2014年02月

南魚沼市雪まつり。

2-9-5

今日は、
南魚沼市雪祭り会場へ。


2-9-6

そんな写真を織り交ぜつつ
更新します。

予定日から3日超えて、
胎動は活発です。


2-9-24

『赤ちゃん降りてきたー?』と
聞かれるものの、

こちょこちょと内側から
股関節のあたりを
小さな指先がくすぐる感覚は
少し前から頻繁で、

でも、
そんな際(きわ)にまで
降りてきているのも不自然。

神経に触れてるんだろうな。


2-9-18

胸焼けや胃もたれが
楽になってない?と聞かれ、

それも半月くらい前から
すでに楽だったりして、

『よく分かりません…』が
ほんとのところです…。


2-9-9

ワークショップ会場。


2-9-13

かまくらの中のお店。


2-9-11

テントのお家。


2-9-12

テントごとにストーブが。
何かしら煮込まれていました。

いい景色。


2-9-19

昔、雪祭りというと
もっと露店らしい露店が
並んでいたような記憶が。


2-9-4

こんな風な。

ポン菓子の蒸気噴出中。


2-9-14

地元の美味しいお店や
活動をされている方の
出店がほとんど。


2-9-7

かまくらショップも個性豊か。


2-9-25

クエン酸リンス作りの
ワークショップ。


2-9-30

グリセリンやハーブティー、
グァーガムなど
自然のものだけ。

さっそく明日から使おう♪


2-9-34

市民参加型?の雪像の数は
減っているような気がします。


2-9-28

人肌(手のひらの熱)で整形する
蜜蝋キャンドル作りワークショップ。


2-9-32

くるくる。


2-9-33

2色の蜜蝋シートを重ねて、
最後にパラフィン製の
雪を貼付けて完成。


2-9-31

楽しい体験。


2-9-26

コーヒー手焙煎ワークショップ。


2-9-27

いい香りはしてきたけれど、
まだまだ。

シャカシャカと
リズミカルな音が響きます。


2-9-29

ロケットストーブ。


2-9-8

写真では
分かりづらいですが、

火口から煙突まで
ペール缶を繋げて、

温かいロケットストーブチェアに。

沢山の人が入れ替わり、
腰を下ろして休んでいました。


2-9-22

ステージでは
市民ヨサコイグループの発表や
戦隊ヒーローショーが。


2-9-17

日本各地のB級グルメを
食べ比べできたのも、
今回の目玉企画。


2-9-15

これ、楽しい!


2-9-16

まぐろラーメン
美味しかったです。


2-9-2

前夜に夫が
買ってきてくれていた

ゼリーフライも美味。
(名前が不思議で気になっていた)

おからとマッシュポテトの
素揚げフライ、ソース浸し。


2-9-22

地元・南魚沼市から、
ソチオリンピックの
出場選手が。

沢山の応援幕や、
旗が舞っていました。


2-9-1

昨日、訪ねてきてくれた
友達からもらった
マッサージオイル。

陣痛促進効果のある
オイルもいくつか入ってる。

とてもいい香り。


2-9-3

夫の趣味?の手作り、
常備菜の煮卵と、義母さんの煮菜。

ソウルフード。

美味しいものを補充して
再び、ゆっくりと待ちます…

新しく見る準備。

2-7-11

念のために一足早く入院中の
臨月なお友達。


2-7-10

彼女が撮影してくれた
写真。

昨日は、出産予定日でした。

どんな風にこの日を
迎えているんだろうと、

数ヶ月前の私はあれこれ
想像をしていたけれど、

いつも通りで、
そしてのどかな一日。


2-7-1

この日の検診では、
初めてノンストレステスト(NST)
というものを体験。

お腹周りにベルトを
グルリと巻き付けて、

子供の脈拍と
お腹の張り具合を
40分ほどかけて記録します。

光の差し込む陣痛室で
のんびりテレビを見ながら…

診察で嬉しかったのは、
エコー画像の中で、
眼球がしっかりと映っていたこと。

初めて見た…

しかも、
キョロキョロとあたりを
見回している。

暖かくほの暗く、おそらく
血液の色が透けて
赤みを帯びたその場所で、

好奇心とか自我とか、

もうこの子は、
自分だけの人格を育みながら、

暮らしてるんだなぁと
感慨深くなる。


2-7-6

病院に3時間近く
滞在した後は、

美味しいものを食べたいねぇー
と、
創業22周年の
割烹にし川さんへ。

塩沢の牧之通り添いに、
少しだけ奥まって在ります。


2-7-5

針千本の〜ますって
こうゆうことか。


2-7-4

夫撮影。

土人形、好き…。


2-7-2

おしんこまで美味しかった
割烹ランチは、
ほとんど980円以下。

私は、
さわらの西京漬け定食。
フワッフワ!


2-7-7

特製パフェ500円も、
素晴らしい盛り。

包丁さばきが美しい。

手作りガトーショコラが
乗っています。


2-7-9

夜は、
以前から食べてみたかった
スンドゥブ鍋。

市販品のスープだと
ビーフやら色々入っている為、

ペスコベジ(魚介を食べる菜食)
対応のレシピを調べる。

味付けの仕上げは、
夫にお任せ。


2-7-8

…美味しーーーー!!!!

味噌を加えたのが、
また良かった。

*鍋に油をひき、
 みじん切りのニンニクを
 香りが立つまで炒めて、

 アサリを投入。口が少し開いてから

 中華スープ、醤油、味噌を入れて
 煮立たせ、

 キムチと、好みの野菜を入れる。
(タマネギ、白菜、しめじ、もやし、春雨、ニラなど)

 豆腐はすくい入れる。

 再度、煮立ってから5分煮て、
 最後に生卵を落として完成。
 


いつも笑顔の看護師さんが、

『出産予定日通りに
産まれて来るのは、
全体の5%なんですよー』と言う。

…そうだったのか。

1週間前には、全く開いていないと
言われた子宮口が、

この日は1センチ大、
指一本分。

胎児の予想体重は
3キロ未満なわりに、

私のお腹はやたらと大きくて

(妊娠7ヶ月後半から、
腹囲100センチ超え。現在105センチ)

羊水がたっぷりとあるのは
それはそれで、
出産が遅くなりやすいらしい。

(住まいが窮屈でなかったら、
引っ越し急がなくてもいいもんね…)

私も娘もこの世に1人、
出発のタイミングが
オリジナルなのは間違いない。

今日も、暖かい部屋の中で
多少ドキドキしつつ、
でも焦らずに過ごしています。

二人がひとつで居る日々も。

2-5-15

↑妊娠初期から綴っている
 マタニティブック。

予定日の一ヶ月前から
少し早く産まれる気がしますー
と(根拠はなく)言ってたものの、

出産直前に胎動が静かになる、と
複数の友達が言っていた
兆候は未だ訪れず、

(モリモリとした胎動が続いています)

おしるしというものもなく、

このまま、明日の予定日まで
無事に?過ごせそうな雰囲気。


2-5-2

↑ 昨日のお腹。

子供と母親の体は
産まれる時を分かってるでしょう。


2-5-3

時がくれば、実をつけるように。

けれど、
現代医学は待ってくれない(笑)

1週間オーバーしてからの
陣痛促進剤もドンとこい??

この時代に産まれて、
実際に大多数の人が経験している
お産のスタイルで臨めることは、

それはそれで意義深い筈。


2-5-1

今日、読んでいた本。


2-5-7

昨日のお出かけ。
浦佐の U・B store さん。

ネットショップも。


2-5-5

大人が喜ぶ、かわいさ。


2-5-6

スターライトを見ると、
デリーのメインバザールが
条件反射で脳裏に。


2-5-12

産前にまた来られると
思ってなかったー
Mog 2 works さん。


2-5-11

いくらでも食べられるサラダ
(ドレッシングが美味しい)。


2-5-9

エビとアサリとネギ塩パスタ。


2-5-10

ワッフルー!
食欲旺盛。

出産間際には
体重が落ちることもあるそうで、
この1週間で1キロ近く減りました。

食べているのに痩せる…

それに反して、お腹の中は
確実にミチミチギューギューと
詰まってきているのが
分かります。


2-5-8

狭いながらも楽しい我が家。

それでも居心地がいいのなら、
もうちょっとその場所を
楽しんでけば良いね。

折しも、寒くて大雪だもの。
(雪降りなのにマイナス6度)


2-5-14

もうじき、六日町も塩沢町も
十日町も雪祭りですねーー

こちらのお店が
十日町市街地にグランドオープン!

リサイクル着物販売・輸出の
ちどりやさん、

新しい本社社屋に併設される
十日町店です。

実は、すでに作業しながら
営業しているそうです…
(口コミで人が来るとか)


2-5-13

産前最後の一仕事、

写真撮影&データ作成を
させていただきました。

産後の働き方と
ペース配分について、

実際に始まってみないと
分からないことが多いから
まだガチガチには
決めていないですが、

はやかわAntique & Crafts店鋪は
ゴールデンウィーク頃から
再開予定です。

カットモデルと、嵐の前の。

2-3-17

静かな日常が続きます。

…予定日まであと3日。

『忙しくなるぞー』と夫が言う。

『目の前のこと(赤ちゃん)だけで、
他のことは考えていられなくなる』
と母が言う(わりと皆さんが同じことを)。

そうなんだろうなー。
産前、産後のギャップが…


2-3-12

1日1冊ペース。
今のうち、今のうち。


2-3-3

年初に仮予約を
しておきながら、

早く産まれるんじゃないか?と
見送っていたカットモデル。


2-3-4

5日前の内診では
『全く子宮口が開いてませんねー』
…それなら、大丈夫。

昨晩、六日町の美容室、
髪庵さんへ、お願いしてきました。
カウンセリング中。


2-3-6

お客様の髪を切れるように
なるまでには
長い長い下積みがあって、

数年は人形の髪を切り続け、
次にカットモデルさんを
最低100人以上経験して、

それからお子さんの
ヘアカットデビュー、

大人のお客様を
担当できるのは、
更にその先。

年月と根性が必要な、
職人さんの世界なんだなぁ。


2-3-5

*カット中の写真撮影は夫。
 ずっと【妖怪、黄色マント!】って…(-言-)

カット終了後には、
店長さんの指導と修正が入ります。

これからまだ、
70人以上のヘアカットが
必要なのだそう。

『切ってもらいたい、染めてもらいたい、
パーマかけて〜』と思われた方、

お繋ぎしますので、
連絡下さい<(_ _)>

・カット、カラー、パーマ、
 お好きなスタイル、お任せもOK。

・料金はとられませんが、
 修行中の美容師さんが担当します。

・閉店後のお店で行う為、
 夜20〜21時スタートになります。

・普段、髪庵さんを
【利用していない】方のみ。

・年齢、性別は問いません。


2-3-11

『お腹のお嬢に
この花を見せたくてねー』と

友達が持参してくれた
春の花。

スイートピー、いい香り。


2-3-8

重い腰を上げて、
ナーシングピロー作り。


2-3-7

用意していた詰め綿が
足りなくなったり、

(自分1人で車に乗って
ぴょんと出かけられないのは、
不便だ(´-ω-`)=3)


2-3-2

…ポン・デ・夫。


2-3-1

あら、案外ちょうどいい。

授乳クッションとしての
役割が終わってからは、
子供椅子として使います。


2-3-9

出番の多いレシピブック、
うーらのオーガニックな野菜のおつまみ手帖より、
おからのポテサラ風。

アーリーレッドなどの
生食できるタマネギをスライス、

他にも適当に野菜を塩揉みして
水気を切って、

買ってきた生のおからに、
混ぜ込むだけ。

(味付けはマヨネーズ、塩、コショウ。
豆乳で水気を調整)


2-3-10

写真を撮る前に、
母と食べてしまった…残り2個。

このところ、
子供の頃の記憶がよみがえって、

たまに作ってもらっていた
簡単な揚げ菓子を。

(レシピというほど難しくなく、
確認してみたら合っていました)

小麦粉に卵、ベーキングパウダー、
黒砂糖、豆乳を入れてかき混ぜて、

スプーンで熱くなってる
油の中にボトボト落とし、
ふっくら揚げる。

この日は、冬みかんの甘露煮入り。
追加でハチミツ。


2-3-13

小さな記憶が、
昔やってもらったことが、

DNAの舟に乗って…
それは、大げさかな。

折り畳まれた記憶の
山折部分から、
ひょっこりと顔を出す。


2-3-15

鴨に手づから
いるご米をあげている時の
嬉しそうな顔を見ていると、

餌付け大好き遺伝子が
引き継がれていることを
実感する。


2-3-14

もう一つ、頻繁に
登場していたおやつは、

葛粉と砂糖をお湯でといて
透明でモチモチな状態にした、
名もなき何か。

大好物だった。

それもおそらく、
当たり前のように作る。


2-3-16

フラリと旅したくなるのは、
父の血かもしれない。

当人は、3代前の
ご先祖様の血だと言いながら、

引退後のお楽しみとして、
四国88カ所霊場へ
歩きお遍路の計画を立てています。
(遠足前に眠れない子供のように)


2-3-18

おいでおいで。

私はまだ限られた場所しか
見ていないけれど、

この世界は美しいよ。
期待していて。

みんなで、手を広げながら
待っているところ。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ