*ホームページできました。

IMG_3650

パソコン・スマホ等から
見ていただける、

《ホームページ》
公開しました。

周辺の観光ルートなども
入れたいところですが…

まずは
必要な情報だけ。

iPhoneだと崩れて見える
箇所があるので、
これも順に直します。

※作業中の所も一つ…

IMG_3605

この機会に、

いつも出張買取時に
お聞きしたまま
シェアしどころの少ない、

昔の話を
貯めておく場所
作りました。

普通の暮らしの
聞き取りは、

買い付け業務に
つきものながら、

私が堰き止めて
受け取るだけでは、
勿体無くて。

100年も経ていない
少し昔なだけなのに
まるで別世界。

貴重だなと感じるのは、
残されている物だけ
ではありません。

IMG_3594

昨日も雪道超えて、
買い出しへ。

三台の重機が連携して、
除雪風景は
ダンスのよう。

IMG_3611

色んなものを
譲っていただきました。

IMG_3648

引き出し付きの
重厚な本棚や、

IMG_3649

十日町紬の残糸で織った
この世で一つの反物など。

また追って、
ご紹介します。

IMG_3603

お昼の焼きそばは
100年経た、
丼ぶり鉢に。

平和と飽食…
感謝ばかり。

IMG_3643

娘は昨日で3歳に
なりました。

だけど本日は
在宅病児保育です…

微熱と、
一回だけ少量の嘔吐。

お医者さんの
診断済みなので、

明日は普通に
登園予定です。

IMG_3623

起床前の枕元に
プレゼントの包みを置いて、

夫が、
目が怖い…と
言うくらい、

中身に喜んで
真剣に遊ぶ姿や、

大好物のイクラばかり
ご飯そっちのけで、

クレーン車のように
すくい上げて食べる
喜び方とか。

(その後はスプーンで
食べました)

IMG_3632

取るに足らないような
小さなエピソードを
積み重ねて、

娘も大人も古道具も
1日ずつ、
育っています。

本日は娘と共に
お待ちしております。

枠と言葉、大正の光と。


IMG_3555

本日も営業中。

朝は快晴、今は雪降り。

上空が荒れているようで、
お天気がコロコロと
変わります。

六日町の雪祭りは
今日と明日です。

IMG_3573

色んなものを少しずつ、
お嫁に出して。

IMG_3570

お相撲さん、
明治時代の人も
大好きな。

IMG_3572

大正の晴れ着、
娘さん用。

桜の花のモチーフが
多い…愛おしい。

IMG_3566

楚々とした
江戸縮緬の花。

IMG_3574

空間に
花を咲かせる。

IMG_3564

お客様の装いも
素敵です。

IMG_3563

太陽光で
撮り直しさせて貰えば
良かったかな…

ハッとするほど、
絣の藍が
輝いていましたから…

IMG_3562

耳かきより少し
大きい程度の匙。

ニンマリしてしまう
可愛さ。

IMG_3561

1787年に作られた
木箱がお嫁に。

お雛様を
仕舞われるのだそうです

IMG_3559

ほぐす前の着物や襦袢も、
布に変わってからの着物地も、

それぞれの場所へ
旅立って行きます。

大正の光…
美しい。

IMG_3558

手書き値札、
増えてます。

IMG_3556

旅館さんにまとめて
お皿として
引き取られていった
明治時代の漆器。

お掃除して
追加しなくちゃ。

IMG_3568

本日公開予定の
ホームページも、

合間の時間に
制作進行中です。

今まで必要性を
感じなかった割に、

作り始めてみると…
まず枠があって
言葉が湧いてくる。

どんなお店?
どんな買い取りしたい?

公開後も少しずつ
手を入れて、
言葉を埋めていこうと思います。

IMG_3466

最近一番驚いた
味覚。

霜に当たった野菜を
救済するために
売ってると思っていた、

ちぢみほうれん草の
強い甘さ!

冬だけの楽しみが
ひとつ増えました(^O^)

届け届け。

IMG_3545

年末以来など
お久しぶりです、な
ご来店が続きました。

今日も様々なものたちを
送り出せて、感謝です。

IMG_3507

掃除が
間に合わないので、

掃除済みには
数字スタンプで値付け、

まだの物には
手書きで。

この方が、
古道具屋さんぽくて
(掃除してないところも)
悪くないかも…

IMG_3504

まとまって出てくる
米袋。

お寺に
お米を持っていく際、
使いました。

パッチワークが
可愛いんです。

こよりも、
外したくない…

ですが、
個人名なので泣く泣く。

IMG_3517

ぶら下げておくだけでも
あー、可愛い😍

IMG_3515

だいぶ生地が薄く
なっていますが、

大正期の絹も、
味わい深い…

IMG_3518

昔の人は
デザインの中に、

補色のコントラストを
上手に取り入れていました。

IMG_3523

胴裏も裾回しの布も、
おしゃれ!

IMG_3513

襦袢のデザインも、
裾の方を見てください。

中心線からあえて
模様を繋がないで
(分かりにくいですが(~_~;))
段を作っています。

IMG_3514

宝尽し大好き!

IMG_3512

麻着物、藍染です。

絣模様が美しい。

IMG_3544

娘時代に
ご両親が作ってくれたという
長羽織、

数回着ただけのものを、
大人になってから
襦袢にしたそうです。

華やかだな…

IMG_3537

内側の布がたまらない
大好きな布ばかりの、
米袋。

数年来持ち続けていた
私物ですが、リリース。

IMG_3509

蚊帳の吊り輪。

真鍮製で
美しい模様入り。

昔、こちらを
ペンダントヘッドにした
アクセサリーを

気に入って
つけていました。

IMG_3506

インバネス。とんび。

探している方は多いし、
案外タンスにも
残っていますが、

虫害を免れている
美品が少ないです。

IMG_3486

今朝の
朝ごはん(夫作)。

大鉢は、
目にも幸せ…

IMG_3501

室内にいれた
桜の蕾が、

少しずつ
膨らんでいます。

小さな小枝は
桜模様の蕎麦猪口に。

IMG_3498

魚卵アレルギーのある
伴侶にはホラー画像…

知人のfacebook画像に
触発されて、
自家製たらこ作り。

びっくりするくらい
簡単で、

検索したら
やり方が複数出てくる。

習いに行かなくても
自習できてしまう、

すごい時代に
生きてるなぁ…

IMG_3542

車のコーティングの
おまけで付いてきた
手洗い洗車を
して貰ったら、

光学ボディ、
周りと同化しました。

IMG_3541

塗装が削れてますよと
教えて貰い、

ゴールドのメッキは
薄いのだな…

あらためて見回すと
一冬で小さな傷、
チラホラ。

貨物車としての
貫禄が出てきました。

2月15日から
地元FM放送の

ラジオコマーシャルが
始まります。

買取業務に
重点を置いた内容。

相棒と一緒に
ご縁ある場所へ、

お邪魔するのが
楽しみです!

古い色の新しさ。

IMG_3444

古い色、懐かしい色、
いろんな色。

IMG_3445

掃除前をひとまず
並べています。

IMG_3441

昨日の夜に
洗ったもの。

IMG_3425

昨日は何故か?
週末のように来客が
途切れず、

早速いろんなものが
お嫁に行きました。

掃除したら
どうなるのか
見たかったなぁ…

でも、古い色と
佇まいを少しでも
味わえて良かったな。

IMG_3430

並ぶと可愛い。

IMG_3420

新しい世界で、
新しい景色を
見てください。

いってらっしゃい!
と送り出しています。

IMG_3449

許可をいただいて、
お客様のお写真。

小さな水仙や
桃の花?が可愛らしい。

我が家から巣立ったのは…
花器の下に
敷かれています。

欅の茶托と、
それを入れる共箱の蓋を
置き床にして。

IMG_3428

お客様の
カメラバック。

作家さんの作品です。

使い込まれすぎている
レザーベルトが持ち手、
本体は酒袋。

あー、大好き!
この世界が。

IMG_3443

木箱に、将棋盤に、
風呂敷はツギハギ入り。

当たり前にありそうな
ものばかりでも、

それが、百年も
経ているなら、

急に当たり前では
なくなる。

IMG_3448

これは娘用に
譲っていただいたのですが

純毛、
手編みのセーター。

穴、ホツレなし。

あと3年くらいしたら
着られるはず。

ほんの30年くらい
遡るだけでも、
宝物は眠っています。

IMG_3446

今日は雪が
降ったりやんだり。

掃除の手を
しばし止めて、

これまで
作ってなかった、

ホームページ作成に
取り掛かっています。

IMG_3452

メモにしても、
字ヘタ。

自分でも
読めないことが(゚o゚;;

ともあれ、
お店の営業時間や場所、
買取の流れなど、

ブログで探しにくかった
情報をまとめて…

今週中には、
公開できそうです。

現代の冬仕事。

IMG_3451

ついでに
金柑のシロップ煮を。

素材が悪くなければ、
レシピはシンプルな方が
美味しい…

(砂糖振る、煮る、終わり)

古道具も、そのままで、
そのものだけで、
美しいな。

麻や丸や。

【営業時間のお知らせ】
今週、来週も、
水曜日は平常営業
となりました。

いつも通り、
11時から16時まで
お待ちしております。

IMG_3406

大きいのから
小さいのまで、
丸四つ。

明治の印判。

俊寛皿(しゅんかんざら)
まとまった枚数あります。

インドの路地風に
ダストティーで
グツグツ煮込んだ
チャイでも飲みながら、

順に品出しいたします。

IMG_3416

大胆で素朴な筆致の
桐模様。

IMG_3417

大小の鉢物です。

追記:大中小あります。

IMG_3415

刷毛でさらさら
描いたような、
軽さのある麻着物。

IMG_3413

今は襦袢ですが、
娘時代には羽織だった。

晴れ着に2、3回
着ただけとのこと。

IMG_3411

十日町の女
ですからねぇ。

機織りはしたねぇ。

残った糸で、
自分用の布を織ることも
当時の当たり前で、

いろんな表情の着物が
様々なお宅から出ます。

IMG_3412

手織りの絹絣や麻着物。

IMG_3408

こちらも
機械機(きかいばた)で
織られたもの。

湯通し済み。

IMG_3419

当時としては革命だった
機械式脱穀機を
買ったお宅に掲げられた、
ホーロー看板。

それまで
手作業だったんだから、

ポルシェやフェラーリを
買ったようなもんだった、
とお爺ちゃん。

日々の営みや喜びを、
道具たちが語っています。

仙の郷から。

IMG_3401

【営業時間変更のお知らせ】

8日水曜は、
13時過ぎからの開店となります。
どうぞご了承下さい。

→通常営業となりました。

IMG_3396

定休日。

たまたまお休みだった
夫に娘をお願いして、
山を越える。

十日町と魚沼をつなぐ
いくつかの峠道が
どれも好きで、

この日は、
大地のうねりに
圧倒されるルート。

春が来ると、
粘土質ではない
柔らかい地層にだけ?
草が生えてきて、

縞模様が一層、
美しくなります。

IMG_3392

お出迎えの看板が
出ていたのは、
初めて!

板切れ2枚を、
サニーホースの切れ端に
釘を打ち込み
(ひしゃげていたり、
その様子も可愛い)
繋げていました。

究極だし、
過去見た中で一番好きな
立て看板かもしれない…

IMG_3393

何十年か前、
現在の場所から更に
3キロ山の方に入った、

仙の字を含む村の、
(南魚沼にも仙という
文字がつく集落が沢山あります)
蔵の中にあった物。

茅葺き屋根の母屋の
写真も見せていただきました。

豪雪の雪掘りに
辛苦されたお話も…

こちらは
生地が弱くなりすぎていて
諦めたけれど、

裾の繊細な染め模様と
刺繍が素敵だった
着物たち。

道具も器も布も、
明治から大正のものが
メインでした。

IMG_3394

途中、
おばあちゃんが
育てた小豆たっぷり、

お赤飯のお昼ご飯を
いただきました。

発酵食品たくさんで
ほとんどが
土地の食材だけ。

とても真っ当で
力のある食事…

IMG_3398

5時間近くお邪魔して、
夕方にお暇しました。

助手席にまで
はみ出す。

このところ
たまたま続いた、

地域の神主(太夫さん)を
勤められていた
お宅とのご縁で、

その時代も同じくらい。
大正あたり…

IMG_3402

仙の郷から
分けていただいたものを、

一つずつまた
新しい時間と場所へ、

お届けできたら
嬉しいです。

新しい季節へ。

IMG_3340

昨日は快晴でした。

IMG_3332

開店前に、

店舗向かいの参道を
お散歩。

IMG_3331

三味線の音が
聞こえてくる。

朝には
裏庭の柿の木に
とまっている

鳥の声で
目が覚めました。

冬は鳥の種類が
増えて、

鳴き声も様々。

IMG_3330

田んぼの土が、
もう見えている。

そこにポタポタと
雪解けの雫が
落ちている。

IMG_3328

何日か大雪は
降ったけれど、

今年も
雪が少ないまま、
もう春の匂い。

IMG_3326

お香を焚いて
開店です。

IMG_3324

土の上に
顔を出したくなるような

春めいた
陽気に誘われて、

次から次へと
お客様がやってくる。

もう冬ではないのかな…
と、感じられます。

(実は1月には
来客お一人という日も
ザラザラと。

雪で悪路という
理由はあれど、

真冬は毎年、
不安になります…)

IMG_3307

撒くより
食べる方が多い。

節分終わって、

新しい季節に
踏み出して。

IMG_3317

何となくの見通しを
立ててみよう。

IMG_3352

綸子縮緬の襦袢。

IMG_3341

四角い宝珠のような模様。

テーブルランナーに。

40〜50年くらい前に
流れていた空気を、
切り取る。

IMG_3344

立て続けに入って来た
行李を洗って、

ストーブで
乾燥仕上げ。

竹の優しい雰囲気、
ドサっと何でも
受け止めます。

IMG_3350

昭和初期の
気軽な小鉢。

陰影はひとつひとつ、
筆で絵付けされています。

IMG_3345

春の花を山盛りにして、
運ぶ稚児たち。

明治期に仕立てられた
屏風絵。

IMG_3346

対の絵は、
夏でした。

入れ替えて
飾ろうと思います。

IMG_3351

そろそろ
在庫が切れそうな、

店舗名刺の
新しいデザインを
考えています。

メイン画像は、
更紗の帯から
とろうか…

IMG_3368

長野のパン屋さんが
自費出版された、

できたての
雑誌を取り寄せました。

お店の
目指す場所を、

真摯に真っ直ぐに
考え続ける経営者さん。

輪郭の取り方、
実直さに、
素直に学びたい…

我が家ならどうかな?
と考えるガイドライン。

IMG_3355

毎日トライして
毎日刷新している人と、

でも…と、
失敗のシミュレーションが
鮮明で、試せない人。

失敗の数たるや、

前者は凄まじいもの
だろうけれど、

1年後に
立っている場所には、
きっと雲泥の差がある。

成長できない人は
居なくて、

ただ挑戦の数が
違うだけかも…

後者は再起できない?

生きてる限り、
そんな事はない。

IMG_3366

ずっと一緒だった
他のお雛様が
お取り置きになって、

かわいそうだよ!と
娘が泣いた。

その何日か後に、

この子も売ってあげて!
そらちゃんが並べるから!

と店舗に走って行き、

次の日、こんな場所に
置いてあった。

彼女なりに考えた
ベストの配置。

IMG_3389

ほら、見て!

このロウソク、
歌ってるよ。

あ、この子もー!

娘がいつの間にか
驚くほど様々なことを
吸収してるのは、

内にも外にも、
様々なことを、

否定していない
せいだと思う。

IMG_3377

夜の銭淵公園、

かまくらには
雪女が出るらしい…

夢ではないかも。

大人になっても、
素直に試してみる

子供みたいで
いいのかもしれない。

新しい季節に。

漆の蓋を、豆皿に。

IMG_3251

閉店後の買い付けへ。

日が長くなってきましたね…

朝晩の明るさに、
早くも春の訪れを
感じています。

IMG_3259

掃除前の姿も可愛い。

明治くらいの
染付け。

IMG_3282

品出し前に
お嫁に…

うねる麻の葉模様に
梅の花が咲く。

素敵な絽の着物でした。

IMG_3288

こちらは
まだあります。

涼しげな綿紅梅のお着物、
いたみ無し。

IMG_3286

帯地なども多少。

IMG_3296

更紗模様が出てくると、
つい口角も
上がったままに。

素敵だなぁー…

IMG_3283

時間をかけて
検品した漆器の一部。

こちらも掃除前、
すでに可愛い。

明治〜大正のもの。

IMG_3302

何点か洗っていたら
浦佐の工房とんとんさんが、

パンを売りに
きてくださいました。

大きめの平たい蓋は
お皿になります。

塩バターパンに、
金柑シロップ煮を添えて。

幾重にも塗り重ねられた
和漆のお皿で、

日常のものを
いただく幸せ!

IMG_3303

こちらは反対に、

かなーり小さな
漆器の蓋です。

そのまんまで
豆皿サイズ。

IMG_3304

昔は樽に
100本漬けたんだけど、

若いのは食べないから
今は30本だなーと、

買い付け先で
お父さんお手製、

美味しい沢庵を
いただきました。

これがまた漆の皿に
似合うこと、

ご飯に合って
美味しいこと…

IMG_3260

週末も買い付けで、
来週頭に
勢揃いの予定です。

落ち着いたら、
facebookに
模様替え後の店内動画を
乗せますね。

IMG_3258

たくさん
お世話になっている
六日町図書館さんの
雑誌サポーター、

来期も
継続いたします。

雑誌nid
(ニホンノイイトコドリ)。

読みたい雑誌があれば、
ご自分がスポンサーになって
新たに入れてもらうのも
楽しいですよー

ちなみに私の名前は、
50%以上の高確率!で
間違われますが、
理恵でなく理絵です…

IMG_3284

縁起物のちんころが、
目出度く
ポロポロ割れました。

大小の吉祥
そのものが、

何も起こらなくても
味わい深く、

日々の幸せに
なっています。

※業務連絡※
買い付け先に学習机は
ありませんでした😓

半世紀が生み出す、落ち着いた光。

IMG_3167

朝の除雪をして、
ストーブに
灯油を汲んで。

本日も真冬の開店。

午後には、
外置き灯油タンクへの
給油をお願いしてある。

この冬3回目。

あと、1、2回
それを繰り返したら、
春です。

IMG_3166

駐車場が
道路に面していて、

夜の凍結と
通行車が跳ね上がる
雪水で、

チョコレート
コーティングのような
荷台扉のアイス掛け。

すこしずつ、
氷を砕いて取り除く。

IMG_3169

そうして開けた
荷台扉の中には、

昨日の閉店後に
入らせていただいた、
倉庫の収蔵品。

本日はこちらの検品です。

漆器は
欠けや割れのない
ものだけを。

ほとんど捨てることに
なりますが…

本来なら50年前に全部
燃やすところだったんだから、
少しでも助かるなら

と言っていただけて。

買い付けの繁忙期では
ここまで時間を
かけられなかった…

巡り合わせの妙。

木彫りのクマは
私の趣味です。

こういった物が
四半世紀後には、

昭和遺産に
なってるのでしょう。

IMG_3162

昨日は時間切れで
ネットショップにあげられたのは
小ダンスのみ。

今日はあと数点、
小物をあげます。

IMG_3142

昨日、お見送りした
家具の金具も
素敵だったなぁ…

IMG_3147

こんな額はどこにでも
残っています。

中に入っていた新聞の
日付によると、

それでも
45年前のもの。

子供の絵を飾ると
可愛い。

IMG_3148

そっけない
ベニヤ板の表情。

お近くの
リサイクルショップにも
あるでしょうね…
というものは、

なるべくネット店には
出しませんが、

そんなものにも
少しずつ、
光が当たればいいなぁ。

モノは半世紀ほど
経ると、

新品とは違う光を
宿し出す。

そんな気がします。

※本日、通常営業になりました。

IMG_3135

青空!

2月の幕開け、
気持ちの良い
お天気です。

本日、お茶のお稽古で
時間変更の予定でしたが、

先生の体調不良で
中止になりました。

(流行っていますね、
各種様々な風邪😢)

IMG_3134

と言うわけで、

いつも通り11時から
16時まで営業致します。

すぐ近くの
魚沼の里さんや、

近隣の観光地の
冬景色を楽しみに、

ドライブがてら
お立ち寄りください。

雪の白と青い空が
最高です。

IMG_3137

大正時代の
大きな急須。

馬の柄や、持ち手も
凝っていて素敵ですが
割れあり。

IMG_3138

お花をいけると
隠せる場所。

実は、そのお宅には
過去に骨董屋さんが、
出入りしていて、

目ぼしいものは、
すでに何もない。

この急須も、
納戸の柱に打たれた釘に
真っ黒に煤けて
ぶら下がっていました。

割れていたから、
買取からはじかれたのか。

200年前に建てられて、
三和土の土間が
美しい建物。

良い味わいの
木箱もたくさん。

私にとっては
いろんな宝物が
眠っておりました。

手付かずの現場は、
それは嬉しい。

けれど、その建物が
古いのならば、

2番目のご縁でも、
引き取れるものは
まだまだ見つけられます。

IMG_3139

本日もネットショップ
数点品物を上げる予定です。

皆様から
ご意見頂いた中に、

他の古道具屋に
ないものもあるから、

売り場をそのまま出す、
雰囲気ごと売っては?

と言うものが
ありました。

更には、欲しいものは
千差万別だ‥と、
改めて実感。

チョイスをやめて、
売り場の端っこから
徐々に
ご紹介してゆきますね。

※ネットショップと
店舗売価は同じです。

店舗で購入したい方は
取り置きのメッセージを
お送りください。

システム上、
注文の取り消し作業が
煩雑なためです。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ