2011年11月

革持ち手の実例と、子どもの遊び。+ぐるとら!

11-19-9

何本かお嫁にゆきました、
Euphoriaさんの本革パーツ。

風呂敷状の布さえあれば、
バッグが作れる…という見本は
本日撮影できず(-_-)>


11-19-3

思いのほか
ヒットだったのが、

ひもを結んで完成させる形の
バッグに取り付けること。


11-19-4

後ろ姿。

アクセントの数字が
ほんのり目立ちます。


11-19-8

某家具メーカーさんの
開店お祝いに貰ったという
布バッグも、持ち手を結ぶタイプ。

これを解いて
革のパーツに通すと、

いっきに高級感倍増!


11-19-7

これまでは、
布の結び目が肩に食い込んで
痛かったそうです。

革なら丈夫で安心かな。


今回は1本、
1,050~1,400円で出しました。

*革の市場価格は
 変動するものだそうで
 暫定的な設定となります。

取手のとれたカゴバックの修理など、
使い道は色々あるようです。



11-19-10

試飲させてもらったスリランカ産
フェアトレード茶葉+スパイスのセット。

5分足らずで本格的なチャイが
出来上がりました。あったまるーー

店頭にお目見えする日が
来るかもしれません。

寒くなったら、チャイ!



11-19-1

冷えてきたら、スタッドレス!
それが雪国暮らし。

我が家の車は全て父が
冬タイヤに交換してくれています。

雨降りの中、ありがとう。



11-19-2

子どもたちの遊びから、
ヒントをもらったこと。

レトロなラベルに
レインボーカラーを英字スタンプで、

それを茶袋にも押して、
貼って…

やたらと可愛かったので、
簡易ラッピングに応用してみよう。


11-19-5

品だし前の鉄製棚受けを
店頭に置きっぱなしにしたら、

いつのまにか模様作りが
始まっていました。


11-19-6

〈1〉と〈W〉で、白鳥(or あひる)。
立体にするとは、やりますな。

アイアンナンバー、アルファベットは
一文字300円でお取り寄せ可能です。

*何故か〈5〉だけは
 メーカーさんが2月まで欠品中

自然に錆びる素材なので、
看板作りに活用する予定です。

いい加減、17号線沿いに目印を
作らなくては。

雪が降っても、
耐えられる看板を…




11-19-13

19日夜は十日町市で行われた、
南インド料理食事会へ。

バタバタ焦って
閉店作業をしていたら、

一眼カメラを
玄関においてくるという
痛すぎる失敗をしました。


11-19-11

地元新聞社の記者さんから、
取材を受けるとらさん。


11-19-12

食べるとらさん。

携帯が古いもので、
ヒドい写真です(ノ_・、)

相変わらず、バナナの葉っぱの上は
色とりどりで美しかった!

40人(すごい)で21種類の
お料理を食べました。

ごちそうさまでしたー♪

主催の家楽さんに感謝!



とらさんから作ったもの一覧が
届きましたのでペタリ。

menu左*

menu右*


革ひも持ち手/手もみやギフトカード。

塩沢町の革工房Euphoriaさんとの
コラボ?企画。


11-19-4

オリジナルの革持ち手が
入荷しました。

お手持ちの四角い布を
バッグに変身させる、
便利な革ひも。

もちろん、
手作り派の方は

自作のバッグにループをつけて
取り付け可能です。


11-19-5

端のアクセントに、数字や
モチーフなどが刻印されています。


素材屋さんで探したら高価で、
縫い留めるには
技術の必要な本革ですが、

これなら簡単、洗濯の度に
取り外しも可能になります。

価格も1,000円台に押さえて、
(長さ、幅により異なる)
とてもお買い得ですよ〜


11-19-10

*作業の合間に出たハギレを用い、
 面取りやロウ引き、
 裏の処理を省いたエコバージョン。

 革の中でも状態の良い場所だから、
 高級感や使い込む楽しさはそのままに、

 カッチリさせたくない
 日常使いのバッグにぴったりです。


11-19-8

*商品の性質上、オーダーや
 全く同じものの追加発注などは
 出来ません。

時おり工房から届く
贈り物のような商品です。

実際、布にセットした写真は
また明日以降に。


11-19-9

革職人の
佐藤さんご夫妻。

棚に並ぶ品物たちは、
さすがに手がかかっていて、

でも、知らないことは
暗闇を見るようなもの…

こんな風に端の処理をして、
ラインを入れて、
蜜蝋を塗ってーと説明される程、

初めて、
廉価版と何がどう違うか、
納得がいきました。

端をかじり見しただけ。
それでも、差は歴然。


11-19-7

手間ひまが省かれていて
大丈夫なのか、

数千円の差で10年、20年、
美しく長持ちするなら
そちらを選ぶのか、

安いものには理由があり、
高いものにも理由があり。

それを読める目が欲しい…



11-19-1

ストーブに似合う風景。

独学ですか?
独学です。

できるものかなぁ。
うーん、
かぎ針はお婆ちゃんから習ったけれど、
どうしても棒がやりたくて、
それは本を見ながら。

そんな会話をしながら。

…私は編める気がしません…
でも、いいなぁと思います。


11-19-2

本題。

床に敷いている、
インドのリサイクルウールラグマット、
本日の午後に入荷予定です。

もっとやわらかな
ツィールウールラグもおススメ。
どちらも大判で2,940円。

メーカーさんの在庫が切れてきて
無地柄が少なめですが、

インドのマドラスチェックや
ボーダー柄は
落ち着いたデザインと色み。

日本人好みだと思います。

雪降り前に、足元をあっためる
羊毛の敷物はいかがでしょう。



11-19-11

手もみやせきやの
ギフトカードができました。

いつもの各コースを
そのまま贈り物にできます。

*カード代などの、
 追加料金はありません。

印刷には特殊紙を使用、
ピンクとブルーのフェザー柄封筒を
どちらかお選び頂き、
個性的なシールで封をします。

シンプルできっと喜ばれる
冬のプレゼントにどうぞ!

〈例〉整体30分コース(部分集中)1,800円〜
   温熱整体40分コース(温熱療法+部分集中)2,400円〜
   足つぼ30分コース 2,400円




11-19-3

今日は、tamさん
手煎り焙煎フェアトレードコーヒー豆
(50g 265円)や、

洗濯の終わった
古い木綿の山菜袋などが並びます。

アイアンシェルフ(鉄の棚受け)に
新顔のホワイトたちなど、

こまごまとした雑貨も少々。


11-19-12

そうそう、

浅野太鼓楽器店さんの手作り
『14種類の木を覚えられる積み木セット』、
(1,980円 税込み)

次回入荷日は、
12月12日(月)となりました。

クリスマスギフトに滑り込みで
間に合います。

*職人さんの作業次第で
最短12月10日(土)に、
店頭に出せるかもしれません)

今回も限定入荷、
プレゼントとしてお考えの場合は
メールかお電話にてご予約ください。

(すでにお申し込みがあるので、
残り15セットです)

かわいいママさんから、
赤ちゃんの歯固めに使えるとも聞いて、
面白いなぁと思いました。


それでは良い週末を♪

秋の色。

11-17-1

金城山に初冠雪。


11-17-15

もう少しだけ、秋を。


11-17-2

艶めく赤い実。


11-17-3

電柱と一緒に春待ちのつぼみ。


11-17-4

今年最後の花。


11-17-5

お爺ちゃんが歩いてきた。


11-17-6

一輪車をとめて、


11-17-7

靴下をはき直して、


11-17-8

よいしょ。


11-17-9

またゆっくり歩き始める。


11-17-10

一輪車の中には大根が。

ご自宅から離れた場所に、
畑をお持ちなのかも知れない。

遠くの山は尚白い。
近くの山は赤や黄色。


11-17-12

あやうい散歩。


11-17-13

倒れそうな傾きから、


11-17-14

ナイスもちこたえ。


11-17-16

という写真を撮っていたら、

すぐ隣の畑でネギを掘っていた
お母さんが、立派な越冬用を
お裾分けしてくれました。

ありがたやー



Oさんのブログ→Aux champs de…

先日の長岡旅が、
別の角度から記録されています。

カメラを持ち歩かない人は
きょうびいないくらい。

誰でも撮れる、けれど、

自分の居場所、目線からしか
写せない一コマがあって、


11-17-11

↑別の友達から貰った
 私と手塩氏。

一緒の写真は少ないから、
嬉しいんです。


11-17-17

ちょっとずつ買い出し荷物を
洗ったり洗濯したり。


11-17-18

戦前の木綿や、山菜袋。


11-17-19

50年くらい前の風呂敷は
絵本のような。

大好き、こんな模様たち。

あんまり出てきませんが…


11-17-20

大根の葉っぱをざっと洗って、
適当に干しました。

乾燥させたものを煮出せば
あたたまる薬湯に。

何年も寝かせた方が効果が高い
と本にあったので、

早めに使い切らなくてもいい、
というのは楽ちんで良いな。

今、2年ものが眠っていて
まだ若いけれど、

初雪が里に降りたら
お風呂に入れてみましょうか。



23日は午後に営業します/写真の効能。

〔営業日のお知らせ〕

11月23日(水・祝)は定休日ですが、

はやかわ:14時半〜19時まで、
手もみや:13時半〜18時まで、営業します。


不規則な営業時間となりますが、

はやかわ・手もみや共に、
終業時間を1時間延長しています。

休日ドライブコースの合間に、
どうぞ加えてくださいm(_ _)m



11-15-3

お盆がぞろぞろ嬉しいな。
1,000〜2,400円。

おっきなサイズはお買い得。


11-15-4

車に荷物が入ったまま
次の買い出しがあり、

ひとまず店内に
掃除前のホコリごと大移動。

可愛いザルやカゴ、
足湯にも使えそうな
大きなアルミ桶などは、
個人的にも好物です。



11-15-1

日曜日にいただいた
『さわし柿(渋を抜いた柿)』、

居合わせたお客様で分けたら、

月曜日にコンフィ(ジャム)になって
届きました。レモンの酸味が美味しい。

パンチを利かせると、
食べやすいなぁ。

スパイス入りも良さそう。



11-15-2

昨日の手塩さん。


11-15-5

同じ日付で1年前。


11-15-6

もう1年さかのぼったら、
栄村へ買い出しへ行った日でした。

この石垣は、一人の男性が
自分で組み上げた労作です。

先日、その娘さんが
手作りのショウガ糖を届けがてら
いらして下さった際、

3月12日未明の大地震の後から、
村内の大きな家が次々と解体されて
見慣れた風景が変わってゆくと
おっしゃっていました。

この石垣はどうなったんだろう。


昨日は、
松之山の古民家を取得し
一人で直しながら住んでいた知人から、

震災後ずっと取り組んでいた
修復をあきらめて解体する、
と連絡をいただきました。

日程が合えば、
写真を撮りにいきたい。

1年や2年で変化する事も多いから、

悲しい写真じゃなく、
記念の写真を撮っておこう。

残した過去は、
未来の誰かと会話する。


鎮守の木の下で。

11-13-1

昨日ご縁があった蔵の扉です。
布袋様がかわいい。

こんな大物を活かしきれないとき、
男に生まれてたらなと、ふと。

小物を磨いたり飾るスケールから
頭が大きくならないのが、課題。


11-13-11

これは別の蔵から。
(来年は物干し台買おう)

買い出しが続いていて、
どうしても手塩さんの番が
交替できずあきらめたお話も…

解体や片付けは、急速に立ち上がり
進行するものらしく、
(日々の生活の傍らですものね)

数日や1週間以内に伺えないと
アウトーーな事が多いです。

縁のもの。


11-13-12

金糸で虫がーーー

数十年の眠りからさめた
古箪笥の中には、
こんな出会いが待っています。

ごみ取りや虫干し進行中!


11-13-9

店内の模様替えも、
大まかにおしまい。

雪囲いの板をはめるのは、
なるべく先にしたいけれど…

遅かれ早かれ、
日光が届かない冬ごもりな
部屋となります。


11-13-10

先日の、tamさんの焙煎風景。

とても暖かかったから、
蚊の姿もほとんど見なくなったし、

数ヶ月ぶりに家中の扉を開け放って
自然風を満喫しました。


11-13-5

煎り上がり待ち+見学な感じ。


11-13-6

お天気がいい日には、
チビ子たちの声も響きます。

服に付いた種をみんなで
とってあげてるところ。


11-13-7

大きくなる、
いつのまにか走ってる、
すごいな。

一人ぽつんと太鼓橋に
座っている子が居たら、
すぐに見つけて飛んでったり。


11-13-8

鎮守の木たちは
数えきれないほどの場面を
見てきてるはず。

ずっと、続くと良い。


11-13-3

閉店後に思いつきの
参道カフェ。


11-13-4

板チョコを牛乳で延ばして、
チョコフォンデュ再び。

◎食パン・バナナ→文句無しに美味しい!
○固揚げポテトチップ→歯ごたえが美味しいけど
          チョコ無しの方が…
○焼き芋→案外、混じり合わないな
○ブルーベリーマシュマロ→私は食べていませんが、
            美味しいと思う
○あたりめ→吐くかと思いきや、食べられました。
      でも、結局あぶって食べた

神社の静けさより、
すぐそこの17号線の騒音が
夜は聞こえやすいかな?

次はチーズフォンデュだ。


11-13-2

日曜日のいただきもの。

写真に残す前に食べちゃうことも
多いけれど、

お客様ともシェアして
いただいています。

さて。

明日も古道具の掃除を進めて、
店内に混ぜてゆこう。

久々に木のお盆とか、
アルマイトの洗面器などが
並びますよーー



アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ