2015年09月

シルバーウィークずっと営業!

9-19-11

家具が増えて、
入り口がまた狭く…

《連休中の営業》

以前の更新で、
20日はお休みと書きましたが、
シルバーウィーク中は、
営業することにしました。

明日は、実家で託児を
お願い出来ることに。

◎9月20〜23日まで
 連日営業しています。


9-19-14

20日以外は、
1歳7ヶ月の元気な
チョロチョロ娘が一緒です。

どうぞ、よろしく
お願い致します!



9-19-3

明日20日に店頭発売の、
大人女性が愛読する
県内情報誌キャレルさん。


9-19-1

監修させて頂いた
古布の洗い方ページまで含めると

6ページに渡って、
掲載して頂きました。


9-19-2

分不相応…と
当初は尻込みしながら。


9-19-6

娘と同じ生まれ月の
息子を育てる友達は、
大学入試の勉強中。

財団等が提供する
仕組みを利用してでも、

研究を続けたいと言う。

そんな制度に選ばれるのは
特別優秀な人だけだと、
以前は考えたそうだ。

《もう、
そう思わないことに
決めました。》

優しく力強く
語る声に、こちらにまで
力が湧いてくる。


9-19-7

最初は電話で話しながら、
あぁ、この人は本当に
頭が良くて私とは違うから

研究者の道を
歩めるんだなぁーって、

高い壁を置いて
考えていたのでした。


9-19-10

分けて考えた途端に、
叶った筈の道が
陸続きではなくなる。

地割れの音がして、
もう手が届かない。

全ての人が特別で、
特別なのが、当たり前。

この程度の私は
巷に溢れてる。


9-19-8

だからと言って、

少しも薄まらない、
本当は。

一人の価値も
一人の個性も。


9-19-5

やることは相変わらず、

浴室で、古道具の
掃除だったりな日々
ですが…(^_^;


9-19-9

昨日は、
遠くから車を飛ばして
来て下さった、

うちより半年、
年上の男の子を育ててる
ママさんも、

育児しながら
学校を卒業したばかりだった。

やれば、やれるもんだ。

9-19-12

とりあえず積んどく…

雑誌は明日の発売ですが、
定期購読されている方が

チラホラ、
お見えになっています。


9-19-13

明晩は、念願の
南インドの祝祭ご飯。

(待ちきれずに、
レトルトインド飯を
取り寄せて食べてしまった)

皆様も、良き連休を!

南インドの祝祭料理。

大地の芸術祭もおわり…

9-16-6

無理矢理、最後の方で
ねじ込んで作品を回りました。


9-16-9

第一回(2000年)の作品を
辿る機会にも恵まれて。


9-16-8

夏のご飯は、
過ぎにけり。


9-16-7

念願のコンサートへ
足を運んだり…


9-16-11

二つの虹を見ながら。


9-16-12

助っ人Sさんのおかげで、
品出しは好調です。


9-16-5

欄間とか、


9-16-4

お花を入れたい
ブリキの如雨露、

良い色のコネ鉢。


9-16-2

幅60センチ越えの
盆栽用の鉢とか。


9-16-1

木箱から食器も
全て出しました。

買い付けと品出しが続きます。



9-16-10

9月20日(日)に
迫りました、
南インド料理食事会。

開催は決定しているので、
お申し込みはお気軽に。

今から、駆け込み参加も
できますよ!

夏に疲れた体に、
スパイスご飯が染み入ります。



内容は、
祝祭など特別な時に
用意される、

ケララ州の
お祭り料理「sadya」
に決まりました。

基本的に、
ベジタリアン料理です。

お店では食べられない
メニューたちを、
この機会に是非!

●2015年9月20日

 調理開始は14時。
 配膳開始は18時となりました。

調理から参加して
お弁当として持ち帰り、

食べるのはご自宅で、
というのも可能です。

実際、そんな参加者さんも。

《ワダとイドゥリを、
先にみんなで作って、

できたてを
チャトニ&サンバルで
まかない感覚で
食べていただいても

いいかなぁと
思ったりしています。》

とのこと。

…いいなぁ、調理から参加。

そして、仕事が終わり次第、
食べるとこからだけ
という方も大歓迎です。

皆で、神聖で美味しくて
スペシャルな、

南魚沼野菜たっぷりの
南インド料理を
楽しめますように。

●参加費:2,500円
(材料費、とらやさん交通費など、全て込み)

●会 場:塩沢公民館 三階 調理室

●申し込み、お問い合わせ先
 とらや食堂(のりこさん) info@toraya.club

実る穂は倒れない。

《シルバーウィークの営業について》

●9月20日(日)定休日:お休みします
   21日(月)定休日ですが、営業します。
   22日(火)23日(水)通常営業しています。

21〜23日、
子連れ営業になります。

ご迷惑をおかけするかもしれませんが、
どうぞ、よろしくお願い致します。


9-9-1

いり大豆ラブ。
(上手に薄皮ふやかし、
口から出してから、中身を食べます)


9-9-16

毎週定休日に買い付け、
というペースが、
一段落しました。

(次の定休日は、買い出しですが)


9-9-14

芸術祭の作品群など
書きたいこと山ほど。

その時間を捻出するのは
ひとまず脇に、置いて…


9-9-15

これは、もぐらの館。


9-9-18

親子で、モグモグラ。


9-9-13

3年前の展示とは、
がらりと変わっていました。


9-9-10

今回が大地の芸術祭
ラストエントリーな

アウトランドへも、
久々、念願の訪問。


9-9-12

この空間を一人で
コツコツ作り上げた、
芹川さん。

すごいことです。


9-9-11

ネパールカレーも
どんどん美味しく。

今夜が最後の、
毎週木曜日限定の夜営業。

21時まで開いてますよ。

美味しいカレー食べに
チャイも一緒に、
お出かけしてみて下さい。

雨の日の異国空間も、
また味わい深い筈。


9-9-4

越後上布研修で
開店が遅れた日に、

帰宅したら届いていた
素敵な絵手紙。

遠方のお客様から。


9-9-8

会場には、一反数百万円が
何本も展示されていました。


9-9-5

苧績みしてみる。

…これは、熟練の技が必要。


9-9-9

絣のくくり作業の手前。

印付けも、根気のいる作業。


9-9-7

実際に、丈夫なラミー糸で
座機織りさせて貰う。

…全て、無料。
贅沢な企画だなぁ。


9-9-6

朝イチから、県外より
複数の女性たちの姿。

皆さん、未来の織り子さん
候補なのかしら。

会場には地元の方より、
遠くからわざわざ
お越しの方が多い印象。

短時間でも、有意義でした。


9-9-19

ラジオで喋った日の一コマ。

アナウンサーさんは、
娘と保育園が一緒。

今月20日には、
月刊キャレルさんの
巻頭特集に登場予定です。

…校正用のゲラを見て、もっと
深い話や役に立つことを
言えるようになりたい、と思う。

いつだって、もっともっと
物足りなくても、
これから、今から。


9-9-28

小千谷の紬。

反物色々。

絹と、…どうも麻が
入っているような。


9-9-27

味のあるぐい飲み。

ひとつひとつ、
全く違う表情。

一緒に譲って頂いた
銅の茶船2種は、

ほとんど誰も見ないうちに
お嫁に…


9-9-26

着物リメイク服も
増えています。

こちらはペチコート付き。


9-9-25

紬地のガウチョパンツ。


9-9-24

ウールタイツと
合わせても、面白そう。


9-9-23

藍染め絞り×藍木綿のスカート。


9-9-22

シルエットが美しいスカート。

などなど、現在は
10着近く揃っています。


9-9-20

実父のこだわり米も
収穫の時が近づいてきました。

今年は、
見たこと無いほど
粒が大きい!

みっしり鈴なり。


9-9-21

これだけ重たい
頭を支えている茎が

しっかり太くて、
倒伏していません。

実るほど、頭を垂れる稲穂…

はやかわAntique & Crafts店頭でも
10月1日から発売開始予定!

どうぞ、お楽しみに。



ネットショップに
商品を載せられていませんが、

店頭の品物入れ替わりは
現在、活発です。

冬には…ネットも
沢山、更新出来る筈!

発熱と9月。

9-2-2

★お知らせが直前の今日ですが…

 本日(9月2日)12時42分から
 FMゆきぐにさんにて、
 生放送で店内を取材して頂けます。

 どの古道具を取り上げようかなぁ…

↑写真は、雑誌の記事で、
 古布の洗い方をまとめました。

こちらも、どんな風に
仕上がるか楽しみです。


9-2-7

本日の買い取り品(一部)。


9-2-4

心ひかれる
萩とトンボと流水紋。


9-2-6

この生地で
ワンピースかスカートが、
欲しい…


9-2-5

苧麻でなく、大麻布の
古い袴。


9-2-1

お一人にお知らせ。
(連絡先を紛失してしまい…)

シルクのヴィンテージネクタイ、
7本入ってます!


9-2-10

小さな竹の行李。


9-2-9

ちっちゃくて、完品で。
レアです。


9-2-12

ちびサイズおかもちと
やや派手目な半幅帯。


9-2-14

何とも郷愁を誘う
火鉢です。


9-2-13

…なごむ。


9-2-11

こちらも素敵。

達磨さま。


9-2-15

青磁の豆皿。

薄造りでシンプル。
上品な1枚。

他、続々入荷しています!



9-2-3

娘の発熱続き。

39度台でも、
ご機嫌。

言葉が爆発的に増えているから、
また知恵熱なのかな…


9-2-8

そして、実家のお世話に(敬礼)

父のこだわり米も、
深くこうべを垂れ始めて。

粒が大きい、茎が太い、

去年までだって
美味しかったのに、

今年は実の入り方が
別格です。

どんな味になるんだろう?!

稲刈りまで、
あと1ヶ月を切りました。


9-2-38

個人的には
大地の芸術祭に、
ほとんど時間を割けず…

あれもこれもそれも、は
無理でした。

3年後に現状を思い返すのが
楽しみで、

じりじりする気持ちは
未来のしみじみの下ごしらえ。


9-2-32

*ここから、過日のイベント
勝手にガーデンに遊びに行った際の
写真を挟みます。


9-2-24

今日も、遠方から
店内ライブの打診を
持ってきて頂いたのに、

でも、引き受けられず…


9-2-25

これまで請け負ってきた
頼まれごとは、

自分自身の楽しみでもありました。


9-2-28

だけれど、

育児が落ち着いたって
そこには再び、
戻れない予感もあります。


9-2-26

新たに開けた扉の一つは、
古道具屋として生きること。

…ずっと、古道具屋だったけれど。


9-2-30

*柿渋染めのティピ。

12年もやっていて、
12年前は義務感?で読んでいた
仕事に関連する読書が、

今になって、染み入るように
面白いのでした。


9-2-31

*お店の屋根裏に、ライブペインティング中。

明け方の仄暗さと虫の声、

睡眠時間を少し削っての
読書時間が至福です。

本格的に、この場所で
深く井戸を掘りたい。


9-2-27

継続して、
遺品整理と生前整理業の
助走もしています。

こちらも、数年スパンで
種まき後の水やりが続くでしょう。

この仕事とは、切り離せない。


9-2-23

*娘がいたく気に入って
 一杯飲み干した、石臼ひきスパイスのチャイ。

何がどんな風に芽吹き、
育つのか。

その姿を想像して
スケッチする時間ばかりが、
これまで長過ぎたような。

今こそを、楽しめたら。


9-2-21

そうして、桃栗三年柿八年。
実がなる時期は、皆それぞれ。

きっと何にも、焦る必要はなく。


9-2-22

サトウカヨさんの
ガラスにときめいて、

連れ帰った
ゆらゆらガラスの粒と
真鍮パーツが

リビングの天井で
揺れています。

以前なら
反応しなかったかもしれない
竹細工のリアルな虫たちも
見惚れるまま求めて、

玄関先に飾り、
眺め返しては嬉しい。


9-2-37

会場に向う道中では、

娘がいつもより早く
お昼寝に入りました。


9-2-20

運良く、喫茶店
邪宗門さんの近くで。


9-2-35

ウインナーコーヒーと
持参していた本で
のんびりすることに。


9-2-36

2ヶ月に1回は、
時間を作って訪れたいなぁ…


9-2-34

ピザトーストも
パンの厚みに大量のチーズ。

ニンニクが利いていて、
シンプルなものがひと味違う。


9-2-33

食後の昆布茶を
サービスして頂き、

2時間の幸福。


9-2-16

もう一つの幸せ。

ito.さんの
日曜オープンday。

これもまた、実家で娘が
お昼寝に入った隙に。


9-2-19

たっぷりとした
フレンチリネンのパンツ。

試着したらとても、
しっくりと。

嬉しくて、そのまま
履いて帰りました。


9-2-18

我が家の古道具も
こっそり紛れ込んでいます。


9-2-17

秋はダブルガーゼの
新作服も考えているとか。

そちらも楽しみ。


9-2-39

★速報!

南インド料理を食べる会。

9月20日(日)とらや食堂@塩沢公民館
夜の部の開催が、決定しました!

*昼の部は、今回不開催です。

内容は、地元食材をふんだんに使った
南インド料理盛りだくさん♪

参加費は2,500円です。

今から参加希望でも、
勿論大丈夫です。

人数が増えるほど、
メニューに幅が広がるそうなので、
是非、ふるってご参加下さい。

《→特設Facebookページ


9-2-40

とらさんご夫妻は、
現在南インドを旅行中。

(→とら屋食堂

現地で仕入れ立ての
フレッシュなスパイス。

どんなご飯が
食べられるでしょう?!

娘はお腹の中で
へその緒経由以来の、
南インド料理。

たーのーしーみー!!
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ