には、
翼があるのでしょう。



2-20-14

経験を自分の外側の世界へ
出してゆこうと決めてから、

ありがたいことに
その場所をいただきました。
(詳細はまた!)


2-20-15

3月には全国発売のムックと、
県内情報誌にも載せて頂けます。


2-20-21

再び蔵出しが
本格化するタイミングに
お話が続いて、

ひろきさんの書しかり
モノたちが持つ意思が、
どこかで働いているような気も。

流れていきたい、
廻っていきたい。


2-20-17

頭の中に積み重ねている
『おしまいの片付け』にまつわる
体験のあれこれも、

これから必要な方へ、
還元してゆけますように。


2-20-6

古道具屋的・遺品整理の記事が
必要な雑誌、新聞社さんありましたら
(名文は書けませんが)具体例を書けます。

どうぞ、
お声がけください。


2-20-12

娘は先日、
2歳の誕生日を迎えました。

お風呂場で
『ペロリ・ペロリ』と言いながら
お茶碗のお湯を舐めている。

『それ、なぁに?』
『そら、お魚のジャム、食べる!』


2-20-13

↑塩沢の、はなやさんでお祝い。

ゾウのじょうろの前に
お供えのように並べるのは

茶碗の中のお湯が
『トンボのスープ』、
他、『ハンカチのジャム』
『ボールのジャム(ジャム好きだな)』…


2-20-2

↑先日、夜中の3時に覚醒して
水を飲んだり干しぶどうを
食べてる様子をスケッチ。

ギャンギャン泣いても、
それを写真に撮ったり描いたりすると
興味が出てきて、覗きこんで笑ってる。


2-20-3

【おかあさんといっしょ】を見たら
『お兄ちゃん、体操、うまいねぇ』
と感心しながら指差して。

行動や発言が、
面白い年頃になってきました。


2-20-11

小雪の坂戸山は、2合目まで
杖も持たず、
お散歩感覚で楽しめました。


2-20-10

普段着にゴム長靴で、
サクサクと。

登り始めて5分。
振り返れば、この眺望!


2-20-9

お日様、青空、真っ白な雪、
赤い鳥居、

いつもは雪の下の
石仏にお参りしました。


2-20-16

実家に行った際に
まとめ読みしている朝刊で
クウネルのリニューアルを知り、
買いに行ってきました。

(どれだけ世間の動きと、
現在の生活リズムが
乖離してるのだろ〜)

昨年いらした礼文島の
お客様から、美味しい昆布を
おすそ分けいただいたり、

いつも聞いているFMラジオ番組に
初投稿したら読んでいただいた上に、

パーソナリティ遠藤真理さん直筆の
お手紙付きで、お札ステッカーが!!!


2-20-7

↑差し入れでいただいた
長岡市の老舗煎餅店さんの
マヨネーズおかき、美味しい!

睡眠時間少し削っても、
読書は必須な栄養源。

一番右側の書名は
重たいですが、

(軽度の知的障害のある
一人暮らしの男性が赤ちゃんを
引き取ることになってしまい、
飼い犬と一緒に育てたら、

愛情は注いだものの
幼少期に必要な刺激が不足して、
脳に重大な障害が出た…)

最新脳科学からアプローチする
カウンセリング風景が素晴らしかった。

真ん中は、読みやすい細菌の本。

元来共生していた細菌を
何でもかんでも
(例えばピロリ菌とか)

抗生物質で排除したら
いけなかったんじゃ?
ということが
近年わかりつつあるそうです。


2-20-23

これらも、
図書館で見かけたらぜひ。

刺激的でした(めまいも)。

旅できていない日々ながら、
本のおかげでしばし
心を飛ばせています。

ひろきさんの書。

2-11-9

身内ごとですが、
夫は字がうまいなぁ…と思う。
(画像は夫の字ではありません)

そしてまた、写真も文字も
簡単なイラストでも、

表現者一人一人
なんでこんなに違うのだろうと
いろんな場面で目を見張ります。


2-11-7

昨年こちらのブログに
作品を載せたら、

何人かの方が「あの書を買いたい」と
お店を訪ねてこられた(!)

独学独歩な書家さんの
書き溜めていた作品が、

まとまった数
やってきました。


2-11-6

誰にも見せることなく、
我流で思うままに続けている
書という表現。


2-11-5

最初に私が譲ってもらった
数枚はほとんどが
欲しい方の元へ旅立ちました。

(群馬、長岡、地元、様々な場所へ)


2-11-4

それでも全く足りなかったので、

あらためて
「お代はお気持ちで」頒布会です。


2-11-8

縁起物の左馬。
自作の篆刻まで馬。

50枚近く
すべて違う作品が、

3月いっぱいまで
店頭に置いてありますので
どうぞご覧ください。


2-11-10

山一つ越えた場所に住む
ひろきさんの作品。

A3サイズの額に
入る大きさです。

集まったお代は、
すべて作家さんにお渡ししますので、
お好きな金額をどうぞー


2-11-11

すべての人が
アウトプットの方法を
見つけられたら、素晴らしい。

恩師が共通というご縁で
知り合った小千谷出身の方が、

面白いダム巡り漫画
描かれていました。

この世界はきっと、
この人にしか表現できないや。


2-11-2

売り場に並んでいるものは、
よくできている。

時間の経過に洗われて
なお残る王道も、
素晴らしい。

けれど大量生産されるものから
選ばなくてもいい。

売り場の棚から目線を外せば、

既視感を感じられない
個性が溢れている。


2-11-1

特に個性的なものは
自然の植生と同じように、

生きていける場所でしか、
生きながらえないでしょう。

それでも、例えば
蔵の中に眠る埃をかぶったものは
ゴミに見えてそうじゃない。


2-11-3

認めてもらえる場所まで
生き方や表現を動かして行ける自由は、

私たちに与えられている
とんでもなく豊かなギフトです。

今日もすべてが違う
個性的な古道具が数点、
朝から旅立って行きました。

美しいと認められる所まで、
それぞれの速さで
たどり着きますように。

生きてゆける、
活かされること。

私自身もその道を、
探しながら歩いてゆこうと
思います。

明日も営業!

2-10-5

いい降りっぷりでした。

台所の流しに
置いていた鍋に
氷が張っている…

古屋暮らしは
基本的に快適で、
真冬は寒いです。


2-10-4

こちらは次回のネットショップの
更新で出しますね。

麻の反物。


2-10-1

南魚沼市雪まつり
かまくらの中で
チョコバナナ!

娘は、輝ける1歳の日々も
残すところあと2日…
寂しい。


2-10-2

魚沼市の国際雪合戦も
盛り上がっていました。

残り少ない冬を楽しみましょう。


2-10-3

先日、お邪魔してきた
お客様宅。

新築で素敵な空間。

我が家の古道具が
そこかしこにぞろぞろに。

楽しかったです。
こちらもまた追って書きます。

ともあれ、明日も営業中!
祝日なので、娘も一緒。

宜しくお願い致します。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ