2012年01月

雪と晴れ間。

1-31-16

晴れてしまえば、
どんな季節の美しさよりも
魅惑的な雪国の白!


1-31-12

手もみやせきや。

期間限定の新メニューが
始まりました。

*実際の施術時間が60分で、
 着替えや準備時間は含まれません。


1-31-13

ホットパッドだけでも、
気持ちよくて寝そうになります…

モニターさんからのご意見で
改善を加えられました。

ありがとうございますm(_ _)m

寒さ厳しい日々のご褒美に
どうぞお試しあれ。


1-31-11

お正月に新潟市みやげで
いただいた、だるまさん。

ほおを膨らませた子。
かわいい。


1-31-6

顔をつけるだけで、
妙に親しくなってしまう。


1-31-4

日曜日には久々の
手塩氏在中で、

〔久しぶりー〕と
写真をとったり握手したり…


1-31-5

旧店舗時代からだものなぁ。

数年来のおつきあいの方も、
現店舗からの方も、
ありがとうございます。


1-31-7

育つ子どもと、
かつて子どもだった大人と、
大人だったお年寄り。

順を追って、進んでゆくの。


1-31-10

雪掘り道具に
ロウを塗っているところ。

この1週間は雪掘り三昧でした。


1-31-2

地域の方々がお社の
雪掘りに通われています。


1-31-3

今季5回目(こまかく作業中)となる
屋根の雪下ろしを、
父が朝イチでしてくれました。

〔あんまり還暦をこきつかうなてー〕
ありがとう。

屋根からおろした雪を、
さらに片付ける手間が必要です。


1-31-15

でもやっぱり、冬は良い…


1-31-1

古道具の包まれていた
昭和34年の新聞。

戦後色が、まだ濃密な。


1-31-14

100年近く前の羽織を着て
友だちが、踊っています。

真面目に、余興の練習です。
えらいっ


1-31-8

美しいビーズ刺繍が
施されていながら、

インパクトが強かった
名古屋帯。

バッグインバッグに仕立てた
お客様から里帰りして、
ひとついただきました。


1-31-9

別の方から借りたばかりの
本を入れてみる。

帯地は厚くて丈夫だから、
傷めたくない本を
鞄にいれる時に便利です。

ちらりと見える
ピンクもかわい。

ありがとうございます〜


1-31-19

photo : yoko ozawa

さて…明日は、
フランス旅写真展の搬入日。

手塩氏が、
寝ててくれますように!

休み明けの2月3日(金)から
展示開始です。


1-31-18

photo : yoko ozawa

会期は2月28日(火)までと長めで、

展示に使う古道具が売れたら
また別の道具に貼り直し…など、
変化もあります。

どんなタイミングでも、
プラリ覗きに、旅をしに、いらして下さい。


◆ 写真展「旅の扉~フランスへ」

Petite exposition de photos:Porte au voyage vers la France


扉の向こうに何がある?
雪に埋もれた魚沼からフランスへ…
ちいさな写真旅行に出かけてみませんか。

古道具と古布のお店でのちいさな写真展。
旅気分をもりあげるお菓子の販売と、
日替わりでフランスの音楽をかけています。

1-31-17

photo : yoko ozawa

切手型の写真シール、
かわいいーーーー

冬の通り道。

1-26-1

出勤前、玄関で見た自分の姿は、
洞窟探検にでも行きそう…

冬の道行きへ出発。


1-26-2

朝イチに来てくれた友だちの
ウエストバッグが進化中。

少し前に、山菜とりに使われた
手作り袋を買ってくれて、

写真には写っていませんが、
リンゴのアップリケや
他の木綿布で補修が進んで、
えらく可愛い。


1-26-3

友だちを見送ってから
ふと見上げると、

杉の木がヒラヒラ白く
光っているように見えました。


1-26-4

冬にやってくる人たちは、
みんなあったかい服装をしているなぁ。

(当たり前…なんだけど)

目で見てもあったかい。


1-26-5

朝イチギフトだった
まだホカホカ湯気のでている
煮リンゴを、

やってきた方と少しずつ。

スパイスとブルーベリージャムと三温糖。
塩とレモン汁。複雑でやさしい味。


1-26-6

告知が進んでいなかったーー…

2月3日から28日まで、
店内にて始まるフランス旅の写真展。

フランス語堪能なアグリ系?美人、
小沢陽子さんが1年間滞在した
フランスの片田舎や都会の一コマを、

店内の古道具と組み合わせたり、
白壁に並べたり。

どうなるのかは、
写真の神様のみぞ知る…かも。

毎週火曜日は、
おやつの日になる予定です。

今現在、決まっているのが
14日(バレンタイン!)と28日(展示最終日)に、

店内でクレープを焼いちゃう
シャンドルール
(フランスで2月に行うクレープ祭り)。

7日、21日はまだ未定。

その他、cafe soygassolさんの
フランス焼き菓子も販売します。

詳しくはまた、
もう少し直前にm(_ _)m


1-26-7

晴れたある日、
お客様が途切れた隙間を狙って…


1-26-8

あんまり外の光が美しいから
手もみやせきやの美和さんと、


1-26-9

まず、八幡宮様へお参り。


1-26-10

1週間くらい、
あったかかったから
またキノコが増えてるのを横目に、


1-26-11

お店の鍵を1度閉めて、
財布を持って、


1-26-12

徒歩2分のやしろ製菓さんへ。

あけましておめでとうございます〜


1-26-14

安心の品揃え。

懐かしい机の上のレジスターが、
ピカピカ新品になっていました。

いつもきちんとお化粧をして
きれいなお婆ちゃん、
確か80歳前後とおっしゃっていたはず…。

まだまだまだまだ、
お店を続けて下さいm(_ _)m


1-26-13

お嫁さんかお孫さんが
作ってくれたというシール。

ご夫妻にそっくり。
かわいい。


1-26-15

店舗の後ろ姿を見ながら、
てくてく帰宅。


1-26-16

冬の間だけの商品、
昔ながらのイチゴケーキ!

おひとつ280円。

ぁー、そうだ。
昔食べた生クリームケーキって、
こんな味だった…

スポンジの外側が少し固くて、
クリームも油脂が一部バター状。

今みたいに全部がふんわりとは
していないのです。

とても懐かしい気持ちになる。

日本酒ならどぶろくが
滋味溢れて美味しいように、

こんなケーキもずっと
残ってほしい、と願います。


1-26-17

ある日の閉店後。

生まれて初めての開眼にとまどう
鯉のような馬のような
カエルのような…

花嫁さんの高下駄が
左右で語らう声が、
ほんのり聞こえる。


1-26-19

無理を言ってお休みの日に
お誕生日ギフトを買わせていただいた
Euphoriaさん。

一番右端のお財布を父に。


1-26-18

と、目が合った
カメラストラップ!

手前の青ステッチもいいけれど、
旦那さんのカメラの赤も素敵。

(さすが鳥を撮る方、
500mm(フィルム換算650mm)!

これだけ大きいレンズだと重いなぁぁ…

でも、このサイズにも耐えられる
ストラップだということ)

んんん。

色んなものが声を出してる。
気の合いそうな子たち。

実際つきあうと、どうなの?

好きなものぜんぶ
手元にお招きできたら
素晴らしいけれど、

ちょっとずつ…。


スナップスナップ。

1-23-1

写真日記でタタタタタ。
しばし、おつき合いください。


1-23-4

1週間ちかく、
あったかくて雪も降らず
楽をさせてもらいました。


1-23-15

秘密の天井裏。

この下は、ピアノホール(と呼んでいます。
グランドピアノが置いてあったから)。

有孔ボードの穴が
そのまんまむき出し…

屋根で熱せられた空気が
そのまま通過してくるんだから、
暑かったわけだわ〜(ノ_・、)

クモの巣を片付けて、
グラスウール敷き詰め予定。

踏み抜かないようにしなくては。


1-23-2

いただきもの。
写真を撮ったり撮らなかったり
すぐに食べたり。

ありがとうございます。


1-23-17

そば粉メインの
リンゴケーキしっとり。

クッキーやパンを
ストーブで焼いて食べました。
冬らしいことをするなら、今だけ。


1-23-7

こもる季節に、つくるものは。


1-23-6

くけ台にしては、
なんだか妙です。

どこかありがたい雰囲気。


1-23-5

ごく普通の桐箱は
桐箪笥に2つだけ備わっている。

反物がピタリと入る
奥行きが魅力的。


1-23-8

美しい桐細工。
戦前の刻みタバコ入れ。


1-23-21

片方には仕切り付きです。
何をしまいましょう。


1-23-9

100歳近いか越えている
方位磁石。現役さん。


1-23-11

雪国の道具、
金(カナ)カンジキ。

靴の底につけた滑り止め。

民具たちはなんてうつくしい…

あまり売れないんですけど。
でも、きれい。


1-23-10

古道具がとろとろ、
眠りながら冬眠中…

時おり起こされて、
どこかへもらわれてゆきます。

たぶん、温かくて、
良いところだと思います。


1-23-3

↑アイアンの数字と英字、
 何をいくつ、とご希望あれば
 発注可能です。(ひとつ300円)

写真は屋外に出しっ放しで、
錆が出てきた様子。

良いあんばい。


1-23-12

ある日のインドご飯会。

ガジャルハルワー♪
人参を甘く煮込んだデザート。

ナッツとドライフルーツと
スパイスの響宴がしあわせ。

これを南魚沼で食べられるなんて…
のオンパレード。
(パラクパニール、チャナマサラ、
サモサ、パコラ、etc...)

学生時代から、本を片手に独学、
インドから来たお客様に振る舞い
美味しい、といわれ
嬉しくてまた腕を磨き…という、
可愛いママさんのおかげです。

久々に本気のインドご飯、
作りたくなりました。


1-23-14

合間に子どもたちは
遊ぶ遊ぶ。


1-23-13

そして気になるボルダリング。

たかい、たかいところへ
のぼりたいなぁ。

何とかと煙は…って
言いますけど、
これはきっと本能。



1-23-19

何かが床下にあらわれた。


1-23-18

ねこといぬ。
よぉ、とねこはいぬにあいさつをする。


1-23-16

きょうのいぬは、
きもちよさそうにふかくふかく
ねむっているようだ。

ゆめのなかのいぬは、
ねこになっているのかも。

まぁるいまぁるいねこのゆめ。


1-23-20

そしてまた、べつのひに…

きょうのいぬは、どんなゆめを。

大らかでやさしい。

2月…バレンタインとか。
ギフトの季節でもある、かな。

3日から始まる
フランス旅の写真展に向けて、

少しヨーロピアンな空気が
欲しくなりました。

1-18-2

ドイツの紙もの、クロモスです。

印刷後の紙を型抜き、
型押しエンボス加工。

立体的で存在感があり、
レトロな印刷具合もいい。


1-18-1

手前の鳥たちがツボ!

庭先に落ちていそうな
いろんなものの下で雪宿り中…。


1-18-3

現在も、無料ラッピングの
ワンポイントで利用しているクロモス。

今回、数はそれほど多くないですが、
メタル系は120〜190円、
シートは1枚350円で仕入れています。

裏にノリや両面テープをつけて、
デコレーションの仕上げにどうぞ。

便せんに添えたり、
スクラップブッキングにも。



でも、相変わらず好きなのは
地元産の古道具。

1-18-4

耳付き樽、
フタ付き1500円。

布や本、おもちゃも
沢山はいります。


1-18-5

シンプルな硯箱、3,200円。

取手は現代物のレプリカで
補修してあります。

外側は欅。
漆の光沢が美しい。


1-18-6

文化12年(約200年前)の
木箱です。2,400円。

半日くらい働いたら、
簡単に200年が買えてしまう…

古道具における等価交換って、
すごーく奇妙…

時間は何よりも価値があって、
換金できないはずなんだけど。


1-18-7

仕分け前の布を入れている、
おかもちの下側。1,000円。

雰囲気がやわらかで
使い込まれ熟(な)れた
道具たちに囲まれていると、

気持ちがすこーし、
大らかになりそうです。

*1月中は店内の新品、古道具、
 委託品を覗いてすべて10%off
 プチセールしています。



1-18-8

放射冷却で
キーーーンと冷えた夜、

散歩で寒くなった手塩さんは、
全身の毛が逆立っている…

めじょげ(かわいそう)ながら、
ぼさぼさ具合がいい。


1-18-10

数時間滞在で、
ササーと里帰りした弟。


1-18-9

新しく立ち上げたお店で
必要になって覚えたという
お刺身作り。

細かな切り込みを
沢山入れたイカは、
驚くほどトロトロ。

ひと手間のチカラ。



少しずつ手を加えながら、
くだけるところはユルーと抜いて、

1月半ばの日々もやわらかに、
少しずつ過ぎてゆきます。

布やモニターさんや。

旧店舗は布がメインのお店で、
今も布はたくさんあるのですが、
ブログにご紹介していませんね…

1-14-2

現代物の正絹着物。

一部難ありですが、
暗い場所でなら着られます…
丸ごとで、800円。

我が家で布を探す方は、
みなさん、リメイク素材として
買われてゆくのでした。


1-14-1

個人的に一番大好物なのが、
こんな雰囲気のもの。

古い手織りの麻着物。

日常着です。3,500円。


1-14-3

昭和初期の上等な縮緬地。

模様も抑えめで使いやすい
黒留め袖、2,000円。

ショールを作ったり、
ドレスにする方が多い模様。

地元で買い付けをしている為、
キラキラ華やかなものが
少ないけれど、

田舎ならではの落ち着いた色みで、
質感の良いものは
見つかりやすい気がします。

そうだ、
古道具や古布の20%オフ、
残り1月15日(日)のみ
となりました。

16日から月末までは、
新しいものも古いものも
ひっくるめての10%オフが
始まります。

*一部委託品のぞく



1-14-4

ストーブの傍らで
小さな絵本の読みきかせ会。

8年くらい前に
読ませていただいた
手作り絵本にも再会しました。

あのお店があったから、
今の自分の店が
影響されてこんな雰囲気に、

という【場】の記憶です。


1-14-9

昔ながらのちんころさん。
鞠であそぶチビワンコ。

米粉から作られていて、
ひび割れるほど吉、
と言われます。




1-14-7

2月3日から始まる
写真展の打ち合わせ中。


1-14-6

フランス焼き菓子の販売も。

可愛い型がたくさん!
選んだのは…(お楽しみに)


1-14-5

このCDがかかるかは
わからないけれど。

期間中は日替わりで、
フレンチミュージックが
店内を心地よく彩ります。


1-14-8

ふと外を見ると…

あっという間に背丈ほど
積もってゆく雪たち。

また月曜日に、
屋根にのぼる予定です。

今日は下準備として3時間くらい、
家の周りの除雪をしていました。

それでもまだ終わらない…んんん。

毎冬、気持ちが少し落ちるのですが、
身体を動かしている効能か、
雪掘りが修行なのか。

ことしは、なんだか
ハートの芯が熱い。

除雪は勢いと心意気!…おそらく。



手もみやせきやの
みわさんから。

『お試し価格モニターさん募集』

★募集を締め切りました。少し拡大して3名様に。
  お問い合わせくださった皆様、ありがとうございました!


新しい冬季限定コースを体験して、
ご意見を聞かせて下さい。

☆1月20日(金)21日(土)22日(日)
 11:00〜19:00 の中で、都合の良い日時を
 お選びください。


*1時間30分ほど、お時間がかかります。

★モニター料金:¥3,000→¥1,000

★募集人数:先着2名様

【冬のポカポカコース(仮)】

〔内 容〕

・ホットパット(遠赤外線)で全身を温める
・首〜肩など、上半身中心の整体施術
・目の周りなど、顔、頭のツボ押し
・目を温める(状態によっては冷やす)

※軽く下半身も施術いたします。

終わった後は、身体ぽかぽか、
目の疲れがスッキリ!

【ご予約は→ 090 9369 9481(関谷)まで】

★締め切り:1/19(木)20:00

ご意見を参考にして、
1月27日(金)からメニューに
加える予定です。

よろしくお願いします〜m(_ _)m


アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ