2011年12月

年越しの日々。

12-30-6

年越しは、
いろんなことを一度畳んで、
落ち着かせてゆく雰囲気。


12-30-12

しあわせな犬(手塩さん)も、
無事に2012年を迎えられそうです。


12-30-11

それだけで、ありがたいこと。


12-30-5

木の上で自然と渋が抜けた柿が
枝ごと落ちてきたものを、

雪かきへ行く前に
収穫する父。

こんな柿を〈ずぶし〉と呼びます。
ぐずぐずな食感で、とても甘い。


12-30-10

顔に見えたり、踊る人に見えたり?


12-30-15

これは雪下ろし風景。
店舗の屋根の上です。

アクリル加工職人の渡辺さん
(ありがとうございましたー!)。

スコップだけでどんどん
雪をおろしてゆきます。


12-30-13

曇りがちな空、
いつもの遠い夕焼けでも、
目線が高いと格別なり。


12-30-14

勇者の帰還…

実動部隊1名、報道班2名、
という偏った編成でした。


12-30-16

身体が冷えた後は、
ストーブであったかいものを
作るのに限ります。


12-30-17

曇りレンズで
魔法の鍋がグツグツ煮える。


12-30-18

居合わせた人でカンパーイ!

あったかいチャイ、
車座でストーブ。

まっとうすぎるほど
雪国らしい冬景色かな。

別の角度で…→〈Aux champs de…〉



12-30-7

ある夜。

上の原にある、
素敵なカフェレストラン
soygassol さんにて、

マレーシアからプチ交換留学?で
来日した女の子を囲んでの
ウェルカムご飯会でした。


12-30-8

言葉は大事なんだけれど
英語や母国語だけでなく、

歌とか音楽、ジャグリングとか?
即興で分かり合える技術は、

いくつも持っていた方が
楽しいな、と思う。

持っている技はすべて、
言葉としても使える。


12-30-9

人や文化が自ずと行き来する土地では、
数カ国後が話せたり、
複数の国の音楽を追っかけたり、

旅先で出会う若者たちなんて
羽が生えているように、
軽やかに見えた。

日本でもそんな風に暮らしている人は
もちろんたくさん居るんだろうけれど、

私のこれまでの活動範囲では
ごく少数派だったので…

これから広げられるといいな。



12-30-2

本日の可愛いお客様。

君の未来は、果てしなく広い~

やかんに愛をつめこんで
色んな場所に水を注ぎ、
花を咲かせるでしょう。


12-30-3

差し入れでいただいた
ロールケーキ。

石打の美味しいお菓子屋、
ミドリヤさんが冬だけ作っている
限定品だそうです。

バタークリームが懐かしくて
しっとり上品。


12-30-4

明日はいよいよ、大晦日!

夜の21時くらいから
日付をまたいで25時くらいまで、

お店を開けてお待ちしています。

2年参りにかけて燃やされる
写真の大きな櫓は、

前回と同じならば
23時半以降に点火。
24時でもまだ燃焼中のはず。


12-30-1

麹に水を加え保温、
自然な糖分を引き出した甘酒を
ふるまいますよ~。

(鍋にかける際、三温糖をプラス)

それでは、
今年も短くて長い1年間、
たくさんありがとうございました。

皆様、良い年越しの晩を
お過ごしください♪


*暫定日記

ご予約があったので、
本日13時〜15時くらいまで
お店を開けています。

雪掘りしなくちゃ!

2011年の商い納め。

12-28-1

本日、28日(水)は、
営業しています。


これでひとまず、
今年の商い納め。

手もみやせきやも
お昼くらいから営業中。

大掃除の合間にのんびり整体で、
今年のからだにご褒美をどうぞ。



12-28-10

冬休み期間の
12月29日(木)~1月5日(木)は、

訪問日時が分かれば
それに合わせて開店できる日も
ありますので、
お問い合わせくださいm(_ _)m



12-28-5

年末スペシャル。

tamさんの手煎り焙煎
フェアトレードコーヒー、

3種盛りセット入荷です。

袋のミシン目をカッターで
入れているのは知っていたけれど、

中のドリップパックの
ミシン目まで…

愛も一緒に入ってる。


12-28-6

縁起物な、
チベタンタルチョ。

五色の祈りの旗は
仏教寺院でおなじみ?

はたはたと風にはためかせ、
ある時は小川に流して、
経文を捧げます。

インドのチベット街で
買ったものが残っていました。

小300円 中400円 大500円



12-28-4

雪の重みでおりてきた
もみじのタケコプター。

しなる枝のやわらかさ。

雪をどけたら、ふたたび
目線の1メートル上に。


12-28-2

お歳暮のようなお届けもの。

胡麻豆腐にミルクとあずき。
とても美味しかった!
ありがとう、Jちゃん


12-28-11

粛々とすぎたクリスマスの
かわいい甘み。

送り手Yさんの写真展、
店内にて2月開催の予定です。

フランス × 旅 × 扉 × 写真 × おやつ…?
きっと、そんな展示。

彼女の作るものは
どれもこれも美味しい!


12-28-9

手塩さんはたった今、
父と外を散歩中。
(深夜のおトイレが日課)

昼間の雪掘り中は
お客様に見ていただいたり。

Cさん、ありがとうございました~。


12-28-8

新月の晩、
Euphoriaさんへ受け取りにいった
新しい革のお財布。

左が4年くらい?経た
元のお財布。インドにも数回。

壊れてはいないから、
引き続き旅用財布に。


12-28-12

中はきれーいな赤です。

早く、クタクタヨレヨレ
ちょっと黒くならないかな~
(わざと汚したりはしませんが…)

新しくて落ち着かない。
でも、この新品特有の匂いは好き。

12-28-7

ここ数日は
屋根の雪下ろしをしたり、

1日数時間ほど、もくもくと
雪掘りをしていました。

そうしてから、

満を持しての
小型除雪車出動!

『自然な景色が好きと言っていたから、
除雪するのをためらっていた』と大家さん。

はい、もう十分に
写真に収めましたので(ノ_・、)


12-28-13

腰丈まで積もっていた雪が
1時間くらいの作業で、


12-28-14

車も入れるくらいに、
きれーーーーい!

これは人力ではムリデス。


12-28-3

店舗の前や、駐車場周りは
雪を飛ばす場所がないため
これからも人力だけれど、

身体を動かしていると
なんだか気持ちが落ちにくい。

ウインタースポーツ
始めました。とおんなじ。

今年の冬は健やかに
過ごせますように~

皆様も、引き続き
よい年の瀬を☆


青と白の国。木沢ハウス。

冬と言えば赤や、白
と思う日もあれば、

こんな日にはやっぱり
青と白!

12-24-7

すっかり
雪の中の家となりました。

囲いのペンキ塗りは、
年越しです…


12-24-1

今季初の人型(スノースタンプ)。

深く沈みこんで、爽快。


12-24-2

この冬最初の雪だるま1号、
かたわらに2号。

杉の実を瞳に使ったら
睫毛がバサバサとした、

性別を問われたら女の子だね、
と言えるものが生まれました。

晴天で、午後には溶けた…


12-24-6

手もみやのみわさんに
すこし?店番をお願いして、
浦佐のガレージセールへ。

六日町から浦佐へ向かう
道中の景色は、
四季折々にすばらしい。


12-24-5

目印のフラッグがポンポン。

我が家も習って、
道ばたに作ろうと思います。

現在もほぼ目印のない
お店だから…

農作業でも似たような棒を
立てたりするのですが、

『これは何かが違うと、
気がついた人だけが分かる』

って、家主さんの言葉は名言だ。

確かにこの風体からは、
遠目でも、いい匂いがする。


12-24-3

壁のエアープランツなど。

空間や、佇まいまでが
どこか作品めいてる。

借りてきた何かを纏うでなく、
その人がそのまんまに
暮らしているだけで、

ほーほーと
見とれてしまうような
空気を持っている方は
居るもので。


12-22-5

濃くて美味しいミルクティーを
2杯いただきながら、

素敵なセーターや
少し変わったもの(だけどツボの真ん中)
たちを譲っていただきました。

また、春にやりますよ、って。
うれしい。

雪融けの河川敷を歩きたい。


12-24-18

冬至をこしたとはいえ、
雪国の冬本番はこれから。


12-24-16

リサイクルウールのラグマット、
良質ウールのラグが入りました。

今期の入荷はたぶんこれで最後。

足元から冷える場所に、
銀色マット+シンプルラグを。

かなり大判で 2,940円です。


12-24-17

インドでひとつひとつ
手作りされている
アイアンパーツ新顔たち。


12-24-13

こちらも新顔。

本格的なチャイが作れる
茶葉×スパイスキットです。

カルダモンの香りが
たまりません。


12-24-14

2杯×3回分=6杯作れて、450円。
(牛乳とショウガは別途ご用意ください。
調製豆乳も美味しい。ショウガ無しでも。)

スリランカに学校を作る為の
支援にもちょびっとなります。

スパイスはひと手間かけて、
ごますり棒でたたき潰して下さい。

仕上がりが
素晴らしくなります。


12-24-15

こちらも装いを変えて。

tamさんの手煎り焙煎
フェアトレードコーヒー。

3杯分が個包装されて、
280円です。

〈*コーヒー豆だけの
 お得な予約注文も可能です〉

50gごとに265円。

受け取り希望日と一緒に
ご連絡ください。



これは過日。

長岡市川口の
木沢集落にある宿泊施設、
『木沢ハウス』へ行ってきました。

12-24-11

まだ秘密基地のようだった
数年前に一度、
お邪魔した事があります。

すっかり設備が整って、
居心地の良い空間に。


12-24-8

初めましての人同士が
多かった忘年会。

ここは人が集まる場所。


12-24-9

意匠が素敵だなぁ。


12-24-10

屋根の上に見える勝幸さんが
その昔、暮らしていたお家です。

棚田バンクをたちあげたり、
中越地震の震央として
大きな被害を受けた木沢集落に
様々な動きを与えている
かっこいいお父さん。


12-24-19

息子さんたちも
Song of the earth など、
多くのイベントに関わっている。

先日は数人で
車の運転を交替しながら、
東北へ炊き出しなどのボランティア。

その時の写真も
見せていただきました。

家の土台だけが残る海沿いの景色。

人力で海の中から引き上げてゆく
際限のない瓦礫の山。


12-24-20

どんな質問をしても、
見てきた人同士ですら、
想う事は違うのでしょう。

ちがうんだもの。みんな。
だから、誰だって動く意味が
あるんでしょう。


12-24-22

動く人が違えば、
起こる結果も変わって、

どこにも正解は
多分ないけれど。


12-24-12

『私の場合は、どうなるの?』を
想像して、

ほとんどのことは
試していないから、

結果を知らないまま
過ぎてゆく。


12-24-21

知って傷つく事と、
知らないで傷つくのでは、
どっちが好き?

まだ試していない
失敗だらけ。

自分にとって
新しい人たちと出会うと、
いつも目眩がします。

世界はなんて、広いんだろう。

流れが辿るまま。

12-22-4

家具が動いたついでに、
模様替え。

…あまり代わり映えしませんが、
ストーブに当たりやすくなりました。


12-22-1

『剥製だね、動く剥製』と言われ、
たしかに!と思う。

いよいよ、モノとイキモノの境を
神々しく行き来し始めた手塩さん。

寝ている時はたまに、
安否確認してしまう。

こんな風にゆけたらよいね。


12-22-2

たまたま連日、
整体系のお仕事をしている方が続いて
揉まれ得だった手塩さん。


12-22-3

定休日の今日は
所用でお店に居たら、

買い取り持ち込みのお客様が
やってきて、

お話を聞くと
↑上の写真で揉んでる方と以前、
同じ職場で整体をしていました
…って、続き過ぎだ。

不思議と流れが
目に見えるような時は、

色んな事がまとまって
うごく時期のようです。

可愛い丸椅子や、
作ったご本人から譲っていただいた
良く出来たウサギ小屋とか、
木のものが少しやってきて、

他にも、良い悪いの判断が
つきにくいイベントが続きます。

塞翁が馬って、
どこか年末に似合う言葉。

禍福は糾える縄の如し、も、そう。

しばらくはバタバタしないで
そのまま流されよう。

明日は祝日。

大寒波の予報ですが、
お店を開けてお待ちしています。

アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ