2011年10月

薬膳キャンプ。

10-17-19

週末が終わった!

…と感慨深く、
新しい月曜日を迎えているのは、
きっと私だけではないはず。

方々各地で様々なイベントが
行われた週末でした。

皆さんお疲れさまでした〜



早めにまとめてしまいます。

16日のトラジリ(南インド料理を右手で食べる会)
レポートです。

10-17-2

朝9時に宝林寺様に到着。

方丈様筆の立て看板が。


10-17-5

とらさんをお待ちする間、
お天気がよくて(その後くずれました…)
しばし周辺を散策。


10-17-3

これまで何故か
目に入らなかったお不動様。

それほど古いものではないけれど、
(100年未満とのこと)
背景や苔と相まって
やっぱり素敵。


10-17-4

この道と遠くの石柱は
なんだろう…と思っていた
謎が解けました。

こちらが本来の参道。

昔は山沿いに道が
引かれていたそうです。

村は山に根を張り、
育ってゆくもの…

里山から離れては
暮らせなかった。


10-17-6

美しい苔の階段。


10-17-7

石の仏様達、みんな良いお顔。


10-17-8

この石は1,000年先も
同じ場所にあるかも知れないけれど、

もし誰もいなくなったら、
緑が覆って、森が育って、
その中へ還るでしょう。

山の中には、
途方もない数の痕跡が
眠っているんだろうな。

いつか誰かが生きたときの。


10-17-9

きのこきのこ〜
かわいいなぁ。


10-17-11

シダや苔や地衣類や。

ここいらへんの代表的なものの
名前は覚えたいなー、

山に入るのが楽しそ。


10-17-10

お天気が持続して、
調理に余裕が合ったら、

皆でお山に登りたい♪と、
甘い願望をいだいておりました。

…はい、無理でした…また次回。


10-17-12

とらさんと、
調理補助にSさん親子ご到着。

まず、本堂にお参りをしてから。


10-17-25

10時にはお店を開けに
戻りたかった…のですが、

次にお手伝いして下さる方が
到着するまで、と野菜切りに突入。

結局1時間以上、作業してしまった。
これが実際、たのしい。


10-17-26

食べることは好きな
糸瓜(金糸瓜)。

恥ずかしながら調理は初めてで、
皮の硬さに驚き。

薄めに輪切りしてから
お湯で数分煮て水に晒すと、
ほろほろ糸状に。

よし、来年は料理するぞ〜


10-17-14

長岡から援軍。

(村上、三条、十日町、東京…
遠路はるばるな参加者さんが
食べにきて下さっていました)

ここいらへんで、いったん
お店を開けにおいとま。


10-17-15

1人参加者さんをひろって、
1時間後に復帰。

イベントを主催すると、
いつも現れる問題が【お店どうしよう】。

今後の課題です…


10-17-13

スライサーが
欲しくなりました。


10-17-16

香ばしくローストされた
甘じょっぱいピーナッツ。

ちび子嬢がひとつひとつ
薄皮をむいてくれました。


10-17-17

にょろにょろ楽しい
イディアッパム作り。

小麦粉のそうめんです。

*訂正→赤米のビーフンでした。

この料理を見たのは初めて。

主食として、
南インドにほど近い
スリランカでも
食べられているそう。


10-17-24

一時は厨房に10人以上が
待機していました。

この日の反省点は、

作業人数が多ければ、
火の元が少なくても
昨日より進行が早いのでは、

という見込みの甘さ。

結局3人の方から
自宅のカセットコンロを
持ってきていただく。

ここからいっきに
作業スピードがあがりました。

このとき既に、13時半…

開始予定時間を
30分オーバーしています。


10-17-27

結局、ほとんどの方が、
準備作業に参加することになりました。

ただ食べにきてね!という会にしたら、
実は勿体ないのかもしれない。

と、思い始める。

待っているだけは、
本当に退屈だもの…。

『これは南インド料理ブートキャンプだ』
と、戦場のようなキッチンを見て、
チビ子達の泣き声を聞きながら、

(彼らは結局、食事もそこそこに
外へ飛び出して遊んでいました。
すごく楽しそうだった〜)

『美味しく食べていただく食堂』と描いていたビジョンを、
『参加型の調理体験イベント』に書き換えました。


10-17-18

この日は全26品目作りました。

(1日目は20位??)

1時間20分遅れで
食事会が始まったら、

指先でかきまわし、
様々な色を乗せたパレットのような
バナナの葉っぱの上を楽しんで、

初対面さんの多かった
座席だったけれど、
弾む会話も聞こえてきました。


10-17-23

子どもはワイワイ遊んでいるし、
大人もそれぞれのスピードで、
残ったものをパッキングしたり、
お掃除作業をしている。

そんな最中に、
お店へ戻りました。

六日町ハッカの蒸留水で
手作りした石けんをギフトされる。

良い香り!


10-17-22

ぶら下げて収納できる作り。
おもしろーい。

神奈川県で自然療法サロンを
運営している、
小学校時代の同級生が作ったもの。

ありがとう♪

〈SINMARUKO AROMA HATI(ハティ)〉

いつの間にやら
インドのアーユルヴェーダ学校に
通っていたり、

年齢を重ねるごとに
同い年の皆の歩みは色とりどり、
様々に広がってゆく。

面白いね。


その後も来客ぽろりぽろり。

お寺さんに戻ったのは、
6時半過ぎでした。


10-17-20

眠い目をこする、とらさん。

ひとりお待ち頂いていた間、
壁や天井、調理器具等に飛んでいた
油の拭き掃除をしていたそうです。

〈お借りする前よりきれいにしてお返しする〉
とおっしゃっていた言葉通り…

ピカピカの台所。


10-17-21

法事やお葬式の打ち合わせで、
日中お忙しかった方丈様。

恒例の?作務衣授与です。

(昨年のコンサートでも、
インド音楽奏者さんに贈られていた)



2日間、
参加者さんにカウントしなかった
チビ子達もいれたら、

66人?で食べた賑やかな
食事会となりました。

回収した57,000円(ひとり1,000円)の
参加費は、

まずとらさんに材料・交通費の実費を
お支払いして、

参加人数が増えた分の余剰金で、

とらさんとお寺さんに、
魚沼コシヒカリ新米と純米吟醸酒、

つむぎカフェさんに雑貨ギフトを
用意して、ちょうど使い切りました。

(私も会費を払って、
しっかり食べてます(^_^)V)

ほんとは
187円プラスだったけれど、

それはチラシの印刷代(雑費)
として計上。

里芋は我が家の畑から、
フリー。


10-17-1

とらさんが作って下さった
表計算データ(Googleで共有)。

*入力途中のもの

得たものは…
プライスレスな幸せが、
たくさん。

お米と豆と野菜だけ、
そこにスパイスたっぷりの
薬膳料理で軽くなった身体も!

参加して下さった皆様、
ありがとうございましたーーーー!



机上と実践。そして御礼!

16日はお昼12時〜15時まで、
はやかわを3時間お休みします


*手もみやは営業中。

10-16-5

14種類の樹木で作られた、

浅野太鼓楽器店さんの
積み木セット。

月末に入荷予定です。
(1,980円/税込み)

入っている形は、いろんな四角と、
円柱(←これは太鼓のバチの廃材)だけ。

メーカーさんにもっと複雑な形は
作れますか?と問い合わせたら、

現在の作業行程では難しい
とのお返事でした。

とはいえ、
品質的には申し分ないので、

1,2歳くらいのお子さんが
遊ぶには十分かな、と
頭で考えていたのですが…

4歳の女の子と、
実際に遊んでみたらば。


10-16-2

まずはボーリング。

イマイチ倒れない。


10-16-1

『ねーぇ、倒して良い?』

転がすより真上や近くから
ボスンとボールを投げる。


10-16-3

ダイナミックに飛び散って、
楽しかった。

古道具屋の店内では
飛び跳ねたボールが、
ちとデンジャラス。

10-16-4

とても不安定に高く
積み上げてみる。

これも楽し。

積んでから一番下をはずして、
一気に崩すのもお気に入り。


10-16-6

階段を建てました。

上り下りしたのは、
アンパン○ンたちを象った
ラムネ菓子。

その流れで、王子様とお姫様を
長方形の積み木に見立てて、

立派な椅子を作って座らせたり、
ベッドを組んで寝かせたり、

お話はどこまでも広がる。

やっぱり頭で考えただけだと、
分からないことが多かった!


10-16-10

辻占いコーナー風。
手相見をしていただけそう。


10-16-9

お店の片隅でコーヒー焙煎。

その場で煎り具合を含めて
オーダーを受けて、
お持ち帰り頂きました。

これも私以外の人に
一角を使ってもらって
分かったこと。

こんなに狭い場所でも、
実はお店になる。

かも知れない可能性が
眠っていたこと。



15日は少し早めに閉店して、

17時過ぎに塩沢駅前の
つむぎカフェさんへ。

10-16-8

着物リメイク服など、
様々な手仕事たちが店頭に。

…こちらを見ていただきつつ、
にしても、押して押して、

食べ始めが19時開始→20時10分に。


10-16-11

1時間半早くいらっしゃり、
たくさんお世話になりました。

アクリル材加工の職人さん、
渡辺ご夫妻。

バナナの葉っぱを
拭きながら配置中。


10-16-15

金糸瓜×ココナツ×マスタードシード。


10-16-14

調理する方が
とらさんひとりで、

ふたを開けてみてからの、
変更点や改善ポイントの発見、発覚。

カセットコンロで、
火元を増設せな!とか、

明日には間に合わないことも
あるけれど、

次はこうしたら良いかな、
って、もう次回のこと…

懲りずに考えてしまう。

次があると、
失敗にも意味があるかなぁ。


10-16-12

じっくりことこと煮込んだ
たっぷりのスパイスや野菜を、


10-16-13

ギューーーーッと裏ごしした
滋養たっぷりのスープ。

インドのおみそ汁、
おふくろの味です。


10-16-16

カボチャ、冬瓜、どれもこれも、
野菜の栄養をたっぷりと
いただける料理。


10-16-17

沢山の方の手を借りて
進んでゆきました。


10-16-18

食事を終えて、オーダーした
チャイやコーヒーを待っている間に、

とらさんへの質問コーナー。

これも次回できることなら、
もっと時間をとりたい部分。

(南インド料理初体験の方が
ほとんどだったから)

やってみたら、分かったこと。
思っていたのと、違うこと。

色々ありつつ、
イベントは楽しい。


…そして、今日をふまえて、

16日はお昼12時〜15時まで、
はやかわを3時間お休みします!


*手もみやは営業中。


10-16-7

全体写真を取り損ねて…
バナナの葉っぱの一部分。

他にもお皿が
並んでいたのだけど。

21時過ぎに食べ始めたとらさん、
それが今日の第一食目。

ずっと仕込みしていたそうです。
わぁぁ…
(今も野菜を切ってるはず)

会場を貸して下さった
つむぎカフェさんに、
たくさんお世話になりました。

そして、
遠路足を運んで頂いた方、
イベント準備の時間を割いて
参加して下さった方、
翌日登山だった方…

皆様、本当に
ありがとうございますm(_ _)m 

美味しくて、
楽しかったです!

15日は昼から手焙煎。

いよいよ今夜は、
右手で(スプーンでも箸でも!)
食べる南インド料理会(トラジリ)です。

10-15-4

会場のつむぎカフェさんにて、
19時から食べるの開始。

30人以上が並んで座ります。
そして食べます。

我が家は17時に閉店して、
調理と盛りつけ
ラストスパートのお手伝い。

早めにこられる方も、
どうぞ混じって下さいな〜



の、前に。

はやかわ店頭で昼過ぎから、
tamさんが珈琲豆を焙煎して下さいます♪


10-15-3

無農薬・減農薬栽培された
良質なお豆を使用。
(フェアトレード珈琲)

その場で煎り具合を
あっさりとか、苦くて深くとか
オーダーして、

じっくり手煎り後、
挽いてもらうか豆のまま、
持ち帰ることが出来ますよ。

(100g 530円/税込み)

気になる方は、見学がてらどうぞ。



10-15-2

木のものちょっとずつ、
旧店舗(自宅)から運び込み中。

そろそろ漆もだしますよ〜

あったかそうな漆器たち。

炊いたお野菜、ならべたい。


10-15-1

白壁の効能は、
モノの影を浮き上がらせること。



10-15-5

昔の手塩さんシリーズ(第二回)。

2009年8月です。

帰省中の弟に、
ぴっとりくっついての
お昼寝中。

手塩15歳で毛並みモクモク、
手足もがっちり。


10-15-6

その日の庭先。

もうこの時の緑じゃない。

畑や野のものを食べる前に、
ほんの少しだとしても、

被爆する可能性や現実を
考えながら箸をつける今日が、

有史以来最悪の状態だとは、
思えない。

明日の命も知れなかった
江戸時代の大飢饉や、
もっと遡って、

動物に補食すらされていた
ご先祖様に比べたらね。

今夜、皆でおいしいご飯を食べる。

それは平和で、幸せに嬉しい。

会場でお待ちしています(^_^) /



新米あります・宝林寺さん・満月と木星。

我が家の魚沼コシヒカリ、
今年も美味しく出来ました。


丹誠込めて、父が作っています。

朝5時から草刈りに出かけ、
夕方も7時過ぎまで草刈り。
夜はちょこちょこと毎日、
水の入り方を調整に…

その長年の勘所は
父しか分からないから、

健康に長生きして、
作り続けてほしい…。

現在、ネットショップは
休眠させているので、
ご希望の方はメッセージをどうぞm(_ _)m

遠方への発送も行えます。

10-14-10

☆玄米が30kg(半俵)14,000円+送料一律2,000円(手数料込)

☆白米は  〃    15,000円+   〃 


店頭でも1〜3kgくらいの
少量袋を販売予定です。

お米屋さんを通さずに
農家直送で混じりけ無し!

農協さんに出荷した分は、全て一等米でした。
(同じ田んぼのお米です)

冷めても弾力があり、
甘くて美味しい。

南魚沼産コシヒカリの新米を、
どうぞご賞味ください。



10-14-1

食事会に向けて、お芋掘りしました。
里芋ゴロゴロ。


10-14-8

宝林寺様にて。
16日の食事会の会場です。

手前は蒸し器を確認中。

方丈様は…余裕のある方。
だと思う。

いつでも笑う、楽しむ準備ができている。
(いたずらっ子成分含)

それはすごいことだ。


10-14-4

お寺さん(こちらは曹洞宗)の
典座寮(てんぞりょう)=キッチン。


10-14-9

広い台所です。

16日は調理補助から入る
参加者さんが少し多くて、

もう私もお店を休んで
そこから混じりたい位。

皆で仕込みと準備。
楽しいに決まってる〜…

楽しんで下さいねぇえ。


10-14-6

なんと。
本堂に連なるこのお部屋で
食べて良いそうです!

(応接室でと思っていた)

ちび子さんの足元には、
ビニールか新聞紙でも敷きましょう。


10-14-7

おなじみ?本堂の廊下には、
精緻な手刺繍や手織り布製品など、

フェアトレードのクラフトグッズが
売られています。

ちょこっとお金を余分に
持参してこられますように。

きっと欲しくなります。

カンボジアや、タイの少数民族もの、
とんでもなく刺繍が細かいの…


10-14-5

裏のお山には、
先の大雨の傷跡も残っていましたが、

登山道には大事なく、
歩いてお参りできるそうです。

まだ食べられるミョウガ、ニョキニョキ。

『取り放題。料理に使って下さい』
と方丈様。

どうする、どうなる食事会(笑)

お腹すかせてきて下さいね。

お持ち帰り用のタッパも持参で!


10-14-3

参道の彼岸花。



10-14-2

26時間近くおしっこの出ていない
手塩さん。

今日は傾きながら、
グルグルゆっくり廻りがち。

腎臓機能に副作用のある薬を
服用しているせいか、
時おり出なくなります。

(かと思えば2時間ごとにもらして、
布団の洗濯が間に合わないことも…)


10-14-12

↑去年9月中旬。
10月に初めててんかん発作を
起こす前の写真です。別犬だー


虫の音と満月と寄り添う木星と、
遠くからお米の乾燥調整機械の音、

足元には痙攣がちに
立ちすくむ手塩。

この白っぽくて、少し毛が薄くなり
高めの体温がより放射されて
あたたかい生き物が、
いつかポッカリと去った後では、

満月越えて明るい
秋の0時過ぎに、

草たちを眺めながら、ずっと、
立っていることもなくなるだろう。

ありがたいな。愛しいな。


10-14-11

ありがとうね。

…と、書いてから見に行ったら。
祝・大量にもらしてるーやったーー!

食べて排泄をする。これが基本よねぇ。

雪に埋もれる前に。*写真追加。

モノクロチラシ

【右手で南インド料理を食べる会!通称:トラジリ】

   参加者さんへ。


15,16日の開催日、
もうすぐそことなりました。

現在、15日の会は参加者31名、
16日の会は21名となっています。

*16日あと4名、受け付けできますので、
【食べたい!】と思いついたらご連絡をm(_ _)m
 ちび子連れのママさん複数いらっしゃいます


トラジリつむぎカフェ

↑15日の会場・つむぎカフェさん。

☆現在、手元に届いているリストから…
(残った材料で即席メニューあり?)

冬瓜のサンバル
ラッサム
冬瓜とカボチャのオーラン
さつま芋のクートゥ
冬瓜のモール・クートゥ
じゃが芋のポディマス
金糸瓜のパチャディ
ミックスベジタブルのクルマ
キャベツのトーレン
舞茸のコロンブ
里芋のスパイシーロースト
メドゥ ワダ
マサラ ワダ
イディアッパム
ココナッツチャトニ
グリーンチャトニ
ビーツのチャトニ
茄子のアチャール
揚げパパド
バスマティライス
カードチリ
ラッドゥ


トラジリちゃい

↑ 15日に提供予定のチャイ。
(こちらはオーダーされる方のみ。実費です)


インド料理店がそれほど多くなく、
あってもコッテリオイリーな
北インド系ばかり?の新潟県。

メニューを見ただけでは
どんなものか想像できないはず。

これなんだろう、とか、
美味しい、不思議な味…

皆で食べる醍醐味は、
ワイワイ会話することかも
知れません。

私は会話を聴きながら、
きっとモクモク食べてます(笑)

大好物のワダ、ラッドゥー、
楽しみだ〜…


とらじり宝林寺

↑ 16日の宝林寺様。緑が美しい会場

〈少し早めに来られる方、調理補助大歓迎!
 各回4時間位まえから作業しています〉

〈ご飯を食べ終えてから、お時間のゆるす方は、
 会場の掃除にご参加ください。

 こちらでも用意しますが、マイ雑巾、台拭きの
 持ち込みしていただければ、ありがたいです〉


あとはひたすら、
美味しく食べるだけ!

会場でお待ちしています♪



冬近しの店内スナップ。

10-13-5

ストーブを2台設置しました。

まだ灯油は入れていませんが、
ワンコとストーブの相性は
いいみたいです(絵的に)。

床のリサイクルウールのラグマット、
写真と同じものがあと1枚あります。
(2,940円/税込み。インド製)

次回は10月22日入荷で、
色んな色柄がある…予定です。

シンプルさが使いやすく、
電気マットの上などにも。


10-13-4

ストーブの上の空間は、
何かをのせておきたい場所。


10-13-2

囲む人が変われば
景色も違う。

アイスを食べているところ。
温かい日でした。


10-13-3

ドライアイスでクモクモ実験。
沸かしたいなぁ、もっと豪勢に。

ドライアイスって昔に比べると
あまり見なくなったような。


10-13-1

以前お嫁にいったインドのフチ飾り。
素敵なバッグになっていました。

スパンコールは手刺繍。

手仕事の国であり続けますように…


10-13-9

参道わきの空き地には
見事なミゾソバ畑が現れています。

以前この一軒家に住んでいた
アキ先生(ソプラノ声楽家で音楽教師)は、
小さくてピンク色のミゾソバが大好き。

〈コンペイ糖が咲いた〉と
愛でていたそうです。

ほんとうに美しい…

雑草が繁る様子は時おり、
計算され尽くしたお庭に勝る。


10-13-10

背の高いこの草は、
なんだろう??



10-7-19

↑ 仕事を終えてから、
見に行ってきました。

〈雪に埋もれて〉
ウリルケ・オッテンガー監督

小さな部屋に、
160人入って満員だった試写会は、

できたてホヤホヤ、
ナレーションはドイツ語のママ。

出演者さんが日本語だったから
半分くらい理解した、かなー

不思議な雰囲気の作品でした。


10-13-6

↑ 会場は、越後上布を5年間かけて
 習得する織り子さん達の、修行の場。

年末から小正月にかけての
雪国のお祭りや暮らしぶりに
多く時間が割かれています。

鳥追いなど
年配の方から聞いてきた様子を
実際の映像で見られて、満足。

失われた風習を懐かしむ
ため息のような声が、
そこかしこで何度も聞こえました。

杵にくっついた餅を
荒縄でこそげとる場面を見て、
私も小さな頃を思い出します。

公民館の餅つき、
きなこ味がおいしかったっけ。


10-13-8

地吹雪や曇天の日に
撮影された景色が大部分で、
(越後上布の雪晒し場面も雪降り…)

これを見たドイツの方は、
暗く寒く厳しすぎる日本の冬、

というイメージを
受け取るかも知れません。

江戸時代から近年までの雪国は
確かにこのように
過酷で長い冬だったろうから、

楽しみを盛り込みながら
乗り越えていったのでしょう。

これから日本語字幕を制作したり
全国で上映されるように
働きかけてゆきたいとのことでした。

どこかで見かけることがあったら、
塩沢や十日町の失われつつある
景色をどうぞご覧下さい。

さぁ、私も冬支度をすすめなくちゃ。

10-13-7



アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ