2011年09月

ちいさな旅の記録。

9-18-20

このところ気を抜くと
ブログ更新が滞りがちで、

コメント返しはもっと
遅れているのですが、

返っております。
ご覧下さい(…すいません)。



まず、最近の店内や、店外の風景から。

9-18-30

まだどんぐりの青い季節。
(写真はミズナラ)

参道に落ちています。
たまーに。


9-18-29

キハダが再入荷しました。


9-18-23

子ども着物の柄は、
『ふ』と笑みを誘う。


9-18-21

『たぐり』と呼ばれる、
花嫁さんが腰に巻いた
美しい正絹地。


9-18-24

緑の指先を持つ
ファミリーのお宅から、

西洋オトギリソウと
ヒメイワダレソウの開拓団が、
引っ越してきました。

日陰気味だから不安はある…

さらに、
植え込んだ場所以外の土が
カッチカチのせいか、

先発隊の居心地もあまり
よろしく無さそう。

来年は耕すところからか。


9-18-26

ゲンノショウコって
これですよーと
持参してもらった花を見たら、
玄関脇に咲いている子でした。


9-18-27

ムカゴも見る人が見たら、
5秒で発見。

(庭でジネンジョを掘れるとは)


9-18-28

ヤマブドウ??
熟したら、食べてみます。

(*有毒植物でした…

鳥が食べたような痕跡があって、
美味しそうなのに。残念)


9-18-25

近くの保育所から
遊びにきているこどもたち。

昔はもっと神社の側に
建物があったそうで、

境内で運動会をしている写真を
友達から見せて貰う。


9-18-2

洗って窓辺で乾燥中。

戦前生まれの御大たち。


9-18-3

手彫りで美しい文字が。

この数字の書き方、
懐かしくて新しい。


9-18-5

パーツ類が、とどいています。


9-18-6

静かな人気者?
無地の大判インド木綿、
マルチカバーも色々と。

リングクリップで即カーテン!


9-18-4

フリーマガジン88最新号です。

ご自由にお持ちください。




9-18-1

この週末は稲刈りで忙しいという
お客様が多いようです。

南魚沼市でも無事に
放射線検査を経て、
『出荷OK』となったことだし、

(ちょっとドキドキしていた)

我が家の稲刈りは
もう少し先だけれど、

今年の新米が楽しみ!



9-18-7

父の腕枕で、すやすや手塩氏。
7月に17歳を超えました。

介護はこれからも
ゴーゴーゆけゆけ
家族で継続です。

なんだけれど、
ちょっとガス抜きしよ…


9-18-13

金沢駅エントランス。

定休日の二日間、
加賀百万石へ
小さな旅をしてきました。


9-18-31

六日町発、
朝7時台のほくほく線で
直江津まで行き、
特急はくたかに乗り換え。

正味3時間15分。

六日町から直通も出ていますが、
(それに乗れば2時間半強)
あまり時間も選べないし、

のんびり電車旅そのものが
ご馳走〜ぜいたく〜

このルートは片道6,620円。


9-18-14

目的の一つが、古い建物を見ること。

ことさら古さを強調したり、
いじりすぎていない
現役の店舗や民家がゴロゴロ
町中に点在しています。


9-18-15

千と千尋の…??

老舗のお麩屋さん。


9-18-16

その裏手にある洋館風の家。

これが当たり前の風景。

最初は興奮していたものの
そのうち撮影をやめました…

数が多すぎたので、
途中からこころに記録。


9-18-17

右は古美術屋、
左どなりは古本屋。


9-18-18

足軽資料館。

無料で内部を見学できます。


9-18-19

お世話になった宿、
ゲストハウスPongyi(ポンギー)さん。

築100年の町家を改装した、
小さくてかわいい空間。


9-18-12

共用スペースを見守る
手織りシルクに彩られた祭壇。

オーナーのマサキさんは
ミャンマーでお坊さん経験あり。

(Pongyiはミャンマー語でお坊さん)


9-18-10

相部屋で宿泊する
ドミトリータイプです。

家の中から繋がっている
土蔵の2階が女子部屋。
(男子は1階)

トイレ、シャワーは男女共用。
一泊2,600円。

なんと10月発行の
ロンリープラネットjapanに
掲載されるそうな。

(イギリスのラフガイドでは紹介済み。

外国人の選ぶゲストハウスランキングでも
日本全国の中からベスト5入り。

3.11以降の外国人ツーリスト減少で
予約が取れたのかもなぁ…)


9-18-8

鞍月用水にせり出しています。

朝の風景。
澄んだ水がキラキラ。

夏には蛍が出るし、
鮎も釣れるんだとか。

(私もメダカを見た)


9-18-11

左から、
和金具のデザインをしている
可愛い女の子、わたし、
デンマークから一人旅中の
足の長ーい美人さん。


9-18-9

朝イチで東尋坊へ向かう
大学生君は埼玉から。

学校の休みを活用して、
ちょこちょこ日本1周中。

色んな旅人さんが居て楽しい。


9-18-32

夜に初対面の7人で飲んだお酒。

新聞紙の包装とは、
逆に新しい感じ。


9-18-33

お酒をおごってくれた
from兵庫の男の子と、

チェックアウト後に
浅野川沿いで再会。

(レンズがだーいぶ汚れていました…
白い光がたくさん入り込んでいます)

インドでも
観光地っぽくない場所で
知人と再会したりして、

旅先で出会う人たちとは、
同じ水の流れに住んでいる。
(ような気がする)




旅の記録は、
もう1、2回続きますm(_ _)m 


見ても見えない。

間が空きました…
写真(任せの?)日記です。

話題の順番が
ランダムだったりもします。

9-12-5

今年はあまり観察できていない
自宅(旧店舗)、庭先の花や緑。

最近は、ギボウシの花が
きれいです。


9-12-4

窓からの眺め。

ソバの花の白と、
稲穂の黄色が交互に
遠くまで広がっている。

しばらくはこの眺め、
楽しめますよ。



過日。

9-12-27

お江戸は見とれてしまうような
巨大建造物が多いなぁ。


9-12-24

池袋東口から徒歩5分ほどの、
ベジ対応レストラン・池袋キッチンさん。


9-12-25

レッド・グリーン・イエローカレー、
ガパオが菜食にできます。


9-12-26

グリーンカレー♪

暑かったので、
ドリンクにジンジャーエール。

ランチはこれで800円。

あー、深みのあるコク。
タイ飯はうまいなぁぁ…


9-12-28

用事を終えてから、

ついでに急ぎ足で
見たかった企画展へ。

GALLERY A4
〈 葺くー草と木でつくる屋根 〉

40分は見られる!と思っていたら、
平日は閉館時間が30分繰り上げ。

10分では見れぬよ…
入り口で記念撮影。
とぼとぼ帰る。


9-12-33

東京近郊の方、
行かれて下さい…。

10月1日(土)まで。
最寄り駅は東陽町。


9-12-29

4年越しで辿り着けた、
池袋駅西口の
中国・台湾料理の桜蘭さん。

駅から徒歩数分だというのに
大きく道に迷ったり、

時間が足りなくなったり、
まさかの臨時休業とか、

この日までが、
不審なほどに遠かった。

(怪しいのは自分の空間認識能力)


9-12-30

台湾は素食(スーシー)と呼ばれる
菜食天国です。
(と、友達から聞いています)

一度、屋台目当ての旅など
してみたい。

こちらでは、
8割のお客様が菜食料理を
頼むそうです。

近くのお寺さんで修行する
インドネシアからの
お坊さんとか、黒人の方とか。

日本人の菜食者も、ここ数年で
かなり増えたそうな。


9-12-31

酸っぱくて辛い、
スーラーラーメン900円。

スケール分かりにくいですね。
器は大きいです。

麺もドーンと大入りでした。

別に頼んだ春巻きがまた、
うまーい!

30種類以上の
菜食メニューが揃っていて、
上京のたびに食べるぞーー


9-12-32

ご主人様と一緒に、
海を渡ってきたようだ。

君は夜の町を歩く、逞しい白。



9-12-23

歩き疲れて翌日ぐったり。

そのまま寝違えて、
頭が動かなくなる。

仕事明けに、手もみやせきや。
たのもう…


9-12-22

温熱療法を含めて、
1時間揉んでもらいました。

ゴリゴリ固くなってから
施術された方が、

ちょっと凝っただけの時よりも
何倍も気持ちがいい!

…その快感の為だけに、あえて
疲れを溜めこみはしませんけど。


9-12-19

六日町ハッカスプレー、
入荷しています。

凝ったり痛みのある箇所に
シュッとひと吹き、
やさしく揉み込んでみて下さい。

血流を改善し、
痛みを緩和してくれます。

しばらくお世話になろう。


9-12-21

Eisendouさんのケーキが
おいしかったです、とお客様に話したら、

これもおススメと、
またたび羊羹をいただきました。

先代がつくる和菓子部門。

上品な甘さと、きれいな香り。
食感が楽しい。

これもおいしかったーーー

派手すぎず地味すぎでもなく、
ほっこり適温。

いいものが、
地元にたくさんある。


9-12-18

家具が動いたので、
店内の模様替え中。


9-12-17

先日の豪雨で大きな被害のあった
集落での買い出しへ。

そこかしこに残る、
爪痕を見る。

だけど道ばたで話をしていたら、
80代後半のお婆ちゃんが
坂道を自転車をこいで、
小さな畑に入っていった。

少しボケなさって、
家族がとめるまでご飯も食べずに
仕事をやめないそうだ。

毎日通って作業する。
生涯きっと働き者。

里山がうしろに控えて、
棚田の輝く場所でした。


9-12-16

今週のtamさんコーヒー。

手焙煎のフェアトレードコーヒー豆を
飲み比べ出来るセットが、
入荷しています。

*ペルー キジャバンバ地方産コーヒー
*東ティモールピースコーヒー
*エクアドル インタグ産コーヒー

各2杯分個包装、
コーヒードリッパー付きで、
550円(6杯分)。

お得なこの機会にどうぞ〜

少し気温が下がったので、
週明けまでお豆を置いておきます。



9-12-3

久々にのぞいてきた
(何年ぶりか)、

六日町駅前の歩行者天国
フリーマーケット!


9-12-2

この屋台、つくれそう。
たのしそう。

景品は何を置こうかな。


9-12-7

ちんどんやさんのパレード。

どこか物悲しいメロディと、
相反する賑やかな衣装。


9-12-6

毎年、いらしてるのかな。
いいな。


9-12-8

火鉢の傍らで熱したい、
未使用の焼き印。

我が家の屋号の略、
『上』を実用に。

『男』が気になったけど、
どんな家で使ったのかしら。

『馬』は馬借さんとかね。

買い付けに伺ったお家も、
明治まで伝令に馬を駆る仕事を
ご先祖様がされてたそうで。


9-12-1

花や木々からいただく色で、
草木染めのストール。

現物で見ると、
手を出してみたくなる。

これほどの色が彼らの中に。


9-12-11

米粉クレープはモチモチ。

屋台のジャンクな味でなく、
きちんとスイーツでした。



9-12-10

前の日の晩に、
山で摘んできたと言う
ミズヒキをいただいて、

名前の由来も、
お花が裏表で紅白だからと
知ったせいか、

翌日、店舗の草ぼうぼう
手つかずの庭をふと見たら、

…ある。

たくさん、咲いてるミズヒキ!

最近は露草ばかりを愛でていて、
意識の片隅にも…

見えている世界は、
見えていないもので
溢れている。


9-12-9

白い椅子に置いていった
庭先で摘んだ露草は、
お店の中に飾ったよ。

閉店の頃にはもう、
紫の花は縮れていた。



9-12-15

戦前の羽織裏や、
手織りの縞にうっとりする。

どんどん地味好みに
…けどいいや。

古い生地ほど品だし楽しい。


9-12-13

メリンスも昔のものは好きです。
くすんだ華やかさ。

際限なく繕われている
虫食い跡。

布合わせまで魅力的。


9-12-14

>ポーの一族さん。
ひげ紬はこんなです。

しぶーーー目。

*暗い画像ですみません。



9-12-20

トゲトゲは、イヤなのらしい。
道を譲るカエルたち。


明日はどんな1日になるでしょう。

皆様も週末、お疲れさまでした!



入り込んだ道。

9-6-20

朝7時の虹は、
少し珍しい気がした。


9-6-21

手もみやせきや。
窓をあけて自然風を通します。


9-6-5

見える眺めは、参道の緑。


9-6-24

すそ模様だった部分を
真ん中合わせに
縫い直しただけで、

まったく新しい世界が
ひらけていました。

大正〜戦前の鬼シボ縮緬からの
リメイク。

作りかけのものを
見せていただきました。


9-6-25

雰囲気のある茶袋は、
マスキングテープと
いつでも仲よし。


9-6-7

戦前の帯。
桐の模様は多く出てきます。

色々にアレンジされて。


9-6-6

泥の中から最上のものが
生まれることもある、証拠。


9-6-8

水を弾く花弁。

ポンと置いたらすぐに
小さくひからびてしまった。

蓮は水から出来ているからね、
と、言われた通りだった。


9-6-22

安いものだけれど、
新しいレンズを買いました。

35mmフィルム換算で、
約28-300mmを楽々1本でカバー。

ほんとに基本のレンズを
持っていなかったのです。


9-6-23

わりと幹の高い場所に
にじっていたナメクジ。

望遠側で撮りたいのは、
鳥なんだけど!

まだ葉っぱに姿が隠れているから、
おいおいと。


9-6-9

こんなに嬉しそうに寄り添う
ぬいぐるみの表情を、
初めて見ました。

一緒に育てたら助け合う
コンパニオンプランツのように、

コンパニオンドールとか
コンパニオンブックもね。

きっと、お母さんや周りに居る
素敵な大人たちが見つけるよ。


9-6-4

お母さんは精油を統べる
カードを引かせてくれて、

手持ちの箱から
いくつかの小瓶を取り出し、


9-6-3

アーモンドオイルをベースに
ミックスした、

マッサージオイルを作って
残していきました、
魔法使いのように。

ウッド系の香りが3つ。

メッセージは、

『こだわり』が時に、
変化を阻むということ。

それは、凝った状態でもある。

化学変化を受容するには、
頭をほぐして楽しむこと。


9-6-1

青空を眼前に、
横たわる寝姿。

窓から少し離して
寝かせておいても、

いつのまにか
外の空気に吸い寄せられて、

網戸に鼻がくっつくほどに、
移動している。


9-6-2

数十万円の放射能測定器を借りて
身の回りを測定中という方が、

『緑が多かったり、
植物に囲まれている場所は
数字が高いんですよねぇ』と言う。

私もニュースを見ていて
チェルノブイリや福島がそうなら、

どこでもそうなのだろうと
考えていたけれど。

先日の豪雨のあと、
広域において数値が上がったそうだ。

気の配り方は、これから学ぶこと。


9-6-10

やらんば、の合間に、
気になっていた箇所の
ワックス塗り。

左側の引き出しは塗布後。


9-6-12

蜜蝋の香りが、ほのかに残ります。


9-6-11

磨き上げた後。よしよし。

(写真の家具には、着色効果もある
ワックスを選んでいます)

木肌に元気のない箇所は
まだ沢山。

来年は、ペンキの塗り直しにも
着手したいし、庭も造りたい…


これもおいおいとなんだな。


9-6-17

神社を抜けてすぐのところにある、
障害福祉施設のお祭り風景。

たくさんのお客さんで
賑わっています。


9-6-19

お腹を閉じきれない、
クリームやあんこが魅力的。


9-6-16

手作り作品がよかったなぁ。

使いやすそうな器は
1枚100〜300円ほど。


9-6-13

ひと目ぼれした
『さをり織り』のバッグと
ランチョンマット。

色のなくなる冬に、
明るいカラーはたぶん、
気持ちを助けてくれる。

こちらは小出の施設で
織られているそうです。


9-6-15

白い星雲のように、
気泡が溶けた。


9-6-18

開店お祝いありがとう、
で配った袋につけた
古い学生ボタンと再会しました。

いいなぁ。気がつかなかった。


9-6-14

先日、
越後上布の織り子さんが、

絵を描く人から
織る人になったきっかけについて、

『織る作業は、
作り手の作為を減じてくれるから』

と表していて、


9-6-26

うまい絵を描きたい、
きれいな文章を書きたい、
すごい写真を撮りたい、

どこかにフッと混じり込んで
押し付ける『自分』。

幾人もの作業を経て、
布そのものに注力して、

良いものに仕上がりますようにとの
祈りの中で続ける仕事には、

確かに『ワタシ』が入り込める余地は、
少ない。

心を込めた果てに、
繋がりの結果(作品)が残る。

そのように創作を始められたら、
時間がいくらあっても足りないだろう。

とても難しくて、
だけど踏み入りたい道。



たまに、ごちそう。

9-3-4

雲間が発光している。
透明感が増して美しい。

台風はまだ遠いのに。


〔業務連絡〕

ハッカスプレーボトルの
詰め替え(*880円)、

この週末にお持ち頂ければ
(火)にお渡しできます。



ハッカ蒸留水の
詰め替えもできます。

*400円/100ml

空ボトルをお持ちください。



9-3-14

入ってきたものの一部、

ひげ紬の帯、
エキセントリックな紬着物、
小千谷縮です。

状態良好で着用可能。



9-3-1

2週に渡って
たくさん歩く予定があるから、

ハイネさんで購入した革靴が
足に馴染んできたところで、

仕上げとなるインソールを
選びにゆきました。

ゾンネさんにて。


9-3-15

靴に合わせてカットして貰い、装着。
黒い色も、アクセントになるかな。

靴底一つで、きちんと大地を
踏み締められるようになります。

面白いものだ。


9-3-13

夜まで開いている物販店、
魚沼では貴重ですね。




9-3-5

たくさん歩く目的地の一つ、
金沢の干菓子がやってきました。
タイムリー。

清々しいかたち。


9-3-2

自然の作る連続模様やパターン。

水害で泥が入り込み
割れてしまった田んぼ…

枯れた大地のようだ。


9-3-6

そぎ落とされたデザインや
連続模様が全て
心地よく美しいわけじゃない。

別の次元に繋がりそうな、
ある種の違和感。

有機的なものが好き。
いびつさやほころびは必要。


9-3-3

穴のあいたジーンズに、

インド・カッチ地方の古布を
アップリケして下さっていたお客様。

自分で旅から
持ち帰ったものだけれど、

そこから更に人の手を経ると、
もう、全く違う表情になっている。

『ジーンズがいよいよダメになったら、
この布だけ剥がして、
また別の服の補修に使うんだ』

…なんて幸せな布たちだろう。


9-3-7

店じまいをしながら突然に
思いついたこと、
『美味しいピザが食べたい』

台風対策に雨戸を閉めてから、
岩原へ向かいました。

名店ピットーレ


9-3-9

かわいい薪窯。


9-3-10

どこの織物かな。
中近東方面。


9-3-11

自家菜園のサラダ。

盛りつけは、
味の半分を担っているわ。


9-3-8

いつもの外食と比べて
予算は数倍かかるけれど、

(良心的なお店に恵まれています)

このチーズは、全く別物…


9-3-12

お店の雰囲気全てが
調味料になって、

外は少しの雨降り。

食前酒から
ゴルゴンゾーラのニョッキ、
ソースはバゲットですくいあげ、

デザート盛り合わせまで
キレイに平らげ、

心から満足して
帰宅しました。

わずか3時間だけれど、
素晴らしい休息と気分転換。

ご馳走は、たまにでいいの。

ジャンクなご飯(コンビニおにぎりとか)の
回数を今より減らして、
たまーにご馳走を食べよう、

と思い直した夜。


空と時間。

つれづれと書いています。


8-31-20

毎年、お裾分けいただいている
マイクロトマト。

青いものでも味が濃く、
甘みが強いです。


8-31-21

手描きの浴衣姿で配達、
粋だわー。


8-31-22

「ナスはいらない、トマトだけ!」という方にも
「抱き合わせです」とお願いして、

(ほんとーに、夏だけの贅沢…)

ほどよく皆さんに、
配り終えました。


8-31-5

こちらもある日の野菜便。

珍しいオレンジ色の
坊ちゃんカボチャ、

かぐら南蛮、

青唐辛子と隣り合わせたら
辛くなったシシトウ…

居合わせた数人でシェア。

畑の御馳走、ありがとう!


8-31-29

夏の装い、着納め近し。


8-31-27

親子で夏着物。
涼やかで素敵でした。


8-31-28

昔ボタンを利用した、
手作り帯留め。

指輪もアンティークパーツを
混ぜての自作だそうです。


8-31-25

萩の帯。

好きな花の一つ。
葉っぱも可愛い。


8-31-26

紫陽花にくっついていた
ゾウムシは、本当に象だねぇ。

かわいいシルエット。
(左側が頭です)

店内でキャッチして、
玄関先でリリース。

コクゾウムシはイヤだよ。


8-31-31

〔かもめ食堂〕を見直した余韻で
粉を練り速攻で作ったという、

シナモンロールが
ほっかほかで届きました。

手渡した後に、ダッシュで
バーベキューに戻っていった…

いつか本場で食べてみたい!


8-31-32

三俣の手仕事イベント
〔勝手にガーデン♪〕へ
行ってきた方からのお土産。

写真を見せて貰い、
あーーやっぱり良いじゃないの…
来年は古道具屋で出店するか、
と思う。

参加者、来場者さん入り交じって、
芝生で寝転び、午睡していました。

出店者さんのブログ、写真が素敵。

雰囲気をどうぞ~


8-31-24

ある日の八幡神社は、
区のバーベキュー大会。

こんな雰囲気で参道クラフト市、
それも露天がいいなぁ。

とはいえ、
神社庁管理の土地…

この場所で商いを続けて、
もう少し根を張ってからね。

いつかの未来へ、託す。



秋の南魚沼へいらっしゃいませ。

8-31-34

*健康ツーリズム in 南魚沼

【和ハーブ塾とリンパ健康教室】

〈詳細はこちら〉

道ばたの薬草は
使わなければ雑草。

お爺ちゃんのハッカ畑も
見学できるかも。
(企画協力に名を連ねているので)

この内容で日帰り5,000円、
(和ハーブ料理、観察採取、座学付き)

そして会場が龍言さんなら、
魅力的な設定だと思います。


8-31-30

96歳の上村お爺ちゃんから
プチンといただいたハッカ、
小さな花が咲きました。

(薄暗くて、徒長してる)


8-31-19

スクスク蕎麦畑。

自宅裏にはボチボチと
白い花姿も見え始めた。




8-31-2

zassoap(仮)包装の試作品。

ロウ引き紙は米袋で手作り(!)、
すべてが土に還る素材、

そしてかわいい。

身近なハーブたちの
恵みをいただきながら、
心地よく洗える石けん。

制作はぢきゅうじんな tamさん

商品開発はゆっくりと。


8-31-17

以前、〈フェアトレード石けんの
取り扱いを予定しています〉と
書いたことがあるのですが、

→それは〈こちらの商品〉

バングラデシュ現地担当の方と
お話しした際、

仕上がりサイズが数ミリ単位で
マチマチになるなど、
苦戦してらっしゃった…

卸売りの開始がだいぶ
延びていたところに、

このところ、気持ちは
〈できる範囲で地産地消〉へ
傾いてきました。


8-31-23

フェアトレード商品を
少量扱うことは、
移転前から考えていたものの、

古道具や古布の処理を
一人でおこなう時間すら
やりくりが上手でないから、

手に余ることを見越して、
我慢中。


8-31-13

〈売る側も買う側も嬉しくて、持続する商い〉は、
夢物語のようだけれど、

そんな仕事が実は、
たくさんあるのだろうな。

友人知人で回し読み中の本、
〔月3万円ビジネス〕に触発されて。

〔利益が少なくても
社会や地域の役に立つ仕事・商材を複数持って、
総合して月15~30万円の利益を得る〕

この考え方なら可能な仕事が、
たくさん隠れていそう。


8-31-3

元々、我が家も
古布、古道具、+α(今もの)、

それぞれにお客様がいる為、
復業に近い気がします。

そこに〔地元の良いもの〕を
もう一柱。

必要としている方に、
ほどよく届く範囲でいい。


8-31-33

解体してお掃除中。


8-31-9

棚っぽいものが
少なくなった風景に、

いいーー色のセイロを
加えました。

水拭きのみで、
着色していません。


8-31-8

奥行きがあるので、
文庫用本棚にも。


8-31-7

フック類は9月中旬頃、
新しい形が入荷予定です。

秋の模様替えにどうぞ。


8-31-6

飾ってすぐにお嫁にいきました。
いい色と柄だった。

着物と帯、ちょこちょこと
買い付けありました。

金曜日以降、店頭に出ます。
紬はすぐに貰われてゆきがち…


8-31-18

閉店後の買い出しで、
寝不足で下道をノロリとドライブ。

夜の駅は印象的な明かり。
緑やオレンジや。


8-31-14

戦前頃の古い子供服。

仕事がこまやかで、
じっくり見てしまう。

親御さんの愛が詰まっています。


8-31-15

こちらは細いリボンや、
襟元の小さな刺繍が可愛い。

正絹の日本製。


8-31-16

チクチク針と糸を持って
描かれた鳥模様。

コレクションに加えたり、
店頭の飾り等にどうぞ。


8-31-12

暑かった日に、
発作が3回続いた手塩さん。

隙間へ入り込みがち。


8-31-11

貫禄が出てきました。
そろそろ、腰掛けられるかしら。


8-31-10

この夏に見た中で、
ベストオブグリーンカーテン、

繁り方が絶妙!


8-31-1

初秋の贈り物。

以前、お爺ちゃんにいただいたスゲ草は
ラッピングに活躍しています。



一昨日、17号線を走る街宣車から、

〔今年は放射線検査が終わるまで、
 個人でお米を出荷しないで下さい~〕

それはそうだ。そうなんだけど、
今日も畑の野菜を食べたよ…

家庭菜園ってどうなのかしら。
山の恵みも。
お金が関わらないものはゆるい。

全て自己責任、
それもそうなんだけど。


8-31-35

【南魚沼市で設定上回る空間放射線量
            10小中学校など】

南魚沼市は31日、市内の小中学校や保育園など
36カ所の側溝や排水ますなどで測定した
空間放射線量(地表から10センチ)を発表した。

第二上田小の枯れ草堆積場で1時間当たり
1・28マイクロシーベルトを検出するなど、

10カ所15地点で市が設定する
同0・3マイクロシーベルトを上回った。

市は31日に一部の学校や保育園で
汚泥などを撤去を開始、
他の検出箇所でも順次行う。

十日町市で8月中旬に保育園などから
高濃度の放射性セシウムが検出されたことを受け、
24~30日に検査を実施。

十日町市などの例にならい、除去対象を
同0・3マイクロシーベルトに設定した。

設定値を上回ったのは第二上田小のほか、
三用小、浦佐小、北辰小、第一上田小、
塩沢小、石打小、六日町中、塩沢中、中保育園で、
同0・33~1・28マイクロシーベルトが検出された。

           〔新潟日報2011年8月31日〕

…母校も入ってます。

除染した場所だけで暮らすとか、
畑の土を入れ替えるとか、

そんな話が、
来年は出るのかも知れない。

今、出来ることは、

刈った草を集めた場所や
汚泥の溜まりがちな低い場所を、
神経質にならない範囲で
避けること、かなぁ。

そんな箇所はそこら中に
あると思うけど…


汚染度が色分けして見える
サングラスでも発明されたら、

千鳥足で避けて生活するか、
どこかへ引っ越すか。


目に見えない毒は、
私たちの手に余る代わりに、

見えないからこそ、
忘れたふりもして暮らせる。


あ、ひと葉さんが
グリグリ通信でミツバチと地球の羽音、
魚沼上映会のまとめをされています。



◆ドイツZDF-Frontal21
 福島原発事故、その後(日本語字幕)

*削除されるかもしれません

字幕をいくつか書き抜き始めたけれど、
やめました。

判断は個々で。


8-31-4

明日はあれやこれを
片付けなくちゃーー

大きな変化があっても
隙間を埋めているのは、

雑用とか小さな楽しみとか。


アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ