2013年02月

日々の種。

2-24-12

写真日記でタタタタタ。

朝はまず、雪掘りから始まる。
そんな日々でした。


2-20-1

もっと群れてたんだけど…

エナガ、幹の当たりに
まん丸が見えるでしょうか。


2-20-2

ふんわりと赤い襟巻きが
かわいい、鷽(うそ)。

桜のつぼみを食べるのは
かわいくない。

春支度が進んでいるようで、
毎日、参道の並木に姿が。


2-214-5

みどりが足りない!
お花が欲しい!という

共通認識の方から百合の花束。

すこしずつ開き始めて、
香りとともにこれから
楽しめそう。


2-24-9

大人の為の、
ハウスビルディング。


2-24-10

チェアも作ったし、
残すは天井工事のみ…


2-24-11

一瞬で崩れた。


2-24-16

駐車場には少しだけ
井戸水も出るし、

小川もあるから
除雪はなんとかなってます。

大雪の日だって、営業中。
怖れず、どうぞ。


2-24-17

戦国フィギュアも雪アフロ。


2-24-7

天馬が道具をくわえる
マークが可愛い。


2-24-8

越後上布の糸作りの道具。


2-24-6

中にノリをいれて、
真ん中の輪に糸を通して
のり付けします。


2-24-4

こちらの方がいびつで
個人的には好き。


2-24-3

糸を通す部分を花留めにして、
野の花の花器に。


2-24-1

曲尺(かねじゃく)。


2-24-2

真鍮の素材感、
素敵です。


2-24-19

端正なお盆。


2-24-18

店頭に色んな道具、
毎日いくつかずつ
並んでます。

布も。写真はまた後日。


2-24-13

閉店後にまんま食べてから。

簡単なご飯だけれど、
あったかいお味噌汁が嬉しい。


2-24-14

ある日の自発的ワークショップ。


2-24-15

ファシリテーションについて
知ってみよう講座。

考えたのは、
住み良いまち、環境の条件。

具体的な案が出てきて、
すぐにできそうじゃない、
と思う。

そう。今年中には。


色んな気持ちは、
次の季節に向けて飛ばしておこう。

時が巡ればちゃんと芽吹いて、
収穫の時期だって来る。

散歩と観察。

2-22-6

大雪降りを挟みつつも、

肌で感じる空気は、
少しずつ春めいてきて、

2-22-7

お散歩びより。


2-22-8

鴨たちに会いに
坂戸までテクテク。


2-22-9

早川産の蕎麦の実を
あげました。


2-22-10

潜ってる時が
一番可愛い。

くちばしを洗ってる?


2-22-13

動物がはねる。

虫野のパン工房、
ラパンさん入り口。


2-22-14

かたくりの季節も
すぐそこ。


2-22-15

大和町の図書室。


2-22-12

Mog2 さん。

本を読んでいたら、
雪が降り始めた。


2-22-11

初めて知った、
おかわりシステム。

(無理なオーダーをプラス…
ありがとうございました。)


2-22-4

出さないの?と言われて
忘れていたことに気がついて…


2-22-5

我が家のおひな様です。


2-22-2

かわいいお弁当箱。


2-22-3

何を入れても様になる。

用途を限らなければ
季節問わずのものばかり、

でも、もうちょっと、
季節をね。

取り入れたいと思います…


2-22-1

ハトヤフォトスタジオの
羽鳥社長。

どうもうまく撮れなかった
チューリップが
美しく撮影されていました。

良いカメラ、
一眼、欲しいなぁ…

(壊れてからコンデジ生活中)

さてさて。

週末に向けて、
活動します。

模様の海。

2-16-2

つぼみは再び雪の中…


2-16-1

よく降りました。

(次の日には晴れました)


2-16-3

注染(ちゅうせん)の浴衣。

裏側まできれいに染まっているので、
夏近くになると暖簾作りに
買っていかれる方も居ます。


2-16-4

こちらも浴衣。


2-16-5

一番のお気に入り。

こんな目隠しを、
夏には使いたい。

(タンクトップでもいいな)


2-16-6

染め型のつなぎ目が
手仕事ならではの
アクセントになっています。

あまりにも完璧に
作られていないものが良い。

機械じゃないあったかさ。


2-16-7

何を作りましょう。


2-16-8

もう少し古い、
大正〜戦前の麻着物。

こちらも型染め。
捺染(なっせん)です。


2-16-9

木綿の袴。

あんまりきれいな青色が
白の縞に沿って引かれているので、

しばし、手に取り眺める。


2-16-11

お客様と旅の話をする機会が
週末にたて続いたら、

遠くなった記憶が
ザァーーーーーーと
波のようにやってきました。

いつもは底の方に
沈んでいるだけで、

記憶というのはきちんと
仕舞い込まれているものなんだな。


2-16-10

盗まれたパスポートの
再発行をする為に、

移民管理局や大使館を
駆け回った日の帰り道。

夜の遊園地を眺めながら、
心はたんたんとして、
楽しめていたことも。


2-16-12

もう2度と尋ねることが
無いかもしれない、小さな都市。

パトラ織りの工房が数件ある、

というロンリープラネットの
英語版だけに記載されていた

一行を頼りに、
辿り着いた工房。

ちゃんといつも
ゴールには到達できていて、

だからまた、
旅には出るのでしょう。

模様の海に泳ぐ今も、
いつかの夢に出てきたような
日々ではあり、

次はどんな場所へ
行きたいだろう。

雪並木。

2-16-12

きれいな色の
琺瑯ロート。

ランプシェードに。

比較で置いてみた
e26サイズの電球だと大きい。

e17だと丁度良さそうです。


2-16-13

春が恋しいというよりも、
お花やみどりが…


2-16-14

今日は雪降りですが、
晴れた日でなくても、

お社の散歩は格別。


2-16-15

低くなった鳥居をくぐって。


2-16-16

ひかりひかり


2-16-17

はやかわ店舗に立ち寄る前に
まずお参りという方も。


2-16-18

雪下ろしする姿。

手を入れ気をかけ、
管理されています…


2-16-19

傍らには電車が通り抜け、


2-18-19

子どもたちの通学路にもなっている。


2-16-20

桜のつぼみも
膨らんできたなぁ…

どこかに何か居ます。


2-16-21

ズーム。

コゲラか。


2-16-8

時に、お供を連れて。


2-16-9

十日町情報館。うつくしい。


2-16-10

十日町リボンカフェさん。


2-16-11

フレンチトーストを
頼むべし。


2-16-4

久々に勉強会。
いつまでも初心大切…


2-16-1

なすてびゅう湯の山の高橋社長、
ありがとうございます。ソーダ。

ティートリーさんから
むしやすめ工房さんのパン。

冬眠資材(お肉装置)万端。


2-16-2

友チョコありがとー


2-16-5

ちょっとだいぶ…
やわやわチョコに、


2-16-3

最短でホワイトデー。
早いな。

Mogさんのスペシャルパック。

中は挽き立ての
二三味コーヒー。


2-16-6

ミルクティーも美味しいよ。



2-16-7

十日町ベジパークさんにて
うるいバケツ一杯に800円。

山菜としていただきます。

甘い酢みそで頂くのが
大好物。

このまま植えたら
立派なギボウシに。

そちらも大好き。

売り場で春を感じる季節。



駆け足な更新でした〜

ひかるみち。

2-11-3

雪祭りの日はおおむね、
青空でした。

会場を横目に仕事へ。


2-11-14

お祭り帰りのお客様。

着物姿、かわいい。

ストールは着物用。
以前、購入していただいたもの。

ちょっと
昔のものだからこそ、
上質な生地でした。

着物は二部式、

かつてお婆ちゃんが
練習用に織ったという
紬の反物で。


2-11-2

玄関から見る景色。

雪祭りの次の日は、

ゴウゴウと降り積もる
雪模様。


2-11-1

本日、掃除した
実用できる
トランクケースと
本棚。

会話のお供に灯した
蜜蝋キャンドル。


2-11-7

鯉のお茶碗だけど、
鯛飯に三つ葉そえて食べたい。


2-11-8

手描きです。

蓋と茶碗が呼応して
鳴く鳥の姿がかわいい。


2-11-9

割と一般的な。

んー、春らしい
混ぜご飯を入れて食べたい。

竹の子、菜花、
ひな祭りの混ぜご飯。


2-11-13

何の模様?


2-11-6

骨董品な豆皿。

大きさ比較で、
キャラメル置いてみました。

模様は、宝袋です。
ほんのチラリね。

素晴らしい
トリミングセンス。


2-11-15

雪の日のお散歩。
可愛いね。


2-11-16

除雪ヘルプで
駐車場に居た父も

たぶん、同じことを
思ってただろう。

うちのかわいい子は
今はもう雪のした。

ライブライブ!
生きてるうちにたくさん
楽しんでね、かわいい子!


2-11-17

100年以上前の
お茶碗のふた。

きれいなんです。


2-11-18

豆皿として。

漂白液に漬けた段階で
見初められた5枚。

一つしか無い模様も
あったので、

お渡し前に、記念撮影。


2-11-19

美味しいもの。

貯蔵するのは、
我が身の中…

冬眠しない私たち。


2-11-12

一番大好きな古道具。

箱。

ほんとにただの箱。

そんなものが、
一番好きかもしれません。


2-11-10

小さなガレージ…
車庫みたいなこちらは、


2-11-11

ガラガラガラ。

スムーズに扉が開きます。

書類入れ。


2-11-4

気になっていた
ジャンル〔マン盆栽〕。

(考案した方がラテン音楽の方で、
マンボ☆盆栽、の略称)

お客様の作品を
見せていただきました。

松の樹下で集う
一団は…


2-11-5

楽団、絶賛演奏中!!!

Nゲージ、というスケールの
人形だそうです。

聞き覚えがある、
鉄道模型とかで…

こんなに繊細で
かわいいお人形なのか。

これは…萌えるよ…
明らかに、朗らかに、

いいなぁ!


2-11-20

閉店後。

六日町雪祭りへ
行きましょう。


2-11-21

ちょっと寄り道。

駅角のお花屋さんの
二階にある
アトモスカフェさん。

皆の不要品は
誰かの必要なもの、

もってけ市、開催中です。

文庫1冊、お香立て1つを
いただきました。

(どちらも同じ人の持ち物だった…

似たものに惹かれる時は、
同じ流れの層に居る時だーと思う。

手放したということは、
また違う流れに乗ったのだ、きっと)


2-11-22

橋のたもとの足湯が
大人気。

湯気ホカホカ、
人が多いってだけで
見ていてあったかい。


2-11-23

整形に使って
滑り止めも兼ねているのか、
藁の雪階段。


2-11-28

たたずむ雷獣。

足元コンバース。


2-11-29

ご当地ソングを歌っていた
HINATAのライブ。


2-11-30

本場の味、
キッシュやケーキを売る
フレンチ屋台。

クレープに入ってた
アーモンドスライスが

炒り立てクリスピーで
美味しかった〜


2-11-24

そして、コームローイ。


2-11-26

手元で揺れる炎。


2-11-27

本家のように空へ放つことは
できませんでしたが、

(市街地だから)

ホンモノの炎が
たくさん揺れて、

人影が取り囲み、

その景色を見守る
もっと何か大きな、

会場全体の雰囲気と。


2-11-25

この数時間前には、

坂戸山の尾根伝いに
108つの松明が
線で連なり、灯りました。

父も着火ボランティアで
中腹あたりに居たそうです。

来年は、
灯りを見下ろす方へも
参加してみたいなぁ。

お店があるから、無理か。

でも、きっとそのうち。

ひかるみちは、

おもいもよらない方へ
しっかりと歩みを
導くこともあるから。

アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ