2013年01月

タネアカシ。

1-26-4

松之山から
大正の手織り布たち。

引っ張っても切れない。

洋服でもなんとか大丈夫、
と思います。


1-26-3

こちらは地元から。

いろんな布たち。
紬が素敵。


1-26-2

小千谷縮や、単色の紬など。

この季節は数少ない、
着物の買い取り。

ありがたいです。

古道具の買い取りも
お問い合わせの電話が。

雨が降ったりして、
少しお天気がゆるんだせいかな。

今はまた、荒れ模様。


1-24-1

早いところでは
店頭に並んでいるかも。

オシャレな
〈パスマガジン〉最新号は、
県内の家具店特集。

はやかわも、
和の古家具が買えるお店として、
紹介して頂いてます。

今号は、
お得な割引クーポンつき!


訂正データ

こちらはまだ編集さんの手の中…

校正中のデータ。

学研『古布に魅せられた暮らし』
2/22発売号に掲載予定。

全国の書店で並びます。

ありがたや…



雪見市のこと、
あともう少し。

1-26-9

オフショット。

スタッフと出店者用の控え室。
時間外なので、
ごちゃっとしていますが…

雪見市公式サイト
最後の?更新です。

ありがとうございましたのお手紙
協賛者様の追加 など。

どうぞ、ご覧下さい。


1-26-5

出店者用の通り道を
広くとりすぎて、
来場者用の通路が狭い、

入り口は二カ所あった方がいい、
休憩場所が欲しかった、
等等、

次はこうしたいな
ああできるな、

と発想膨らむ
フィードバックが
たくさん寄せられています。

それもまた情熱。
真冬でも、熱いです。


1-26-6

季節の楽しみ、
あつあつ焼きミカン。

冷めてから食べると
また更に甘いんだー。

さておき、
ひとつ、やっとネタバレ。

当日、会場にいらした方は
分かった方も居ましたが、

今回の雪見市には、
覆面出店者さんが1名。


1-26-7

天然酵母パンと焼き菓子の
Boulangerie TAKAさんは、

六日町の人気店、
パンドメロンさんでした。

パンを愛する真摯な職人、
二代目さんのソロ活動。

雪見市が天然酵母パンの
初お目見えだったそうです。

イベント後は店頭にも
少しずつ出したいと
おっしゃっていたから、

お店へ行ってみよっと。

お昼前には売り切れて、
並んだ様子を見れずに残念…


1-26-8

こちらも数百個の雪見パンが
お昼には完売。

小出のパン工房ラパンさん。

並んでる様子を、見たかった…

大ボス、
巨大な雪だるまパンも
このあと貰われてゆきました。

それぞれのお店が
用意した企み、

会場でいくつ
見つけられたでしょうか。



1-26-1

雪見市でやってきた
かわいいクマに見守られ、

製本ワークショップの
れいこ先生からいただいた
美しい手漉き紙で、

父へのギフトを
ペタペタ包む。

63回目のお誕生日。
おめでとう。

区切り区切りに
目印つけて、

たくさんのフラッグが
足跡に残ってく。

色んな人と関わった
痕跡と一緒に。

すててことまたたび。

タイトルは、シャレです。

捨ててこう。
また旅だよ。

1-25-7

あの日の限定メニューを食べる
各自実費なうどん会。

当日、現場にいた
裏方スタッフで。

しっかりとった
お出汁が美味しい。

反省会もちょっと
兼ねていました。


1-25-8

来年もやる、
次回も、って、
たくさんの言葉が
それぞれ自ずとわいてきたのが
面白かったし、ワクワクした。

水が湧いたときのような
感動かもしれない。

掘れば、何かが噴き出してくる。


1-25-2

消雪設備のなかった
ほんの一昔前には、
どれだけ大変だっただろう。

雪の下に眠ってる力は、
だからこそ強くて熱い。


1-25-4

塩・ザ・ワッフルでランチ。

塩沢・牧之通りの
OHGIYA cafe。


1-25-3

あとは扉を開けるだけ。

タイミングが来たら、
ちゃんと迷って、でも飛びこめ。

旅先では、日常茶飯事だった

『今、この瞬間に判断、決定しないといけない』
という緊急事態が、

もしかしたら、私をイキイキと
させていたのか。


1-25-6

『イベント構想や企画を仕事にしないの』
と、言われるほど、表情が違うらしい。
企みを考える時はウキウキしてる。

しんどいとか言いながら。
これも、旅と一緒だった。


1-25-1

日本とインド、
土地のせいでも、
時の計らいでもなく、

旅をしたかったら、
日常を旅に。

スピード感と
時にまったりとした時間を。

また次の企みを考えよう。

旅に出よう。

いろんな雪見市。

拾いきれてはいませんが、

それぞれの時間、
目から見えた
雪見市リンク集。

*リンク先と写真は、
 すべて対応していません。


1-23-13

たくさんの子たちが
魚沼へお嫁入り。

安友製作所


1-23-5

ティートリー・サロン


1-23-14

ito.


1-23-2

手描き缶バッヂ作り。


1-23-6

Hiro~s diary


1-23-11

準備中。

my life is my art


1-23-4

カラーセラピー。

POLEPOLE 森の学校


1-23-3

好奇心をくすぐられる
製本の内側。

cotolife


1-23-15

パンと焼き菓子 粉布


1-23-10

朝の搬入口。ずっと、雪。
この時はちょっと小雪。

神保接骨院

朝から晩までの誘導、
ありがとうございました…


1-23-16

奥で手を握り合っているのは、
アーユルヴェーダオイルの
ハンドマッサージ。

佐藤知映


1-23-8

始まる前の静けさ。

atelierひと葉


1-23-7

長岡の造園士さん数人のユニット
『デンクリ』(ガーデンクリエイター)

朝には何も無かった畳の上、

あっという間に、
和風のお庭が現れました。


1-23-12

はるばる、出雲崎から。

サワレザーワークスさん。

背中合わせには、
Euphoriaさんも。


1-23-9

紙粘土で看板が楽しかった
田中さんは、
プロの理容師。


1-23-1

写真は撮れなかったけれど、
受付脇に特設された、

なぎくんを救う会の募金ブース。

出店者さんの1人から
『当日、募金箱を設置して
集金したものを送れないかしら』

というメールを頂いたのが
開催数日前。

作業量的に
もう余裕がなくて、

今回は見合わせると
返信をしました。

発案された方はご自分で
チャリティ用の作品を販売。

スタッフの1人が、
雪見市前日にすくう会の代表の方と
打ち合わせにいき、
急遽できたコーナー。

81,507円という額が
集まりました。


1-23-17

私は(今回は)できない
とあきらめた。
でも、沢山の人が動いた。

この差は、胸に留めておこう、
と思います。

ほんとに、できないの?と

もう少し粘り強くなって、
あきらめないように。

雪見市、無事終了しました!

1-21-1

今朝の太陽がにくい(笑)

いや、こころにくい、かな。

『終わり』の◎(まる)つけて、
晴れ晴れ。

1-21-8

雪見市の前日搬入から
当日にかけての二日間は
ずっと、雪降り。


1-21-7

会場前に40人以上の行列が
受付前に伸びて、

11時段階での来場者数は
すでに600人超え。

(すごい熱気だった…)


1-21-6

生のジャズ演奏が
心地よく

会場の端っこで
見ていたって身体は
自ずとスゥイング。


1-21-3

準備模様。


1-21-5

足が生えてるよ。


1-21-4

廊下で追いつめた!

あの雪だるま、
実はかぶりぐるみでした。


1-21-2

かわいいぬいぐるみも
ひっそり見守っていた。

人が多すぎて、お店も多くて、
ちいさなところまで
全ては見られなかった方が
大半だったとは思うのですが、


1-21-9

色んな人が仕掛けた
可愛い企みが、

ちょっとずつ
しかるべき誰かの元に、

届いたのではないかと
思います。


1-21-10

来場者のべ人数1,500人、
出店スタッフは100人超、
ボランティアスタッフ20人ほど、
実行委員会10人ちょっと、

お礼や集計、
事務はまだこれからながら、
こちらも早めにおしまいにしよう。


真冬のお祭り、
無事に終わりました!

関わって下さった全ての皆様、
ありがとうございました!!

*また追って、写真アップしますね。

雪見市いよいよ明日です!

● INFORMATION ●

1月20日(日)雪見市出店のため、終日お休み。
1月21日(月)12:00開店予定です。

*はやかわ Antique & Crafts、
 手もみやせきや共に。


1-18-10

今朝の空。

市の準備も佳境です。


1-18-5

跳躍前?の息切れだったのか、

水曜日に節々が痛くなり、
突然の発熱。

もしインフルだったら、
活動禁止になっちゃうから
病院行きたくないー

と、勝手な言い分に
怒ってくれた人、ありがとう。

カーンとあがった高熱で
ウイルス撃退。

本日(金曜日)は、
雪掘りだって出来ました。

診断もシロでした。
良かった。


1-18-7

彼女が撮影している写真は、
こちらのブログに↓
ものづくり『michi+』

『雪見市公式サイト』←click!
↑でも、だいたい
情報が出そろいましたので、

(協賛者名は増加中)

こちらも、覗いてみてください。

出店者のリンクや
写真追加もあります。

ワークショップの
新しいお知らせ等も。

雪見市の経理で総務が
書いた記事は↓
女子力ブログ


他にも、『雪見市』で検索すると、
色んな方のブログが出てきます。


マルト書店**

午前中だけのワークショップ、

マルト書店さんの
ワンコイン(500円)製本体験。

早めに会場に着いたら、
ぜひ自分だけの一冊を。

予約不要です。

【午前の部 10:30~12:00】
●参加費:500円
●所要時間:20分くらい


マルト書店*

こちらは、午後の部。

素材は色々。

★お好みの紙と糸を使って
 カラフルな表紙のノートを作ろう!

世界に一つだけの
オリジナルノート作り。

当日枠少し在り。
(予約の方が優先となります)

【午後の部 14:00~15:30】(各定員5名)
●参加費 1,500円


1-18-9

こちらもイチ押し。

南魚沼で、
atelierひと葉さんの
リース作り体験ができます!

★雪ん子リースづくり

沼の雪の季節をイメージしたリース
(雪見市当日だけのオリジナル)

●時間 13:30~15:00
●参加費 2,500円(定員12名/先着順)

ゆったり優しい時間を
真冬の老舗旅館で
過ごして下さい。


1-18-8

1,000枚限定の当日チラシ。

歩きマップのデータ作成をして下さった
かきさん(通称)と
ロッポちゃんの生みの親よーこさんが
作ってくれました。


1-18-6

駅からシャトルバスが出ますよー

お車は市役所に留めて下さい。

71826_397955396960186_774336312_n



1-18-4

会場をいろどる仕掛けも
お楽しみに。


1-18-2

『例のクマ』たちも一足早く、
はるばる横浜から旅をして、
魚沼入りしましたよ。


1-18-3

はやかわ店舗の準備は
今日これから…

このランプを目印に
置いておこう。


1-18-1

何かスペシャルを、と
思い、いつもは値引き無しの
オシャレなパーツ類、

10%オフで展示します。

(全部は持っていけませんが…)

開店前に、
これから少し会場へ行ってきます。
47組の搬入開始です!
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ