2014年02月

退院しました。

2-20-6

今朝の穹(そら)さん。

18日の雪降りしきる中、
母子ともに健康、
無事に退院しました。


2-20-3

笑っているかのような
表情筋の運動。

時に、神秘的で、
泣いたり困ったり不満だったり
しているようでもある、百面相。


2-20-2

夫が出生届を提出、
晴れて戸籍に入りました。

南魚沼市民に仲間入り!

市公認クリオネ
(パタパタとした動きが…)
そらっしー。


2-20-8

紙おむつのゴミ処理用にと、
市からいただいたお祝いの
燃えるゴミ袋100枚(!)。

なんて実利的。ありがたいです。

生まれてくれて
ありがとうーは、

お腹の中に居る時から
何度となく、
『ここに来てくれてありがとうね』

慣れない世話をする
昼夜問わずの時間割を、
穹は覚えてはいなくても、

いつか彼女が母親になった時、
『あぁ、こんなことをされてたのか』
と、別の立場で知るんだろう。

(絶対に来る訳ではないけれども、
介護とか、どんな形であれ)


2-20-9

ギフトで頂戴していた
育児本なども、
読み始めています。

ゆるやかに、
周りに頼りながら、

そして、
ひとりで育児しない、
そんなアドバイスが多い。

ほんとに…そうだなぁ…

右下のノートは、
入院生活中に配布されたシートが
便利だったので、
家庭用にもつくりました。

『日付・尿or便のおむつ交換、
授乳orミルク・げっぷ』

といった項目を
書き記しているノート。

1日の中で見渡せると
リズムがつかめて、とても便利。


2-20-4

夜遅くかえってきて、
朝も早い夫ですが、

一緒に夜中の授乳やオムツ替えを
補助してくれています。

感謝。


2-20-5

くるんと巻き込んだ
手がかわいい。

男性の指先と比較すると、
おもちゃのように小さな指。


2-20-7

ちゅーちゅーと
何んでも吸い込む口元も。


2-20-1

母が3週間、勤めを休んで、
おびや賄いをしてくれています。

骨盤を休ませよう…


2-20-10

入院中のメモ。

更新頻度は落ちますが
引き続き、

書き留めたことなど
綴る予定です。

どうぞ、のんびりと
おつきあいください<(_ _)>

穹に会うまで*2月11日。

2-16-15

4泊5日の
『親になるワークショップ』に
参加しています。

という風情の生活リズムにも
少し余裕が出てきたので、
日々の記録を。


2-16-16

今朝の穹さん。

生まれて4日目。

最初は肌に
皮脂が多いそうで、

赤みを帯びたプチプチが
ちょこちょこ出ています。
(自然に消えるらしい)

黄疸チェックで
問題なかった程度の、
黄色みも出ています。


2-16-2

初めて見た、出生届と証明書。

日々が初めて尽くし。


2-16-1

これから産む友達。


2-16-3

さかのぼって2月11日。

夜3時48分、

いつものように
40分ほど続いていた
10分間隔の偽陣痛の合間に、

寝返りを打とうかと
すこし体を起こしたら、
突然の破水。

大量のあったかい水が
突然バシャー!と出てきました。

隣に寝ていた夫を起こして、
お手洗いで確認。

一緒に、血液のおしるしも。

ちょっと事務作業をしてから、
(さらにコンビニで飲み物も補給)
病院へ向いました。


2-16-4

撮影:夫

まず分娩室で、
本当に破水しているか
確認しました。


2-16-5

確認できて、
陣痛室の一角に居を構えました。

1日も居ないだろう、なんて
この時は思いながらの荷解き。

少し動くだけでも、
羊水がザバザバと出て来る。

(産褥ショーツというものを履き、
産褥パッドという
厚いナプキンをあてて養生)


2-16-14

ここからずっと
腰にベルトを通して

常に胎児の脈拍(左の赤い数字)と
お腹の張り・陣痛の間隔(右の緑の数字)を
モニタリングし続けることに。

子供は生まれるまで
130〜160の活発な脈拍を
刻み続けてくれました。


2-16-6

初めての病院食。

朝ご飯は温泉卵付き。
肉と肉エキス除去食で指定。

美味しかったです。


2-16-7

窓の外は晴天。

自分の名前を
分かってるなーと、
夫がつぶやく。


2-16-8

お昼ご飯はうどん。

これも美味しい!!

この時はまだ
微弱な陣痛があるくらいで、
余裕あり。

夕方に8分に1回の間隔に。


2-16-9

痛む時だけを呼吸で逃せば、
あとは普通に過ごせるので
夕飯もおいしく完食。


2-16-12

母がおいしいイチゴを
持ってきてくれる。


2-16-13

…夜が更けていく。

夫は泊まり込み。


2-16-10

合間に、
クマで遊んでいました。

この頃、痛みの形が
変わってきた。


2-16-11

…なごむ。

子宮口が痛む感じ。

お腹の中の穹は、
活発に動いています。

こうして1日目の
入院生活が過ぎました。

2月13日、女児を出産しました。

2-14-4

こんなに奇麗な空の日に
産まれてくるんだねー

なんて、会話をしながら
2日間が過ぎて、

陣痛がゆっくりのんびり。

…やっと産まれたー!!
というご報告です。

2-14-1

産まれて18分後。

ちゃんと泣いてる。


2-14-2

50分後。

ホギャーの産声は最初だけで、
あとはキョロキョロ、
ずっと辺りを見渡してました。

目が合う。
黒い瞳が、かわいい。

ずっと一緒だったけど、
初めまして。


2-14-3

穹(そら)といいます。

2月13日(木)15時53分生まれ
3,220g 50.0センチ。

おいでおいでって、
招いていた女の子がやってきました。

ようこそ!

そしてこの世界の
先輩・諸氏・皆様方、
これからよろしくお願い致します。

マイペース?産んできます〜。

3時48分、さきほど破水しました。

…こんなに、突然来るもの??

いつものように、
3時に目が覚めて
軽い陣痛を呼吸で納めつつ、

寝返りを打とうかなと
体勢を変えた時に、
ザバーっと。

Facebookにリアルタイムで
あげとこっかなぁーとアップする夫。

(その前に、職場の人に電話するなど、
必要なことはしてましたよー)

笑って、また羊水が出てくる…

どんどん痛くなるのは?
これからだと思いますが、

数時間後には
会えているのかもしれません。

(長引いたとしても、
その瞬間は遠くはない筈)

それにしても、
破水直前まで娘の胎動は
とても元気でした…

今は、陣痛と陣痛の合間です。

わりとのんびり、
夫婦で着替えたり準備しています。

陣痛はあるものの。

2-10-2

平和な朝ご飯。

キノコと野菜のあんかけ丼:夫作
キャベツステーキ:私作

新入学や新学年を前にした、
人生の春休みのような時間。


2-10-1

本日の検診で
いただいたエコー写真。

…やたらと貫禄のある
顔つきに…気のせい?

夫は『ほっぺもちもちー!
栄養いきすぎー!かわいいーー!』

親が可愛いと思えば、
世界は平和。

もちろん、私も
『…かわいいなぁ…(心から)』

誤差ありとはいえ、
いつの間にやら、3,310gに。


2-10-3

↑病院の後は、ドライブ。

淡い空の色に
溶ける雲の白、

羽のように降り続ける
雪が美しい。


2-10-9

↑川口あたりで、本気の雪降り。

50分超のNST(ノンストレステスト)の結果は、

『5〜7分ごとにお腹、張ってんだよね。
けっこう強いよ。これ、痛くないの?』

『あんまり…呼吸で逃せる程度です』

『これ、陣痛じゃないの?』『ですよねぇ…』

もう半月くらい前から、
同じくらいの収縮があるのです。


2-10-4

川口の名店、味乃家 魚野川さん。


2-10-5

内診の結果はといえば、

『まだ遠いなぁ…もうちょっと、
降りてきててもいいんだけど。
子宮口の開きは…まだ指一本。

これだけ、お腹も固くなってるのに』


2-10-8

座席から見える小川に
何度も離着陸していた
鷹か何かしらの、猛禽類。

雪の上でひと休み。


2-10-6

夫のオーダーは、
200gのチャーシューが
ドンと入っている『激震ラーメン』
880円。


2-10-7

私は石釜焼きピザを。

胡麻と地クルミが香ばしい、
石臼惹き・群馬産全粒粉使用、

プリモピアット・ジェノベーゼ。

Sサイズでも大きいです。
1,200円。うまーーいーー…

材料が間違いなくて、
腹持ちも良い。絶品。


2-10-10

さらにハシゴして、
小千谷の星野屋さん。

果物屋さん直営の
クレープやパフェ、軽食など
豊富なメニューが揃う
有名店です。


2-10-11

色鮮やかなショーケースが楽しくて、
10分以上眺めていました。

童心にかえるなぁーー…


2-10-12

しょっぱいもの、ネギたこ焼き。


2-10-13

いちごクレープ。
(白生クリーム+チョコがけ)

果物屋さん直営店の
素晴らしさ、

おしげなく包み込まれている
フルーツの量に感動。

なのに安いです。


2-10-14

夫は期間限定のイチゴパフェ。

私は季節の果物じゃないけど
大好きなので、
サクランボのミニパフェ。


2-10-15

全てアイスクリームだったり
ホイップだと、きっと
気持ち悪くなるところに、

プレーンヨーグルトや、
詰め込まれた季節の
カットフルーツのおかげで、

飽きずに食べられました。



2-10-16

昨夜も、1時半くらいから
3時すぎまで、前駆陣痛
(ニセ陣痛と言われる)が。

痛みがあっても無くても、
わりと毎日、
この時間帯に目が覚めて、
意識がハッキリ。

枕元の時計を見ながら
陣痛の間隔を計っていました。

だいたい7分間隔。

張りのピークは呼吸で
痛みを逃しつつ、

だけれど、
いつでも2時間続かず
波が引いてゆきます。


2-10-167

昨夜は腰に痛みもあったので、
『本陣痛に繋がるかしら』と
様子を見ている中で、

娘は両足で『ボコン!』と蹴ったり
寝返りを打ったり?

その、のんびり具合に気が抜ける。

『あー、これは無いな…』と感じられて
そのまま、眠りに落ちました。

今週中に産まれなかったら、

来週2月17日あたりから
(41週と4日・予定日+11日目)

入院して陣痛促進剤?という
流れになりそうです。

だけど、15日は満月なんだなぁ。

そこらへんなのかもしれません。
(そうじゃないかもしれず)

すでに覚悟が
決まっているようでいて、

どこかでは産みの苦しみを
怖がっている私に、

ゆっくりゆっくりと
日々、練習と助走の機会を
与えてもらっていることは、
ありがたいです。

(と、書いている今も、
お腹は周期的に張っている)

あぁー、本当に、
出産は十人十色なんだな。

自分の体とお腹の子供に
ぴったりと、
カスタマイズされてるらしい。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ