よしなし。

4-8-++

これまで放っておいた
切り花につくアブラムシ。

緑ともう少し仲良くなろう、
と決めたら避けられないのは
殺虫…。

手を合わせてから、
薬剤を吹きました。

木酢液をスプレーしたら
予防できると知ったのは、
この後。

最低限の殺生ですむ
農法がいいなー。

4-8-+-

庭の囲いの中に、
雪割草などが入っています。

隙間から覗き込む母。
楽しそう。

一部分はまだ雪の中だけど、
そろそろ、板を外せるね。


4-8-

裂き織りのだて帯。


子どもの頃はヤスを持って
川で魚をついては焼きました。

いのちを食べていると
知っていた。

とても楽しかった。


4-8--

市場で使っていた?
木箱で組み立てられた
ジャングルジムみたいな
階段。

近くのパン屋さん
駐車場にて。




4-8

買い出しで
大好きな十二峠越え。


4-8*

秋山紀行の世界。

_SL500_AA300_


4-8**

旧中里村界隈。
素敵なお家が沢山あります。


4-8****

蔵込みでいいわー。

雪融けを待たず、
解体の始まっていた
古民家もありましたけど…


4-8***

ふたたび峠を降りて帰宅。
荷台では箪笥たちがガタゴト。

塩沢町を見下ろして一息。




4-8*****

天板が反り背板が外れかけていた
(竹釘にありがち)小箪笥。

ご近所の大工さんに
修繕をお願いしました。

釘打ちとダボ(丸棒)の埋め込みで
あっという間。

職人さんはカッコいいなぁ…




4-8--------

なつかしいガラスの花器。

チューリップを詰め込みたい。


4-8-+

桜餅を詰め込みたい…


4-8******

いつも散歩しているあぜ道に
フキノトウが顔をのぞかせている。




4-8------

我が家から
六日町方面へ車で4分。

たいやきともちゃん


4-8-------

たいやきだけではありません。

十日町市の授産施設のおかしや、
自家製ヘチマ水とか。


4-8---

常連さんがお茶を飲み飲み、
たいやきを途中で追加注文して、

さらにおしゃべりに
花が咲いていました。


4-8----

自家製こんにゃくや、
おやき、たいやきなどを購入。

どれも家庭の味で、
やさしいおいしさ。


4-8-----

リバティプリントを使って
オシャレな作品が義援金募集カゴに…

と思っていたら、たまたま翌日に
作り手さんが来店。

いつもの繋がりの輪の外に
また沢山の輪があって、
少しずつ違う。

色んな方が、居られますね
楽しい。



南魚沼市の観光プロジェクト、
通称:女子プロさんからお知らせ。


→『幼児・子供向け支援物資収集』について。

被災地より南魚沼市に避難されてきた方が
約300名ほどおります。

これまでの支援は〈命〉から〈生活〉、
そして〈教育〉へと
ニーズに合わせて変化しました。

被災地はまだまだ十分な支援が
行き届いていない状況もありますが、

せめて、ここ南魚沼にいらっしゃる
被災者の皆様には、

次はほんの少しの
『心の栄養』を届けたいのです。


こどもの楽しそうな姿を見れば、
親はうれしくなれる。

こどもが笑えば、
まわりが明るくなれる。

みんなが明るくなれば、
子どもも安心してぐっすり眠れる。


そんなひと時がきっと
〈心の栄養〉になるはず。

母と母候補の私たちが今できること。


『ザ・こどもの笑顔プロジェクト!』

こどもの笑顔のために、
下記の支援物資のご協力の
呼びかけをお願い致します。


《依頼品目》
 1.幼児向けおもちゃ
 2.遊び道具
    ex 折り紙、ぬりえ、トランプなどの大きくないもの
 3.絵本
 4.こども服
 5.ベビーカー、バギー

*いずれも”美品” ”清潔”…
 自分のこどもにあげたいと思えるもの


《回収期限》
 4月15日(金)

*4月17日開催(会場:ホテル坂戸城)
 イベントで配布予定。


★4/14(木)・ 4/15(金)・4 /16(土)の
『お茶のみこらっしゃい』でも
 お子様連れの方へお渡しできたらと
 思っておりますので、
 早めにご協力いただけると助かります。
     
《集積場所》
 山の暮らし再生機構

女子プロで集まった品物は
回収に伺いますので、ご連絡ください。

阿部  025−781−6025(山の暮らし再生機構)

たくさんたくさん集まりますよう
お友達や近所の方にも
声をかけていただけたらうれしいです。

よろしくお願い致します。

〔詳細はこちら〕




何だか、特別なことが、
たくさんあります。

山向こうの栄村や津南町では
いまだ大型の車は通行できません。

飯山線も復旧のめどが立たず、
(線路自体が谷合いに宙ぶらりん…)

臨時のバスが運行して、
長野県へ抜けられるようには
なっているそうです。

テレビで放送されない被災地が、
大きな範囲に広がっているようです。


メールや来店された方の
お話を聞いていると、

震災以来、心身の体調を崩して
日常の仕事や生活はこなすだけ、
もしくはそれすら少ししんどくなって、
そんな方法で現状に寄り添う方も居ます。

経済的な自粛は怖いけれど、

もう少しだけ喪に服させてほしい、
悼みたいという気持ちは、
私自身にも確かにあります。


一国まとめての転換期が
ほんとうに来ているなら、

無理に元通りを目指すより、
別のこと、新しい生活様式を考えたいけど、
助走期間が欲しい。


瞬発力を持った短距離走者さんと、
持久力を持って走り続けられる
長距離走者さんと、

走らなくても、
走る人に給水してくれたり、
道ばたで声援する人と。

全員一緒に走っているから、
比べても仕方ないし、

同じように出来ないのも
時には仕方ない。


自分がどこに居ても、
あなたがどこに居ても、

今日を生きていたら、
それが嬉しい。


仕事を続ける他に、
お祈りを続けようと思います。




昨夜の余震があったとき、

この曲をリピートしながら、
軽快に手塩さんと散歩していました。
(↑ここ数日は体調良好)

物騒な歌詞にきこえますが、
国を批判しているというよりも、

戦後に消費し過ぎたかなぁ…
という気怠さとあきらめと

少し希望が見える一節が
好きな曲です。


泡のよう 鳥たちは何処まで飛んでゆく

後ろを 振り向くなよ どこまでも 飛んでゆけ

いつかは 羽を休め 息絶えるな


炎と、梅の香り。+イベント告知追加。

遠出の買い出しへ。

4-4***

ガス田!


4-4****

訪問先は海の近く。
梅と桃が咲いていました。

庭石にのって、
花の香りを嗅がせていただく。

クリスマスローズも、
マンサクも、
はるの香りはやさしい。


4-4******

高柳あたり。

山里もそろそろ雪融け、
土の匂いがします。


4-4*****

八箇峠を降りて帰宅して、


4-4+++

まずは虫干し。


4-4*******

100歳近くのご長寿だった方が
のこされた鞠。
作りかけのものもある。

玄関先の天井から吊るしたら、
可愛いかもしれません。


4-4+

合間にいただいたもの。
ごちそうさまでしたm(_ _)m 


4-4++

今すぐ、原発の運転をすべて止めよう
というメッセージが何通か届いて、

将来的に賛成。


4-4++++

電力の源が切り替わったら
使える量が減ったり、
時間帯が限られたり、
冬は石油や薪ストーブに
頼った方が良い??


生活がとても大きく、
急速に変わるのかな。

働いていた人は、
突然職を失わないかな。


4-4

シミの多く出ていることが多い
浴衣生地は、助けられないこと数多。

染め直して、何か服にするも、
アリ。だろうか。

これだけ躊躇無く、
布を捨てることの出来ている時代は、
たぶん有史以来、初めて。

だから私も買い付けの際には、
使えるかどうかより
売れるものかどうかで
選りすぐっている。


4-4*

苦行化したら、
たぶん続けられないなぁ。

つらいもの。

便利なものは甘みが強くて、
きっと、常習性もある。


すぐに生活を変えられるでしょうか。


方法を知りながら、学びながら、
少しずつシフトしてゆきたい。


4-4**

室内にあるランタナの鉢に、
すみれが。

庭にのぞいた土の上にも、
イヌノフグリやヒメオドリコソウ。

まだたくさん雪は残っているけど、
新しい季節です。




チャリティーイベントのお知らせ。

4-4-

温泉とアロマ。

4-4--

こちらは長丁場ですね。

作る人たちの手がつなぐ。


小さな暮らし。+引用追加。

〔開店時間変更のお知らせ〕

明日(4月3日)、
遠方への買い出しのため、
午後1時くらいから開店します。



あしもとの本。

地球家族 ― 世界30か国のふつうの暮らし

3-31******

足下はメリヤスソックス
*中国・新疆の、ノン枯葉剤オーガニックコットン。

染めムラ、織りムラがきれい。

それほど地厚でないのに、
寒い日はあったかいです。

今日はヤクウールの厚手靴下
履いています。

こちらは秋になったら、
また少しだけ仕入れる予定。


3-31*

1994年発行。


3-31****

家の中にあるものすべてを、
路上に出して撮影した本。


3-31**

そのころの風景がもう懐かしい。


3-31***

この時は便利。今はもっと便利。


3-31*****

同時期にボスニア。

内戦が町を破壊して、
その渦中に住んでいる。


3-31

ロシア。
治安の悪化がすすむ。




4-2*

これも早10年前の作品。

絵コンテ集、頭の中の空想を
言葉に変換するためには
たくさんの知識が居るんだな…

監督の興味の幅広さが楽しい。

クラバートは40年前、ドイツの児童書です。







お爺ちゃんと第○回(←忘れた)
ハッカ会議。
4-2***

南魚沼に元から生えていた
和種ハッカの原油が右側。

外来種に押されて、
今では貴重なのだそうな。

香りは芳醇、お酒のようでした。

作付け面積は少なくて、
商品化はまだ先の話だとか。

ミントはミント、
どれも同じだと思っていたけれど。

*現在、オイル作り用に育てているのは、
 ホクトという品種。


→六日町産・ハッカ蒸留水の、
 量り売りしてます。100ml・400円。

 ウイスキーボトル持参で買ってゆかれた方がいました。
 ビジュアル的に酒瓶、かっこいい!


ハッカ原油入りスプレー取扱中。
 (花粉症の方はマスクに一吹きしてください)




4-2**

英会話の日。

息子さんのところに
イギリスから遊びに来たお父さん。

帰ってこいと言う親御さんが
多いという時に、
ようこそ、日本へ〜




4-2

フリーマガジン Lj 最新号が届きました。

巻末に、
原発についてのドキュメンタリー映画、

ミツバチの羽音と地球の回転を監督された
鎌仲ひとみさんのインタビュー記事が。

魚沼で自主上映会をしたいというお話を、
緑の手を持つ方からお聞きしたばかり。

お手伝いをしたいです。


地元で買い物をする、
節約した分、たまに旅をする。
その土地にお金を落とす。

暮らしを小さくしよう、
と思っているところ…


4-2++

お客様から梱包材を頂きました。
(電気部品を包んでいたもの)

新しいロール巻きを買っていたので、
ありがたい。


4-2+

長岡市のギャラリーさんから
薄謝で譲っていただいた
鉄×木製のガーデンチェアに座って、
ひなたぼっこ兼おそうじ。

指先は凍えないし、
鳥の鳴き方も春めいています。




4-2*****

深夜2時半〜3時の空。

視力の悪い私にも分かるほど、
空が白色に霞んでいる。

すべてが星の空。


4-2****

固くしまった雪原を、
どこまでもシャクシャクと。

普段見ないものを見られるのは、
手塩さんのおかげ。


4-2******

手のかかり方が増したとき、

心持ちが混沌として
先が見えないように感じたけれど、

(眠いよ、布団洗お、床拭こ〜、の、グルグル)

昨日から割と調子が良くなって、
グースー寝ています。

行動範囲が狭まるけど、
それも大切な足元だ。

見てなかったものばかり。



糸井さんの今日の言葉

読んでいるよーという方も、
きっと多いとは思いますが、
メモ。


・「なにもしていない」であるとか、
 「なにもできてない」とか、
 思っている人がものすごくたくさんいます。
 そう思う分量はちがいますけれど、
 ぼくのこころのなかにも、その考えは混じっています。
 
 いま、どうやらそこにある圧倒的な事実が、
 あまりにも巨大であるがゆえに、多くの人間が、
 これまた言いようのない無力感に襲われます。

 「なにもしていない」ような気がするのは、
 なかなかに苦しいものなので、
 その無力感から逃げ出すために、
 人はまた、とにかくわかることをしようとします。
 ぼくのなかにも、そういう傾向はあります。
 
 サイレンのように叫び回るという人もいるだろうし、
 過激なまでに抑制された生活をする人もいる。
 他の人たちを観察して、
 その誤りを探すことに必死になる人もいるでしょう。

 いままでに経験のある世界と、
 いまある現実とがつながっている人たちは、
 なにをすればいいのかが、見えはじめていて、
 もう全力で動き出しているかもしれません。
 自衛隊の人たちだとかは、まさしくそう生きています。
 「なにをしたらいいのか」なんて
 言ってられないんですからね。
 
 まずは、拍手すればいいと思うんです。
 力を発揮する場所を見つけた人たちに向けて。
 支持され応援されることで、勇気づけられる人たちは、
 けっこういっぱいいると思うんです。
 そして、じぶんについては、あせる必要はない。
 短い時間で解決のつくような問題じゃないのですから、
 かならず、「呼ばれる」と思うんだなぁ。
 いま「なにをしたらいいのか」わからない人たち、
 きっと、あなたを必要とすることが見えてきます。
 あせったり叫び回ったりしているくらいなら、
 じっといまの生活を守りながら、「呼ばれる」のを
 待っているのがいいのではないでしょうか。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。
サイレンが鳴りすぎていると、判断が狂わされますよねー。




無理矢理
つながる必要は無く、

追い立てられて
決めることも無く、

まだ消化しきれない気持ちが
歩みを止めているなら、

自然に流れてゆくまで待って、

あしたも、足元ふんでこう。




浮き立ち戦(そよ)ぐ。

3-30***

古家具の修理に新しいパーツを
取り寄せました。

店頭にも少し並んでいます。

アンティーク加工されていて、
遠目には新品だと分からない…かも。

160(2個セット)〜
200円(大きめパーツ)です。


3-30****

最近の買い出し品の中から、

お持ちください箱に
色々増えています。


3-30******

各御家庭に、
あるところには
何十枚か仕舞われている
ナイロン風呂敷。

頂ける時はまとめてお預かりして、
洗濯後、
着物をお買い上げのお客様の
レジ袋にしています。




本当のことでもデマでも、
情報で開いた風穴から、
気力が流れてゆくようで、

大きな流れに繋がりながら
確かに地面に立っていると、

実感できるときは
こころが強くなる。

再び、瞑想をしよう。

以下は、
シェアされていたものから
メモ。





子供たちの未来の世代の
すべてのいのちのために、
庭で作物を育て、
それに水を与えることで、
われらの聖なるいのちを敬い、
あなたのハートを母なる地球を讃える
ホピに繋ぎ合わせてください。

カワク・ワ ロロマニ
(ありがとう。未来に良きことが起こりますように)



*以下はトンレンという
 瞑想法について。


被災地の方々の手助けの一環として、
出来る方はおこなって下さい。

(もちろん、現実的におこなえることは、
おこなった上での話です)

トンレンとは、

「トン」は自分のよいものを他者に与えること、
「レン」は他者の苦を自分に引き受けること。

トンレンは別名、
アティーシャのハート瞑想として知られています。

やり方は下記の通りです。

・目を閉じて呼吸に意識を向ける。

・自分が良く知っている人の中で
 病気や不幸、絶望や苦痛、不安や恐れ、
 といった惨めさや苦しみを体験している人を
 瞑想中に思い浮かべる。

・息を吸う時、彼らの苦しみを、
 どんよりとした真っ黒な煙やタールのようにイメージして、
 それが鼻を通って自分のハートの中まで入っていくのを観想する。

・その苦しみを自分のハートに取り入れる。

・次に息を吐き出す時には、
 すべてを光というイメージに変容させる。

・自分のやすらぎ、自由、健康、喜び、
 至福といったもの (光)に変容させる。

・癒しと解放の光をハートから太陽光線のように輝いて
 知人に届くように観想する。

この呼吸を繰り返します。

そこから更に、

・知人が住んでいる街をイメージする。

・息を吸いながら、その街に存在する
 あらゆる苦しみを自分の中に取り込み、
 自分の幸福や健康を街に住むあらゆる人に送り返す。

・次にその地域全体に拡げ、さらに国、惑星、
 全宇宙へと広げていく。

・・・というものです。

難しいと感じる方は単純に、
被災地の方たちのことを思い浮かべて、

感じる負の感情を吸う息と共に
自分のハートに取り込み、

ハートの中心から光が現れて、
その負の感情がそれに溶かされて、
吐く息と共にその光が外に出ていく・・・

という、イメージで
おこなってもいいです。



↑以前、京都の合宿に参加した
ヴィパッサナー瞑想。

最終日に教わった、
慈悲の瞑想に似ています。

3-30**

昨夜から手塩さんの発作が
2-3時間に1回ペース。

床を拭いて、布団を洗って…
一番足元の事にまっさきに
翻弄されてしまう。


3-30

それでも、
日々がありがたい。


3-30*

お釈迦様ゆかりの地、
クシナガラへ小さな寄付と
(机と椅子。物価の違い…)

地元で古民家を描いてらっしゃる
油絵作家さんの絵ハガキを。

バラナシから割と近いから(150km)
いつか訪ねてみたい聖地。

別に10年先でいい。

夢を叶えるスピードが
少し位、落ちたっていい。

ちょっと薄暗い
近所のドラッグストア、

節電営業は店舗のサイズを
小さくしたら、
きっとこれからも続けられそう。

恵まれ過ぎて、
受け取りきれなくなっていた私は、

少し減らした方が、
喜びは増すかもしれない。


ハッカ蒸留水の量り売り。

ハッカ油をとる際に
いっしょに採取した、

混じりけ無しのハッカ蒸留水、
量り売りを始めます。


*芳香蒸留水・ハーブウォーターとも呼ばれます

100ml で、400円

(流通している市販品は、
100ml 750円〜1,250円)

容器を持参していただければ
その場で詰めますし、

なくても袋に入れて
お渡しできます。

3-25+

★希釈されていない原液です。

★防腐剤など添加物は入っていません。
 数ヶ月で使い切って下さい。

★10℃〜20℃ の涼しい場所で
 保管して下さい。

★六日町で育てて抽出した、
 100%地元産です。


足を伸ばして入れるくらいの
浴槽に大さじ一杯で、

薬効たっぷり、
天然ハッカ風呂が作れます。

100ml(cc)だと6〜10回分。


お化粧作りなどに、
プラスしても良さそう。

(私は肌があまり強くなくて、
原液を塗ったらツヤツヤすべすべと、
カユいーーーが一緒に来ました。

同時に塗った人は平気だったから、
個人差が…。
肌の弱い方は、精製水で薄めて下さい。

皮脂分の気になる季節、
お肌を引き締める効能が期待できます)

3-25

本当はこの瓶に入れて
販売したかったのですが、

(昔は薬屋さんが各家に
ガラス瓶入りのハッカ油を売りに来た
という話を聞いて)

ヨコにしたり逆さまにして振ると、
漏る…わずかだけど。


3-25*

★レトロ風・ガラス薬瓶
 155cc サイズ、400円(税込み)。

詰め替えには、
ジャム瓶やペットボトルなど、
手元にあるもので大丈夫♪


成分分析して下さった方いわく、
ハッカ油と同じ位に
良い成分が入っているそうです。

アロマテラピーなどされている方は、
ハッカの効能を活かした使い道を。

鼻をつくメントール臭は
感じられません。
草の良い香りが強いです。

ナイスな案が浮かんだら
(シェアして良ければ)、
ぜひ、小耳に挟ませて下さいm(_ _)m 


3-24*

精製水で薄めて、
リネンウォーター(*)
にしても良いかな…。

*通常、蒸留水を精製水で薄めるか、
 精製水にエッセンシャルオイルを加えて
 作られています。



3-24

このところ、手塩さんを
店内へ入れてなかった。

久々に、
以前の定位置で。


3-24+

夕飯も、毛だるまっこと一緒。


3-24++

弟たちは、夫婦というより、
前世があるなら兄弟だったかも…
楽しそー


3-24***

ギフトに入っていた、
大きめカップ。
ありがとう〜

右の花は、内側に白い花を
つけることを知らなくて、
びっくり…


3-24****

すこーーしだけ、
新しいもの取り扱いを
加えています。

左は100年前の真鍮パーツ、

右が新しいフックパーツ・400円。
黒ネジも付いています。


3-24******

小さなホウキは、
タイの民芸品・750円。

机の上のパン屑や
細かい場所などに。


黒いフックは、
インドの手作り、
鉄製・500円。


古道具と馴染みの
良さそうなものだけ。


3-24*****

小さなハサミは、
さすがにピカピカかな…と
思いましたが、

さびていると
実用できないものは、
新品の方が良いな〜。

手元に一つあると、便利です。

ステンレス製・400円。


3-24**

昨日はたくさん晒せた!


3-24+++

日々に古くて新しいものを、
どうぞ。




こちらは、
情報のメモ。


【被災児童用支援物資・緊急募集】

十日町市内本町4の
小嶋屋の小林均社長は
26日午後5時に、

大震災被害を受けた岩手県大船渡市の
市議会議員からの依頼で

小学生と就学前児童への
救援物資を届けに
直接現地に向かう。

現地ではもうすぐ
新学期開始となるが、

津波により児童らの
服も下着も履物も、

ランドセルも文房具も
何もかも不足しており、

支援を頂けば本当に助かる
との依頼があった。

それら物資を提供して頂ける
市民の協力を募集している。

提供可能な人は、
26日午後4時までに
本町4の小嶋屋まで届けて欲しい
と支援を呼びかけている。

十日町新聞社より

ランドセルや文房具・クレヨン ノートなど
ボロボロじゃなければお下がりでオッケー。
なにかひとつでもあれば。

とのことです。


HAPPY.

3-23

午前中に譲っていただいた布。

細かすぎる刺繍に、
一見ミシンかと思ったら、


3-23*

裏返してびっくり。

ハンドエンブロイダリー!

よくまぁ、これだけ刺した…

シミが出ていたので、
このひと(が作った布)も雪で晒そう。


3-23**

このところ思い方が
変わってきて、

写真に写す色んな人の顔は
だいたい笑顔だったり、
とにかく残したいと感じた
表情ばかりで、

クマモザイクは
もういいや。

というわけで、これからは
なるべく画像をそのまま。

お顔も載せることにします。


3-23***

誕生日の友達。

ハッピーバースデー!

友達がいのない私は、
家族の誕生日すらたまに忘れる…

特別なもぞもぞした気恥ずかしさが
苦手ということもあるけど、

節目を忘れ続けると、
時間は浪費されてしまうかな…

いかんなー


3-23++++

もうじきオランダ留学で、
民族服・キモノの着付けを
習い始めた彼女。

外国で着るなら、時代の若い
リサイクル着物が素敵ですね。

華やかな色がいい。

3-23+++

震災で来れないかも?だった
弟夫妻から、バースデーギフト。

ありがとうーー、
もごっちゃいわー(*くすぐったい)。


3-23+

弟の目的のひとつは、
手塩さんに会っておくこと。


3-23++

ほろよいいい気分の父と、
手塩さん。

後ろ足の位置が変。

しっかり踏ん張って
立てなくなってきました。

なんだか、
ぐにゃぐにゃしている。

発作が起きたらすぐ包めるように、
バスタオルを敷いています。

3-23*****

抱き上げたときにいつも
ガシッと硬かったのは、
筋肉があったからなんだね。

猫のようにフワフワ、
腕の中で溶けそうだ。

毎朝、君にあえて嬉しいよ。
と、耳元で言う。

今日もみんなの、
ハッピーバースデー。
ありがとう。

雪晒し・型紙シェード。

曇りがちな青空の下で、
晴れ間は3時間くらい。

雪晒しの効果は
それでも大きい。

3-22+

濃かった茶色が、


3-22++

うっすらと。


天然漂白のお浄め。


★ 手 順 ★

→ほぐせるものはほぐす。
 洋服はそのまんまでも。
 (布が重なった部分は漂白されにくい)

→いつも通りに洗濯。

→脱水して濡れたままの状態で、
 雪の上に平らに並べる。

→朝に並べて夕方前に取り込む。


*木綿と麻だけ。

*自動車の排気ガスなどで
 雪が汚れている場所は、
 避けて下さい。

*汗染みや汚れだけ漂白されます。

*昔は布団カバーなど大きなものも、
 この時期にまとめて漂白したそうな。

*織元さんが雪晒しを行う最盛期は、
 2月末〜3月初旬の雪融け頃。
 晴れた日にだけ作業します。


3-22

機械織り?
でも、先染め糸の絣。

昨日はいっとき晴れ間がのぞき、
この布を並べたものの、

曇天5時間では、
さすがに効果がありませんでした。

しばらく雨マーク…




3-22*****

細かくて小さな切り込みから
光を通したくて、

伊勢型紙のランプシェード。


3-22******

とても、簡単な仕組み。

型紙を丸めて、
クリップでとめただけ。


3-22****

電球が触れないように、
内側に少し太めのアルミワイヤー。


3-22---

反物が巻いてあった芯が
ちょうどよかったので、

それにワイヤーを
クルクル巻き付け、

コイル状になったら、
すぽんと外す。

両手で円錐状に広げたら、
裸電球を通し、

伊勢型紙をクルリ巻き付ける。


3-22***

形を通して広がる影
(木漏れ日など)に弱く、

引っ越し先のあかりは、
ガラスの電傘とこれで十分。


3-22**

移転完了は5月中目標…




3-22-

春の展示会のお知らせを
いただきました。


3-22--

リース教室のも。

atelier ひと葉さん。

こんな言葉はないけれど、
緑の子育て、ですねぇ。




メモ。

かわしまよう子さん(*)の
ブログ

*廃物(醤油の入っていたプラボトル等)に
 雑草をいけたり、視点を洗い直すような
 作品を作っている方。

3-22+++

最新の記事にある、
生物多様性という言葉。

さみしい時などに
頭に浮かびます。

大きな意志たちが分けた、
複雑できれいな枝葉。


3-22++++

色んな方法、考え、宗教、生活。

花粉に弱い
お酒に強い、
繊細、
強靭、

助ける、
拓く。

どうしてこうなの、
どうしてそうなの、

そういう風に
出来てるんだろ。


夜明けごろ。

3-20+

手塩さんは真夜中
起きることが減って、

夜明け前の景色を
見られることが増えました。


3-20******

朝5時の空気。


3-20**

今朝はこの歌を口ずさみながら。





3-20++

春一番が残した風紋。

空に浮かぶ雲の形と似ている。


3-20***

遠くまで光が広がって、

今日の始まり。


3-20

春はすぐそこ。


3-20*

世界が日本に救援の手を、
と、リビア空爆のニュース。

助け方は、
ケースバイケース
なのかな。

3-20*****

どこまで白く晒せるでしょう。

これは両面染めの浴衣地。

小千谷縮の、ほぐして
漂白したいものがいくつか。

…空が曇ってきた…


3-20+++++

冬にしか食べられない
こますやさんの水ようかん。


3-20++++

プリプリとした寒天の食感と、
黒砂糖の香り。

お彼岸のおやつ。


3-20+++

布ほぐしをしています。

チャリティー商品として
提供するもの。

ちょうど昨日、
戦前戦後の着物をいくつか
買わせていただけました。

これなら喜ばれるはず。

今日中はもくもく、
ほぐしデイ。


3-20--



3-20****

6時過ぎの空。

less silence .

3-19*

夜はテレビの前に数時間。
神経の高ぶりで寝付き悪し。

視聴時間を減らそう…

不安になると、言葉が増える。

仏教は苦悩の原因だからと
〔私〕〔自分〕を諌めてる。

言葉を減らした方が良いよ、と
言われてるのやら、
朝からマックが何度も落ちます。

意識ピリピリは続けられない。

枕元にかけたタオルに
ハッカスプレーを2吹きくらい、
これで入眠効果がありました。

*体質によって
 効き目は違ってくるはずです。
 手元にある方は、お試しを。
 市販のミントオイルでも。



〔ハッカの効能(一部)〕

◎鎮静作用

→カーッとしたりイライラした気持ちを
 鎮めてくれる。鬱状態を和らげる。

◎覚醒作用

→気付け薬に。寝起きのボンヤリを覚ます。
 乗り物酔いにも。

◎呼吸器の不調を改善する

◎胃腸の不快には漢方薬としても
 用いられてきた。



塩沢で作陶されている
アグニ工房さんの展示案内が
届いています。

端正な器を作られる方。
最近は粉引が多いそうです。

3-19




お彼岸に入って、
お天気がいいです。

外で荷物のお掃除しよ。

放射線がいつもより多くたって、
時間を少なめに気休め。

お日様うれしい。

東北の野菜や食べ物が、
必要以上に敬遠されて
市場価値の貶められませんように。

これからも食べて、暮らすよ。


*と、書いてから

ほうれん草と牛乳から
放射線量が基準値オーバーの会見…

いのちの要は仕事と食べ物だのに。

牛木菊平商店/Donate ・ドネイト。

昨年、
塩沢駅前の軽トラ市で、

自作ホウキ(外用の簡易なもの)を
販売している方が居られました。

最初のうちは掃除するより
ぽきぽき小枝が折れて、
散らかりましたが

ホウキ草そのものが、可愛かった。

3-18--

きちんと編まれた室内用小箒、
しかも地元産はあるのかな
と訪ねたお店、

牛木菊平商店さん。

3-17-1

地元の方に草履やカゴなどを
作り続けてもらい(技術継承のため)、

建物の奥に、
買い取った在庫がたくさん…

という話を、

奉納用の藁草履を買いにいった
父づてに聞いていました。

3-18-----

店内にあったのは、佐渡産のホウキ。
(チビサイズは無し)

3-18-

郵便局でハガキの仕分けに
使っていたと言う、大きな作業机。

蔵の中戸みたいな、
網付きが素敵。

3-18---

店内は基本的に無人…。
(インターホンで呼び出します)

たまたまお母さんが
買い物の帰りに通りがかって、
お話を聞かせて下さいました。

3-18------

雨合羽とかムシロとか、
基本的に植物性。

子どもの頃は、
納屋でたくさん見かけたもの…

3-18----

ジュートの穀物袋。

ビルラ…の単語に反応したら、
おー。やっぱりインド産。

水っぽい場所に敷いたり、
畑などで見かけます。

1枚150円なり。

引っ越し先の入り口が
いつもぬかるんでいて、

川砂利か飛び石…の前に、
ひとまずこの袋を敷こう。

3-18--------

向かいにある蔵と倉庫。

毘沙門堂が近い旧道であるためか、
はしばしに雰囲気のある
古い建物が残っています。

3-18-------

手前の石橋がたまらない。
杉板の色がきれいです。



3-18******

義援金をとりまとめして下さる
様々な窓口、
いったいいくつあるのでしょう。

私は日本チェルノブイリ連帯基金さんに、
ハチドリの一滴。

まとまれば大きい。

このタイミングで、
ベラルーシに原発を建てることが
決まったというニュースは、衝撃だ…

3-18****

チャリティオークションへの
お誘いを頂いて、

売れなければ寄付にならないから
良いものだけ無償提供となれば、
何が良いか…などと、
頭の中で考え込んだけど、

ひとりでやるより、
大きな額になるのは確か。

ちょっとずつを束ねて。

3-18

手元にお金がない時も、

働くこと、
ボランティアをすること、
日々の生活を可能な分
スローダウンしたり、

喧嘩していた誰かと
仲直りする、

やつあたりしていた怒りを
ひとつ、空に放すだけで。

きっと、連鎖はふくらむ。

3-18***

お仏壇にお線香を焚き、
神棚にお水を供えて、

祈ることだけが唯一。

そんな時もきっとある。

溺れていない時だけ、
溺れている人の手を取り、

溺れてるなら、
溺れていない人に
助けを求めて、

3-18*

助け合い、という言葉の、
合い、は、
調和や循環を連想させる。

3-18**

レストラン 森のうたのNさんは、

お食事でいただいた分から、
一定額のお金をまとめて
寄付するそうです。

(カレー…食べたくなってきた…)

友達はチャリティーイベントに向けて、
これから小物作りだそう。

色んな形の、結晶。



3-18*****

右奥が今回の揺れで、
ネジのまかれた時計。

今日も良い音を
響かせていました。

3-18+

見回りし直したら、
落ちた瓶が。

3-18+++

口元が欠けていたので、
自家用にして草の住処。

3-18++

おトイレの窓際は、
何故か切り花の寿命が長い。

毎日、何度も目にして
気にかけられると植物も嬉しい

って話をフローリストさんの本で
いつか読んだ。

ホントねぇ。



3-18++++

引っ越し先はまだ雪の中。
凍える寒さ…

グランドピアノは
物件引き渡し後も、
少しの間、留まることに。

まずは台所の漆喰落としだ。

浮き上がってるから、
指でポロポロ落とせます。

ヒビや隙間もシーリング材で
埋め立て放題。

アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ