2011年04月

時間がけずる。

4-19**

変わらない今日を願うことも、

傷一つないままで居るのも、

皺一つない老いを目指すのも、

もぐらに食べられない球根で
あって欲しいと思うのも、

とてもたいへんなことだろうな。


4-19******

杉の横板が美しくて
前を通るたびに愛でていた家が、
壊されていた。

その昔は、あつらえの箱を作る
店だったそうだ。

隣の家にのこされた
屋根型の痕跡まで、

次の日にはきれいに
なっていた。


4-19*******

北海道へ移転した
古道具屋さんの倉庫も。


4-19++

使われてすり減って色が変わって、
焼けたり染みたり、穴があいたり、

不揃いな点が魅力になる。


4-19

一昨日やってきた子たちも、
可愛い。


4-19+

古道具はやわらかい。





電気に明るい助っ人氏を
連れてきた友達が(謝謝)

日本の半分が壊れちゃった、
と呟いて、

そのあと杉板のカビを拭きながら、
音楽をお供に、言葉が浮かんで沈みました。


4-19*****

↑水回りは、ぅわぁ…


4-19+++

先ほど立ち寄って下さった大工さん。

[無垢の床に油を塗るなら、薄い色がいいぞ]

…すでに買ってます、ワトコの濃い目。

そしたら、勿体ないと思う位に
塗ってすぐ拭き取れ、だそうです。

知らないことばっかり。


4-19*

晴れた日待ちの、高圧洗浄機。
外壁のモルタル掃除に。

足場を組んで塗り直すより、
ラクチンで安上がりかな、と。

これも素人考え??


実験的な、引っ越し準備。



4-19***

買った貰った借りてる本。


井上 由季子さんの
ラッピング本に、

カレンダーの数字を切る、と、
丸シールを貼るアイディアが
素敵だったので、



4-19-+

友達にハッカ蒸留水。


4-19****

布ハギレパックを包装。


4-20--

こちらは、
月刊キャレルさんの
チャリティー通販用。

内容量150cmとあるけれど、
300cm入ってるのも…
まちまちですが、だいたい多め。

すでに数件のご注文と
編集部さんから連絡が。

ありがとうございますm(_ _)m 

売り上げは全額、
被災地へ寄付されるそうです。


4-19----

表紙にモーニングの文字…
新潟へも西の食分化が??

明日、店頭発売。
書店やコンビニさんでどうぞ。




4-19-+-

ポストに切り絵。

先日お嫁にいった型紙を
なぞって切り抜いたもの?
ですよね。

こんな帰宅は、びっくり嬉しい。


指先に風が吹きました(感謝)。


引っ越しお掃除 ヘルプ。

4-17*****

虫干し中の着物。
ラミー糸の麻は涼しげ。


4-17******

大正〜戦前の着物が
八掛け布についていました。

内側が豪華。


4-17****

こんな茶托は、今ないなぁ…
好きな雰囲気。


4-17*******

ノリの水分でシワシワした
少し古い、茶色い袋。

内職で作ったのではと思われる。

色合いも微妙に違っていて、
良い味。

当面の包装袋に使います。



4-17*

引っ越し先の掃除もろもろ、
本格的に始まりました。


4-17**

畳を剥がすと…カビカビ!

買い出し先の蔵の中と
おんなじ匂い(-_-)


4-17

プロの方に見ていただいたら、

古い材木で床を貼るのは
素人DIYには難しいかなぁ
とのこと。

床に寝転ぶヨガ的イベントも
そのうちやりたいのです。
当面は畳の方がいいか。


4-17***

畳の下に貼られていた杉板が
素敵だったけれど、

床下から冷たい風が、
あがってくるんだろうなぁ。




お掃除ボランティアさん、
〈手伝っても良いよー〉という方、
募集しております。


猫の手でも!

まだこちらに余裕が無かったり、
在宅時間もマチマチなので、

見学のみの訪問はもうしばし
お待ちくださいm(_ _)m 

4-17********


★トップページのアドレスまで
 掃除するよメールをお送りください。

 折り返し、作業する日と時間と、
 現地の場所をお伝えします。


*朝か夕方に数時間の作業です。




【現在の作業内容】

天井、床や壁を水拭き

木の建具についているガムテープを剥がす

布壁紙をはがす

漆喰壁をはがす


基本的に地味な作業ばかりで、
お礼はお茶とお菓子くらい。


お店ができてゆく様子を観察したい
物好きな方、お待ちしてますm(_ _)m 

かわいい家。

〔営業時間の変更〕

引っ越し準備のため、

当面の間、閉店を1時間繰り上げて

10時-17時の営業となります。





移転完了は5月末〜6月初旬
の予定です。

ひと月おしているけど、
今はそれでよかった…と思う。


現在の店舗で営業は続けますので、
どうぞ覗きにいらして下さい。

4-13*****

電気系統OK。
水道周りも雪融け後に修理で(多分)OK。

電気は現状の、20アンペア。

(30にあげる為だけに銅線ごと交換?で、
見積もりが10万円だったのは、古家ならではか…)

極力、電気とガスを使わない方法を
試してみたいから、ガスもとめたまま。

2,000Wは、案外すぐにフルになる。
湯沸かしポットが1,200W。却下。

発電方法を変えよう は、
生活を変えよう に直結してる。


4-13++++

薄暗い店内は困るから
今もLED電球を使っていますが、

金色ラインとか、曲線模様が
ガラスの電笠に不釣り合い。

シンプルなデザインが出てほしい。


4-13****

ブレーカーがよく落ちた子ども時代は、
パズルみたいに計算して
電気を使っていたけど、

そんな日々も久しぶりで、
実はちょっとたのしみ。




大好きな1枚(大正〜昭和初期の襦袢)が
お嫁にゆく前に撮影。

4-13*

部屋着に生まれ変わるそうです。


4-13

裏返したところ。
このままでも、配色かんぺき!


年月を重ねたものが、
やっぱり、すきだなぁ…



だから、
ほんとうはこのままにしたい
ボロボロの壁。

4-13+

こんな色の漆喰を
すべて剥がしちゃうのは、
もったいない。


4-13++

排除しようと思っていた襖。

紙をとってゆくと、中はきれい。


4-13**

ペラペラめくる本の中で、
目がとまるのは、

少し朽ちている位の部屋。


4-13***

屋外なのだか屋内なのか、
境界の曖昧な場所も。


光と緑が巡る家になったらいいな…

ゆっくり時間がかかるでしょう。



衣をまかなう。

4-11

ハッカスプレーの納品へ
来ていただいたついでに、
お爺ちゃんの昔話を聞く。


スプレーの使い方補足。

→飲み物に一吹きでハッカ飲料。
 乗りものやお酒の酔いをやわらげ、胃もたれにも。

→凝っていたい筋肉、関節に
 シュッとして軽くもみ込む。

 肩こりがヒドい時にやってみたら、
 確かに楽になりました。
 ハッカには血流を改善する薬効が。


4-12****

少なくとも戦前までは、

南魚沼市の、城内から五日町にかけて
苧畑(おばたけ)があって、
青苧(あおそ)が栽培されていた。

座機で織って、
仕上る着物はどれも無地。

布の本や織り子さんからの話で、

越後上布の原材料の青苧は、
全て、福島県昭和村産だと
聞いていたから、

からむし畑は無いものだったと
思い込んでいた。


4-12

これまで買い出してきた
麻着物の中でも、

ざっくり太い糸で織られた布が
たぶん、自家用自家生産のもの。


4-12*

爺ちゃんが子どもの頃の行動範囲で
おしなべて作られていたならば、

おそらくもっと広い地域に、
青苧畑は広がっていたんだろうなー

4-12***

何千年も前から
そのときいちばん身近な素材で、
〔衣〕は賄われてきた。

自分たちの普段着物は、
素材から織りまで。


4-12*****

爺ちゃんは4歳にして
麻の皮をはぐ仕事を
手伝っていたそうです。


子どもも大切な即戦力。
それからわずか、半世紀。


4-12**

働き方や作り方、
どんな品物に囲まれるのか、
(近年は石油系素材がすごい)

目まぐるしい変化を、
古道具たちがぼそぼそ静かに
語っている。


4-12++

お孫さんが作ってくれたと言う
大きなパウンドケーキを
持参してくださった方。

洋服は自分で仕立てている。

ハギレを活かした
のし目柄のパッチワークが
おしゃれ。

お孫さん3人の子育てをして、
今はひ孫ちゃんを見て。
私がスキーを教えたのよ〜と笑う。


4-12+

時おりフキミソとか手作りの
美味しい差し入れがやってくるのは、
日々の特典、ボーナスかもしれない。

こちらからは、飲み物と
たまーに夕飯プレート。

(引っ越し先ではそこまで
おもてなしできないかも…)

余震に揺られながら、
食べる。話す。

中越地震からの経験か(?)
震度4はあんまり動じなくなったね、とか。
ゾワッとするし、泣きたくなっても。


4-12******

100年200年も先輩な
道具や布があらわしてかたるのは、

たくさん手をかけて
身体と力を使ったけれど、

とれるものは自分たちでわりと、
まかなえるよ…


まだしばらく、全ては見渡せないな。
夜がふけてく。



棚田充電。

*このところ、写真の多いブログになっています…
 読み込みにしばし、お時間を下さいm(_ _)m 

4-11-+-

ハイネさんのチャリティー企画

を覗きにいったはずが、
なぜか靴を予約して帰りました。

4-11+-+-

走れますよこの靴、と
店主のJちゃんが実際に
お店の中をパタパタ廻ってくれて、

雪が溶けたら、相棒にします。

久しぶりだな…革靴。
(菜食になってからは、合成皮革でした)

長く、履こう。



春をむかえる大地に
両足のソケット差し込んで、
充電したくなって、

4-11-++++++

山あいの集落で
古民家暮らしをしている友達の家へ、
たのもう〜。


4-11+--

赤い色の布1枚で、
食卓が幸せな気分。


4-11+-

薪ストーブで
やわやわに煮込まれた
野菜おでん。

名古屋生まれの家主さんなので、
八丁味噌のタレでいただきました。


4-11+---

これもご当地ごはん。

小倉トースト、お餅のせ。


4-11+----

炎に照らされて、
動物たちが集ってきた。


4-11+-----

…たぶん会話をしている。


4-11+-+

母に手塩さんをまかせてきたので、
気軽に深く熟睡。

水晶や石たちの夢と、
キレンジャク、アカレンジャクと
森の中で出会う夢を見ました。
(叶わなかった!)


4-11*******

雨降りの晩、翌朝は晴れ。


4-11++

雪の棚田を歩いて
ブナ林へ向かいます。


4-11+

ソリ遊びポイントに
ことかかない。

*ソリは普段、薪や荷物を運ぶのに
 使っているそうです。


4-11----

さらにサクサク。


4-11--

動物たちの給水所。
足跡が水面に続いています。


4-11---

静寂の水辺。


4-11++++

杉の木の根もと。


4-11+++

花粉大盛り…


4-11-

光のハンモック。


4-11-----

ほうぼうからウグイスの声が。

今年初めて聴きました。


4-11-++

新水(しんずい)集落を
見下ろせる場所へ。

こぶしの白いつぼみが遠くに。


4-11-+

つい最近まで
整った田んぼでは無く、
ぐにゃぐにゃあぜ道だったそうな…

ぅわーーー
見たかったよ…


4-11*****

朝もやが晴れていく。
会話も少なめになる。

しゃべらなくてもいい時が
じつは一番しあわせなのかも。


4-11******

玄米5:白米5で炊かれたご飯(*)で
作ってもらったおにぎり。
自家製ゆかりと、甘味噌の具材。


(*さっそく我が家でも、
この倍率で炊飯器にセット。

発芽玄米なみの食べやすさでした。

水加減は白米と玄米のラインの中間。
白米炊きの設定でOK。

寝る前にセットして、早朝に炊飯が始まれば、
玄米に十分な給水ができている筈)


4-11-+++

桐の木。


4-11+++++

桐の実。

きちんと樹木の表皮や実、
種を観察したことが無かったな。


4-11-++++

朴の木の幹。


4-11-+++++

不思議な黒い模様。


4-11****

ささげのお豆(正式名称は??)。




こんなに小さな旅の
消費エネルギーでも

カメラと携帯のバッテリー、
車の往復ガソリン2時間分、
部屋の電灯、ストーブの薪…

あげてゆくとやっぱり
たくさんお世話になっている。

省エネルギーからはまだ遠く、

でも、少しずつ自然と遊ぶ日を
増やしてゆこうと思います。




4-11***

帰宅したら、
両親が池の泥上げをしていました。


4-11**

用水路から勝手に入って
いつのまにか増えているひとたち。

50匹くらい越冬したのかな。

池の主みたいなサイズのドジョウは
齢(よわい)が気になる。


4-11*

囲いの外れた雪割草。




今朝、手塩さんを連れて
散歩に出かける際に、

ピチピチのチビドジョウを
くわえたモズと目が合いました。

他にもカラスの足跡…

泥をスコップでよけていくと、
ミニサイズが11匹。

きっとまだ沢山かくれてる。


毎年ひからびた泥を肥料として
畑に鋤き込む際にも、

そこまで生きている子が
何匹か出てきます。


鳥にも負けず、泥にも負けず。


自然に生きてる彼らは
本当にタフ…だなぁ。

アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ