雪の日、ゆっくり。

FF42A785-E2E6-4763-A267-B7F2CF8E8458

降っても雨ばかり。

だいぶ雪は
消えてしまった。

久しぶりに降り始めた
大粒の雪に、

まだ一月だものなぁ…と
気持ちを冬に戻します。

3B5281A6-2BF8-480C-93F3-2808353E24F7

今週の営業も
今日から始まりました。

あとひと月半もしたら、
かなり春めいているはず。

E7C4EFE7-922D-4A79-8199-0DA999BA4349

乾燥中の、まな板。
ディスプレイ台として
万能に使えます。

FFC6BF20-DB8C-4C3F-AD4E-06E76B9E5EFE

小引き出しの掃除をして、
捨てるものゴロゴロ。

雪解けごろの
買い出しに備えて、
小さな掃除を進めます。

41846425-A898-4DED-B562-4B012DDCC13B

一段ごとに
色々入っているから、
検分が楽しい。

FADCC85F-3DD7-4A58-BE32-028F90841C4A

こちらは
捨てない組。

昔のお金や、
かぎ針で編んだ子供服の
襟パーツだとか。

日々が続いて、

その連続からしか
積み上げようのない、
ラインナップ。

BBEC8DEA-169F-412B-970B-5CBB670BC39B

昭和41年の
学習教材。

昭和40年代でも
初期のものなら、

デザインがモダンで
カッコいい。

F0F78933-171C-49AA-9F5C-8ABB9982FEC1

本日いらした
お客様の袖もと。

猫に齧られて
あいた穴を、
古い絣布で補修。

今と昔の共演。

可愛いです。

58610942-0841-4310-AB2C-D48A8A8BBB8B

昭和後期の布や着物は
引き取るのをやめよう、

と決めながら、
勿論その全てではなく。

C3BC4281-DB39-4848-9A38-A14AED7FACB3

可愛い
光琳菊の綸子生地に、

手描きの
梅と竹の図案。

美しい布は
制作年代を問わず、
やっぱり良いものです…

8FFFC414-2C0D-436E-B38F-B990A36B8A4C

昭和3年の地元商店の
福引き景品を見ると、

当時は何が
使い勝手良く
価値あるものだったのか、
伺い知れます。

一等、前桐の箪笥ひと竿
二等、上等瀬戸焼き火鉢
三等、上等バケツ一個…

今は我が家で
当時のものを

2000円代で
売っていますが、
(箪笥は
引き出しを抜いて、

バラしたものを
棚として販売中)

これほど
価値のあったものだから、

逆に現代まで
残されているのですね。

A99C1F9B-C051-40F4-A71B-8567D52158DF

雪見しながら
池田記念美術館。

0957510A-D10C-4B13-8F69-A493C95E0AD4

富士フイルム創立80周年記念
「日本の写真史に名を刻んだ101人展」

写真の来し方と
これからに、
想いを馳せる。

撮影者の物語と
当時の技術、

そのどちらもを
頭に入れながら、
ゆっくりと鑑賞しました。

同時開催は、
「魚沼ベストショット展PartⅦ」

地元の風景写真も
素敵でしたよ。

07312DBD-6601-4D67-9E90-694B2A33BB4D

現在は、
錯覚展も鑑賞できます。

鏡に写ると見え方が
変わる不思議な形。

1A734E53-13B1-4748-9DBA-136B0B7B9E82

右と左は同型の
構造物ですが、

見る方向によって全く
違う形に見えます。

946CB2F6-9620-4540-BA90-249BE86F7E83

どうしても画面の
波がうねって見えます🌊

FF51027D-7711-4785-ACDC-91C5EA016469

遠くの山が雲の上に
浮き上がって見えたり、
日常の錯覚。

18B8C025-3308-46FE-9456-54C16CACEAF0

娘がいつまでも
子供でいるような
気がするのも、

嬉しくて寂しい
錯覚。

来月でいよいよ、
4歳になります。

B6E845D4-A303-4126-BE55-A10226DA7FF8

昔の文化や
往時の空気を懐かしみ、

また昔のものほど
貴重に感じるのは、

それが2度と
戻らない、

作れないからに
違いありませんが、

「今」も2度と
戻りません。

ゆっくりと味わい、

それが可能な
スピードで、
日々を過ごしたいです。

昔ガラスの色、揺らぎ。

1110AD08-8A31-466C-8863-08129C960000

今週の営業も、

近くから
遠くからのお越しを、
ありがとうございました。

来週からは
冷えそうですね…

当店はまた
火曜日より、

通常営業(11〜16時)
致します。

20E41272-B77F-46A7-AE25-D25D67D04E3D

今日はガラス瓶の
掃除を中心に、
進めました。

782BD1B8-72A7-4AA3-B7DB-3CCB80A21A03

光に透かして、
気泡を眺めながら。

…綺麗だなぁ。

C6FA9C91-CCB0-4048-A394-069A50C690B5

一昔前の
海苔の小瓶です。

すっかり
錆ついた蓋が、

当時の姿とは
異なるところ。

B0BDA1DA-E2B5-4895-A40B-C506A4CEE77B

現代のガラスには
あまり見られない、

コクのあるブルー。

A3AD461E-0930-4312-B1E9-BA6EC6D1ADEF

一つ二つと
洗い進めて、

似た形のガラス瓶でも
並べると、

随分と色の違うのが
楽しい。

30AA4AF1-1662-4692-B8A8-4A340AB69DD1

ガラスのホヤは
うっすらと緑色。

上部は尖って見えますが、
これで完品なのでした。

76D6AE79-161E-4EB1-90CC-90B28C9DC8FF

粉ミルクの
計量瓶は、

赤い文字が
不思議と硬派。

63BB077D-28D4-4730-940F-8914F880CC29

昨日ほぐしていた
布団カバーが、

一枚の大きな布に
戻りました。

35D24B8B-B13F-426E-8F9A-1D227CE7D187

表にして
飾っている面は、

内側に隠れていた
裏面です。

見せるつもりもなく
縫い継がれた、

偶然が育てたアート。

3F53BC57-211B-4969-9AA6-1AFCA853DBD3

本来の表面。

こちらは
擦り切れた表情が
素敵です。

0D664B7D-C438-467E-8E63-318A729CE375

古道具が良いなぁ…と
感じるのは、

多くの人の手や
手間が
かけられているから。

A7C79E65-0553-4978-9D2C-9189E447D39A

シンプルでも、

編み目だけで
織りムラだけで、

その揺らぎが
デザインとして、
機能しています。

95C1A509-095F-4CAA-9BFC-1448963645D6

ひと段落。

染付けのお皿で、
焼いたお餅を食べよう。

AF2B7B3F-A60C-41E9-834C-BE5544BA92AE

夕方のお日様が
随分と長く、

留まってくれるように
なってきました。

春先のお知らせも
届き始める。

今年はどんな
趣向でしょう?

毎年家族で
お邪魔している、

柏崎飯塚邸の
つるし雛飾り。

80066679-0603-49BC-91B3-CA1BA3DFC88C

雪解けの頃の
お楽しみは、

なんといっても
凍み渡り!

5D5E4F97-3815-4619-B8E5-57F6490545F6

開店準備の後に、
サクサクと。

暖かい日が
続いたから、

まだ1月なのに、
雪上のお散歩ができます。

6A873E10-BEAE-4F2E-BCAF-05556995B7B0

何だか不思議な
気候ですね。

F98C9B14-989D-4C38-A22F-65CA52ED8B3E

明日は娘と、

夫の実家がある集落で
お餅つき。
(この絵はネコだそうです)

380D0B83-406F-4EB9-91FD-1F05C6277642

お正月気分も
だいぶ抜けて、

指折り
春待ちの日々が
始まっています。

メンテナンス。

IMG_7888

今週はメンテナンスを
していました。

お盆に油を塗って、

ついでに杓文字にも
塗ってあげよう。

IMG_7889

写真では
分かりにくいですが、
ツヤツヤに。

毎日使うお箸にも、
食用油を塗りこむ。

IMG_7883

古家具の補修。

竹釘が
ダメになった箇所に

真鍮の小釘を
打ったり、

ボンドが
定着するまでの重りは
テープカッター。

IMG_7882

ワッパの固定に
洗濯バサミ。

19AA6836-2661-4DBA-8C37-A5E2A59F52AB

現在は布団カバーの
形になっている
ボロつなぎの布を、

大きな1枚布に
戻しているところ。

64272668-78B2-4B2C-98D7-E55C46141641

お客様の自作された
裂織りカバン、

複雑な色味ですが
元は1枚の着物。

化ける、生まれ変わる
ものだなぁ。

B918674F-171C-4F2E-BFC6-F4EAC7C87CD6

今年の干支人形を
作られた方も。

EC219AD9-9BA4-4003-90A8-D703AA7D4841

アンティークの
赤い総柄縮緬は、

あまりに
高価になりすぎて、
(欲しかった布は、
30万円だったそう)

現代の技術で再現された
縮緬(それでも高い)利用。

「でも
仕上がった作品の
纏う気品は、

やっぱり古布が
上なのよね…」

IMG_7891

美しい
藍染めを着る方。

IMG_7890

カバンも、

(写っていませんが)
この下に着られていた
ベストも、

ため息ものの
古布でした。

IMG_7885

雪解けの頃に
漂ってくる

苔の香りを
感じられるほど、

ポカポカ暖かい日が
続いています。

まだ一月だというのに。

1-19-1

かと思えば、

週の初めには
南魚沼では珍しい
二桁台の氷点下の冷え込みに、

家中が凍りつき
(枕元の温度計は、
マイナス3度)

お風呂場のパーツが
破損しました…

全取替えで
修理費は高額でしたが、

破損が水道管では
なかったのが幸い?で

自然災害としての
保険適用に。

CFED01EE-5560-46E6-B68C-65C50AAC1526

そして、私的な
メンテナンスも。

23年近く
お世話になった
携帯キャリアを解約して、

格安SIMでの
iPhone利用に、
切り替えました。

念願だった
Wi-Fi環境も導入。

支払いはどちらも
合わせて、
5,400円/月ほど。
(2年目以降+1,000円)

旅先でWi-Fi環境が
なくても、

ルータ一つ持って
仕事だってできる。

IMG_7884

支払いは
これまでの半額。

データ使用量の
制限からも、
解放されました。

これからは
iPhoneだって
新しい機種でなく、

SIMフリーの型落ちを
何年かに一度だけ、

買い換えればいいと
考えています。

IMG_7898

インプットする
入り口を増やしたら、

「きっと、
手に負えなくなる」と
避けていた
サービスにも、

いくつかに絞って
加入したら、

こちらも劇的に
時間とお金の出費が
減りそうです。

911DBFFC-20A4-4C08-913F-E33EB2FDDDDA

*地元のお餅やさんから
 美味しい端切れをいただきました。

 切り離す前のSIMカードと
 似ています…

買ったばかりの音源が、
prime musicでは
無料だったとか、

kindle unlimited と
図書館の併用で、

現物を購入するに
至る本が
ほぼ無くなって、

月1万円ほどかけていた
書籍・音源・映像代に、

少しだけ虚しくなる。

IMG_7886

反面、いくつかの
産業の倒壊に、

歯止めがかからないのも
納得したのでした。

隆盛を極めるのは
長い目で見たら、一瞬。

IMG_7897

そんな更新作業中に、
大切な器が欠けてしまう。

これは捨てません。
金継ぎに出します。

お金で買えないものは
確かにある。

C46D9552-EB40-4F8B-A8C8-C5727E2DF0B9

譲っていただいた
ばかりの黒留。

変わってゆくこと、
残さなければいけないこと。

見極められる
バランスを持って、
対峙できますように。

28C287C7-E58E-47AF-A58A-96DA251E9BEB

変化は、怖くない。

変化した後なら。

変わる前は、
とても怖い。

想像力は現実よりも
はるかに得体の知れない
恐怖を連れてくる。

竹釘や、盃のフリル。

IMG_7820

起床時、枕元の
温度計は0度。

IMG_7822

車体についた塩を
落とそうかと、

(冬の雪道には、
凍結防止で大量の塩が
撒かれています)

朝イチで赴いた
コイン洗車機は、
凍りついて作動せず…

午後2時になっても、
家の周りで
凍み渡り(しみわたり)が
できました。

IMG_7823

雪の上を歩き
庭で摘んできた
万両の葉っぱと、

柚子を飾る。

IMG_7824

花がなくても
緑は美しい。

IMG_7816

今日も仕事を
1つずつ。

引っ越し以来、
グラつきが気になっていた
ポストを、
内側から留めたり。

IMG_7817

直置きしていた
蚕座(さんざ)を、

壁に掛けたり。

再び、目まぐるしい
季節が来る前に。

IMG_7825

昨夜、洗いあげた
お皿の個体差は、

スタッキングこそ
できるものの、
かなりマチマチだった。

歪みが愛おしい。

IMG_7827

家具は竹釘で
組み立てるのが、

当たり前の時代。

IMG_7828

掃除していたら、
抜けてしまった…

完全に乾燥するのを
待って、

小釘と木工用ボンドで
補修します。

IMG_7829

小引き出しの奥には、
御守りがわりに
貼ったのでしょうか。

戦前の
保険の(足袋の?)シール。

IMG_7831

戦中くらいの
盃はかなり大量に
残されていますが、

フリルのような
波模様に
成型されていたり、

意匠も楽しい。

IMG_7833

四角い板は
「巻」?

糸巻きに
したのかしら。

小さなワッパも
時代を経た色。

IMG_7836

古い古い焼き物の
盃は、

ロウソク入れとして
神棚で使おう。

IMG_7837

美しい編み目です。


IMG_7838

立ち止まらないと、
見えないし
味わえないなぁ…

今朝は車の中で
洗車機の溶けるのを
待ちながら、
(結局、諦めました)

積み込んでおいた
世界の絶景の本を眺めたり、

窓ガラスに
張り付いた、
氷の結晶に見とれたり。

IMG_7839

冬眠している時間は
春に向けての充電期間。

それはとても、
ゆっくりで贅沢な時間。

IMG_7844

死んだように
止まって見えても、

その時にこそ
内側から強く、

生き直している
気がします。

冬の次は、春。

確実に言えることは
数多く無いけれど、

それだけは、必ず。

掌の中に100年。

IMG_7795
たまに
お店の外に出て、

目の前の参道を
お散歩してしまうくらい、

一日中、
良いお天気でした。

IMG_7791

お越し下さるお客様を
時折お迎えしながら。

IMG_7792

県内の他の地域では、
随分と激しい降雪が
続いている模様。

届くはずだった
荷物がひとつ、
明日の到着に。

とは言え、
Amazon primeさん
そんなに急がなくて
良いよ…

(と書いてたら
さっき届きました。勤勉さの塊)

IMG_7793

また悪天候が
来ても大丈夫、

大雪が降ったら
雪掘りする。

2時間で足りなければ
更に掘る。

井戸水も
助けてくれる。

生活が手に負えるという、
ありがたさ。

急がなければ、
大丈夫。

IMG_7802

※レジ周りは布の獣道

娘の絶え間ない
遊んでー!に応えられない
その瞬間だけは、

「あぁーたいへんだー」と
思っても、

俯瞰してみれば
些細な事。

IMG_7798

…どのくらい、
俯瞰するかといえば…

掌の中に、
百数十年前の
お茶碗が収まっている。

IMG_7803

戦前〜大正期の藍染は
珍しい英語入り。

IMG_7799

大正の羽織裏。

IMG_7800

舟がゆくよ。

IMG_7801

刀の鍔模様の
内には千鳥も飛んでく。

この辺ですでに
「2018年イライラ娘」を
見る視点が、遠のきます。

私が大正生まれの
お婆ちゃんなら、

むしろこの駄々コネは、
最高に可愛い所業。

IMG_7785

洗いあがった
ゼンマイブウトウ。

IMG_7786

内側は山菜のアクで
真っ黒カピカピ。

IMG_7789

山の暮らし、
日々どれほど
重労働でしたでしょう。

日々生きていく事
そのものに、
向き合っていたのでは…
(でないと、自然の力に飲まれる)

IMG_7787

生かされて、
泣いて笑って、

ちゃんと今日だって
生きている。

IMG_7776

きっといつの時代も、

生活の中に楽しみは
あったでしょう。

私にもそうして、
日々の宝物を
見つけられるはず。

IMG_7805

掌の上の
100歳以上経た
道具からの視点。

私たちは
ヒヨッコかな。

古き良きものは
佳い隣人です。

傍に居てくれて
ありがとう。

割れたり欠けたり、それが良い。

IMG_7732

本日の南魚沼・長森は
1日を通して、

青空覗く
良いお天気でした。

IMG_7733

とはいえ、

県内多くの地域が
大雪でたいへんな
ご様子。

どうぞ、
お気をつけて。

IMG_7726

我が家は例年通り
冬らしい、

のんびりとした
営業ペースが続きます。

朝は、
洗ったばかりの
枡の補修から。

IMG_7725

元々、ガムテープと
和紙で塞がれていた穴。

ど真ん中。

ネズミの仕業か、
穴に何か用途が?

IMG_7727

手漉きの
大沢和紙で、
ペタリ。

IMG_7728

これはこれで
良い景色。

IMG_7731

枡は、飾り棚として
購入される方が
多いようです。

IMG_7734

誕生仏も
しっくりと。

IMG_7735

小さな神仏を
収めるフレーム、

古道具ならあれこれと
見つかります。

こちらは押し寿司の型、
…和菓子だったかも?

IMG_7737

洗いたての
こね鉢。

すでに飴色に。

IMG_7736

手元の布や
本など入れる、

当座の物入れとしても
人気。

IMG_7738

年月が染めた色。

IMG_7740

自然素材は
落ち着きますね…

IMG_7743

取っ手が真鍮、
立派な引き出しを
バラ売りで。

IMG_7748

簡素な本立ても
洗いたてホヤホヤ。

本以外の
陳列も得意。

IMG_7753

乾燥中の琺瑯バットは
横幅48センチの
大ぶりなもの。

青、緑、白の
懐かしいカラーリングが
堪りません。

IMG_7751

割れたり欠けたり、
穴が空いてたり。

こちらの器は、
元々直しが
入っていました。

それが好き、
だから好き…

まだ手放せない
一客。

IMG_7754

朝の読書時間に。

「お金」はそれに
価値があると
信用している人との間でだけ、
機能する。

骨董や古道具にも
少し似ています。

IMG_7758

お客様が年明け前に
購入された、

古い藍染の着物から
作ったパッチワークの
大判布。

IMG_7764

薄くなった生地に
補修と装飾も兼ねて、

みっちりと刺し込まれた
刺繍糸。

IMG_7763

何かで
測れないほどの、
価値を感じられる。

お客様との間には
ある種の
共通認識があって、

言語を介さない
その不思議な交流に、

幸せだな…と
嬉しくなります。

IMG_7762

発表したり、
誰かに見せることもなく、

ご自身の魂の
楽しみのため、

ただ黙々と針を刺す。

IMG_7761

換金できない=無価値
ではない。

この時点で、

お金やブランドで
測る価値観とは、

少し距離を
置くことができます。

私は踊らされたり、
惑わされることの方が
多いですが、それでも。

IMG_7759

柔道着も鞄に。

IMG_7760

布を手に持って、
手が動くのを待つそうです。

何のレシピも
作意もないとき、

私たちはどこに
繋がって、
創作するのでしょう。

根源的な
模様(パターン)が
現れる不思議。

IMG_7769

私の「好きだなぁ」は
私固有のもので、

それを大切に
育んでも良い。

皆んなが「良い!」と
思うものに「???」だって
大丈夫。

IMG_7768

電話でお問い合わせ
いただいたお客様に、

「時代が新しいので、
つまらないです」と
伝えてしまった前掛け。

古い方と切り離したら、
こちらの良さも
分かった…

1つ1つ、手に取ろう。

時間が必要です。

至り、暮らした。

IMG_7684

娘を保育園に
送り出してから、

珍しくオネショで
始まった朝の
寝具の始末をして、

さぁ、買い出しへ!

IMG_7666

晴れて良かった…

真冬の御依頼は
貴重です。

IMG_7679

峠道を走り、

時折あらわれる
見事な断層に、
目を奪われながら。

IMG_7675

伝説の残る里。

山奥深い
この地に至り、

やっと安寧を得た
落人の末裔が、
住まうという。

IMG_7673

かつて
土間だった場所には、

藁を叩くための石が
顔を出している。

あら、めんこい。

IMG_7669

たくさん出てきた
ブウトウ。

山菜のアクで
黒く染まっています。

なかなかに
カビが侵食していたので、

一枚だけ、
譲っていただきました。

(二回洗ってやっと
臭いがとれた…)

IMG_7672

時代が新しくても
可愛い器。

ほとんどが
欠けあり。残念…

IMG_7686

本日、
見させて頂いたのは
ごく一部の場所。

また来月か春先ごろに、
再訪します。

IMG_7689

玄関に、
荷降ろし。

IMG_7690

掃除前の状態で
お送りします。

タバコ盆の中に
広がる宇宙
(的なタイムカプセル)。

IMG_7697

トックリーズ。

IMG_7698

洗いたてホヤホヤ。

IMG_7693

瓢箪から駒。

IMG_7691

油紙など。

IMG_7692

…????

何か引っ掛けよう。

IMG_7694

赤ちゃん用ミルクを
調合した瓶など。

IMG_7695

藁細工の友。

後ろは今夏の
大地の芸術祭チラシ、

少しずつ詳細の
リリースが
始まっていますね。

IMG_7696

永らく続く場所へ、
まとめてお嫁入りが
決まった器。

縁は不思議です。

おしまいから
見たら、

幾らでも意味を
こじつけられる。

IMG_7687

※桐生の骨董市で
@100円だった縄文土器…

行き先があるからこそ
残されたとも言えるし、

だけれど
殆どのものは、
「偶々(たまたま)」の連続。

だからこそ、
奇跡。
偶々が奇跡的に続いた。

私も歯車の1つです。

IMG_7646

月曜日、
ありがたいお誘いで
娘と共に、

群馬県桐生市の
桐生天満宮へ
行ってきました。

IMG_7635

もう寒桜が
咲いている。

IMG_7645

第一の目的地は
月に一度開催される、

規模の大き目な
露天の骨董市。

IMG_7636

お店の数が多いから、

それぞれの個性を
見るのが楽しい。

IMG_7699

お爺ちゃんが
営むイメージだった、
この稼業。

お洒落に
なりましたね。

IMG_7637

実はまだ、
年明けの参拝を
済ませていなくて。
(近年ない事でした)

ありがたく、
ここで娘と
茅の輪くぐり。

IMG_7647

天満宮以外の
建物群も素晴らし。

藁にシダの葉の
お正月飾り。

IMG_7638

周辺をぶらりと
町歩き。

IMG_7639

空き缶で作った
風で回るモビール。

IMG_7640

店頭ディスプレイの
糸車に反応。

うちでも、
回してるものね…

IMG_7642

街並みが良い。

IMG_7641

素朴な松飾りも良い。

IMG_7643

参道では、
複数のマルシェや
古道具イベントが。

IMG_7704

軸から土器まで。

IMG_7702

センス良い
空き家の屋内外で
マルシェ。

IMG_7703

可愛いお店。

IMG_7706

大好きな雰囲気。

IMG_7705

この玄関細工にも
憧れる。

IMG_7701

お昼ご飯は
赤レンガ倉庫で。

IMG_7644

「ビューンして!」で、
ぶらーんぶらーん。

娘のエネルギーを
分散消費…

ありがたかったです。

IMG_7700

桐生、
また訪れたい
魅力的な街並みでした。

IMG_7707

移動して、

水上にある
ユアン・クレイグさんの
お住まい兼工房へ。

IMG_7711

民藝の流れをくむ、
日常で活躍する
端正な器たち。

IMG_7710

娘が気に入った
ポイント。

星の子になって
虹のクッキー、
お日様のステーキなどを
食べる。

IMG_7709

いつもの買い出しで
ご縁あるものたちの、

美しさを再確認した
小さな旅でした。

IMG_7708

人の技も物も、
日々の変化と繰り返しで
いつの間にか
失われたり、

あるいは有用に
引き継がれる。

変化の中から
何を掬い出すか。

一人ができることは
僅かなもの。

IMG_7712

偶々に
手元にやってきた
ものたちの「今」に
少しずつ光を当て、

対話してゆこうと
思います。

美しいものは此処そこに。※明日10日は午後からです

IMG_7650

新しい週が
始まりました。

IMG_7633

✴︎明日10日(水)は
買い付け査定の為、

午後から
営業させていただきます。

IMG_7613

本日の賄い
その1。

生芋こんにゃくの
辛子酢味噌 田楽。

IMG_7634

呑気な水鳥が
泳ぐ皿。

IMG_7651

その2。

大豆と赤タマネギの
フリット。

IMG_7520

ある日の簡単な朝食。

地元パン屋さんの
アーモンドクロワッサンと、
コーヒー。

IMG_7490

七草がゆ。

IMG_7495

古い器を
毎日使っています。

日々の気楽な
相棒です。

IMG_7484

良いシェードがなくて
裸電球だった
台所に、

古くてボコボコな
アルミシェードを。

単品で見ると
可愛かったボール球は、

バランスが変わって
面白いことに。

細身の電球にしよう…

IMG_7628

玄関に見えない
グリッドを引く。

IMG_7648

ささやかすぎる
営みの連続。

神棚の御神酒徳利、
これまで空でした。

美味しいお酒を
注いで、

開店前に
ロウソクを灯す。

パンパンと柏手を
打って開店。

なんて
気持ちいい。

IMG_7649

こちらの御宅の
神棚の上に、

元から置いてあった
牛の土人形。

よく見たら
額に大黒様、

その上には
宝珠か俵か小判。

何にせよ、目出度い!

IMG_7627

扇子と松葉の
豆皿。

IMG_7624

櫛や笄を納めていた
桐箱の内側の板。

貼られた古い
新聞。

…何となく、
捨てがたくて。

IMG_7626

古いものの
美しさに、

気がつけますようにと
願いを込めて、

年代物のメガネと
名刺を置きました。

IMG_7632

立ち止まったように
感じられた、

日々の
スピードダウン。

見回したら、
美しいものに
囲まれていました。

味わうかどうか、
それだけの変化で、

花が開くように
現れる。

捨てる怖さ。✴︎追記あり

IMG_7478

茶花の先生が
立ち寄って下さった。

年明け前には
山から採ってこられた
ツクバネをいただき、

山茶花と一緒に
活けていた。

今日はポロリと
落ちやすい羽の
「直し方」を教えて頂く。

IMG_7476

もう自分自身の
「目」と「感覚」を
信じてもいい、
とも言われる。

それはつまり、

買取の際に、
取捨の精度を上げること…

まだ可能性や使命感を
重たくして、手放せない。

IMG_7477

穴が開いていようが
ホロホロ崩れそうだって、

明治や大正の
麻は美しい。

IMG_7483

華やかな布は
お客様の作品制作に役立つ。

IMG_7475

脆いし使い道の
限られそうな布は、

どうしたら?

IMG_7474

大正期の帯も
織り糸の細さに驚嘆する、

その感動を、

どんな用途に転写すれば
良いかしら。

明確な答えはないけれど、
存在そのものが
美しい…

何よりも、まずは
そこから。

IMG_7473

大正期の黒留に
見惚れる、

楚々とした線に。

IMG_7472

簡単にハサミを
入れられないよ。

お客様が言う。

確かに、そうですね…
価値があると分かる。

だからこそ、
それを下げない
作品にしようと思えば、
手は止まってしまう。

IMG_7471

器は割と気が楽で、
日々に出番。

IMG_7468

昔の合金の
ググッと整形した際に
ついた線も愛おしい。

気楽に使えそう。

IMG_7470

手織りの表情は
変わらず好き…

IMG_7467

玄関の臼、

よく見たら
梟か達磨さんにも
見えてきた。

IMG_7480

捨てる怖さと
少しずつ向き合って、

そうして
育てたコロニーは、

たくさんの可能性を
同時に握りしめていた時よりも、

胸を張って
広がってゆける気がする。

IMG_7481

それぞれに
好きが違って、

それぞれの姿でも
生きられる。

怖さの先には
楽園が見えてきた。

青空が連れてくる。※1月10日は午後から営業します

IMG_7447

このところ
毎日のように

重たい雪が
降っていたので、

本日の快晴は
贈り物のように
美しく感じました。


IMG_7442

開店前に駆け込んで、

お世話になっている
サロンでゆっくりと、

年末年始の疲れを
ほぐして貰いました。

IMG_7443

毎年悩まされる
末端の痛い冷えが
今期はまだ
訪れていません。

定期的な施術の
おかげかも…ありがたい。

IMG_7444

店舗の窓が
屋根から落ちた雪で、
埋もれてしまいました。

接客の合間に
せっせと雪掘り作業。

IMG_7449

後ろの小川に
落としてゆきます。

あー、
気持ちいい!

IMG_7456

本日の持ち込みで
買い取らせていただいた
美しい綴れの帯。

コンディションは
どれも良好でした。

IMG_7455

まじまじと、
眺めていられる。

細やかな
手織りの技…

IMG_7459

染め出された
遠州椿。

シンプルで
かっこいい帯。

IMG_7460

こちらも、
品がいいです。

IMG_7458

半幅も素敵。

その他、着られる
サイズ感とコンディションの
袷の着物など入りました。

IMG_7440

お天気が
良かったせいか、

1月としては珍しい、
古民家の買い付け予定が
入りました。

✴︎1月10日(水)の
午前に行ってきます。

午後からの開店に
なりますので、
ご了承下さい。

IMG_7462

年初からのご縁に
感謝しながら、

今年も物に沿うて、

新しい道行きに
至るまでの
仲介者となれたら、

本当に幸いです。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ