2015年10月

クマ入れ、事前お預かり賜ります。

10-21-44

1週間後にせまった
2日だけのヤストモ展。

メインイベントは
クマ入れですが、
*前回の記事を参照

事前に店頭での
お申し込みも、
受け付けることにしました。

本日から先着20クマ
(1クマ500円)です。

シャツ・トートバッグ・ハンカチなど
ご希望の品(綿製品)をご持参ください。

※薄い生地の場合、
塗料が裏側に染みることがあります。

事前お申し込みの場合、
インク色は選べません。
(希望の色味だけお聞きします)

図案も完全に
お任せになりますが、

そこが逆に面白い?!!

量販店で買ったけれど、
ポイントに乏しいパーカーなど、

お手持ちのお洋服が、
可愛らしい一点ものになります。

お子様の服や、スタイにも!

どうぞ、クマ入れにご参加下さい。

*クマ入れ代500円は前払いです。

*店頭でのお受け取りは、
 11月21日位までに、お願い致します。


10-27-20

物販もありますが
今回は会期が僅かな為、

はやかわAntique & Craftsの、
Facebookページにて、

画面上お見合い、
立ち上げ予定です。

クマ写真をアップしますので、
ピンと来たらコメント欄にて
お取り置きご注文下さい。

(こちらも、店頭受け取りは
11月21日まで。)

なるべくリアルタイムで
取り置き致しますが、
お店へ直接来られた方が
優先となります。

ご了承下さい。


10-27-3

父のこだわり新米も
おかげさまで、
たいへん好評です。

2kgサイズで
気に入って頂けましたら、

よりお得な半俵(30kg)
での発送・お渡しも可能です。

他、10kgなど
個別対応出来ますので、
ご来店前にどうぞ、
ご一報ください。

今日はこれから実家へ
追加販売のお米を取りにいきます。

ご要望の多かった
5kgサイズ追加予定です。

おかずなし、
まんまだけでも
美味しいですよー!


10-21-35

日本を旅して
古道具を買い付けて、

アメリカで売っている
素敵なバイヤーさん来訪。

いただいた
京都土産の和菓子を、

娘はりんご模様の服で
喜んで食べていました。

年に1〜2回の再会。


10-27-5

こちらの旅熱も
高まるばかりながら、

遺品整理士としての
仕事も動き始めていて、

それは、計らずとも?
古道具屋としての
これまでと、

これからへの道筋が
素直に結ばれているようです。


10-27-9

ご著書を拝見して
ぉぉーーぉぉ!と
一方的に憧れていた
遠藤ケイ先生来店。

本棚から持ってきた
著作にサインをお願いして

(すいません、
ミーハーそのもの…)

書くことについても、
改めて想いを馳せる。

バンダナの額に
刺繍されていたトンボ、
素敵だったなぁ。


10-27-8

店内が、
スッキリとしました。

監修は、
アトリエ・ソレイユさん。


10-27-10

…見やすい!

模様替えは
まだ途中ですが、

これなら整理整頓を
持続出来そう。


10-27-4

玄関周り。


10-27-2

業務用ストーブも稼働しました。

…あっっったかい〜
昨年が寒すぎて。

畳数に見合った
サイズにしてよかった(泣)


10-27-1

ハギレも、
どんどんほぐしてもらい、

新たな1枚が
仕上がっております。


10-27-7

右端の帯は、
地紋が実は宝尽くしで。

…英語でなんて言うんだろう。

とお客様と話していたら、
英語の得意なソレイユY女史が、

『小槌はハンマーかな』

『そしたら、打ち出の小槌は
ハッピーハンマーかぁ』

高まる旅熱の昇華は、

まず身近な文化を
英訳することから
始めてみよう。


10-27-11

試作品&販売するために
作って頂いている
着物リメイク服も、

一部実際に着用実験。

コーディネイトが
難しそうだった
紬のガウチョパンツ。

履いてみると、
うん、大丈夫みたい。

衣擦れのおとが
シルクらしく、
シャリシャリ楽しい。


10-27-6

鮮やかな1枚。


10-27-14

よくある?模様ながら、

プリントで絽を表す、
その工夫が楽しい。


10-27-12

持ち込み買い取りで、
竹の行李ごと。

可愛い箱と
内側の紙。


10-27-16

買い取り品をさっそく
お洗濯しました。


10-27-15

良い藍の色ーー


10-27-18

沢山、生地がとれます。


10-27-17

藍の型染めですが、
ちょっとシャリシャリ、
面白い素材。


10-27-19

袖無し綿入れ、
裏側の布合わせが
魅力的。

素晴らしいものが、
この地域には、
たくさん眠っています。

遠くへ旅して
その場所にしかない光を
目の奥に届けることも
私には必要だけれど、

時間をまたいでの
旅も又、今は楽しいのでした。

そう。これも、

今しか、ここでしか
出来ないことです。

ヤストモ展!/木綿反物と和紙など入荷。

本日は、スペシャルな
2日間だけの企画展
お知らせから。

10-21-44

安友クマ企画展 第三弾

【安友幸雄とクマが行く!
秋の南魚沼絶景紅葉の旅二日間】


開催決定です!( ̄(工) ̄)

日 時:11月3、4日(祝日火曜・水曜)
    11時〜17時(営業時間、1時間延長します)

秋の景観豊かな南魚沼に
今回は、クマ製作者の安友幸雄氏
御本人にお越し頂きます!!
もちろん、クマも一緒です( ̄(工) ̄)


10-21-46

今回のテーマは
「クマ入れ」

クマ入れ( ̄(工) ̄)?
簡単に説明しますと、
貴方様の好きな綿製品に
安友クマを入れてくださると
言うのです!!
なんとも素敵☆夢が広がります!!

※詳しくは下記説明を↓
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
( ̄(工) ̄)素材について( ̄(工) ̄)
シャツ・トートバッグ・ハンカチなど
ご希望の品(綿製品)をご持参ください。
※薄い生地の場合、塗料が裏側に染みることがあります。
※表面がデコボコした生地の場合うまく塗れない場合があります。

( ̄(工) ̄)クマ入れについて( ̄(工) ̄)
10色以上の色からお好きな色を選べます。(塗料がなくなり次第終了)
※1匹のクマ入れにつき10〜15分ほどお時間いただきます。

( ̄(工) ̄)クマ入れ代金( ̄(工) ̄)
1匹につき500円
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

安友製作所

10-21-45

2日間だけの
企画・展示販売ではありますが、

安友さんご本人がいらっしゃる
またとない機会。

ぜひ、クマたちに
会いにいらして下さい。



10-21-32

入荷商品のご案内。


10-21-31

古書つなぎの紙、
虫干し中。


10-21-30

ふすま紙でした。

明治・大正年間の大福帳と、

霧吹きで水をかけながら、
ペリペリはがしてゆくと、

あ、越後上布の端切れ!


10-21-33

こちらは、必要な方が
いらっしゃる気がしたので、

まだ買い付けていませんが、
買い手探し。

3つで一組の
米俵です。

雲洞集落で藁細工の
名人と言われた、
おじいちゃん(故人)の作品。

昨日の営業中は、偶然にも
お弟子さんだったという
おじいちゃんが来店。

(その指の逞しくて、太いこと!)


10-21-34

当時、1俵1万円で
編んでもらったそうです。

現在、編める人を
探すのは大変。

昨日のお弟子おじいちゃんも
現在、発注を受けていて、
やはり工賃は1万円ほどだそう。

こちらを、
3個一組6,000円で。

詰め物は軽い為、
大きいですが、
簡単に持ち運び出来ます。

2組あります。

必要な方いらっしゃいましたら、
ご連絡下さい。

新米の販売に大きな力を
発揮してくれます!


10-21-21

細部に刺繍、
落ち着いた色合いの
黒留。


10-21-20

ざくざく手織りの
絹羽織。

首に巻いたのは
木綿のおしめか敷物。


10-21-19

未使用木綿反物、
たくさん入りました。


10-21-17

左はじは
可愛い色あいの
塩沢お召し。

銘仙、絞り、味のある紬など。


10-21-16

未使用の帯や
本藍染めの木綿縞反物。


10-21-15

我が家の地元買いつけでは、
ちょっと珍しい。

木綿地の絞り模様。


10-21-18

手すき和紙。
古いものです。

1枚ずつ販売中。


10-21-14

さっそく、趣味の書を
したためます、と男性。

生活の中で
すぐに使って頂けるのが、
嬉しい。



10-21-1

ここからは、
私的スナップ。

先週、臨時休業させて頂き、
弥彦・寺泊を旅してきました。


10-21-13

サービスエリアで
『あいしゅ!あいしゅ!』


10-21-12

燕三条の
ストックバスターズ。

料理人をしている弟は、
色々買い込んでいました。

私も、引っ越し以来
欲しかった蒸し鍋などを。


10-21-47

ご遷座100年の
弥彦神社へ。


10-21-11

橋の欄干の擬宝珠を
一つ一つ、『いいこ・いいこ』
してゆく。

(いつも読んでいる絵本でも、
擬宝珠を指差しています)


10-21-9

年に2回、
東京から帰ってくる弟。

最初は、不思議な
目線を向けていた娘も

旅の途中からは、
『ちゃん(おじちゃん)』と
認識。

後ろからこの
手つなぎを見ていたら、

ちょっと涙腺が緩みました。


10-21-8

歴史あるお弥彦さま、
お土産物屋さんも味がある…

ここの味がしみしみな
板こんにゃく、
美味しかったなぁ。


10-21-7

弥彦スカイラインで
弥彦山の山頂付近へ。

佐渡島まで直線で40キロ。

…近い!

木々や岩肌まで
しっかり目視出来て、

最初は湾の
対岸かと思ったほど。


10-21-6

宿に到着〜
お世話になります!

越後田ノ浦温泉、
海華亭かわいさん。

自販機の下に、
オッドアイのニャンコ。


10-21-48

お部屋に入るとすぐに
芳ばしいお茶の香り。

ティーライトキャンドルを
配した陶器で、
緑茶が焙じられていました。

生花も多くて、
そんなおもてなしが嬉しい。


10-21-5

部屋からの眺め。

窓を閉めていても
聞こえる波の音…

山と田んぼもいいけれど、
いいね、海は良いね…


10-21-4

4人+子供1人で
食べきれなかった夕ご飯。

(他にも磯汁、果物等出ました)


10-21-3

朝ご飯もバイキング&
めいめい膳つきで、
やっぱりお腹いっぱい!!!

平日限定のお得なプランでしたが、
大満足です。

お風呂は、
鉱泉を沸かしたもので、
どうだろうか?と思いきや、

足が温まりすぎて、
夜中、起きてしまうほど
効きました…


10-21-2

海沿いをドライブ。

どこもかしこも、
海だよー!!


10-21-43

寺泊水族館、

お魚もいっぱい
遠足な子供たちも
いっぱいで賑やか!


10-21-42

きれいだねぇー

イルカショーや
超巨大水槽なんかがなくても

展示や説明書きに
飼育員さんの愛が溢れていて、
楽しかった!


10-21-41

寺泊で鮮魚を買って、


10-21-49

良寛さんの心に
少しだけ触れさせて頂く。

…当時の時代背景か、
その歩みは、
なかなか激動だったのですね。


10-21-40

最後は魚沼に戻って、
新蕎麦を食べよう!

名店、薬師さん。


10-21-39

古道具たくさんで
落ち着く店内です。


10-21-38

サクサクの
天ぷらがおいしい!!

もちろん、お蕎麦も。


10-21-36

帰宅したのは、
夕方と呼ぶにもまだ
早い時間帯でしたが、

弟は新幹線で
すぐに職場へ戻りました。


10-21-29

姉弟でそれぞれのお店を
2日間休む、という

ちょっと思い切ったことを
やってみた、家族旅行。

母親は、
良い結婚40周記念に
なったーと笑って、

(あ、そうだったんだ!!と気がつく私…
旅の発起人、弟は覚えていたのかも)

楽しかったなぁーーー
2年に1回は行こうなー、
と繰り返す父。


10-21-37

幼い頃の姿を知る
私たちそれぞれが
新しい家族を持ち、

(弟は『あー、いぶき(息子)とも
こうやって旅したいなぁ!』を連発)

旅が終わればまた
自分の場所へ帰ってゆく。

その寂しさや
ほろ苦さ以上に、

初めて知るその感覚は、
何だか力強いものでした。

※(水)(木)臨時休業します/お米あります!

10-13-25

明日、明後日(14・15日)は
臨時休業となります。

16日から通常営業しています。
どうぞ、よろしくお願い致します。



10-13-31

写真を撮ってから
売れたものもありますが、
そのまま掲載させて下さい。


10-13-32

持ち込み布も色々。


10-13-34

ほぐして、
(これは帯地の片面、
繻子地が粉状に!)

10-13-33

洗い上がったもの。


10-13-27

きれいな麻。
紅葉の透かし模様。


10-13-39

それから
遅ればせながら、

ネットショップ
今年の新米を
アップしました。


10-13-38

週末だけ、関東の骨董市に
出店中の実父が生産者。

お披露目販売では
2日間に渡って、

持っていった分が
即日ソールドアウト!


10-13-36

わざわざ高速道路で
一時帰宅して追加分を持ってゆき、
その次の週も売り切れる。

作った人の顔が見えて、
質問も出来るから、
説得力があるのでしょうか。


10-13-35

朝、買いにきて昼に食べた人が、
午後、大袋を追加で
購入していったそうな。

《すぐ反応が出るから、
おっかない。
でも、美味しいと
言ってくれてよかった》と、父。


10-13-37

父のお米は毎年、
高リピート率を誇ります。

栽培方法は農薬使用を
大幅に抑えて手間ひまかけた
特別栽培米の認定基準を、
軽くクリアしています。

《面倒くさい》と
認証申請をしていませんが…
(勿体ない!!)


10-13-29

(+100グラムほど増量中)

苗から自家製、有機肥料を
惜しげ無く使って、

大量にはつくれない為、
農家直販のみで販売するお米。

どうぞ、お試し下さい。


10-13-30

良さを知っているならば、
それを発表するって、

必要なことなんだな…と
再確認中。


10-13-28

嘘じゃないことなら
どんどんそのままに、
伝えたら良いのだわ。


10-13-40

かっこいいお客様。

古布木綿の良さを体現した
伝達者の様相。

いつの間にか、
私服が野良着になっていた。

ボロがかっこいい。

穴が開いてるのが
むしろいい。


10-13-24

ホンモノのダメージジーンズが
素晴らしいなら、
昔のボロだってそうなんだ。


10-13-20

ボロボロでなくても
和布が持つ魅力を
伝えられないかなぁ…


10-13-26

試行錯誤のひとつ。

ハギレつなぎの
シンプルなペンケース。

入荷しました。

(来週以降、帯地ペンケースも
追加入荷予定)


10-13-19

布自体が、完璧なのです。

時間を経た古酒の
まろやかで味わい深いこと。

きっと、それと同じ。


10-13-17

手を入れたって、
そのまま使っても、
調理法を問わず魅力的になる。


10-13-13

古いハギレたちを
新たな形で日常的に
活躍させることと、
そのご提案は、

これから
やってゆきたいことの
ひとつ。


10-13-15

古道具って、
お高いのでしょう?と
たまに聞かれます。


10-13-16

雑誌・ブログで見て…と
お問い合わせのお電話を
いただくことも増えて、

店売り価格をお伝えすると、
《安い!!!》と
驚かれることも。

思うよりも古道具は
お財布に優しくて、
そして上質です。


10-13-14

買い出し人直売のお店として、
可能なだけリーズナブルに
品物を提供してゆきたいなぁ…


10-13-11

遠方へは送料分が
嵩んでしまいますが、

魚沼地域に残る
古くて良いものたちとの
素敵な出会いを、

これからも
お届けし続けたいです。


10-13-10

いつになく、
鼻息の荒い文章ですが、

古布好きの方々と
お話ししていたら、

私は私の仕事を頑張ろー!と
熱くなったのでした。


10-13-9

両面で螺鈿細工の模様が
違っていたり。


10-13-8

例えば、
花台ひとつとっても、

昔のものって
一手間多い。


10-13-7

足の形が可愛らしい、
その技術力の高さ。


10-13-6

桐箱、何に使いましょう。


10-13-5

大きな箱。


10-13-4

コタツやぐらの
シンプルなテーブルは
いかが?


10-13-3

小さな箪笥・引き出しも
各種あります。


10-13-2

大鉢。


10-13-1

箱そのもので、
使い道を考えて
ワクワク。


10-13-18

実用的な古道具を
現代に再び、使う楽しさ。

温故知新。



10-13-12

新助っ人Yさんのおかげで、
ハギレの値付けが
進みました。



10-13-22

引っ越してきた地域、

村祭りで花火大会が
行なわれています。

稲刈りも一段落して
秋のさなかに、

今年の豊年に感謝して
再び来年も
よろしくお願いします、

祈りと感謝を込めて。


10-13-21

あったかく着込み、

今年最後の咲く花を
見送りました。


10-13-23

また16日以降、
お会い出来る日を楽しみに
しております。

今だけ、を積み上げる。

10-7-10

ここ最近の買い付けでは、
アンティークでなく
ヴィンテージものが、

写真に撮る前にお嫁率、
高かったです。

(とはいえ、
これは!と思うものが、
大量には出ないのですが)


10-7-9

上品な衝立て。

傷みの無い完品です。


10-7-7

上品な正絹着物、
塩沢お召し。

写真だと良さが伝わりにくい
織物だと思う…

現物の美しさよ。


10-7-6

こちらは小千谷縮。


10-7-5

きれいな衣桁2つ。

パーツは真鍮です。


10-7-4

衣桁の足下の蒔絵って
必ずと言ってよいほど、

鶴の群ですね…


10-7-3

お裁縫箱。

などなど、
色々入ってます。


10-7-1

古道具のお掃除で
助っ人に来て下さっていた
Sさんが、
来春までお休みに。

とてもとても、助かりました。

明日から短期新ヘルプで
Yさんが。

よろしくお願いしますー!



10-7-2

運動会は晴天!

そのあと、娘の体調は
急転直下。


10-7-15

元気なのですが、
下痢と嘔吐。

定休日中もご予約を
いただいて少しだけ
開店していました。

3日間育児×プチ仕事。



10-7-14

凧揚げしたり、


10-7-12

ニンニンジャーショーに
釘付け。


10-7-11

グルメライドという
自転車イベントを
参道から応援してみたり。

(我が家の前が、
コースの一部でした)


10-7-8
 
初めて、娘と二人で
お寺ライブに参加。

主催者さんも会場さんも
顔馴染みということもあって、

どうぞどうぞー、と
迎えて頂けるも、

ちょっと…早急だった…。

5分ともたず、退出。

活発に喋り続けたい娘と、
楽曲に集中している
会場内の雰囲気。

やっぱりあと数年、
だなぁ。


10-7-13

その次の日はお寺で邦楽、
ペレットストーブの
ショールームで二胡、

11月には小千谷のお寺さんで
行われる北インド古典音楽など、

この秋は身近に、
魅力的なライブが多々。

(はやかわ店頭にチラシあります)

母親(私)自身の
音色を満たしたい気持ちは、
ひとまず置いといて。

全てを手帳から除きました。

また近い未来に楽しみを
植えておく感覚。


10-7-16

同じ場所、同じメンバーでは
無いかもしれない。

それでも、
素敵な音が待っているよ!
楽しみだね!

この時にやってきている
ご縁をおもてなしして、
数えます。

布と物たちに、光と風を。

9-28-22

過ぎさった大地の芸術祭の
スナップなどを混ぜ込みつつ、


10-2-14

営業日時変更のお知らせです。


9-28-21

*10月3日(土)午後から営業します。

(娘の運動会です。

子連れ営業再び、の予定が
実家で見てもらえることに。)


9-28-19

*10月12日(月)定休日ですが
 営業します。
子連れ営業になる筈。


9-28-18

*10月14日(水)15日(木)
 臨時休業します。


実家ファミリーで
数年ぶりの家族旅行へ。

それぞれ所帯を持ったら
全員が揃いにくくなってる。

わずか4人なのに。

9-28-23

竹所イエローハウスの
カフェへ、芸術祭最終日に
立ち寄ったり、

会期終了後の
十日町買い付けで
撤収前の作品を、

滑り込みで鑑賞したり。


9-28-17

買い付け先に居た
可愛い子。


9-28-15

お彼岸、お仏壇にあげる
甘いものを買いに。

さとやさんが近所なので、
散歩がてら。ありがたいです。


9-28-14

我が家の裏庭では、
栗拾い。

おっきな栗たちを、
虫と競争しながら。


9-28-13

想い出の品を
持ち込みいただいたり、


9-28-8

閉店後に買い出しへ
赴いて、譲って頂いたもの。


9-28-7

絣の二部式。


9-28-4

両面に刷られた
藍の型染めのハギレと、

リーズナブルに並んでいます、
盆栽の鉢各種。


9-28-5

くず繭の糸は
光沢も感触も良い。

私はこれから作る
商品タグの紐に
活用しようと思ってます。


10-2-13

これ、織ります、
と購入された方々も。

(お客様の、織り子さん率高し)


9-28-3

期間限定で、お客様から
お預かりしたスカート。

9号サイズくらいかな。

手作りで、
丁寧な仕立てです。

お母様から譲られた
品の良い大島の生地から。

安価に出していますが、

引き取り手が無ければ、
再び布に戻る予定です。


9-28-1

完売して、再び洗って
出した麻の生地。


9-28-2

カゴとか箱とか。


10-2-12

奇麗なお重。


10-2-11

半世紀前のバスケットに、

明治時代の、扇を置く台?


9-28-6

娘がブンブン、
再び壊れたコンデジ。

今はカメラも、
使い捨てだと思おう…

新しい相棒は、
期せずして動画機能が
素晴らしい!


9-28-20

夏の疲れとゆがみをとりに
3ヶ月ぶりの鍼灸院へも。

帰り道に、重たい美味しい
パンを買う。

魚沼市は、パン天国です。


9-28-10

実家の蕎麦畑。


9-28-9

そのすぐ隣に、
収穫を控えた黄金の海原が。


9-28-16

今年の新米、
店頭に並びました。

はやかわAntique & Craftsでは、
2kg の白米・玄米が
すぐに購入出来ます。

(それ以上の場合も、
前もって連絡いただければ
ご用意出来ます)


9-28-11

実父が丹誠込めた、

一般の流通には乗らない
丁寧にじっくりと
育んだお米です。

根元までお日様が入るように
スジはうすく蒔いて、
有機肥料も惜しげ無く。

スクスクモチモチ、
甘く大粒に育ちました。


10-2-10

冷めても食感・旨味が落ちず、
冷凍保存→レンジ解凍した
お米も美味しかったです。

別格、で格別!

秋の真っ白な宝石を
どうぞ、お試し下さい。


10-2-6

雑誌掲載後には
買い取りのご相談が
増えました。

感じること、様々…


10-2-5

想い出と愛情がたくさん
あるからこそ。

電話口から伝わってくる、
罪悪感やためらい。

微力ながら、
お役に立てたらと
改めて感じます。

10-2-3

遺された物たちには
磨けば光る力があるし、

その良さを求めて
来店される新しい引き取り手は
数多あるのですから…


10-2-4

昭和のものも、
かわいいなぁ。


10-2-2

布も素敵。

いくつかは、車から降ろして
すぐにお嫁にゆきました。


10-2-1

どうぞ、道具や布たちを、
光と風の巡る場所へ。


10-2-8

昨日、少し早めに
閉店させて頂き、

入った現場は、
可愛い築60余年。

解体を控えているけれど、
愛おしい。


10-2-15

そうそう。

池田記念美術館で
開催中の光の記憶展、

6日までです。

見知った場所に
船着き場があったり、

戦前の景色が
今と変わらなかったり。

100年やそこらでは
揺るがない、

風土に根ざした
文化や景色も確かにあるんだ。


10-2-9

公園の中の美術館は、
最高の立地。

貴重な動画を全て見たい方は、
1時間以上の
余裕を見てください。


10-2-7

休み時間に
ロックな本を読みながら、

刺激を充電して
今日も品出し致します。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ