2013年10月

実行・田中優氏講演会からメモ。

10-17-11

【営業時間のお知らせ】

10月19日(土)16時に閉店します。
10月20日(日)13時から営業します。


尾瀬の入り口も
朝方に歩けるかなー…

魚沼市観光のプロに育ちつつある
(好奇心の賜物だと思う!)
友達の心強いガイドにお任せして、

少しだけのんびりしてきます。

(檜枝岐の絶品お蕎麦も
食べたかったけれど、

それは数年越しでもいいか!と思い直す。
お楽しみをひとつ、未来へ先置き)


10-17-10

最近、掃除した古道具から。


10-17-9

美しいお重。


10-17-8

色版画をきれいに
貼った上に漆塗り。


10-17-7

後ろ側に穴が。
ここから一段ずつ、
押し出せます。


10-17-2

いただきもののホーリーバジル。
なんとか花が咲きました。

雪降り前に、種まで採れそうだ。

来年以降は、ワシワシ増殖させて
美味しいお茶を飲みたい。


10-15-6

いただきもの。

シフォン、自作できる人を尊敬。
安産お守りは鞄に追加。
宮崎鶏は旦那さんのお腹の中。

友達が無農薬栽培したトウモロコシを
別の友達がポップコーンにして味付け。

うまいーーー

どんぐりは頂き物。
もってけ、のイラストは夫氏。


10-15-5

キルギス土産。

フエルトのベビーシューズ。
(・ω・*)めごい

iPhone上で見せてもらった
動画で広がる荒野。

イスラミックな墓地が
美しかった。

こんな場所へ行ってきたのかぁ…

白いのは、ヤギ?乳の保存食。
ギュッと握って作った指の跡が。

遊牧民が道ばたで売っていたという。
しょっぱくて、とても美味しい。

唐辛子は六日町産…
辛くないのをもらいました。


10-15-4

これもいただきもの。

さっき拾ってきましたという
山栗、小さくて可愛い!


10-15-3

渋皮煮を作る根性はなく、
シンプルに塩ゆで。

甘くて美味しかった。


10-15-2

朝、お店を開けてから、
お参りへ。


10-15-1

毎日は行かないのですが…
(むしろ頻度は落ちている)

出っ張ったお腹の中の
子供の健やかなることを
根っこで願いながら。


10-17-1

妊娠7ヶ月に入りました。
順調に育っています。

旦那さん赤ちゃん時代の
顔の輪郭にそっくり。

手足も長くなっていました。


10-17-16

元々ついていたお肉に
さらに上乗せドン。

だいぶ息があがりやすくなって、
他にも体の変化は色々。


10-17-4

突然、ゲソサラダの軍艦巻きが
食べたくなった。

閉店後にやってきて
捕まってしまった(つきあってくれた)友達が
『ゲソサラダなら市内でここが一番、とみんな言ってる』
と、おすすめの、塩沢のすし道楽さんへ。


10-17-3

エビのみそ汁…あったまる…

閉店時間に近かったせいで、
100円に値下げされた
サービス皿がたくさん。

嬉しい。


10-17-6

妊婦検診の後に、
ドライブ。

なんだか素敵な雲だったので、
車内全員でカメラを構えた。


10-17-15

お久しぶりだった
小出のダージリンカフェさん。


10-17-13

お肉なしでオーダーできたのは
トムヤム麺。辛いーーうまいー


10-17-14

りんごマフィンと
カボチャシフォンをシェア。

ココナツとかトッピングが
効いていました。


10-17-12

さて、長々日常のスナップが
続きましたが(-ω-;

本題。

10/16(水)小出郷文化会館で
地域振興局主催で行われた

【田中優 講演会
  魚沼から目指そう!日本一の循環型社会】

私、この方をよく知らなかったのですが、
あとからHPを辿ってみたら、

facebookのシェアなどで
何度か記事を読んだことのある方でした…

自給自足生活を目指し、
実践的に地元で活動している
友達の一人は、

この方の講演会に触発されて
ナナシのマルシェという
イベントを立ち上げています。

実際に動ける人が、すごいと思う。

誰かと比較するんじゃなくて、
もう、シンプルに。

何でも最初に始めた人を主催者を、
それを継続して育ててゆく人たちを、

いつも、
尊敬しながら見ています。

みんな、違う。やれることが。
それぞれの色を出せる、きっと。


10-17-5

講演終了後に、楽屋前で立ち話。

田中さんの頭の中には、
全国の[実践者の実例]が
山のようにインプットされている。

そして自身が
自宅に設置した
太陽光発電装置によって、

オフグリッド(大手電力会社からの送電線を切り離し、
電気を自給する生活)を
実践している人でもある。


10-17-17

●以下、箇条書きしたメモから。

・19年前に未来バンクを立ち上げた。

 融資先は、【環境】【福祉】【市民活動の発展】
 この3つだけに絞っている。

 金利は固定で年利2%だけ。

 潰れるとさんざん言われながら、
 ちゃんと残っている。


・地域経済は、地域の資金量×回転数で
 測ることが出来る。

 地元の銀行(信用組合など)に
 お金を預ければ、
 彼らは地元にしか融資できない。

 ゆうちょやJAだと、他の地域にお金が回ってしまう
(もちろん都市銀やネットバンクも)。


・タイ北部のイサーン地区。

 生産した農作物などを
 都会に卸す仲買人に売って、

 その売却益でまた仲買人から
 都会のものを高く買う。

 村はとても貧しかった。

 村民が日本を視察した際、
 東北の朝市に感化されて、

 自分たちの村でも
 生産者が朝市を立ち上げた。

 そこで使われるのは通貨だけれど、
 通貨を利用した非貨幣経済と同じこと。

 村は徐々に豊かになり、
 日本の支援団体は
 援助を終了することが出来た。


・まちおこし というと、
 供給することばかり優先されている。
(特産品の開発など)

 しかし、地域のお金が
 都会に流れていることが問題。

 そのバケツの穴をふさぐことから。

*例:都会の大学に子供が通う。
   燃料費に高額を支払う。
   地元に拠点がないネットショップの物を買う…

  →地元にお金が流れていない。流出の方が多い。


・地域をダメにする人→この場所には、
           新幹線がない高速道路がない…
           と、ない物ばかりを見る

 地域を活性化できる人→同じ景色を見て、
            ここには山がある森がある雪がある…
          この人にとって地元は『全てがある』地域。 


…今日はここまで<(_ _)>

(意訳、誤訳あるかも。文責は私にあります)

着物、帯、ハギレ詰め放題!・地元牧場。

行李2つ分の量から選べる
布の詰め放題、始めました。

10-12-9

時代の新しい布が
比較的多いですが、

古布ハギレもちょこちょこ
入っています。


10-12-8

着物や帯、布、帯紐などを
ランダムに追加中。

*あんまり減りすぎたら
 布がたまるまでの間、
 少しお休みするかもしれません。


10-12-10

手作り、手仕事に、すぐ役に立つ布が
たくさんありますよ〜

地味目だけれど、
素敵な手織りの古布なども。


10-12-13

本日、詰めていただいたお客様。

佐渡で裂き織りを
習われている方だったので、
無地の絹が多め。

詰め放題は、
写真の水玉袋の
紐が結べればオーケーです。

この量で1,000円。
(ずっしり…)

行李の中に、めぼしい布が
チラリと見えたら、
ぜひトライして下さい。


10-12-11

山梨、というものを
初めて見ました。

山に自生しているらしい。
原種に近いのかな。

改良品種に比べると
それほど美味しくない。

(甘さはほどほど。食感おもしろい)

米飴とみりんで、グツグツ。

別の方から美味しいリンゴも
いただいたので、
これも塩をまぶして蒸し煮。

秋って…お米だけじゃないわー…
実り美味しい。


10-12-12

そうそう、一緒に届いた豆本。

銀河鉄道の夜の文庫本が
ちぃーーーーちゃい!

ドールハウスのネットショップを
始めた娘さんから。

閃きと器用さで
イチから作ってしまう。

すごいなー…


10-12-2

地元に住んでいて
噂には聞いていたけれど、

初めて訪ねました
シリーズ(?)。

塩沢、吉里のシャトー牧場さん。

…うさぎ。フフフ…おるわー。

特に道路に看板とか
出ていなかったような…

シャトーテル吉里の
第三駐車場を目指してください。


10-12-1

柵の外に生えていた
ミゾソバをあたえてみたら
花ごと、モグモグ。

ワンコは犬缶やら
エンゲル係数高めだった。

しかし。
野草でいいのか、彼らは。

そうか。いいなーー

草とりが楽しくなるだろうなぁ。


10-12-5

足の指と指の間の
柵になりたい。


10-12-4

ポニーとかオグリキャップの子供とか!

お兄さんが厩舎を管理している。

無人のときも、

お金を缶に入れてキャベツ
(『うちはどの子も食べますよー』の
言葉通り万能ご飯)

を、100円で購入できます。


10-12-3

ヤギとか鶏とか、
いろんな動物に少しずつ。


10-12-6

猛禽類だ!と言われるほど、
立派な足爪を持ってるヒトたち。


10-12-7

噛まれるか噛まれないかのとこを
ひょいひょい指を差し込んでみる。

モフっとした口元にクラリ…

最近、毛玉不足だったのですが、
ちょっと、充電できました。

かき混ぜるマーブル。

10-11-9

最近の入荷商品から。

未使用の綿入れ。

紬の着物をほぐして、
縫い作業は自分で、
綿入れをお婆ちゃんにお願いして。

という思い出のある品を
譲っていただきました。


10-11-8

こちらはきれいに洗濯済み、
おばあちゃん手縫いの半纏。

800円均一で。

さっと羽織って、
すごくあったかい!


10-11-7

浴衣の反物。


10-11-6

着物類もいろいろ入ってます。


10-11-5

鳥獣戯画の模様が…

モスリンの男襦袢ながら、
あまり虫食いなし。


10-11-24

子供 bar 。

日々のスナップから。


10-11-25

美女旅×スイーツ
という企画で、

南魚沼界隈の甘いものやさんと
コラボされている商品のひとつ。

老舗の和菓子屋さんの
しんこもち、美味しかった!

一緒にいただいた安産祈願、
さっそく
普段使っているバッグに
ジャラっと加えました。


10-11-22

母体に美味しいもの、
目で見る栄養とか。

ありがとうございます。


10-11-21

いただきもので
シェアできるものは、

随時、ご自由に箱に
入れています。

生まれる前から
育児本まで、
良い刺激を受けています。

何度も読み返してから
箱に入れる本も。


10-11-23

朝ご飯。ありがとう。


10-11-19

方々から少しずつ
物資をお借りして…


10-11-18

日暮れどきに火をおこし、


10-11-16

最初は少人数で
ちょっとずつ焼き始める。

新鮮な一夜干し、
海の幸が美味しい…


10-11-20

ネギ農家さんの
美味しいネギを焼いたり、
イモとか色々。


10-11-17

キスチョコみたいな
姫リンゴ。

ホイル焼きにして
シナモンを少し。

美味しいーーーー


10-11-15

合間にいただいたギフト。

インドのレトルトカレーと
作家もののお皿と、

リアルな育児漫画(笑)←早速読了して、
旦那さんにパスしました。


10-11-13

落ち着いた炭を
七輪に移して。

何をあぶって焼いても
うまい…


10-11-14

参道の秋。

火を囲む会になりました。


10-11-12

体が動くうちに
やっとかないとなぁ…

というリストが多々あって、
そのうちのひとつ。


10-11-11

古物商になって
すぐに購入した相棒。

だから…もう10年近く
乗っている軽バンの塗装補修。

素人なりの仕上がりですが、

次の作業は、小さな錆浮きが
ちょこちょこ出来てきたので、
錆落としと錆び止め→塗装します。


10-11-10

八海山山頂帰りの人たちと
ご飯から合流。

さんまの握り…
ふんわー:+*:・'☆。、:+*:.

見せてもらった写真は…

すごいなーーーー!

緑から黄色、真っ赤まで、
色の洪水になっていました。

片道3時間ちょっとか…

麓から見てもこれほどに
なっているとは分からない。

現地まで行ったご褒美なのね。


10-11-4

塩沢公民館の真ん前に、週末だけ
看板が立っていることが。


10-11-3

いつもはシャッターが下りている
ガレージのような場所。

このときは、立派なお店!


10-11-2

パッチワーク用品や
手作りの作品に囲まれた
カウンター。


10-11-27

週末だけオープンする、
マムズカフェさん。

4年前のオープン時に
お客様から情報をいただいて以来、
やっと行ってきました。

(ちょこっと、はやかわを閉めて)


10-11-1

デザート、ドリンク付きの
カレーセットは1000円、

手前は私がオーダーした
パンケーキ450円。

自家製ジャム2種類が美味しい。
手作りポテトサラダも。

アサイードリンク(300円)
をつけて、満足ランチ。

店主さんはパッチワークの先生。
手芸トークも楽しそう。

次回の開店は11月だそうです。


10-11-26

*画像クリックでもう少し拡大します。

先日、画像を載せたチラシの
拡大バージョン。

秘境な雰囲気の
おしゃれな山小屋で、

一夜だけのスペシャルインド音楽ライブ!

(今のところ、5人〜の
メンバーで行く予定)

こちらの3名の奏者さん、

インド古典初めてでも
何度も聴いている方でも、
間違いなし。

鳥肌のたつような、
時に泣きたくなるような、

そして最後の飛翔するような
開放感。

夜のご飯付きライブで、
これがまた、
ほんとに美味しい…

朝ご飯も、
出発時間にあわせて
融通が効くそうです。

過去に3回ほど、
小白沢ヒュッテのライブへは
出かけていますが、
ステージは至近距離。

お酒もおいしいし、
最高の夜(今回は飲めない)です。

寝床もフカフカ〜

これまで朝イチに帰宅して
お店を開けていましたが、

今回は産前のワガママで
20日(日)の開店時間を
午後からにさせていただき、

少しだけ、
ゆっくり過ごしてこようと
思っています。

カンガルーみたいに
ある程度は身軽な今だけしか
できないこともあるなぁ…。

一緒に行ってくれる
(運転してくれる)
友達に感謝!



色々、書こうと思ったことが
あるのだけど、

(初めて、
選挙の初心表明演説というものを
聴きにいったこととか。

お店に訪ねて来る
複数の候補者さんとも、

以前とは少しだけちがう意識で
お話ししてる気がする…)

情報を流してゆくこと、

墨流しみたいに、
いろんな色彩の煙みたいに、

迷彩色とは違う。

見えなくなりたい訳でなく、

混じり合った要素、全部が
自分だったり、人なんだとおもう…

私は絶対これ!この人!って
結構、言ってるかも知れないけど、

(昨日も、無意識な頑固だなー
と旦那さんに言われた(´・ω・`)>)

それより、
50色入りのパステルになりたい。

まだ、色が少ないな。

でも、いいか。

年を取るって、
新しい色が加わる余地がある
ってこと、だろう。


10-11-29

そうそう。

小泉商会さんの古本コーナー、
新しい本が届きました。

今回も楽しい!!


10-11-28

東京の地下鉄で
配布されているフリーマガジンは
ご自由にお持ちください、です。

紙媒体、刺激的。

ルーツ。根っこと萌芽。

《お知らせ》10月7日(月)13〜14時くらいの間、
    お店を閉めています。当日のお知らせですみません…

10-6-1

最近の入荷商品から。

リメイク用の昔着物、
1000円以下で色々あります。


10-6-3

シーズン終わりましたが
昔の絽は素敵。


10-6-2

銀箔を少し散らしてあります。


10-6-5

軽くて品がある。


10-6-4

こちらも透ける素材。


10-6-6

昔の黒留めは華やか。
品のいい派手さ。


10-6-7

数十客あったこちらの
蒔絵が美しい漆のお椀、

残り5客となりました。

年末年始に、日常使いに。

蓋の裏にまで
チョウチョの絵が。


10-6-8

米袋。


10-6-9

そんなに古いものでは
ないけれど、

この浴衣の模様、好きだなぁ…


10-6-13

昔の襦袢。


10-6-12

裾に良い縮緬が。

素朴な水鳥模様。


10-6-11

袖の布もかわいい。


10-6-10

鳥好きな方だったのかな…


10-6-14

大正時代のシンプルな
手織り着物も。


10-6-19

江戸縮のおこし。


10-6-20

100年を経ても、
模様に古くささはなく。


10-6-21

いただきものの
秋色あじさい。

店内で自然とドライに
なったものは、束にして
ご自由にお持ちください箱に
入れておきました。


10-6-24

蔵出しほやほや着物を
外で広げての作業中、

どんどん西の空が赤くなる。

いつもは室内に居る
時間だったから、

やってきたばかりの
布たちが繋げてくれた。

ありがたいな。


10-6-23

また別の日の朝。

ラジオで

《今、出張で六日町に居ます。
太陽の周りに丸い虹が出ています》

と、
リスナーさんの投稿を聴き、

見上げても肉眼では眩しすぎて、
カメラを太陽の方に向け、

適当にシャッターを切って、
出会った虹。

何気ない行動が
どこかで誰かの出会う景色まで
変えてるなんて、

毎日、無数に
起こってるんだとしても、

意識したとたん、
ひとつ、深呼吸する。

ふっとその後に笑ってしまう。

小さくてそれでも十分な
幸せ。


10-6-25

頼んでいた手帳が届きました。

来年は、身軽さを選択。
ほぼ日手帳の weeks.

帰りの遅い相方さんと
手書きの連絡帳がわりに
なるかしらと、
ホワイトボード型のカレンダーも。


10-6-22

詰まってるなぁ…と、
充実したお腹に。

ただいま、6ヶ月半。

夜にはお腹の中で、
ダンスパーティー活発です。

触るとボコボコ振動が。
ずいぶんと、元気。

育ってるの〜どうなの〜と
心配していた頃とは

うってかわっての
存在感を発揮中。


10-6-26

そんなお腹の中の
子供をよいしょと連れて、

旦那さんのお父さん方の
お墓参りへ。

おじいちゃん、おばあちゃんとも
初めまして。

彼の1歳のときの顔に
おばあちゃんの目がそっくり。

おじいちゃんは、
お父さんにそっくり。

いろんな人に、
誰かの面影がバトンされてく。


10-6-27

六日町の、やましろやさんで、
籠盛りをお願いして
(美しく作っていただきました!)

この後、
こんどは私の母方の
お婆ちゃんに会いに。

久々に会った従兄弟の一人は
いつの間にかお父さんそっくり。

子供の顔って、
10代までは変化著しい。

私たちのルーツを(ちょっとだけ)
たぐり寄せた日。

元気に踊る彼女(推定性別)も
次々といろんな人の面影を
現しながら、

育っていくんだろうな。


10-6-30

家でも作れるけれど、
老舗食堂のきつねうどんは
やっぱり美味しかった。

久々。
小出の大河原食堂さん。


10-6-28

作業も佳境。

六日町歩きマップ2013ー2014、
校正作業中。

ネットの地図で確認、
さらに車を出して現地へ。

夜の公園で名前を確認したり、

足湯の正式名称を
フロントに訪ねてきたり。

という、動きを見ながら、
…こうゆうの楽しいなぁー。

いくつになっても。


10-6-29

ゲームのキャラクターみたいに
バラバラのステータスゲージ、
でこぼこ。

各自に元来、
備わっている能力って、

ほんとに個性的で、
時に、いびつだ。

相当、生きづらいときは、
相当、突出した何かが邪魔をしている?

だけど、それが役に立つ場所が
日常の中で必ず、きっと
見つけられるだろう。

探し続ければ。
気長に。

そのうち、自分の能力の
でこぼこの形も変わってくるし。

とにかく、気長に
根を張って。


10-6-31

根っこ日記の最後に。

十日町のルーツさんでの
キャンドルナイトライブの様子を。

(キャンドルナイトは年内最後でしたが、
11月1日に《お豆さんズ》Liveがあるそうです)


10-6-32

クラシックギター奏者の
南雲充司さん。

目の前の特等席。


10-6-33

ごはんは嬉しいビーガンメニュー。

豆乳マヨネーズのポテトサラダや
季節野菜の天ぷら、
自家製ごまドレッシングのサラダ。

ドリンクを頼むと
これらが無料でした。


10-6-35

乳製品など使っていない
こっくりじっくり煮込まれた
カボチャのカレーと、

青森県産りんごジュースで
心地よい音を聴きながら、

のんびり夕ご飯。


10-6-34

シメのデザートプレート。

ネイチャー系の写真集を眺めたり、
友達は編み物を始めたり、

奥の席では英語と日本語が
ちゃんぽん。

1年半ぶりに会った
天使のようにかわいい
ハーフの女の子は、

床をゴロゴロ転がってる。

とても楽しそう。

生演奏を聴きながら
ご飯をいただいたり、
少し会話も出来たり、

こんな場所や機会が
もっと増えたら、素敵。

また、これからの5年くらいで
変わっていくのかもしれない。

どんな未来に暮らしたい?

ただただ、今は想像をして、

いっこいっこ、
葉っぱをつけてこう。

休日風景・南インド料理食事会2日目。

10-2-30

今日も写真が多めです。
しばし、おつきあいください!

まず、最近の入荷商品のご案内。


10-2-24

使い込まれた
軽量なトランク。


10-2-25

うちばり布はピンストライプ。


10-2-26

底面。

ひとつかかえて、
イベント出店するもよし、
ディスプレイに、実用に。


10-2-23

初期伊万里のお神酒どっくりは
一度、割れてしまったものですが、

油壷は完品です。


10-2-27

当店の骨董・古道具は、
地元で探した初荷(うぶに)。

長い長い眠りから
目を覚ましたばかり。

200年以上経ている道具は
掃除も、必要最低限だけ…


10-2-22

手に触れたときの
感触がやわらかくて、
まるで吸い付くようです。


10-2-21

和室のリサイクル着物たち、
大きく入れ替わっています。


10-2-20

紬は2,000〜3,000円均一。

着用可能なコンディション。


10-2-18

紅白の塩沢お召し。


10-2-19

実際は3色の糸が使われた
複雑な色味だったり、


10-2-17

ちょっと明るい場所で。

白く見えるお召しも、
紫の糸が全体をほのかに
赤く見せている。


10-2-32

古本の小泉商会さん。

購入していただいた方から、
感想や一言を送っていただける
はがきの追加が届きました。


10-2-33

今回も、おじいちゃんの
古切手コレクションが、
見ていて楽しい。


10-2-3

ここからは、
9月29日(日)に行われた
南インド料理食事会・昼の部の
レポートです。


10-2-1

朝の仕込み風景。


10-2-4

タンタンタン、ザーーーッ

流れる音はきっと、
各国共通。


10-2-31

窓の外では
グランドゴルフの大会が。

階下からは
吹奏楽部がコンサート。

日曜日らしい公民館。


10-2-2

筋張っているけれど、
いいお出汁がでる野菜。

ドラムスティックというらしい。


10-2-6

マサラを詰めた
茄子が美味しそう。


10-2-9

並ぶスパイス。


10-2-8

この日、会場参加者さんだけの
スペシャルメニューだった
通称、ルビースープ。

ビーツなどお野菜を煮込んだ
甘くてコンソメのような旨味のある
美しいスープでした。

食前に。


10-2-7

車麩のマサラ。


10-2-5

そうそう、梵字の書家さんから
安産祈願の扇をいただきました。

薬師如来三尊像。

裏面には、私たち夫婦の名前と
真ん中に子供の名前が。

(今回の妊娠が分かってすぐに、
名前が決まったので、ずっと
その名で呼んでいます。)


10-2-11

ぐつぐつ野菜たっぷりスープ。

味付けは基本的に
塩のみなのですが、

香味野菜や生薬となるスパイスが
複雑に絡み合い、
《一口ごとに美味しいーーー》
味となるのでした。


10-2-13

みんなでお鍋を持って、
ぐるぐる配膳。


10-2-12

お弁当も同時に用意していきます。

今回は、豪華二段重
+汁物は別添えで2つ。


10-2-10

この日のメニュー。

他に、食前茶として
食欲増進のハーブ、クミンホールを
軽く煎ってから煮だしたものと、

食後に、胃腸を整える漢方薬、
フェンネルのお茶が供されました。


10-2-14

盛りだくさん!!

会話が前後にはさまりつつも
黙々黙々と食がすすみます。

(この日はBGMつきで、食に専念)


10-2-15

今回の料理会のために、

埼玉からお越し頂いた
とらさんご夫妻。

美味しいごはん、
ありがとうございました♩

2日間、お疲れさまでした!


10-2-29

takei yukaさんからいただいた
大月の《シャロンの花》さんの蜂蜜。

チョコ1かけ分だけ、
ディップする…。

最初に蜂蜜、次にチョコ。

味が最初は分かれていて、
最後に香りが一つになった。

面白いな。


10-2-16

手前の看板が気に入って撮影。

浦佐のえづみや。

初めて入りましたが、
地元の人気店。

昔ながらの大衆食堂は
各国どこへ行っても美味しくて
リーズナブルなんだろうなー

国際大学の学生さん?も
ご飯食べてました。


10-2-28

ある日の家ご飯。

屋台風・焼きそば。


10-2-37

坂戸のアウトドア&雑貨とアパレルの
かわいいお店、ゾンネ

店主nobuさん、きれいな姿勢で
直立されております。


10-2-38

5分以上じっくり浸透できる、
ペーパードリップと
フレンチプレスの特徴を
兼ね備えた抽出道具。

デザインがとにかくかっこいい。

指定農園産スペシャリティコーヒーで
味にもこだわりが。

アウトドアに使える商品は、
機能的だし素敵なものが多い。

この日は、秋物スカートを新調。

便利なポケットがさりげなく着いてたり
少しだけバルーン型だったり。


10-2-35

休日。

友達に誘われて
十日町シネマパラダイスへ。

ドキュメンタリー映画
《よみがえりのレシピ》観覧。

山形県で在来作物の保存・紹介に取り組む
農家やレストラン、お漬け物屋さんなどの
活動を追った内容。

この30年間、全国では
数えきれないほどの在来種が、

育てやすい改良品種に押され、
途絶えてしまったそうです。

命は、DNAを運ぶ器。
確か、そんなフレーズが。


10-2-34

水曜日はレディースデイで
1,000円。嬉しい。

通称・シネパラさんは、

レンタルでは見られない
ドキュメンタリー映画の上映が多くて、
それはとても貴重だなぁ…


10-2-49

ずいぶん前に、確か
スクリーンにかかっていた
河瀬直美監督の《玄牝(げんぴん)》を
見たくなって、

上映会の開催費用を計算する
簡単な書類を作ってみたけど、
200人は動員しないと…

その規模になったら、
今すぐは動けない(-ω-; )

10月12日から公開の、
《天のしずく 辰巳芳子 ”いのちのスープ” 》
は、見逃さないようにしよう。


10-2-36

十日町に新しくできた
カフェレストラン
《ブルームーン》さんでランチ。


10-2-40

天井が高い。

二階席がよい感じ。


10-2-39

八海山サーモンのパスタ、
マルゲリータ、海鮮ドリア。

気の置けない友達同士なので
ぐるぐる回して試食。


10-2-44

スイーツはケーキ屋さんで
買いたいなーと、

この日がちょうど
リニューアルオープン初日だった
十日町の老舗アプリコットさんへ。

創業22周年!!


10-2-43

昔ながらのモンブランが
食べたくなって購入。


10-2-41

十日町の大きな図書館、
情報館へ移動します。

喫茶コーナーは、
持ち込みOK!

(新しくなる六日町図書館にも
飲食ブースは欲しいなぁ…)

追加でハーブティーをオーダー。

15種類くらいの中から選べます。

一律300円でティープレスに
たっぷり入ってくる。

刺し子のホカホカおしぼりと、
クッキー付き。

のんびり…大満足。


10-2-42

駐車所にあったススキの葉、
キジの尾みたいで奇麗だな。


10-2-46

この日の締めは、
友達が丹誠込めてる農園へ。

無農薬栽培で、
手間ひまかけて。

語らう農業女子たち。


10-2-48

ついでに芋掘り。

ゴロゴロ出てきた。


10-2-45

何度も大あくびしていた
カエル。

たまにタヌキも
訪ねてくるらしい。
(それは困るんだけど)


10-2-47

枝豆もって帰りました。

このブログをアップしたら
枝から外して茹でます。

夏に食べることが多い枝豆、
それは早稲品種で、

本来の旬は今頃だそう。

へぇぇ。

味噌を仕込むために
スタンバイしている大豆も
畑の傍らに。

良い休日になりました。

*追記

十日町のオリエンタルレストラン、
ルーツさんのキャンドルナイトライブ、
次回は10月4日だそうです。

★今年最後のキャンドルナイト
   
10月4日(金)18:30~23:00

LIVE 19:30~20:30
  「クラシックギター」南雲充司さん

  *youtubeで検索すると、演奏が見られます。

Food 無料ベジfood
&ベジカレー(500円)

    食べ物はベジ料理なら持込OKです。
    ただし、皆でシェアできる料理に限ります。

   (自分で育てた野菜など調理・加工して、皆に振舞う!!
   生産者と消費者が直接交流できるような場にもしようと思います。)

とのこと。良い夜を♩
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ