ゆくえ。

F8F50917-C33E-465E-B4F2-BAD3B8A85A98

Photo:Yutaka Kitazaki

手斧かんなで
作られたシェイプと、

艶が美しかった
山橇を送り出す。

CF3132FF-2458-47DE-AA01-E47665ECAF2F

Photo:Yuko Kato

里山十帖さんで
おこなわれた
雪中茶会にて、

本来の姿に近い形で
雪上に浮かびました。

CAA0DA12-2A62-4D17-B5F3-07D68605B5E7

Photo:Yuko Kato

雪かきの「こしき」も
この通り。

F446CCBC-01D9-4FFA-AEBF-B7510F535BE2

Photo:Yuko Kato

かまくらの中で
中国茶を。

なんて素敵な
趣向でしょう!

主催サイドの方の
言葉が素敵です。

〝雪とともに生きて
雪の蒲団の下で育まれる
今年の恵みに
想いを馳せて過ごす

雪国の暮らしを
ちょっとだけでも
感じていただきたいな
という会でした〟

9C7E8FCC-0845-42F2-9959-CB6403524885

Photo:Yuko Kato

葛もちを乗せたお皿は
珪化木だそうです。

古道具屋は艀で、

見送ったあとに
道具たちの
いく先に待つ晴れ舞台が
嬉しい。

ものの幸せを
祈ります。

※里山十帖さんの茶会は
季節ごとの趣向で
時折開催されており、
日帰り参加も可能です

597788B4-D153-4A08-9EB6-71C012CDAAFC

お客様からの
いただき物。

オカラと酒粕のケーキ。

滋味深くて
美味しかった!

AA0D2A46-6B5D-4E9A-AF45-3C21097B7419

昨日、譲っていただいた
本格的なトルソー。

学術的な資料ならば
いざ知らず、

仕舞い込んだら
そのままになるもの、

使うために
生まれたもの。

317BA86C-D0BA-47CD-ABE6-F59B7EDC78B7

美しい
ちりめん。

頻繁に手に取るから
リペアが施せる。

5506AF4E-CFB7-4118-B459-AB24FA6FE6B9

※また違う形の
トルソー

閉じ込めずに
発揮させること。

使いきれないものは
手放して、

活かせる場所に
移していくこと。

それは幸せな
物の一生。

36CCE721-50CB-46AA-87BA-AB98C482DCA4

※刺繍の名古屋帯

そんなサイクルで
手元の所有物を
動かせたら、

自らもまた
満たされるような
気がしています。

E2A510E2-32A1-483E-AC89-95C41590592E

欲は尽きない。

それでも
心は身軽でいたい。

BED5C769-673A-474D-B78C-6FFA0A311524

ものが多くて
だいぶ手放したものの、
まだ片付かない…

この服は、私物です。

先週、お客様から
ebayを利用して

ヨーロッパ古着世界に
踏み出す方法を、
教えていただきました。

057DBB47-8574-4FB9-AA12-DEEDA2855953

100年以上前の
ホームスパンリネンの
グランパシャツです。

仕立ての美しさ、
生地の丈夫なこと、

感動が沢山!

(ebayに手を出すのは
まだ控えて、
国内の業者さんから
購入しました)

D11BD196-0B6C-4326-9DC1-AA9F0B0C20DE

日本の100年以上前の
布を沢山見てきて、

そこでしみじみ
味わう感覚と似ている。

ところ問わず、
1世紀遡った当時の元物を
実用できる、ミラクル。

0E1C4284-8752-4556-9955-352BE59A611A

数十年経ても、

同じおじちゃんから
冬に買える、
焼き芋の美味しさ。

これもミラクル。

F20177AA-6BF1-474B-87CF-20DC2661EB9D

けれど、

新しいことも
楽しい。

新潟市へ久しぶりに。

C7610420-4BBA-41FF-A89C-33027CED732F

この中に、
私の描いた花も
咲いている。

1A7E1495-9AFC-4306-8194-E38EEA671573

全体の中に咲くと、
目立たなくなるけれど。

9539B262-7C8E-44B0-8C98-4FBDF04CA39D

あと20年もしたら
滑り台は、
どう変わってる?

C16E1D65-E6E8-4A95-A975-0C1F67DE6098

同じ花は二度と咲かない、

再生成され続ける
花園だなんて、

すでにリアルと
同じじゃないか。

香る芳香に
取り込まれた作品。

69ABFABE-3373-4774-8178-78F2FA357596

娘の描いた家が
そのまま街に並び、

触れるとビョンと
揺れて反応する。

クレーン車は
ペーパークラフト化されて、
立体作品に。

A22196CD-5C6F-405A-BB55-E9C650DBB712

4歳の脳裏に
記憶される、

カラスの描いた
書の軌跡。

FC2B1888-4454-4B9A-A227-57B92C2BFB05

あのプリンの場所に
行ってみよう!と
はしゃいだ後に、

見下ろすことに。

D9E4DDEC-2660-40B5-A5B5-15B652A61F53

全ての出来事は、
小さな種子。

E65A5125-EBFF-4DCF-A347-C5F345409137

5年ぶりだった
佐渡の新鮮魚介、
回転寿司 弁慶さん。

石もずくが美味しい。

F2317489-34E3-487E-90DB-F187774E54EB

昔の手仕事を
楽しみながら、

未来的なものにも
触れられる

素晴らしき世界。

それは
当たり前じゃ
ないのだと思う。

BB2EE2D1-7BA2-4EEC-A272-BAB85387EB6C

景色は美しい。

物は美しい。

奇跡を手元に引き寄せて、
少ないものを
愛おしく見つめよう。

存在感のあるもの。

BC1F041E-5E53-496F-9D27-A3748EB10D90

今週の営業も
ありがとうございました。

また来週の火曜日から
お待ちしております。

963B078F-BB4E-402F-A81B-97F2FF954CA5

細かな模様は
手描きされたもの。

お茶碗の蓋だけを
豆皿として。

C5161568-E7DD-473A-8C2F-1604DBB447BD

絵付けした人の
文字の癖が、

それぞれの個性。

057AEC09-1290-4BD3-BF2A-1B72C45D8EC9

竹カゴの網目。

54B98B97-EB41-4104-BB81-D6544450AA3F

地元のお母さんたちの
郷土食。

作業していたら、
美味しいものを
販売しに来てくださった。

ふきのとう味噌や、
辛子なます。

D5A71E23-DC0A-48BA-943A-714F7EBAA673

丈夫なものだけれど、
現場で選抜。

蓋が割れていたり、
本体が
ひしゃげていたり。

状態の良いものだけ
引き上げます。

72CE4D49-FBEA-432E-9759-934EB4E192F1

蓋ができなくても、

端正な
容れ物として。

DF257EB0-060D-413B-A9EF-D0C405E692C0

年季の入った
文書箱。

692A354A-570C-4D60-8AB2-76AF215F450E

家具油で息を
吹き返しました。

200A3F5C-63CB-408E-BA84-1886CFFA00B6

死蔵されがちな、
古いお重。

E69A9209-1184-455D-9159-4E6033418994

かさばるケーブル類を
纏めて入れています。

CE2F2C80-AC84-45DE-880D-6E57909E7144

油を塗るついでに、
カサついていた
アケビのカゴにも。

一拭きしたら
ササクレが
落ち着きました。

A991A077-BE2A-4EDF-BD75-DCFA0F1E8E94

明治期くらいの
日常使いの器は、

トースターにだって
入れてしまう。

DB67C78D-2135-4F59-B867-E164388F48EB

大正期の綿の袴。

8689C42F-4D70-4D5E-93D0-5EC4CE8E3216

うまく加工したら
スカートになるかも?

276FB225-0FCF-4B7F-A095-297AB53BCFB0

糸味の良い
無地の藍染ハギレは
沢山あるので、

これらを繋げば…

311DB5B8-61D2-4D0D-A15C-462DCC4C83DC

半世紀以上は
当たり前、

100年前のものに
お花を飾りましょうか。

それとも、お酒?

16872D62-FFBB-4735-8148-17537F373592

役目を再び。

物は使ってこそ。

8066B68E-76D6-42BF-BBAC-ADE48F058B12

盛り付けましょう、
素朴な普段の
おかずを。

D979D804-5B43-49F5-842F-A81E780C29D0

雪もたくさん
残っている、ある日。

C79278F3-C356-4750-9E9F-0C458F081E21

晩夏の頃に
企む時間があります。

D6CFF35B-ADF3-4FE7-A0FF-6E41B5C97F3B

暖かなお茶室から
種まき始まり。

3927299A-F42C-4B9C-995E-DBCB3741099F

数百年前の
お茶碗ですって…

私はフランスの
アンティーク、

カフェオレボールで、
一服いただきました。

95DDAEC0-4A12-4925-B12E-CC704EA4D5AF

お嫁に行った
重厚なまな板とも、
嬉しい再会。

4455B7F0-38A8-4B46-8597-4F4BE293572A

新しいことを
始めましょう。

積み上げてきたことを
土台にして。

BAF0320E-DE8B-4162-9227-BCC9DF7BA5E7

急ぎ足だから
怖くなる。

ゆっくりと、
芽吹きから
寄り添うように。

繋がり合う時、こぼれ落ちる。

8282075B-EBEA-4D43-A675-D2D4F93D956D

朝から
雪降り三昧。

8656DA44-C604-4BB8-A75F-03A4C02F007C

そんな日なら、
荏胡麻塗り日和…

油を塗布前の
ダイニングテーブル。

8BA52AA4-BC05-48AB-8EDC-1EACFBEEC709

しっとり、木肌に
コクが出ました。

9CC570E5-5042-46C5-BAF2-B9C6CB6E0E28

サビの出ていた
箪笥の金具にも。

78361F3E-298E-49AB-A27B-1226DB07C325

ひと塗りで
見違える。

(サンドペーパーなどで
サビ落ししてから塗ると
良いのですが、

ひとまずの錆止めに)

A17FDCEB-9C66-4192-A8E8-ABC26E728AC5

お客様に
送らせていただいた
写真から。

明治期の伊勢型紙が
美しいので、ご紹介。

鋸・波模様。

47FB9EF9-33E6-4291-BA2C-82A827F4D93E

絞り・花模様。

6BD6C836-A38B-4AE0-9C03-0258F8A9C108

立涌と格子。

0EE26B16-CD00-4A5F-BE40-66D7A5AFEC24
桜吹雪。

6CD3411F-3B75-4F1B-B442-86DE049C624B

桜繋ぎ。

ACEDEC2B-2267-42FD-B032-084EFA2E5C3A

瓢箪の輪と、源氏香。

61C6D897-DFFF-46C3-8402-4B160DA7A8CC

娘さんのアメリカ
ホームステイ先に
旅立った、日本のもの。

お客様が写真を
送ってくださいました。

布と扇子は、
我が家から
お嫁に行きました。

B3D7E7AB-04AA-449A-9A36-8023DC824DBD

ホストファミリーさん、
楽しそうだー✨

日本の田舎では、
もしかしたら
輝けなかった。

だけど、
とびきり日本らしくて
喜ばれるお土産に。

E355C3E0-68A6-4C0B-971B-8A31F4120AFB

ご近所の
千年こうじやさんにて、

リリースされたばかり
という、
味醂粕を見つけました。

三年醸造ものです。

401360E0-6E50-43CD-A210-644B298E0A66

甘いから
そのままでも、

との事で
齧ってみたら…

想像以上に甘い。

アルコール分は
酒粕ほど
ありませんが、

ほんのり酔える
大人のスイーツ。

4E1E80A7-787B-4B8B-A454-94A9D1F53BAC

まずは粕汁にしよう。

適当な野菜を
あれこれ煮込んだスープ。

0548AEB6-9088-41A8-ACEB-CEFA74ACF472

焼き餅入れて、
いただきました。

5695123F-4335-415F-8900-63D1C7002A1D

ポカポカ
あったまります。

酒粕で作ると
濃厚すぎる甘酒も、

これなら、
あっさりと
仕上がりそう。

季節限定商品だと
思われます。

C3A7C07D-2BE4-47FC-A6A6-B6D77ED24B42

お客様から
電話が来て、

メールアドレス
変えましたか?と。

1ヶ月前くらいに、

20年以上お世話になった
携帯キャリアを
解約したのでした。

キャリアメールは
ほぼ休眠していた為、

お知らせしなくて
申し訳ありません🙇‍♀️

C2C96B5C-7191-400E-9023-B8E716A1CD46

格安SIMで、
元々使っていた
iPhoneを使い、

WiMAXルータで
Wi-Fi環境にも。

(山裾の住まいなせいか、
時間によっては
圏外になりますが😓)

支払い料金は
半分に。

01845505-34AA-4627-969C-0F89371464C9

今の作業用BGMは
radikoの
タイムフリー放送、

On the planet.

生活が変わりました。

Bluetoothスピーカーも
2500円で十分。
(タフなアウトドアタイプ)

16872D62-FFBB-4735-8148-17537F373592

世界はだんだんと
繋がり合い、

距離は相変わらず
遠いのに、

情報は容易く
飛びかって。

物も人も、
なんて活発に
動くのでしょう。

61B1573E-582D-49DD-9C76-DDCDA1D35F8E

取り込み合い
どこかでみた雰囲気に
似通って、

世界や文化が
なだらかにならされて、
統合、収束してゆくようです。

8B37E5E8-03A4-4AD7-98AA-C9F94B33579B

とりこぼされてゆく
狭い場所で育まれた
ドメスティックな感性。

95749AC1-B801-4C10-90D5-7E7B719497A8

手織りの絹織物。

3C950ACD-6DB9-419D-A6D1-F7B09DE05C9F

いつかこれらも
無くなるのかも
知れませんが、

今はまだ在る。

昨日は機織りの
織り子さんに、

麻糸や
糸作りの道具が、
無事に渡りました。

37CBBA45-2E06-403E-9B21-5EA36AF2CBF8

✴︎麻の着物たち

愛おしくて、
残したい。

少しずつでも
手渡します。

取りこぼされてゆく前に。

五感を揺らす。

1232D9B6-148E-42D5-AEB5-079DB8EA519B

晴れたり
降ったりの日々が、
続いています。

33BE0250-7699-4AE8-B1CC-4E58D83D3C72

店舗の裏庭側を、

落ちてきた
屋根雪が埋め尽くして、

一昨日は薄暗い
店内でした。

(掘り起こして、
今日は明るい)

DB71C805-0727-4065-901E-B98D797A5471

井戸水の力を
借りながら、

新しく買い替えた
重たいスノーダンプに
振り回されるように、

雪かきしています。

87F5B39C-EE87-46B6-BFE9-F0ED9D6F92EA

歩道用の小さな
除雪車が、
通り抜けた跡。

素晴らしい
運転技術!

8D6DE298-4DBD-48CA-BD50-65C259B55E72

晴れては降って、
それを繰り返す。

60459788-EA1B-43A7-8EFF-E109B1E24615

麻生地を眺めるには
まだ季節が足りない
気もしますが、

このブルーは
冬の青空に似た色。

4E82B0B0-9898-4252-9306-EBEB92AC80A3

明治くらいの
布でしょうかね…

もう少し古いかも。

8472129C-ACA6-40B2-AEDD-E0ED591BBCBB

100年経ると、
世界は変わる。

少し前の暮らしを
彩っていた、
色彩のリアル。

2D49EF0D-3FA6-4FD7-8F09-D3183C5D6E7C

永らく変わらないのは、
大らかな自然の
形状くらい?

(表層にいる私たちが、
どんなに変化しても)

6A225D55-108C-4F33-B43A-D8F56F469266

お客様から
いただいたパン。

当座で
しまった箱は、

コウモリ模様の
タバコ盆。

481A7408-13F0-4D70-8328-D5C6510830D0

盛り付けは、
いつもの印判皿。

0765B5BC-5D75-4A74-AA7B-D34088B013DA

灯の道具、
龕灯(がんどう)。

たまにですが、
出てきます。

89ADCDF2-31C4-40B7-9778-FB454C937838

ろうそく灯して、
夜道を行くよ。

A266E630-13B6-4057-9B7E-9D9D8B0504FE

半幅帯と雛飾りは
相性がいい。

FDB8E967-64BA-4573-9533-4535B708E08B

金属製のランタンと
グリーンも。

66592EFE-44C0-43C5-B68F-3CE9C4199E6D

酒にタバコ、
何も嗜まないけれど、

香りを日に
3、4本ほど。

DA1B451B-0891-40A1-9290-E938195DCE77

しばらくは
インドの天然香
auroshikhaが続いて、
久々にlisn.

使い切ったら、
次は堀川にしよう。

古道具と沈香の
組み合わせが好きです。

21441E5B-9E43-4971-84F2-AE638CB8D364

香立てを乗せる
お皿は、

ヒビや欠けのある
昔の器を利用中。

店頭でも100円程で
買えますよ。

A2D64B3B-4307-46B9-88E8-BA4DEC56D0BA

凍える建物の
底冷えが、緩んできた。

A2BA3480-275F-467B-94BB-2779EADA5C93

もう朝晩が
氷点下にはならなそう。

B58F25D1-8671-480C-9EC5-169787E5127E

また、
花を飾れます。

1475B962-408B-4E68-AFE2-3E18C8C43BD9

二階の寝室だって、
晴れた日には
暖かい。

03308F44-455A-41D7-A869-90E5E618EB87

古い物と植物は
どこか似ています。

E526A36E-1E1D-4A26-A4E6-160D67F3B64C

なんという事もない
コーヒーのお供だって、
少し変わる。

古いものはスパイス。

C16B0E39-0FE8-4B8E-8992-354B69FAE7E4

手織りの
縞模様の布を、

両はしだけ処理して
寒さ避けに。

昔のものと
暮らす暮らし。

9CDFDF9B-011B-4479-8FBC-2324416EAAE9

堀之内の
関園芸さん。

EF1B5143-773F-42EC-8668-450A2F552751

お店用に買った
鉢植えですが、
台所に置きました。

気分が晴れ晴れ!

1A200A89-2106-46D0-AB71-DE21BB15CB32

長岡まで、
気ままな二人旅。

23AC508D-84F8-45D7-9E51-4D7F8C7615E0

夜は私の趣味で
インド料理店。

甘口でも、
辛くてごめんね。

57DCC92E-5BA1-407E-A26A-667207384352

良い相棒に
なりつつある娘も、
先日4歳に。

5EB60D2E-8AD4-478B-88F3-652F05DD6D02

「3歳のトンネルを
ズーーッと抜けました!」

「だって、みんな好きなものは
違うでしょう?」

いちいち
書き留めないけれど、

発言が一層面白い
時期に入っています。

4BDD4CE9-A1B0-40EC-883A-071B7972E25C

朝晩、馬の面倒を
見ていたのが、

誕生日プレゼントに
やってきたメルちゃん、
ネネちゃんの
お世話に忙しそう。

51B57E5D-DAD6-488D-AAE6-6DDB95805F9B

雪国で古いものたちと
美しい景色と。

無い物は
少しだけ遠方から
取り寄せて。

在るものほうが
圧倒的に多く感じます。

パラレルワールド。

8ACABBA8-716C-4307-A2E2-121FE917896F

完璧な快晴!

昨日からの
買い付けごったくには、

ありがたい
お天気でした。

(南魚沼でよく見られる
雪の降りかたを、

本日来店された
小千谷からのお客様が
体験されていて、

長岡あたりも
たいへんな様子…)

25561864-BA65-425D-9D01-0D39FCCA071A

昨日引き上げてきた
新旧あれこれの
古いもの。

(古いものの
新・は昭和、
旧・は江戸や明治)

さっそく、いくつか
お嫁に行きました。

E3D1905D-DFA2-474D-AEFB-D224B3F0B136

小ぶりで色のいい
糸車がドッサリ。

0B45E593-DBFD-4F6B-A75C-0D8EC19EA83A

灯りの道具。
(裏書きには明治28年)

C18CCAC0-4BB5-428B-BEFC-93F27DBE490D

花台におススメ、

お人形などの
ディスプレイ台としても。

5762C69A-AE49-4B11-81F8-C7D6D87C0AFD

そろそろ、お雛様も
出しましょう。

EDEB5C59-DA8E-4067-B29F-8730484CA529

隣県のお客様から、

とびきり美味しい
大粒のイチゴを
いただいたり、

廃棄直前だった
私物のスピーカーを
譲り受けてくださった方から、

夕ご飯どうしようかな?と
考え始めたタイミングで、
手作りの味。

20E546F2-DD5F-418C-BB39-30CD6164DD7B

ブラジルからのお客様!に
振る舞うお茶会の
お水をとりに、

我が家の水道に
来てくださった方から、

大好物の味醂漬け。

(この建物のある通りに
八海醸造さんの蔵が
あるおかげで、

その仕込み水が
蛇口をひねると、
出てくるのでした)

ちょうどお魚、
食べたかった。

DA7AE9CF-CB9A-4FF3-AC61-180516E83A45

朝に眺めていた
写真にうっとり。

大きなレトロ地球儀と
本棚が印象的。

その直後にいただいた
買い付け打診の
現場に行くと、

ついさっき、

欲しいけど
こんなの無いよね…と
考えていた地球儀が。

1738CB57-E33B-4A64-8314-2FF5C60CCBC1

アメリカ⇄日本を
行き来している
お客様とフェイスブックで
繋がっていて、

そこで魅入られた
中南米旅のお話を
直接、聞かせていただいたり。

涙が浮かんでくるくらい、
ワクワクする脳内旅行。

海外旅行していないのに、
結構、満たされています。

304DBB01-2C6A-4DF5-B82E-72CAA13DF886

※休日、夫と
地元のお店でランチ

きっと、

ずっと前の私が
欲しいと願っていた、

全てに囲まれている。

5FE276E0-6C62-4300-A81F-D81BA0303901

ハワイへ研修旅行…という
お客様との会話では

いいなぁ!と
羨ましがるし、

それはもう、
望みは底なしだけれど。

様々な体験をされている
お客様がたと
会話しているだけで、

私もつかの間、
その世界に入り込み、

今生では選ばなかった
景色の疑似体験を
させていただけるから、

全て持っているような
錯覚があるのかも
知れません。

93948837-23FB-4E53-89AF-B2BFD2092E73

どこかからか、
力の尽きたスズメバチが
出てきた…

手元に
何か足りないとしても、

既に有るもので万全。

私が叶えなくても、
誰かは叶えている。

もちろん、
その逆のことも。

どう生きたって、

私はこの生を
全うしているようです。

F647D706-4523-40F5-8267-E49C38CA2C6D

魔法のように
誰とも入れ替われない。

その代わりに、

自分自身も
取り替えの効かない
存在であり続けられる。

それは古いものと、
似ていますね。

すべてが最高の
オリジナル。

有難いことだと
思います。

むかしのくらしを、いまのくらしへ。

3ABA3BFB-5D53-42D0-B480-A7E42F5ED70D

お店を開けたあと
外に出ると、

フィーフィー

特徴的な
鳥の鳴き声。

ウソかぁ…

57C5A629-A39B-4CA5-A88B-F4CB8D3E099C

目の前の公園の桜、
蕾が膨らんできたのかな?

(ウソは綺麗な鳥ですが、
桜の蕾を食べます)

朝靄にも春の気配。

3A1E18FA-6FD6-460D-B86D-2F34C404DBD8

※朝ごはんの炒飯を
漆器でいただきました

「今日は節分、
明日は春。」

娘が好きな
絵本のタイトルを、
呟きながら。

116D5BCA-0E3A-4BEA-BD5F-3C45BD8431F3

ジャパニーズ
ラッカーウェア。

明治くらいの
質のいい輪島塗り、

日常使いできます。

8DD815C5-C90A-4394-B3A3-AE68756119BD

会計時に撮影。

お客様の作品と、
(色違いで繋がった
お写真見せていただいたら、
可愛いこと!)

次なる作品に
なる筈の布たち。

339F056D-0645-44BB-AB36-359349B30116

昨日も今日も
遠い土地へと、

少しずつ物たちを
送り出しました。

7790979F-D9F3-4BB7-AE78-4A9D47F38D0B

たくさんあった
染付けのお皿、
(ワンプレートご飯向けの
やや大きめサイズ)

だいぶ数が減った在庫を
いっきに洗う。

67F39206-F547-4766-9CC5-071BDD35A486

一枚一枚に
個性があって。

BDC22B35-EF54-4DD5-90CC-D4B7FB89D790

縁のフリルは
ゴージャスだし。

4A379566-F606-4CB1-A8F7-C66CE3078F4F

釉薬ニョロニョロ。

全て手仕事、

大きな窯に詰めて
薪の炎で焼き上げた。

C6E3AC29-EA3D-4CE9-9500-D10084CCDDA4

B品扱いの貫入も
個性の一部。

C822C920-CC3E-47CE-8942-8C741EBD4551

「切り刻まない」事だけ
決めて、

すでに細かな
ハギレになっていた
藍染め布に、

アイロンを。

85DCA177-DD16-4686-A63C-C50A7EAEDC60

手織り反物が
各家庭に残されている、

この土地の個性を表す
買い付け荷物。

この布もそんな一枚。

最初は、大風呂敷を
作ろうかとチョキチョキ。

D4B5FA59-E5F0-4E70-B423-CCF690AFFBF6

玄関に暖簾が
欲しかったので、

そのまま暖簾作りに
入りました。

3F2943E3-60E9-445E-97F9-AFF8F4630F3D

現代の私の運針と、
当時のステッチが
並走する。

楽しいなぁ!

3F1F1C01-87C6-42FA-ACA4-96BA8F3A5CF5

名刺のような
一枚が出来ました。

「私はこんなものが
好きです」

お客様は、
どんなものが
お好きでしょうか。

昔のもので、
今のくらしを
もっと楽しく。

ジェネリックじゃないもの。

8893EFA2-C71A-4156-8265-A839639F622B
朝にお問い合わせを
いただいた

ボロの
撮影ついでに、

こちらにも
何枚か写真を
載せておきます。

8E81A82A-2599-4F1A-9B9E-BD265CE69D0B

後発で安価に作る、

本物に真似た
ボロ(もどき)も
出回ってはいます。

けれど、お薬と違って
同じ作用は
もたらさないし、

対面していると
自然と泣けてくるような、

静かに
圧倒してくる力が
そこにはありません。

88C9687D-61FA-4242-AA1F-68E703DA27A8

個人的な話ですが、

生活の様々なものを
見直して、

少しずつ減らしている
最中です。

(iPhoneの利用は
格安SIMにするなど)

BFFAE2F8-F762-47C2-B88D-C6D01CEFAE4A

これだけは
定期的に読みたいし、

買うだろうと
思う雑誌を一冊、

スポンサーとして
六日町図書館に
寄贈させていただきました。
(新年度以降も継続します)

AD300846-14B5-4DA5-A0A1-D9B2580CDA12

手元に
置いておかなくても
良いものは

生活の中に
多いですし、

優先順位は
人それぞれ。

637461E2-2BE5-4B04-8F26-020611823405

けれども、
古道具や古布には、
代替品がありません。

当時の一般的だった
日用品も、
現代では作れない。

同じ手間をかけて
再現できたとしても、

そもそもの
成り立ちが異なります。

無農薬、手仕事であった
時代の工程をなぞるほど、

コストも
跳ね上がるでしょう。

1D209645-CB89-4ECE-952E-E6BA7D3D851A

残していく意味、

あえて古いものを
選択する価値、

両方ともに有ります。

118BFC2B-C908-408A-A613-CE8C30D2B0AC

この辺りでは
どこのスーパーでも
売っている「もろみ」。

食材は土地の
写し鏡。

E464C55A-631A-44D6-9C85-FA168D97E314

他国の味覚を
取り入れることだって、
容易になりました。

ABEF1E71-A6E4-4873-8192-EB5C9AAF18C1

物も情報も

安価で簡単、迅速に
誰もが取り寄せられる、

そんな時代に
なってきました。

それでもなお、
得難いものは
アンティークや古物の

「本物」だと
感じています。

4B958851-000F-4A06-85D3-F065956A1F6E

2月が始まりました。

南魚沼近隣で直接
集めたものだけを、

これからも真面目に
販売していこうと
思います。

※明日(31日)から通常営業します。

94A41E69-91EB-4D07-9226-6E064B3ED1D9

インフルエンザでは
ありませんでした。

1日目に高熱が出て
2日目には下がっている。

娘と同じ種類の
風邪だったようです。

25CAD238-295D-422A-B02E-476AD53D5C4D

お医者さんに
立ち寄るために、

久しぶりに
六日町駅前。

09F7907A-86C0-4FEF-A868-018727EB0116

調剤薬局から
見えた西日が綺麗。

いただいた感冒薬が
劇的に効いて、

全身の関節痛や
頭痛が和らぎました。

B75F046C-32BF-4CFD-BEEB-70FD04016B9A

お薬はなるべく
飲みたく無い派でしたが、
そうも言ってられません。

今は、
かぁちゃん業が
待っている。

74E849B7-18D3-481B-B5E0-74C40487D933

仕事も明日から
再開します。

これまた、
古いものたちが
待っている。

7AF15F6D-DAF4-4C74-A472-512BD905ED0D

近隣の方々から
一つ一つ集めた古いもの。

お渡し(販売)まで
繋げてやっと、
活かせるのでした。

B8344AF4-96DA-4272-8643-EFCA4C9E8AD0

先ほど
ご近所の方が

「お爺ちゃんが、
思い入れのある
レトロなソファを、
買ってもらえないか」と

お写真を
持参下さいました。

我が家で扱えるものでは
ありませんでしたが、

古いものたちを
手放す際、

選択肢のひとつに
入っていることが、
嬉しいです。

1DFCA1DD-77FF-4C10-91EE-4C927E8BF986

夫の作ってくれた
白菜シチュー。
染み入る美味さ…

昨晩は食欲減退で、
ミカンしか食べられず。

身体が弱ると、

色んなことが
ありがたい。

634A4853-05B9-41A0-8E23-DD8FBC36E930

久しぶりに半日ずっと
寝ていました。

健康に感謝です。

※本日、臨時休業します。

3928AB64-BDD2-46D9-81D0-F380F18944F5

昨日から、
やっと娘が保育園に
復帰したと思ったら…

今度は私に
来てしまいました。

昨晩いっきに熱が
上がって、

体感的には深夜に
39度超えていた気がします。

(平熱は36度下回るので、
かなり辛かった…)

9CA2513B-EF0F-4A89-90E1-9FE4A384C81D

今朝の台所は、
氷点下。

そして、
身体の怠さは
残っているものの、

熱はいっきに下がって
また平熱になりました。

945E5926-1CB6-4BF1-B88D-2D45E4E47597

朝ごはんは
娘のリクエストで、
フレンチトースト。

少し横になってから、
インフルエンザの
検査に行って来ます。

陽性だった場合、
今週は臨時休業です…

FF01CBC7-44E5-40E1-8F8F-BF713057EC65

確か2年前も
私と娘が同時に
インフルエンザに罹患して、

休めない育児に
悲鳴をあげた記憶が。

昨晩も夫は夜勤で、
どうなることかと
思いましたが、

1歳の時の娘とは
流石に違って、

いつもよりは早く
眠れたのでした。

DCFC0EF5-7D0C-4ED3-8F1B-A4F57E2D24D7

病気での臨時休業は
いつも冬にやって来る…

もうすぐ2月。
春はすぐそこです。

こんなに素敵なものだから。

B2E86BF8-6B44-4FF7-86C1-C6AC57561A57
先ほど綺麗にした
駐車場が、
一瞬で埋まりました。

117DD1A1-4138-4723-B149-9FC855DFF8E6

屋根からの雪、
すごい量です。

FDEEAFD8-001B-461E-B3BF-218F4529A3AF

パイロンが
雪の圧で…

娘もいるし、
作業は細切れに。

FDF57524-50F1-4992-BA4D-8AE012589C69

今朝は
土曜保育に向けて、

お弁当も車の暖気も
準備万端でしたが、

「ママの近くにいたい」と
泣いている。

AAE3CA9F-2D60-43CC-930A-6EA34552D6A7

こんな時は、早めに
折れることにします…
(でも10分は説得)

2E07D702-7775-4BE5-81BC-50AFEBC5E5F4

お店は
暖房しているものの、

高くなった雪壁のせいで、
少し薄暗くなりました。

07545C52-61FD-41BD-B24C-EEE0AA67BB5C

何日かぶりに、
レジスターの
電気を入れて、

掃除機をかけて、

玄関にお香を焚き、

神棚にロウソクをあげ
柏手を打つ。

C923FE0D-BAC0-4645-8576-E7FD975E0AC9

いつもの繰り返しを
なぞっていたら、

気持ちがだんだん
明るくなりました。

6CC28B6E-37B8-4A9B-96CA-10CF13E6EBCE

降り続く雪や
解凍しないノボリの氷、

一瞬だけ行き止まりに
自分が立っているように
錯覚してしまう、

89291447-9150-4193-96A0-4F6130AA4EC9

こんな
真冬の日にこそ、

必ずやってくる
春の1日を、
思い出します。

0BA1381B-90A5-45DF-86B4-91BA72485F12

裏庭に群生する
ショウジョウバカマの
花の色や、

098FC8BE-CD75-405E-AE9C-4A90BE554222

お味噌汁に
刻み入れるフキノトウ。

楽しみだな。

4EEB9BA5-1924-4E3F-AD7C-1C89BC9FF549

この布もまた、
出番が巡ってくるよ。

47C6FB7F-4243-483C-A0E8-FEA557836565

青梅木綿の
素朴な絣模様や、

3C194D3C-6BB5-43A1-963A-9676B8CFC326

青い世界も、

みんな、
美しいものだから。

4136EEAC-8D05-4D95-B132-AEA6C2318A11

手織りや手染めが
当たり前。

現代から見たら
底なしに贅沢な、

昔の布や道具たち。

40503CA8-687B-4C94-AC0C-D56EE94A29BC

ずっと降り続く
雪はないや。

来週もまた
火曜日から、

通常営業で
お待ちしています。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ