God is in the details./Mogさん一周年。

6-21**

↑ご近所さんの煙の木。

ブリキのバケツにはめ込んだ
鉢植えをよいしょと持ち上げて、
底にたまった水を捨てる。

元に戻すときに
この高さならいいかと、
バケツのふちに沿わせて
鉢植えを落とし込んだら、

ガツンと無神経な音。

それを見ていた母いわく、
【植物もストレスを感じるんだよ。】

衝撃を与えられたら
どう思うかなんて
頭の中から抜けていたので…

次はやさしくセットしよう。

6-21*****

撫でるときも、やさしくね〜



パトリス・ジュリアン氏の著書
【生活はアート】の中に、

切った野菜を無神経に掴んで
鍋に投げ入れるようなことが
たしなめられていた。
身につまされます…

『神は細部に宿る』。

おおざっぱな性格でも、
少しずつ癖づけできたらよいな…

6-21****

↑頂き物の中に、日本産のミント。
香りはまさに、薄荷糖。
根っこが生えたら、移植する予定です。

外来種より弱いながら、
はびこるそうな。



*蛙ご注意。

6-21

枕木看板の上に乗せている
飯ごうのフタ庭園(苔付き雑草添え)に、

素敵なお客様!

6-21*

ハマり過ぎていて、
見間違いかと。

地上105cmへの訪問が嬉しい。



パソコン部屋から見える
【はざ木】電柱には
鳥が穴をあけて住んでいます。
(時おり顔を出す)

朝5時半に横たわっていた
もぐらとトノサマガエルは、
2時間後には美味しく(多分)
片付けられていた。

お天気に影響されている
この身体も含めて、
なんだか一体感…。

6-21***

どくだみの密生が、かわいい。



6-21******

六本足の糸車は、撚糸用です。

6-21*******

小引き出し掃除が楽しいのは、

6-21********

若い女性(たぶん)が、
家族のために夜なべして、
布団カバー縫ったんだなぁ。

などと、妄想できるから…



いつもおしゃれな
Mog 2 worksさん。

1周年記念の日、
夜の部に自転車のって
出かけたい!

6-21+

*クリックでもう少し大きくなります

もう1年、まだ1年?
空間は最初からこなれていて、
だけど何かがいつも
作り足されて変化しているような、
魅力的なカフェバーです。

お知らせハガキまだあります〜。
持っていって下さいなm(_ _)m 

ひよっこ手芸部rehearsal/卯年祭り。

開催まで
まだ少しありますが、

プレひよっこ手芸部を
行いました。

6-18++

生徒役は
最も時間のかかるケースが
計測できるであろう、
わたくし…

忍耐強く教えて下さった
さのやさんに感謝。

*優しいのに仕事きっちり。

定休日でしたが
お越し頂いたお客様の
接客など挟みつつ、

草木染め木版布による
カフェエプロン完成!

6-18******

一目見て
〈ガーデン用だなっ〉と。
(人によって使い道は違う筈)

ザブザブ洗おう(^_^)

手芸に苦手意識の働く私には

難易度 ★★★ ~ ★★★★☆…。

ミシンこわくないよ~
という方ならば、

難易度 ★★☆☆☆、です。

6-18*******

↑後ろから見たところ。

当日選べる手染め木版布は
こちらの6種類。
6-18********

草木染めと化学染料のもの、
混在させてみました。

どこにも売っていない
オリジナル作品が仕上がります。

月曜日の午後のひととき、
外仕事に家仕事に活躍する
かわいいエプロン作りませんか?

ひよっこ7月

【チラシから変更点あります。
 →ポケットの布は、和布から綿麻布に変更します



11年前に行われた
卯年祭りの写真パネルを
展示しているとの便りに、

宝林寺さんを訪ねました
(曹洞宗/所在地:舞子)。

6-18

こちらが面白いのは、
本堂へ続く廊下に
フェアトレードショップが
ちょこっと開店している事…

タイの少数民族の刺繍ものなど、
細かな技が効いた小物中心で、
プライスもかなり良心的。

*お買い物だけの立寄りも、
 可だそうです。

杉の幹にまで繁茂した
立派な苔の緑が涼やか。

6-18****

そして
頂きっぱなしですが…

ご住職様が持たせて下さった
御本が面白かった。

映画【おくりびと】の
元になったと言われる
【納棺夫日記】と、

同著者が
チベット仏教の聖地
カイラス山をたずねた記録、
【転生回廊 聖地カイラス巡礼】。

日本人として初めて
チベットに入境した
河口慧海氏の日記が、

少し前に手元に来ていたので
尚、流れが良かった…

ありがとうございました。
m(_ _)m 



話を戻して、
卯歳祭り(うどしまつり)。

6-18*

その名の通り12年に1度、
卯年に行われるお祭りで、

立派な御神輿が
地域の祠や寺社を巡ります。

(明治の神仏分離令以降、
お寺は外れてしまったらしい)

私は11歳の時に
神輿のかつぎ手をやりました。

*次のお祭りの時は、
 東京に居たのでパス。
 24年ぶりの参加になるのか…

6-18***

発生は江戸時代、

卯年に飢饉や不作が
立て続いた為、
豊穣を祈って
行われるようになったとか。

舞子地区のお祭りは
狭くて急峻なお山の上に
神輿を担ぎ上げるようで、

写真だけでも
迫力がありました。

祭りを行っている地域は
どのあたりまでなのかな~

六日町までは話を聞くし、
南魚沼の伝統だと思われます。

6-18**

↑大正?くらいの、古いガラスシェード。うっとり。



梅雨入り前あたりから、
どーーーーーーんと身体が重くなり、

毎年こんなだったかなぁ、と
地面に吸い込まれそうになりつつ、

こんな時はこんな時なりに。

6-18*****

ツッカケで小さな畑に向かい、
新鮮なパクチーやバジルの葉っぱを
摘み取って、

油揚げとか高野豆腐などと
ちょっとピリ辛に炒め、
元気になりそうな
ご飯を作り食べる。

お客様とお話ししていると、
同じ周期で、バテ→回復してる方も
複数いらっしゃった。

本日の身体はシャキッと動きます。
(久々でうれしー)

6-18+

↑スタタタタッ

午前中は
ご近所さんのお片づけに
お邪魔させて頂いて、

良い色になっている
小引き出しを譲って頂けたし、

波ってあるよなぁ…と
味わったことでした。

釣月さんのバッグ/梅雨浴び。

手作りものご紹介。

お盆頃まで、
2ヶ月間の展示です。

〈釣 月(ちょうげつ)
サイトウ ミワ さん。

いつも持参されている
手作り小物たちが可愛いので、
〈発表しないんですか〜〉と
声をおかけしていたのでした。

わがままを聴いて下さり
ありがとうございます…

お名前の由来は、
道元禅師の詩の一節から
とか。

月を釣り、雲を耕す。

初めて聴いた響きだけれど、
なんてスケールの大きな…



6-15****

スッキリとしたデザインの
着物帯バッグ
(中身が入ると三角型)
1500円、

6-15******

木版布のA4サイズの袋物
(ゆるさにむしろ衝撃を受けたという
アジアのショッピングバッグの写し)
800円、

*の、上に乗せたのは、
 ミワさんのお針箱内に収まっていた
 古い箱。→ボタンやビーズ入れ…か、かわいい…

6-15*****

手首に巻いたり、
お弁当箱にクルリが可愛い、
レトロ和布のくるみボタンのゴム
200円。

本を一冊送るなら、
手作りのバッグに入れて。
箱ものを渡すなら、
髪ゴムでまーるく包んで。

ギフトの主役にも
名傍役にも
なりそうだなぁ…

と妄想しながら、
楽しくお預かりしました。

来店の折に、ご覧下さい。



雨が降るわけでもなく、
霧の中を泳いでいる
(溺れている?)ような
お天気。

ここ1週間ほど
朝4時半に目が覚めたり、
朝3時半まで起きていたり、

時差ボケのようなコンディション。
やらなくちゃーが堆積…。

梅雨(の湿気)を浴び終われば
あつあつの夏が来るのだし、
やれば終わる。やろう(-д-)ノ

6-15*

庭先でプクプク膨らむ
ザクロの花の橙色、

6-15***

入梅と同時に咲き始めた
可憐なヤマアジサイ、

6-15**

線香花火のように
モクモクとした
大好きなスモークツリーを
ツマミに、

コーヒーをいただきながら。

彼らはうまく出来てる。
なるようになってるね…。

夕方から雨が降り始めて、
やっと少し、身体が楽になる。



お知らせが届いていました。

6-15

お買い物しに、朝イチで駆けつける
常連さんも多いイベントです。

イベントお知らせ。

新潟県内、
梅雨入りしたのですね。
確かに空気は湿っている。

6-14***

イチジクの葉っぱと。

本日はお知らせあれこれ。



↓コチラのイベントには出店しています。
(実店舗はお休みです)

本格的な
北インド古典音楽コンサート!

6-14****

◆OVER THE BORDER 2010

〈出演〉
サントゥール:ジミー 宮下
タ ブ ラ :ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ
ヴァイオリン:金子 ユキ

〈日 時〉
2010年6月25日(金)
18:00 open 19:00 start

〈場 所〉
安善寺(長岡市)

〈料 金〉
予約/2,000 当日/2,500

〈協力・出店〉
はやかわ Antique & Crafts.

〈お問合せ・予約〉
echigo@mbn.nifty.com
090-2213-7181(西川)

ジミーさんのサントゥールには
暗闇を照らし、

静謐さの中に光舞うような
華があります。

第一線で活躍する方々の演奏が
お寺で聴ける贅沢…。

はやかわの品物からは
手染め手絞りショールを中心に、
夏に纏いたい
インド買い付け布を
持ってゆく予定です。

前回の旅の写真も。

インド音楽初体験な方は、
騙されたと思ってでも、どうぞ。

ふかーーーーく入れます(^_^)b



コチラもおススメ。

6-14*****

◆チャッパルズ

ツインシタール&タブラバンド
「チャッパルズ」が、新潟、長岡で
インド音楽コンサートを開催します。

★チャッパルズ
 斉藤 勇(シタール、尺八)、
 吉田こうき(シタール)、
 石田紫織(タブラ)

〔長岡公演〕
  7月31日(土)
会 場:ギャラリー飛蟲舎 *長岡市大積折渡町乙2394
開 場:15:30 開演:16:00
料 金:2,000円
予約、問合せ:090-1799-8968(斉藤)

〔新潟公演〕
  8月1日(日)
会 場:ぎゃらりぃ茶ろん 杜々 *新潟市東区東明4-3-22
開 場:14:30 開演:15:00
料 金:2,000円
予約、問合せ:090-1799-8968(斉藤)



来週20日、
野菜作りの講座があります。

畑やってみたいけど、、、とか、
今の畑をレベルアップさせたいという人に
オススメです。


午前10時から午後5時までで、
料理名人の手づくりランチ付き、
5,000円です。

↑スタッフKさんのコメント。
そんなイベントがコチラ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 やまざとの食と暮らし講座
     「山の畑の野菜作り」


土地の特徴を活かす昔からの知恵をもとに、
工夫しながら野菜を育てている
栃窪集落の野菜作り名人たちに、
野菜作りを教わります。

今回は、草取り、草よけ用のマルチ張り、苗植え、
ジャガイモの土寄せ、トマトのかさかけなど、
野菜作りの基本的な作業を、笛木和子さんから教わります。

笛木さんは畑で収穫した野菜や周辺で採れる山菜などを
ふんだんに使う料理の名人でもあります。
野菜の育て方の他に、活用法、料理のレシピなどもうかがいます。

昼食は、笛木さんの手づくりランチです。

【日 時】6月20日(日)10時から17時まで
【場 所】新潟県南魚沼市栃窪集落
【内 容】草取りや草よけ用のマルチ張り・苗植えなど基本的な畑
     作業、野菜作りや料理の話
【参加費】5,000円(地元食材の昼食、保険料、実習費等込み)
【定 員】15名(子どもの同伴可)
【申込み】NPO法人エコプラス
     「TAPPO南魚沼やまとくらしの学校」
     E-mail:tappo@ecoplus.jp
     F A X :025-782-5104

→詳 細

6-14

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家族で参加できるイベントが
これから増えてゆくようで、
魚沼の田舎な環境は、
子育てに良さそう。

6-14*

子どもはどこでも
基地にしちゃう。
(拾ってきた機械が良い味)

6-14**

緑の入り口の前に、忘れ物。

造園業を営む本家のお庭には
いつも子どもが紛れ込んでいる。

私も30年ほど前に、
お世話になりました。

大きな石がゴロゴロ、
秘密の洞窟みたいで…
 


こちらの異業種交流会は、
地元で何かを始めてみたい方に。

6-14*******

★おしごとランチ@ダージリンカフェ
 7月12日(月)11:30〜14:00
 「持続可能なプロジェクト〜未来への一歩」
  10年後のために、今はじめたいこと。
  未来が楽しみになる活動の事例・アイディアを持ち寄ります。
  参加費1500円+ランチ代各自。

★おしごとゴハン@SAMBAL
 8月10日(火)18:30〜21:30
 「ミニ投資〜夢を叶える一歩」
  月1万円でもできる株や外貨。
  夢の実現に必要なお金や自由な時間を手に入れるために、
  投資の事例・アイディアを持ち寄ります。
  参加費2000円+ゴハン代各自。

★おしごとランチ@越後まつだい里山レストラン
 9月8日(水)11:00〜14:00
 「ワークショップ〜体験をプロデュースする」
  アイスブレークやチームビルディングなど、ワークショップの
  企画や運営、参加の事例・アイディアを持ち寄ります。
  参加費2000円+ランチ代各自。

*各回とも2日前までにお申し込み下さい。
 会場へのアクセスなど、
 お気軽にお問い合わせ下さい。

主催:CLN | コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク

6-14******

6月お仕事ランチのあとに、
立寄り下さったご一行様。
楽しそう。



草木染め体験でお世話になった
gomariさんTシャツも参加している
こちらの企画、
会場は craft&gallery kukkaさん(上越市)。

6-14+

「Tシャツ店」

日 程:6月9日(水)〜20日(日)までの期間限定
時 間:10時〜19時 ※最終日は17時まで
場 所:エルマール2F kukkaギャラリースペース
内 容:多彩なジャンルの作家さんによるTシャツの展示・販売

※宮崎県畜産農家応援チャリティーTシャツも同時販売

〈→ブログ〉

作品写真を見ただけで、
夏越えパワーが(笑)



こちらの会場は新発田市です。
お近くの方ぜひ(…行きたい…)。

6-14++

梅雨ノコロ

日時 : 6月25日(金) 26日(土)
   am10:00~pm3:00
場所 : 清水園

知人、お友達の名もチラホラ。
人の手と手、繋がり。
広がっていますね。

ワークショップモリモリ、
コンサートも素敵!

〔→くわしくはコチラ〕



本日はこの辺にて。

ひよっこ手芸部 / 緑の流れ 。

お知らせしたいイベント
他にもあるのですが、
本日はこちらだけ。



昨日から
チラシ配布を始めた

ひよっこ手芸部

7月12日の新月に
カフェエプロンから
スタートです。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ひよっこ7月

*画像クリックで少し拡大。


6-13***********

お茶付きです。



私と母と祖母を乗せて
三世代ドライブ。

母方を四代前まで遡り、
ご先祖様の暮らした集落を
訪ねてきました。

6-13***

1枚の田んぼのために
架けられている
手すりも無い橋。

車窓から何か指差して、
祖母と母が楽しそう。



ひい爺ちゃん、
ひい婆ちゃんが生まれた
川筋に広がる集落は、

200戸ほどの家が
三層構造になった谷間に
密集していました。

神社が立派で楽しい。

6-13

ナンディーさん。
ナマステー。

6-13*

対で二体。

6-13**

江戸時代の〈寒念仏〉や
古いタイプの庚申塔も。

今でも村のおヘソ。

6-13****

婆ちゃんの草餅は
里帰り時の御馳走です。



冬の出稼ぎのたびに
珍しい草花の苗を買ったという
ひい爺ちゃん
(名前を初めて知った。三蔵さん)。

その素晴らしい庭で
花を好きになったという
子ども時代の婆ちゃん、
そして母の姿を想像する。

6-13+

見慣れた景色の源は、
三蔵さんにありましたか…



6-13*****

まつもとクラフトの
記録写真をいただいて、

スペシャルなおまけが
手作り焼き菓子の詰め合わせ。

ピーナッツ&チョコ、
バナナ&ココナッツ、
おから&チョコ、
フルーツロール、
キャラメルナッツ、
バター不使用。

satoimoご夫妻さま、
ごちそうさまでした♪

→〈魚沼生活〉

6-13*********

↑毎年、この季節になると
新潟のおじちゃん・おばちゃんから
段ボールで送られてくる
蚕豆(そらまめ)。

オムレツにしたり、
薄炊きにしたり、
明日は粕漬けにする予定。

翡翠色が美しい。
そして何より、うーまーいー。
ありがとうございます!



少しだけ蒸し暑くて、
そろそろ蛍も出るころ。

6-13******

キャンドルを灯して、
蚊の少ない庭を堪能。

6-13********

本日の朝4時半。
シャクヤクがポカリポカリ。

田んぼや畑へ向かう軽トラが
何台も通り過ぎる。

6-13**********

早朝はメロディが違うみたいだぞ…
鳥の歌が変化してゆく。



最後にお知らせ。

6-13*******

小千谷の作家 TAKARAYAさんの
着物リメイク服と
小物が入ってます。

納品の様子を見ていた方が、
さっそく2枚お買い上げ。

仕立てが奇麗なのに、
とんでもリーズナブル…。
(スカート2,500円 etc.)

昭和40年くらいの生地が多いですが、
こてこて古布より丈夫で
長持ちする筈です。

数量・期間限定。
来店の折にご覧下さい。

イベント情報 / 転々(てんてん)。

イベントのお知らせ。

6-8********


重要無形文化財
「小千谷縮・越後上布」展


 6月12日(土)~6月27日(日)9:00~17:00
 新潟県立近代美術館
  ※大人500円、大高生300円、中学生以下無料 


美術館に寄贈された
個人コレクションを中心に、
初お目見え他数。

江戸時代の布も
たくさん出るみたいです。

現役越後上布の織り子さん曰く
〈これだけの展示はもうないかも〉。

手帳にチェック!

→くわしくはコチラ

itimoku

↑一緒に廻ると良さそう。

一黙窯さん
次月の展示お知らせも
届いてます。

6-8******

ふかみどり色の、
吸い込まれそうな…。

atelier ひと葉 さんの
美しいリース展示。

→詳しくはコチラ

6-8**

梅雨の香り。



ネットショップについて
↓半分、覚え書き。

某ASP会社の
(*ネットショップ構築などのサービス提供)

熱心でスピード感溢れ
ある種の波に乗れそうな
担当者さんのお話を
一旦わきに置いて、

気になったのが
販売ごとに差し引かれる
手数料や固定費。

家具などは特に
割高になってしまう。

1・商品を見て頂く。
2・初荷(うぶに)や現地買い付けならではの
  価格設定をなるべく崩さない。

それが達成できれば、
シンプルな方が良いな…

固定費の高さに奔走するような
複雑さは回避して、
やはりリーズナブルな
サービスに移行します。

クレジットカード決算は
導入予定です。

グルグル勉強になりました。
さ。動こ!



6-8

↑手元に置きたいもの。
昭和40年代の木製玩具。

6-8*********

印版手のお皿は
200〜500円位。
(大正〜昭和初期)

赤い実がそこかしこ、
香りが良くて甘酸っぱい。

庭の鉢から鉢へ
ランナー(匍匐茎:ほふくけい)で旅する
ワイルドストロベリー。

コケ玉に植わっていたものが、
勝手に移動し増えました。

逞しい。



6-8*

↑大正位の絽の着物。
…いちご??ではないけれど。
何だろう。



ついでに、夏物。

6-8***

↑蚊帳のほぐし。
洗濯済みで、ひと幅900円。

手織りの麻です。
戦前のものは素晴らしい。

6-8****

ひらりと1枚目隠しに。



明日は定休日です。

6-8*****

ヒューケラにょろにょろ
間延び中。

朝3時半の空の色。

友達やお客様同士が
お話ししている横で、

聞き耳を立てるでも無く
時おり話に加わりつつ、

適度に賑やかな
週末でした。

6-7*********

お買い物した商品を
抱えている姿が、

…焼き出された人のようで…
(不謹慎だ)

だけど、とても
可愛かった方。



6-7+++++

土曜日の夜は、
河原キャンプに
混ざっていました。

この世が一変しても、
キャンパーさんだけは
しばらく生きてゆけそう。

しなやかで手際が良い。



6-7++

火を見ながら飲む
お酒の美味しさ。

落ちてゆく色の美しさ。
インディゴ。

6-7++++

南部鉄器の
ダッチオーブンの中には
御馳走が詰まっている。

6-7+++



だけど、
さーむーいーー。

寝袋が薄手だっため、
3時半頃寒さに目を覚ますと、

外はすでに
ほんのりと明るい。

6-7********

山や森の形がそのまま
影絵のようになって
テントを囲んでいる。

真ん中から切れた半月。

なんて奇麗なんだろう。

明るくなってゆく陰影に
取り付かれる。

6-7**

…流れ星…

4時前から
同じ旋律を一定のリズムで
刻み始める鳥たち。

川の音と混じり合って、
いつまでも聞いていられるな。

その間、
寒さを感じなかった。



心地よさが
身体に残ったのか、

本日も朝3時半に
カメラを抱えて、

庭の椅子に腰掛け
明るくなる山並みを
眺めていました。

6-7

働き者なムクドリが
丸々した獲物を
口にくわえて飛んでゆく。

目の前の田んぼに
ちゃぽんと入る陰は
カルガモのつがい。

水の中をよちよち歩く。

4時には作業小屋の
シャッターを開けて、
出かけてゆく人がいる。

農家の朝は早い。

働き者たちの時間。

6-7*******

キャンプ翌日のお散歩。



6-7******

金城山の登り口にある
庚申塔が見たくなって、

手塩さんを連れて
ちょっとだけ遠出の散歩。

そういえば、
もう少しで蛍の季節。

昨年は自転車に乗り、
ほうぼうに
光の道を探したもので、

この場所も
蛍ポイントの一つでした。
(数は少なめでランク B かな)



6-7*

熊を畏れたり
蛇に噛まれたり
ツツガムシに苦しめられたり
生き物の性質や、

人間の欲と戦った
血の流れに連なり、

信じられないくらい
便利になった時代に生まれて、

それにもありがたく思う。



6-7*****

本日の手塩さん。
足の付け根にタプンと
お肉が乗ってるね。



私信
 長岡市の S さん、
 すいません、今年は昭和85年でした。
 (1,2年進めてしまった)



6月20日長野市にて
ダライラマ法王の講演会があります。

1階アリーナ S 席3列目のチケット、
7,000円(定価)。

お客様のお友達に
キャンンセルが出たそうです。

我が家でチケット引き取り、
もしくは
郵送など出来ます。

(譲渡可能は1枚だけです)

6-7+

〈予約取れなかったけれど、
いきたい!〉という方が、
もし居られたらどうぞ。

(→コメント欄に、非公開設定にて
メッセージいただければ、返信します)



6-7****

山あいでは
桐の花が満開。

籠と絣/ 庚申講。

古いお家の作業場に
眠っていることの多い
籠もの。

緑と合います。

6-5

田舎ではいまだ現役、
野菜や山菜を入れたり、
食器を受けとめる。

洗いは最小限で
(ホコリを流す程度)
店頭に出します。

うっすらと残る
煤が可愛いので…

木の梁に打ち付けられた
釘の先に
ぶら下がっていたり、

不格好な入れ子で
床に置いてあったり。

日本なんだけど。
日本じゃないみたい。

どこかで
暮らし方や文化が
ブチンと切れてる?

6-5*



先ほど帰られた
お客様の集落では、

去年まで庚申講*(こうしんこう)
続けていたそう。

70歳くらいの方かしら。

参加していたのは7軒。
近年では多い方だと思う。

作法はだいたいどこでも同じ。

とこさま(床の間)に掛け軸をかけて、
パンパンと手を打ってお祈り。

その後は精進料理を食べる。

会場になるお宅は
持ち回りで、

もてなしの
ごっつぉ(ごちそう)に
季節の珍しいものを乗せたくて
頭を悩ませる。

家宝の豆皿(明治位)なんかも
こんな時に出番が廻ってきます。

6-5***

本来は夜通し
起きているものだけれど、

戦後すぐには
午前1時位まで、

最近は数時間で
解散していたそうだ。

知らないうちに
途絶えている文化や、
ひっそりと
残っている風習。

面白いなぁ。


*庚申講:道教に由来する。

 足から出る虫が
 天帝に悪事を告げ口にゆく
 と信じられ、

 虫の出る日の夜は
 寝ずに飲み食いなどして、
 虫が出てゆくのを阻止(…ぷぷぷ)
 という、

 地域の潤滑油に
 なっていたであろう
 民俗信仰。

 平安ごろに伝わり、
 江戸時代が最盛期。



6-5*****

絣布も
緑にお似合い。

籠に盛ろう。



店頭で引き取りの方には
1割値引きするなど、
ネットと実店舗を
リンクさせられないかしら。

家具販売については
クレジットカード導入を
行わない方が、

価格を抑えて
提供できるのね。

グルグル~。
書き出してみよう…

ネットショップ、
6月は準備期間です。



6-5****

一時、体重が
12kgになっていた。

増え過ぎだよ、手塩さん。
どうりで運ぶのがたいへん…



*蛙注意

池の周りはコケむして
フサフサとしています。

お天気がよいと
トノサマガエルファミリーが
ひなたぼっこ。

今年はまだ一族すべてが
揃っていないようで、

ブロックをどかしたら
未だに冬眠している大物が。

半年も寝てるんだ…

6-5**




アクセスカウンター機能は
相変わらず、

実数より1割ほど
増えたり減ったり、

安定していません(-_-#)
あらー。

1日の来訪人数は
旧ブログの1/3以上まで
回復しています。

自分が思う以上に、
見て頂けることを
励みにしていたと気づく。

いつもありがとうございます。

m(_ _)m

時おり覗いて頂ければ、
幸いです。

買い付け品の事。

連日、心地よい風が吹いて、
洗い物がはかどります。

6-3****

白いカラーが咲きました。



我が家の商品は、

98%くらいが
初荷(うぶに)と呼ばれるもの。

古道具や古布を
一般のご家庭や蔵の中から
買い付けしています。

(解体や引っ越しの際に
直接お電話いただいたり、

以前買い出しをした方のご紹介で
同じ集落に行ったり。)

6-3

助手席まで荷物。
経机の足と棚田の景色。



地元買い付けの
メリットでありデメリットは、
〈地元のものしか無い〉こと。

道具や柄の意匠には、
こまかな地域性があります。

たとえば、

魚沼地方の道具(割とおとなしめ)と、
山一つ越えた
十日町津南地域(縄文的ワイルド!)では

同じ用途の道具でも
まったく雰囲気を違えています。

小じゃれた大正・昭和レトロより
素朴なものが、
比較的多いのも特徴。

6-3******

↑天日でフカフカ、
木綿の野良着や綿入れ。



古道具屋さん巡りを
県境またいで、

精力的にしてらっしゃる方が
多い事に頷ける。

近場エリアでもこれだけ
違うんだもの…

時おり、

関西方面に
古道具の買い付けしに
行ってみたいなぁと、

フと妄想しますが、
まだ実現できず…

(なんてことのない土ものの
古い日用品に目がないもので…)

それを実践している
他県の同業者の方が
フラリと訪れる日もあります。

旅をしている方が
多い業種です、きっと。

6-3********



そうそう。

残りの2%は
同業者さんのお店で
気に入った持ち帰り品。

買い値のまんま、
儲けなしで出してみたり。

そこいらへん、
思い当たる方おられるはず…。

可愛い木肌。
錆びたトタン。

1日やそこいら手元に置いて、
気に入った方のフトコロに
手渡せればいいか。

そう思うものが、
店内の隅っこで
ジッとこちらを見ている…



以上が日本のものについて。

もうひとつは
店内の4分の1を占める
インド買い付け布と小物。

年に2回ほど
直接現地に赴いて、
買い出ししています。

手染め布は
作業を見学しながら。

6-3*

↑木版草木染め布の印付け。

古い刺繍布なども、
地方都市の小さな骨董屋さんで
探しています。

手紡ぎ手織り布、
手刺繍の布を

常に前回と違う柄や色みで
選ぶように心がけつつ。



仕入れ量は毎回
限られていますが、

大量に買えないものほどを、
愛おしんでゆけたらなぁ…。

6-3**



昨日、片付けたものを捨てに
焼却場へいった際に、

布を張り替えれば使えそうな
木肌のきれいなソファが3点。

置いてきたけれど。

勿体ないのに
手に余る…

せめて
手元に来たものたちは、
どこかへ送り出そう。



6-3***

↑間口の狭いお店。
スナックと噛みタバコを売っている。

小さなお店を見るのが好き。

6-3*****

↑手すき紙のグリーティングカード。
ダライ・ラマ法王のお言葉付き。200円

田舎時間。

定休日でした。

6-2

ウツギの花(別名:カジバナ)。
飾ると火事になると
言われてるけれど…

切らないのが勿体ない位、
繁っています。

6-2***

シャクヤクが見頃。

6-2**

雑草と呼ばれてる花だって
負けてないけれどね。

6-2*****

バジルを植えています。

(合間にカメラを持って、
庭の花に刺さる…)

臭臭草(くさくさそう)
と呼んでいる(失礼)
コリアンダーの苗も。

たくさん生で食べたい!
増えろ〜

6-2****

天然アグリカルチャー教室。
ティーチャー母。

接ぎ木のナスを植えています。

食べるのが収穫に
追いつかないという
贅沢な事態に陥るので、

今年はちょっと減作。

6-2******

パプリカは3色。
両脇のポットはシシトウ。

6-2********

ご飯を食べているようですが、
打ち合わせです。

6-2*******

お酒も入ってますが…

夜風に吹かれての帰路、
ケロケロ蛙が大合唱。



新しいネットショップ
構築について
担当して下さる方と
電話でお話をしたら、

回線の向こうは東京、
言葉の選び方やテンポ、
色んなことが〈はやい〉。

2倍速で走ってく。

1.3倍速あたりを
狙いたいのですが…(-_-)

欲張っていいなら
急成長よりも、

これからも長く
続けてゆくための
アドバイスが欲しい。

そこいらへんの
王道は、

庭は1日にしてならず、
最低でも12年、とか、

ターシャ テューダーの言葉が
近いのかもしれない。



あ、カウンターの数字、
戻っていますね。

障害を直す人もたいへんだ…



それから、
写真のふちどり。

あれこれ試していて
統一感が無くなっております。

(´・ω・`)>

白地でフェードアウトが
一番シンプルでよいかな…
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ