2015年11月

秋のクマから冬へ。

11-10-24

【営業時間変更のお知らせ】

●11月14日(土)
14時オープンになります。

時間は延長して、
17時まで開けています。

そして、ムスメ連れ営業…

お昼寝時間とかぶるので、
店頭には居ないかもしれません(^_^;


11-10-1

すでに1週間たちました。

ヤストモ展、
二日間ありがとうございました!


11-10-18

初めての試み、
クマ入れ。


11-10-22

ハンドカットの
オリジナルステンシルシートは
1枚使い切り。

組み合わせは無限に。
選ぶ楽しさが。

こんなに黄色い声に満ちた
はやかわAntique & Craftsは
近年無い(笑)。


11-10-23

着てきた服に
即興で。


11-10-19

手つなぎラン!


11-10-17

1枚のパンツの
表に走るクマ、
裏に指差すクマ。


11-10-20

廊下でひたすら
トントン細密な作業をする
ヤストモさん。


11-10-21

今回、初リリースとなった
防水性のステッカーも
好評でした。

クマたちの表情やポーズも
バリエーションに富んでいる。


11-10-14

ボール蹴ってるー。


11-10-12

お名前と一緒に。


11-10-11

シャツにクマ。


11-10-8

作業着にクマ。


11-10-6

仲良しクマ。


11-10-3

ペアルックで
手をつなぐと
クマも手をつなぐ。


11-10-2

我が家も3人それぞれに
クマ入れました。

作例は一部ですが、
皆さん、よく考えるなぁー
と感心。


11-10-15

1日目の夜は
鍋パーティー。

お疲れさまでした!


11-10-5

2日目は地元の温泉〜
(さくり健康館)

手作り避難看板が良い。


11-10-16

しかし、
エンドレスクマ入れは、

滞在3日目の朝まで
続きましたとさ…


11-10-4

遠路帰ってゆく
ヤストモさん。

お越し頂いた皆様にも
感謝を。

再会の時をお楽しみに!


11-10-9

入荷商品から一部を。

炬燵板。


11-10-10

コネ鉢。


11-10-13

これは(まだ)売らないです…
虫干しボロ。


11-10-43

すげ替え用の
鼻緒。

書き付けたあとの
古紙が中に入っていたり
ラフな麻糸が面白くて。

資料でいいかと思いきや、
なんと、
布草履に使うからと
実用で売れました…


11-10-44

ほぐそうかな。


11-10-45

秋の草、美しい帯。


11-10-46

菊の花。


11-10-48

繊細な丸帯。


11-10-47

ウサギと亀、
宝尽くしも。

気合いのはいった、
男襦袢。


11-10-42

革の容れ物。


11-10-51

美しい飾り棚は、


11-10-50

使っている
金具も違う。


11-10-49

良いものって、
細部まで違うんだなぁ。


11-10-56

山奥のお家から、
白いしゃちほこ。


11-10-54

麻布を大きくつないだ
1枚の白い布。

巻いてみました。


11-10-53

洗い上がったシンプルで
よくある裏地用の木綿。

だけれど、さんざん
水を通って、フカフカ。


11-10-55

100〜300円の
ハギレコーナー、
充実してきました。


11-10-52

ほぐしから、戻ってきた
塩沢お召しなど。


11-10-57

パッキリと厚地の
麻布で仕立てられた
着物。


11-10-58

美しい羽織。


11-10-59

蒸籠にかぶせたり
敷いたりした
麻布は良い表情に。


11-10-60

こぶりで作りの良い
テーブル。


11-10-62

天板の大きな
文机。


11-10-63

ひたすら大きな
唐草風呂敷。


11-10-61

未使用品バッグ。

大工道具等
入っている事が多い。



11-10-41

池田記念美術館さん、
次回はこちらの展示。

是非行きたい!

個性的なタッチの
瞽女(ごぜ)絵に惹かれます。


11-2-23

借りてきた本の中から
言葉を書き留める。

その箇所が多くて、
順に取り寄せていった
バイロン・ケイティの著書。

セルフヘルプの本では、
個人的に近年のベスト。

その内容(ワーク)は、
無料で頒布され、
大らかに門戸は開かれてます。

30分ほどあてどなく
思考を巡らす
(ストーリに翻弄される)
時間ができたなら、

取り組んでみると
良いかもしれません。

PDF版より書籍の方がずっと、
読みやすかったです。

六日町図書館でも
1冊借りられる本があります。
(私はそこから知りました)


11-10-64

もう1冊。

分析を専門とする
外国人の方の目から
とらえた観光。

治安の良さや定刻に来る乗り物、
おもてなしの心などは
おまけのようなもので、

わざわざ数十万円かけて
確認しにくるほどの、
観光資源には
なっていないという指摘など。

インバウンド対策って、
視野の開国かもしれない。


11-10-7

今、読みかけているのは
本田直之さんの
『脱東京』など。

活字渇望症で
明け方3時に起きだす事は
なくなったけれど、

旅×仕事の滑走路を探す。

その助走は
数年かかっても良い。


11-10-25

寄りかかるようにして
触れていた世界へ、
久しぶりに行ってきました。

小千谷の極楽寺さんで
北インド古典音楽コンサート。

サロード:steve oda
タブラ:u-zhaan

光り輝いている。

熱情は穏やかな炎になって、
今の私が見ても、
やっぱり素敵。


11-10-26

1歳8ヶ月の娘も、
体を揺らして手拍子。

そうなる音なんだね。

糸は途切れずに、
続いています。


11-10-27

一緒に楽しむ
アロイのカレー、
マダガスカルバニラビーンズの
チャイ!

しかし風邪の後遺症で
全く鼻が利かないのが
悔しかった…



また近くなったら
お知らせしますが、

12月6日(日)午前中(10〜12時くらい)
営業予定です。

定休日もご予約いただいて
調整出来ると
開店する日がありますが、

割と急な事が多くて、
なかなか告知出来ないのでした。

今回はまだ先の話。
冬ごもり前の、布探しにどうぞ!

向こう側から、やってくるもの。

*一部、販売済みの
商品写真もありますが、
ご了承下さい。

11-2-22

持ち込みで
買い取りさせて頂いた布類に、

ちょっと古いものがあって、
面白かった。

(すぐに買い手が付いたけれど、
越後上布のハギレが
入った米袋とか。

持ち手は素朴な藁縄!)

由来するお家が気になって、
代理で行ってきてもらう。

解体を翌日に控えて
古いものはほとんど
残っていないようだった。

でも、気は済んだ。

そして少しの古物たちが
息をつなぐ。良かった。


11-2-21

また別のご縁で。

美しい帯。

地紋を描く要素が
宝尽くしというのも

嬉しいな。


11-2-20

裏には帆船。

穏やかで、壮大。


11-2-19

大正時代の江戸小紋。

…細やかな線は…
山菜かぁ!

家紋が抱き茗荷というのも、
どこか地続き。


11-2-18

メリンスなので
穴もあるけれど。

元気な千鳥。


11-2-16

南洋柄。

無地だと思った場所にも
見る角度に寄って
模様が浮かび上がる。


11-2-15

裏も、日本であって
どこか異国の雰囲気。


11-2-14

大島紬…もどき。

おそらく、
戦中のものです。

やや粗悪な。
でも、きっと奮発して。


11-2-13

羽裏の蕪が、
丸々としている1枚。


11-2-12

塩沢にお店を
構えられたばかり。

Recoviさんのグリーンアレンジメント、
お取り扱いを再開しました。


11-2-4

小さなサイズが
すぐに売り切れてしまった
センペルリース。

耐寒性があることと
その繊細な容姿、

形を変えた寄せ植えが
追加で入荷しています。


11-2-1

病み上がりの休日、
雨の日の買い出し。

雨音と、手作業でアルミサッシの枠を
剥がしていく解体の音。

さようならと、再生。


11-2-6

前日、ご親族一同が
立ち会われて、

話に聞いていた着物たちが
ほぼ一掃されていました。

それもまた、喜ばしいこと。

そこからこぼれ落ちた
道具たちに出会う。

ずいぶん、使い込まれて
深さの無くなった
コネ鉢や丸椅子など。


11-2-5

そうそう、浴衣の生地も。

嬉しいな。

手前のは、
切り売りしようかな…


11-2-3

こちらは別の場所からですが、
立て続けに楽しい柄が
入ってきたものだ。

戦中の匂い、
どこか高揚した空気が
感じられる。


11-2-2

メリンス特有の
虫食い被害は免れず。

これもほぐして
ハギレにしたら、

2人以上の方には
楽しんで頂けるけれど

子供の着物は
そもそも小さい。

どうしよう…


11-2-7

峠越えての帰り道、
通りすがりのパン屋さん。

活気がありました。

あ、ケーキがある!


11-2-10

奇しくも。

先日、突然(に感じられましたが、
きっと予定はされていたのでしょう)

閉店された、
こますやさんのケーキに
似ていました。


11-2-11

『今日で閉店』って、
紙が出てたよと聞いて、

すぐに実家の父に
買いに行ってもらった。

娘を連れて
実家へ遊びに行く際には、

ケーキケーキ!と喜ぶ声と
私自身の郷愁で買い求めていました。

数十年の歴史、最後の日のケーキ、
食べられて良かった。


11-2-8

先週のはじめ頃、

まず娘が高熱を出して
2日ほど保育園を休み、

週の終わりには私が
ウイルスを貰っていました。

営業中もだるくて、
夜には動けないほどに。

泣く子供を傍らに置き
床に転がって、
どうしようかなぁ…と思う。

救急車?いやいや、でも
原因は、ただの風邪だしな。

5分で良いから
横になりたい。

やっと22時過ぎに
娘を寝かしつけて、

眠れる喜びと、
出続ける咳に鼻水…。


11-2-9

翌日の土曜保育の
お弁当作りは、

ヨロヨロ起きだして
台所に行くと、

夫が作っていてくれて、
切実にありがたかったです…


11-2-28

今思えば、
娘に症状が出始めていた
2週間前。

ほくほく線
ゆめ空号に乗って。


11-2-31

歩いて、十日町キナーレの
手作り市に行きました。


11-2-30

無理はしない、が
現在の鉄則。

すぐに折り返して
六日町駅。

ちょうど開催していた
ほくほく線感謝祭が
ツボでした。


11-2-29

洗車中の車両に入れたり、
ピンクの除雪車に乗ったり、

架線?をリメイクした文鎮とか
斜め上を行く出店物の数々。

線路の鉄レールで焼く
お好み焼きもあった。

センス良いなー


11-2-24

その1週間後、
娘の風邪が治る頃、

私が罹患してすぐの
八海山ロープウェー、

飛べ!!


11-2-25

快晴!!!!

めったにない家族3人の
お出かけは、

体調を鑑みて、近場で。


11-2-26

360度の展望。
ひろいなぁ…


11-2-27

地元に居るとあまり
訪れない場所。

県外客で駐車場はみっしり!!!!

人が集る理由も、
分かりました。

これだけ奇麗ならねぇ…


11-2-17

機嫌良く過ごしていても、
ウイルスは容赦なく。

全身の関節が傷み、
頭痛、寒気。

実家へ駆け込み、
丸二日倒れていました。

(育児はしていました)


10-21-28

もう半月前になりますが、
長岡へも。

…仕事でないのは、
2年ぶりか?


10-21-25

十日町で買い出してから
というルートだったので、
小千谷経由。

ネットで調べて、
昨年オープンした
自然食カフェ、

ネセシテさん。

壁のレコードジャケットに
反応。インド古典もあるー


10-21-27

自家製シロップを
ペリエで割って。

染みます…


10-21-26

こうゆうご飯、
食べられる場所が
身近に減っていたので
嬉しくなりました。

民族楽器が置いてあったり、
BGMも多国籍。

手入れされた
お庭も美しい!


10-21-23

会期終了間際だった

国立民族学博物館巡回展
「岩に刻まれた古代美術
-アムール河の少数民族の聖地シカチ・アリャン-」

を見に行ったのですが…

そうだ、月曜日って博物館は
のきなみ休館日なのですね…

娘がもう少し大きくなったら、
日曜日に見に来られるなぁ。


10-21-24

おかげで、入ってみたかった
パティスリーカフェVIGOさんで
くつろげました。


10-21-22

帰り道でニトリに寄って
布団8点セットを購入。

何故って…


10-21-44

いよいよ、明日の午前に
クマたちを持って、

ヤストモさんが
はるばるやってきて
下さるから!

紅葉のクマ祭り、
3、4日の2日間のみの
短い期間ですが、

1時間延長して17時までの
営業となります。

あ、明日は娘連れです…

どうぞ、
よろしくお願い致します!
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ