2014年04月

イギリスヴィンテージ。

取り急ぎの更新です。

4-29-3

再開から3日間で、
十数人の方から
抱っこしてもらった穹。

親戚んしょとか含めたら、
かぞえてないけど、
100人も遠くない筈。


4-29-1

出勤前にバタバタと
ラミネーターを稼働させる。

子育て時間が、少しずつ
駆け足になってく。

追われてるリズムじゃなく、
小気味よいステップで。


4-29-6

海を渡り、イギリスから
荷物が届きました。


4-29-5

個包装もいちいち、かわいい。

送り主さんは、
かの国に移住した
アーティスティックな友達。


4-29-4

6月1日にオープンする
六日町図書館。

それに合わせて、
イギリスの古いものを
探してもらいました。


4-29-2

かわいい!

本屋さんの屋台を
模したケースに収められた
ミニブックたち。

他にも色々ありますが、
少しずつご紹介していきます。

みんな大切な子供。

4-26-4

あっっっっという間に、
本日から営業再開です!

*当面は、
12:30〜17:00開店、
(水)(木)お休み。


4-26-2

昨日の店舗前の
参道の桜もフワフワ。

今年は…どこの桜も
最高にこんもりしていて、

鳥に花芽が
食べられてないのかな。

きれいですねー!


4-22-9

沐浴後に、
パパのスタイリング。


4-22-10

髪の毛がだいぶ
伸びてきたので、

そろそろ切らないと…
かなぁ。

自分で自分の
髪の毛を引っ張って、

鳴き声をあげることが
何度かありました。


4-26-3

昨日、保健師さんの訪問があり、
生後、2ヶ月と12日。

体重は6,160gに。

保健師さんはお子さんが3人。

18歳になったら
仕送りは続くものの、

子育てがパキッと終わった
と、おっしゃっていました。


4-22-4

結局、開店準備には
あまり通えなかったけれど、

お店に居る時には
毎日1人は訪問があって、
(飛び込みのお客様も含め)

この場所にいたら、
人見知りはあんまりしないかも…
と期待する。


4-22-12

いただきもの。


4-22-8

自宅に訪ねてきて下さった方々、
ありがとうございました♪


4-22-7

甘いものは、
そのうちいつかね。


4-22-1

ずっと宙に視線と
両手をさまよわせ
降ってくるのを待っていた?
新居も決まって、

いただきものの
錫のカトラリーレストは
そちらで使わせていただきます。


4-22-11

母方のおばあちゃんとも
初対面を果たし、

(抱っこされてすぐに、
とてもニコニコしていた)


4-22-2

いよいよ、
予防注射の接種も始まります
(まだ予約してあるだけ)。


4-26-5

あわやの初チューーー

…ニアミス。

この写真を見た夫が
『許しません』


4-22-13

塩沢のie cafeさんで、

お腹がでっかい妊婦三人で
タジン鍋会をしたとき以来の
ご飯会。


4-22-15

とっときの個室が
ありがたい。


4-22-18

この子たちが、
あの時のお腹に居たんだね〜。

ちょっと動くと、
すぐにフーーフーー
息があがってた。

懐かしい体と、
一緒にいた子たち。

初めまして!


4-22-16

母親の声というものが
どれだけ優しいのか、

赤ちゃんの声が
演技指導も入ってないのに
なんて可愛いのか、

みんな、同じだった。


4-22-17

みんな、大切な子供。


4-22-14

最初、授乳のたびに
乳首がとんでもなく
痛かったり、

寝不足が辛かったり、

それが、一ヶ月半くらい
たってだんだんと
楽になってくことも、

頭皮の匂いが
大人張りなことも、

みんな、少しずつ似ていた。


4-22-5

もうずっと前に
赤ちゃんを育てていた人から
嬉しい70サイズのお下がり。

男の子二人。

こんな服も可愛い。

本を読む友達からの絵本は、
母親の心に響くタイトル。


4-22-3

さぁ、もうじき
初出勤します。

お腹がすきやすくて、
いつでもご飯を食べていたい、

ミルク製造所を稼働させる私と、

(穹が飲みきれない分を搾乳して
母乳を捨てるようになりました…

お風呂場では、乳が1メートル飛ぶ)


4-22-6

笑いかけてくれる回数が
増えつつある娘と。

お店は、何だか3年前の
スケルトンに戻ったようで、

まだあんまり
商品がありませんが、

徐々に追加されていくと
思います。


4-26-1

ちんまり掴む。

穹の部屋も、
まだ出来てないんだ…

あの日から、
2ヶ月半足らず。

ひとまず仕事を
始められたら、上出来!

以前の仕事量の半分
(ボランティア活動含む)で
ゆったり一緒に過ごそう。

残り半分は、
いつか独り立ちしてゆく
その日から続く年月の、

趣味と仕事の
下積みでもしようかね。

あなたの人生とわたしの人生、
クロスしてる年月は
きっと、とても短い。

*店鋪再開予定日のお知らせ。

***営業再開します。***

4月26日(土)より、
お店を再開します。

当面は開店時間を、

《12:30〜17:00》


とさせていただきます。

定休日はこれまで通り、
水曜・木曜日です。


4-15-2

昨日から、
復帰作業開始。

杉の葉拾いや
店内でホコリ避けにしていた
新聞紙の撤去、
ノボリの土台に水を入れたり…

2時間ちょっとの
滞在でした。

今日もこれから
少しだけ行ってきます。

ならし運転。


4-15-3

小さな相棒。

何ものかの山の中で
寝ていてくれる。

ありがと。


4-15-1

この2、3日で
突然始めた指しゃぶり。

(まだ、こぶししゃぶりなことが
多いですが、親指がお気に入り)

店鋪の中でも、チュクチュクと。

そういえば
店内での授乳中、

笑いがこみ上げてきて
とめられない!という表情で、

乳首から口を離して、
こちらに顔を向けて
ニコーーッとしていました。

3回も。

…微妙に目線がずれていたので、

この家の主であった
ソプラニストのアキ先生が
いらしてたのかなー、と

ふと想像してみたり。


4-15-4

からっぽのチラシ棚。

買い付けのお問い合わせや
予約もいただき始めていて、

いよいよ始動だーという雰囲気。

春ですね。

《店鋪チラシ・イベントフライヤー設置します》

●公序良俗に反したものでなければ、
 大丈夫です。

●直接店頭にお持ちいただくか、
 郵送にてお送り下さい。
 事前連絡など、不要です。

●無駄にしないで、
 自然に配布できる枚数は
 20枚程度です。

●情報の鮮度保持の為、
 3〜4ヶ月程度経過したら
 1度撤去します。

*イベントのチラシは
 会期終了後に撤去します。

○お気軽に、身近な情報やPRを、
 お寄せ下さい♪


4-15-7

いただきものの
手作りおくるみ。

手刺繍入りで
触り心地も最高です。

すでに大活躍しています。


4-15-10

とても美しい色彩の
日本産の丁寧な作りの積み木。

もらって嬉しい(親が)…
ありがたや。

しばらく、飾って楽しもう。


4-15-6

ご祝儀をいただいた方への
お返しも少しずつ。

ピュアレーンという
羊油もいただきもの。

授乳の際の痛みは、
当初から比較できないほど
楽になりました。

渦中にある時は永遠で、
過ぎてみれば一瞬。


4-15-9

少しずつ訪ねてきてくれる
声や足音が、

産後生活からの
ほどよいリハビリに。

ありがとうございました。


4-15-8

眉毛の上あたりを
ふわーーっと撫でると
寝ちゃうんだよ、

と聞いて実践したら、
笑っちゃうくらい
ほわーーーっとした表情に。


4-15-5

今日も右手しゃぶり。

赤ちゃんの変化は
本当に突然で、

急に長時間、
眠るようになったり、

聞いたことの無い
声をあげたり、

その声を長い時間
伸ばせるようになったり。

突然、変化するというと
大人になってからは躊躇、
ついつい足踏みしてしまいます。

…そんなことして、
どんな風に見られちゃうかな、

でも、今の私には
こっちの方が自然になってきたんだ、

でも、過去の私を
否定することになるのかな…

そんなことを考えて。

子供はそんな自意識のハードルを、
やすやすと越えてゆきます。

粉布Shopさん・日々つれづれ。

4-13-33

春の黄色い花たちが
青空にひらく。


4-13-32

クリスマスローズも
庭先に顔を出して、

春だよ、
手塩さん(一昨年亡くなった愛犬)
なんでいないの。

去年もそう思っていました。

一緒に、何年も
春を喜んでいたから。


4-13-5

穹は、昨日が
2ヶ月目のお誕生日。

昨夜は8時間半、
今朝は7時間も連続して
寝るという快挙!

私はおっぱいが張りすぎて
痛くなり、慌てて搾乳。

成長しているなぁ…


4-13-29

八幡の店鋪は、
囲いが外れました。


4-13-30

雪の下になっていた
ビオラが越冬して、
新しい花をつけている。

たくましい。


4-13-31

出産以来、
久々の店鋪訪問で、

室内の空気も、
淀んでいなくて一安心。

今日から上下水道が
数ヶ月ぶりに開栓します。

さぁ、いよいよ復帰準備。


4-13-4

もうじき終わる産休期間。

この日は夫方の、穹にとっては
祖父母に会いに行きました。

『めめよしさんだねぇ』*めめよし=見目が良い


4-13-3

人生初コタツ。

ちっちぇ!


4-13-2

ほぼ日手帳のネットアンケートに
回答したら、
ステッカーが。

小さなハッピー。


4-13-43

会いにきてくれた友達
お手製のメレンゲレモンパイ。


4-13-35

3月の終わり頃、
穹と一緒の外出3回目くらいで、
毎回、冷や汗をかいていた頃。


4-13-36

ケロケロストールにて
温かいミルクティー1杯。

玄米米粉100%の
手作りカステラと。


4-13-38

お客様が次々に。

立ち止まり会話して、
また去って行く。


4-13-37

手から手へ、
抱っこの舟に乗り
運ばれてく穹。


4-13-40

3月おしまいの日には、
我が家のお墓参りもしました。

穹を抱っこしてくれたのは、
東京から里帰りした弟。


4-13-39

まだ雪深い早川墓地。

祖父の33回忌、
祖母の50回忌法要の
当日は春の突風と冷たい雨、

翌日は素晴らしい晴天に。


4-13-41

私も穹も、
このお墓に入ることは
もうないんだ。

寂しくて、どこか自由で。


4-13-42

この世にさよならしてから、
33年後に思い出してもらう
だなんて
想像がつかないなとか、

お婆ちゃんになった穹には
会えないんだなーとか、
思いめぐらす。

あとで考えたら、
親戚一同がいっせいに集まる
本当に貴重な機会は、

『故人が与えてくれたご縁』なのだと、
住職様がおっしゃっていたそうな。


4-13-1

見られないけれどきっと、
こんなお婆ちゃんになるね。

ふふふ。
時折見せる、ふけ顔が可愛い。

『歯も無いし、赤ちゃんと
お年寄りはそっくり』と、母。

確かに。

神様に近づくからかな。


4-13-6

ガソリンを満タンにしたら、
初めての峠越え。


4-13-8

月に一度、オープンする
粉布Shopさんへ行ってきました。


4-13-22

ハーブガーデンと
枕木が並ぶ小道が素敵な
一軒家がお店になっています。


4-13-7

十日町キナーレの
道路向いに立つ看板が目印。


4-13-16

庭にはクラフト作家さんの
お店が出ていたり、


4-13-15

室内はカフェと
パンの販売スペース。


4-13-11

けれど、開始早々にケーキも
パン(天然酵母パンがメイン)も
売り切れてしまったそう…

お昼ご飯に
当て込んでいたので
残念!


4-13-10

*パンは事前予約しておいて
引き取りにくる方の姿が
多く見られました。

ライ麦、レーズン、クルミ入りの
パンを二つ、ギフトで頂き、
峠の途中で賞味。

フワフワモチモチ、
粉の味そのものが
とても美味しいパンでした。


4-13-12

十日町の養蜂家の方の
はちみつ。


4-13-14

かろうじて残っていた
雑穀のオーブン焼きスイーツと、
淹れたてコーヒー(私は舐める程度)を
オーダーして、


4-13-17

オープンエアーの
お茶の時間は、
やっぱり格別!


4-13-18

穹は手をグーパーと
動かしながら、
ずっとお昼寝すやすや。


4-13-13

贅沢な生活って、
こういうことだなぁ。

私にとっては…
きっと、多くの方にも。


4-13-9

ゆらゆら揺れる
人の手のハンモック。


4-13-20

ガレージセールコーナーも
充実していましたよ。

ご自由にお持ち下さい、
には昭和の薬瓶たち。

いびつなガラスたち、
集まると奇麗だなぁ。


4-13-19

薪ストーブであたたかい
サンルームの一角をお借りして

授乳とオムツ替えを
させていただき、助かりました。

奥の部屋はいい香りのする
パン工房、オーダー品が
続々と焼き上げられ、

少しだけ店頭販売用に
追加品のパンも。


4-13-21

庭先の春。

地植えのヒヤシンスや
クロッカスが満開に。


4-13-34

元気でお洒落な女性たちが
集まる空間には、
次から次へとお客様が。

Twitterでイベントを知ったという
長岡市からいらした
イラストレーターの
女性とお話しできたり、

ご縁が繋がる
場所でもありました。

理想的な
コミュニティスペースの
一形態。

是非、お出かけ
してみて下さい。


4-13-23

お昼ご飯は、
十日町駅前のカフェバー、
プログタウンさんへ。


4-13-25

少し懐かしい気持ちになる。


4-13-28

いつかの旅先で訪れた
カフェに再び夢の中で
出会えたような。


4-13-24

シーフードリゾットの
ランチ、680円。


4-13-27

ここでもすやすや
穹さん。


4-13-26

お店の片隅には
マクラメアクセサリーや
お洋服などの
コーナーもありました。

お出かけして、気力充電!

今日はこれから、
店鋪のお掃除、こと始め。

穹をあったかく包んで
行ってきます!

産後の入院生活のこと・4〜5日目。

4-9-1

あ……っという間に、
日々は駆け足で過ぎ、

穹は自家計測で
59cmと、5.6キロになりました。


4-9-2

10センチ近くのびた身長、
2.5キロは増した体重。

そうして、あと1週間で
生後2ヶ月を迎えます。


4-9-3

頂きものの春の味覚、
雪下人参。

甘かったー
生で食べるのが一番!


4-9-9

いろんな方から
抱っこしてもらっています。


4-9-8

7ヶ月くらいお兄ちゃん。
ズリバイスイスイ、すごいなー

目が合うと、
ニコーーーーーーっと笑う。

ギフトの中身はスイマーバ。
(乳児用浮き輪)
夫の休みの日に使ってみよう♪

子供と一緒に楽しめる世界は、
どうやら無限大に
広がっているらしい。


4-9-4

熊本産ネーブルタワー。

産地直送の味は、
格別でした。


4-9-6

いただいたもの、
ありがとうございます。

着る服は70サイズに移行中、
紙おむつも新生児用から
Sサイズにアップして、
一袋余ってしまった。

私もどんどん、
次なるママたちへ手渡します。


4-9-7

これも譲っていただいた
搾乳機。

穹が飲む以上に、
お乳が製造されるようになって、

搾り出さないと、
胸が張って痛い時が。

完全母乳になったと
安心したのもつかの間、

今度は右のお乳を
泣きながら拒否するように。

哺乳瓶からだと飲むから、
味の違いでは無さそう。

授乳姿勢を横抱きにしたら
何とかクリア。

試行錯誤が続きます。


3-22-37

さてさて、
終わらない入院編。

保存する前に、
2回連続して書いた記事が
消えるという
凡ミスが重なり、

がっくりしつつも、
続き…これで完結です。


3-22-38

2014年2月17日の朝から。

目玉焼きが、うれしい。

けれども、朝イチで初めて
哺乳瓶に搾乳してみたら、

30分かけて
10cc も搾れなくて、

仕切りカーテンを閉めたまま
しばらく、
ぼたぼた泣いていました。

生まれたばかりの子を
飢えさせちゃったよ…

一生懸命、吸ってたのに、
これしか出てないなんてーと。


3-22-39

お昼は海老フライ!

揚げ物はごちそうです。

同室になった方は3人とも、
2人目、3人目の出産で
先輩ママさん。

その中でも一番若くて
だけどしっかりして
ムードメーカーだったママが
腫れた目の私に、

『私も1人目は、
泣いてばっかりだったな』と。

この一言で、かなり
楽になりました。


3-22-40

面会時間にやってきた夫が、
したためる命名紙。

病室にかすかな墨の香り。

夜の廊下徘徊後に
看護師さんが言ってた。

『子供にはお母さんが
居てくれたら大丈夫です。

それだけでちゃんと、
育ちますよ』

子供の成長する力だって信じよう。

私は逃げださずに、
お母さんでいよう。


3-22-41

豪華絢爛、

退院前日の夜のご飯は
祝い膳でした。

前もって、三種のごはんと
三種の主菜からチョイス。

私はちらし寿司と海老フライを。

赤飯と迷ったけれど、

『餅米を食べると胸が張って
とんでもないことになる!』と
思っていました…

頼めば良かったなー


3-22-42

翌朝も雪。
退院の日の朝です。


3-22-43

病院で食べる朝ご飯は
これで最後。

感慨深い。


3-22-44

早朝の恒例フルーツと、
検温の記入も。

前日の日中、
授乳記録シートをチェックした
助産師さんから、

『ミルクが続いてますけど、
母乳はあきらめるんですか?』と
聞かれました。

…実際、もうダメなんだわ、と
挫けていたのです。

その後、
初めてマンツーマンで
授乳指導をしてもらって、

血がにじむ乳首が痺れて
苦行でしかなかったのが、

姿勢ひとつでだいぶ緩和されて、
楽になりました。

『お乳、ちゃんと作られていますよ。
きっと、これまで何時間も与えていたことも
無駄にはなっていないと思います』

嬉しかったなぁ…

この指導が無かったら、
私は帰宅してから迷わず、

完全ミルク育児に
移行していたでしょう。


3-22-45

病院で食べる
最後のお昼ご飯は、

学校給食でも大好物だった
麺類!

天ぷらうどん、美味しい〜

退院に伴い、母子ともに
検診を受けました。

穹は聴力検査などを。

私の検査中、主治医の先生が

『若井さんは、俺、
絶対帝王切開になると思って、
支度してたんだけど、

赤ちゃんがね、

こう…奇跡的に頭を尖らしながら
するするっと降りてきたんですよ。

スポーツで言ったら、
新体操の技みたいだったな。

見事に。』

ありがとう…と、また少し
泣きそうになる。

そして、この病院で産んで
良かったなぁと思いました。


3-22-46

会社の中休みに、
穹を見に来た夫。

病院で過ごす時間も
あと僅か…

産後の5日間はとても濃密な、
育児ブートキャンプだった!

逃げ出したくなる、
新入社員の合宿みたい。


3-22-47

いつの間にか、雪がやんで
光が射しています。


3-22-48

母が迎えにきてくれて、

さぁ、穹さん。

外の世界へ、行こう!


3-22-49

実家に戻り、

夫が夜に買ってきてくれた
お祝いのイカゲソサラダ入り
すし詰め。

私の大好物だもんね…ありがとう。


4-9-10

ここから更に、
1ヶ月半以上の日々が
重なる中にも、

様々な泣き笑いが
ありました。

小さな命の記録を
時おり覗いていただけたら
幸いです。

(仕事を再開したら、
入荷商品の話題なども!)
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ