春は一斉に来る。

4-16-11

裏庭にも
春が来た。

桜が満開です。

4-16-37

そして、日々買い出しが
続いています。

4-16-29

築100年以上経た
蔵の中。

4-16-30

解体を控えた
現場の静寂。

整然と並んだ
大正期の紙袋が
愛おしかった。

4-16-27

和釘がちょこんと
飛び出している。

昔は何か
引っ掛けていたのかな。

4-16-28

堅牢な蔵の中で
守り通した

価値あるものを
譲っていただきました。

4-16-13

文久3年(1863年)の
銘々盆を、

現代では
どう使いましょう?

150年以上
引き継がれた逸品。

4-16-25

現場はすべて
美しいです。

空間ごと
エイジングしているから。

壊してしまうのは
勿体ないなぁ‥と
いつも思いますが、

どうしようもない。

4-16-31

蔵には
よくある、

2つのハシゴと
板だけで作られた
配膳台。

4-16-26

今回は買取せず
でしたが、

譲ってもいいよと
言われた屏風。

全ての絵が、
ほのぼの。

力が抜けていて
とても素敵でした。

4-16-23

ある日の
買いだしの帰り道。

村の祠にお参り。

昔は近くの川が
決壊したので、

この場所で水を
食い止められるように。
(天照様が祀られていました)

4-16-22

いつかはすべて
朽ちていくのだもの。

4-16-21

こちらも解体前に
ご縁をいただいた、

お宅の壁です。

4-16-20

何が盛りと
言えるでしょう。

満開だけじゃなく、

散り際も
解体間際も、

それぞれに
美しいな。

4-16-39

またある日。

布の買い付け風景。

残すもの、諦めるものを
仕分けします。

4-16-41

現場のお宅で、

美味しいものを
いただく。

自家製お餅で作ったという
自家製おかき。

4-16-1

蔵出しの後に。

出していただいた
お茶碗、

こちらも
蔵の中にあったそう。

4-16-40

以前、お客様の元へ
お嫁に行った
型染め帯と再会。

素敵になってー!

4-16-16

この布は
どうなるだろう?

美しい藍染の縞。
明治くらいでしょうか。

4-16-15

アンサンブルで
出てきた大島紬。

4-16-12

戦中の国旗。
刺繍が見事。

4-16-14

ぐるぐる
手回し洗濯機。

4-16-32

こちらも
嬉しい再会でした。

小麦袋が
モダンな姿に!

4-16-34

絣布はカバンや
お財布に。

4-16-35

古いものを愛する
お客様がた、

装いも気になります。

英国の王立演劇学校から
放出された
舞台衣装!だそう。

4-16-47

作りが上等で、
時代考証もしっかり。

後ろ側の作りが
面白かったなぁ。

4-16-33

車の幌布だったのじゃ
ないかと推察される

超厚手の木綿地で
バック。

4-16-24

お仕事頑張りましたー

イ・ヒロッシェさんで
娘と慰労会?

生ハム3種
食べ放題祭りは、

本当に久々にお酒が
飲みたかったです。

4-16-36

日々、慌ただしくも
春はドーッとくる。

4-16-17

だから
見逃せない。

4-16-19

あと半月後と
なりました
大型連休中に、

近くの
魚沼の里さんから
六日町・浦佐駅間の

シャトルバスが
出るそうです。

4-16-18

*4/28・29・30、5/3・4・5・6 のみ

車だと
駐車場が満杯で、
なかなか大変そう。

のんびりバス旅も
良いですね。

魚沼の里さん、
我が家へも
徒歩10分ほどです。

4-16-42

裏庭で。

春の小川は
さらさらキラキラ。

【当店の連休の営業】

4/29(日)30(月)は
定休日でお休みします。

5/1(火)〜5/5(土)は
休まず営業予定です。


4-16-45

娘のスープ屋さん
店頭にて不定期開店。

やっとインフルから
復帰したかと
思ったら。

4-16-44

真鍮の蛇口から
何かがジャー

今朝は突発的に
高熱発症で、

またしても
保育園をお休み。

診断結果は
風邪だそうです‥

4-16-43

矢立を
お玉にして。

見たてうまいね。

4-16-48

買い付けも販売も、
なかなか忙しい春です。

本日買い付けに伺った
お宅にて、

(娘は休日だった夫が
見てくれました)

「小学校あがるまでは
またか!というくらい、
よく熱出すからねぇー。

まぁ、大丈夫よ!」

ひ孫が3人いる
おばあちゃんからの
太鼓判。

4-16-49

夫の賄いパスタ。

いろんな方面に
お世話になり
励まされながら、

お仕事させて
いただく日々です。感謝。

4-16-38

私の賄いインド飯。

浦佐にある
キューピッドさんで
気軽に買えた
パキスタンの長粒米。

(カレーは頂き物の
ダル・マッカニ。
バターカレー、美味!)

どしどしやってくる
古いものたちを
明日からも
一つ一つ、

新たな持ち主様へ
お渡ししてゆきます。

明日は13時開店です。

BBD3530E-DFBB-4F1C-8B0D-CC23C28800DB

※明日(14日)は
買い付けのため、

午後1時くらいからの
開店となります。

B201A697-4595-40F6-8C7B-A1BF0C14D63D

連日買い出しや
持ち込みが続いています。

E7EDCB19-D1D5-4709-AED2-935CD83D4A1F

本日の朝刊に
挟み込まれた広告。

さっそく蔵出し一件に
繋がりました。

ありがたいです。

86FFD6E1-6BE4-4923-86A2-E0AE557D3A5A

光が当たるように
祈っています。

150E4DE2-786E-4F13-9BF0-175307CA2EEE

これらは本当に
美しいだけでなく、

現代では再現できない
技術の粋でもあるから。

E36E8C3E-B48A-414B-8C64-B8E72273B802

比較的リーズナブルに
明治期や大正期の精華へ
手が届くように、

これからも
ご紹介していきます。

2FEFC0DA-3ED2-4D45-8542-CE05DD29F310

収蔵するだけでなく、

活かしてくださる
お客様がたのおかげで、

古いものたちは
これからも
輝き続けます。

本日から再開しました。

9050D54D-AB4F-4D58-8052-582A166703FD
お陰様で、
本日から無事に
お店を再開できました。

D854E757-CC5F-4FF0-AD2A-DC8CF4AEFED6

本日の賄い。
お豆とアスパラカレー。

咳で喉を潰してしまい、
ファンキーに
生まれ変わっております。

今しばらくの間、
お聞き苦しくて
すみません…

50EBD2F0-A56F-48FE-9AEE-BDB97FBBD303

篭っていたわずか
1週間で、

家の周りの花が
たくさん
咲いている。

春は日毎に
進んでいますねぇ。

9747BEF9-A4E4-480C-895A-F021A7ED1193

珍しいマンサクを
いただきました。

ほとんど途切れなく
来客があり、

ありがたかった
再開初日。

今週からまた、
よろしくお願い致します。

4月10日(火)再開になりました。

46245D39-1B80-403B-AEA6-3B50D81FAF19

貰ってしまいました…

インフルエンザ🅰️型、
なかなかな怠さ。

育児は止まらず、

確か2年前にもこんな
状態があったはず。

0B191D54-4A18-4AF9-A829-A5CE4238C161

村役場で
使われていたという
鉄の塊な計算機。

+、−
さらには
÷と×も。

閉店中も不思議と
入荷が続きます。

本日も持ち込み買取の方を
お返ししてしまい、

再開予定日前日には
出張査定も入りました。

5845CFBF-D134-42A2-AC1C-64826439ED5A

再開が延び延びに
なってしまい、
申し訳ありません。

もうしばし、休みます。

*4月6日まで臨時休業いたします。

4-2-28

珍しく3日連続で
更新していますが、

なんと、明日から
臨時休業の知らせです‥

4-2-25

昨夜より咳の症状が
出始めていた娘。

今朝、発熱して
診断の結果、
インフルエンザA型でした。

(小学校では
流行っているそうです)

4-2-27

*味のあるお盆。

チューリップって
こんな風になるんだね!と、
ウケる娘。

4-2-26

*裏側も、なんだか良い。

春が来たー!
新年度だー!

そんな矢先に。

症状出現から5日間は
登園許可証が出ないため、

それまでお店も
お休みです‥

4-2-31

*美しい捏鉢。

4月7日(土)から
店舗を再開いたします。

これから数日、
籠城生活。

症状が落ち着いたら、
周辺の散歩くらいは
できるかしら。

4-2-30

*大正期の絞りの布

先ほども、遠方から
いらしたお客様が。

普段なら定休日でも
タイミングが合えば
開店できるものの、

うつしたら
いけないので、
お帰りいただきました‥

4-2-29

*裏の小川で古道具掃除。
 雪解けとともに。手前は火消し壷。

きっと娘も
小学生くらいになれば

店舗と隔離した
居住部で、

数時間の一人遊びや
養生もできるはず?

4-2-3

*線路脇のツクシ。

もうしばらくは
子供を軸に営業します。

よろしくお願いいたします🙇

無限と有限、蔵の中。

4-1-3

新年度が
始まりました。

4-1-6

定休日。

育児と並行して、
蔵の中。

4-1-8

解体を控え、
静かな庫内です。

4-1-7

なぞろうと思っても、
再現を試みても、

この空気は
二度と作れません。

4-1-5

建てられてから、
長い年月が
過ぎたでしょう。

母屋からの通路の下を
きれいな雪解け水が
流れています。

4-1-9

*掃除前の写真です

足のない
大ぶりなお盆。

良い塗りです。

4-1-10

大平と呼ばれる
蓋付きの漆器です。

その他、
なます皿などが
出ました。

FDE06A90-425A-446D-9EAA-5684C6D74371

今日のランチは、
娘の希望でお肉定食。

歩いても行ける
八海醸造さんの
社員食堂。

4-1-4

娘のお昼寝してる間に、
精米所でお米を磨きます。

近くで生活が完結する
ありがたさ。

4-1-1

もう一つ、
寝ている間の仕事。

4-1-2

図書館に
寄贈サポートする雑誌に
添付します。

2A3726B9-DD4A-4E25-A905-31EC50E85382

背景画像には、

2、3年くらい前の
買い付けで
商家さんから出た

昭和11年出版の
「実用カット総合図案集」。

やっと日の目を
見せられました。
(ほんの1ページ)

布と同じように
印刷物も、

昔のものは
キラキラ光る意匠の
宝石箱。

3-31-20

ある日の訪問。

長岡市の古布ギャラリー、
「おかめひょっとこ」さんへ。

3-31-18

お洋服やバッグなど、

かなり貴重な布を
使っての一点物が、
多数ありました。

(関東の骨董市などと
比べると、リーズナブル)

6541BAB5-E923-450C-BE0C-C778C6DD4507

藍染×絣布の帽子を
購入。

3-31-16

昼食会にも
混ぜていただきました。

雪下人参の
麹漬けなど、

季節の
美味しいものばかり、
すべて手作り。

そして、
とても鮮やか!

3-31-17

座布団かわいいな。

3-31-19

訪れている皆さんの
私物もかわいい。

ふふふ。個性。

3-31-15

オーナーさんの
私物カバンたち、

何気なく壁に
掛けてあるのが
一つ一つ気になる。

3-31-14

キッチンで洗い物を
されている方々の姿。

お洒落で素敵!
表現の天国でした。

4-1-11

長岡市悠久町の
一般民家が会場。

毎月25〜28日、
10〜17時開店だそうです。
(1・2・8・12月以外)

3-31-13

蔵の中の荷物は
いつかは失われる。

けれど、それを活かす
意識の泉は底が無い。

4-1-13

今日も
一間幅の大きな
水屋タンスや、

金具の立派な
長持ちなどを、

蔵の中で
見送りました。

(売れるものは
半間幅の小さなもの、

さらにガラス扉でないと
あまり需要がない)

4-1-12

活かせないことが
本当に歯がゆいですが、

いつか対処法が
見つかるかもしれません。

今やれることを、
続けます。

古いものも、腹八分目。

3-31-7

本日は、
徒然なるままの
更新です。

408EFAFD-1EB0-43E7-A748-54F904A3ACD6

ご近所にある、

六万騎山の山野草が
一斉に
咲き始めました。

カタクリと
キクザキイチゲ。

3-31-12

葉っぱ美し、
蕾かわいい。

3-31-11

カラフル!

3-31-10

ちょっとボケましたが、
手前はコシノコバイモです。

六万騎山は
花の山✨

3-31-8

地蔵堂に
お参りしてから
営業を始める日が、

しばらくは
続きそう。

3-31-9

虫食いも、美しい
テクスチャ。

749E4755-6A6D-4588-BB43-ED4175CE3FE6

明日から
4月ですね。

気持ち新たに、
新年度!

ノボリも新しく
作り直しました。

D6CEF701-F816-4C9B-B0D3-A2D07DB032EC

買ってきたばかりの
18センチの靴が、

いつの間にか
キューピーちゃんの
住処になってる‥

後ろの絵は、
恐竜だそう。
(なるほど)

娘もいよいよ、
年中さんです。

B94299A0-E6FF-494D-9609-D74CFB9EDC1F

絣布のスカート、

一部の布が
擦り切れてきたので‥

79CC930C-0CF2-4A36-A20C-421B1F960C43

チクチク。

直してる最中の
姿も面白い。

22B70F47-2C87-4A63-92BA-530E7D25134A

パッチ完了!

87FB519B-DCA5-4DA0-8524-5CB49AC9F195

裏側から見た
景色も好きです。

3-31-6

頂き物の
立派なユリ根。
北海道産。

バターと塩で、
ホクホク美味しく
食べました。

代わりに?
札幌へ器が旅立つ。

54E194AC-6E47-47F8-AEF6-7EAA47306397

布のゆくえ。

湯沢高原の
アルピナさん。

ケーキの下に
敷かれている赤い布は、

正絹の
名古屋帯です。

オリエンタルな
柄ゆきが、
似合いますね。

(4/28〜、
グリーンシーズンの
営業が始まるそうです)

25B23CDE-9FF6-404B-BF64-60BDBEA6E249

お客様の装い。

手作りの
着物地ワンピースに
合わせた
ネックレスは、

なんと
紙粘土製だとか。

丸ぐけを編んだ紐は
大島紬(綿大島かも?)で、

とても
素敵でした。

個性が楽しい、
個性が美しい。

3-31-5

今年初めて見た
ショウジョウバカマ。

3-31-1

コブシの花も
膨らんで。

3-31-2

閉店後に娘と散歩。

ご近所にある、
樹齢1500年の
大ケヤキ。

葉っぱの芽吹きは
これからです。

3-31-4

西日に踊る
マンサクの花。

思うこと。

溜め込んだり
欲張りたくなるのは、

生き残るための
本能かもしれない。

3-31-3

けれど
胃袋満タンになると、

味はもう
分からなくなります。

9E3A38B3-474E-4227-8275-311837DB4915

やってきたばかりの
丸時計。

柔らかい音に
耳を傾ける。

心の中にも、
お店の中にも、

もっと
余白を作りたい。

AFA35CE4-6C62-4215-85CE-A21FA0140151

やってきたばかりの
帳場箪笥。

腹八分目の方が、
目と心は繊細に
味わえるのでしょう。

足りないくらいで、
ちょうどいい。

4044803C-688B-4555-94D5-8A393928AFEF

山帯を買われた
お客様が、

お洗濯して
乾燥中の様子を
撮影してくださいました。

古いものは、

それそのもので
満ち足りている。

美しい布。

0B171F67-3C52-4003-BCBE-92FE4C684DCD

六万騎山の地蔵堂に
お参りしてから、

土曜日の営業を
始めました。

97C6F495-41B0-4ED9-91A0-32948133B9E8

暖かくなってきて、
タンスの整理をする方も
増えている模様。

A2382D59-9AAA-4B5A-B690-B8961D715744

着物の持ち込みが、
続きました。

B0BA62C4-ABF3-4287-B4DE-7320E5B643EE

持ち込まれる中から
篩い落として、
選んでいます。

BB7B3A0A-4DC0-4C26-90DA-F5315A8F1034

大正期の襦袢を
ほぐした布。

良い雰囲気だったので、

袖裏の布を切り離さず
1枚布にして、

マンサクの後ろに
飾りました。

CD724294-D616-417E-B154-CFEBB657D88C

お客様の
クリエイションに
今日も目を見張る。

951F498D-5582-41CA-883C-8AA9E5FB1F28

90代の
おばあちゃんから
譲っていただいた、

薄羽のようだった
手織り布。

こんな風に
なったのよ、と
見せていただく。

D056FF45-A22E-4CDB-B280-E7CA8AB4B351

リバーシブルで
こちらは、
インドの手織り布。

素敵!

1A73B536-EF6E-4677-B4E4-528028A61590

市販の洋服を見ても
全然欲しくなくなった、
と言うお客様。

初夏の服を縫うために
浴衣の反物を
お買い上げ。

今日も、
紬の着物から
リメイクしたお洋服で。

洗濯を繰り返して、
優しい風合い。

75FFC84D-AE8C-4506-A7CC-C48870CE6C5F

縁のある方が
遺された、

藍染の
麻着物から仕立てる。

21F96C32-8326-4981-A31A-AC08475CAFFA

胸元の彫金ブローチは
早くに見送った、
妹さんが作った作品。

たまに取り出し、
思い出とともに
飾る。

3-17-8

大正〜戦前の
繊細な黒留袖が、

美しい
ジャケットに。

3-17-6

なんて
素敵なんだろう。

風を纏うように
軽い。

3-17-7

お客様が
活かしてくださる
おかげです。

なんて幸せな
布たち!

4191BA0E-53CA-4845-AB52-A44BF374B908

ちょうど1年前、

娘とともに仕込んだ
サトイラズ豆のお味噌。

とっても甘く
出来上がりました。

蒸したカボチャ、
牛乳、お味噌だけの
ポタージュ。

美味しい!

3-17-5

家具の入荷も、
続きました。

3-17-4

小さな仲間たち。

同じお家から
やってきた。

3-17-3

ある日の蔵の中。

買い付けは、
大抵片道20分以内。

3-17-2

素敵だなぁ‥と
眺めていた蔵の中に、

ある日、
入れることも
あるのですが、

ほとんどの場合は
近々の解体を
控えています。

3-17-1

静謐な空間の美しさ。

ご縁をつなごう‥

3-17-9

きっと、新しい場所で
活きるから。

3-24-1

ある日のこと。

弾丸一人旅で
東京へ。

3-24-2

流星のような雲が
なんども現れる道行き。

3-24-3

一つ目の目的地!

大江戸骨董市。

3-24-4

3月の東京は
もう暖か。

3-24-5

藍染の花も咲く。

3-24-6

布を広げて、
ポツポツ。

潔くて美しい。

3-24-7

露天に現れた、
店主さんの世界観。

3-24-8

浅草へ、
移動します。

和装した外国からの
観光客さんが
いっぱい!

3-24-9

20年も前、
都営浅草線沿線に
住んでいました。

懐かしい。けれど、
もう全然違う。

3-24-27

混み合う浅草寺。

日本人の方が
少ないかもしれない‥

3-24-28

日本だけれど、
これじゃない感じ。

これも、
確かに日本だけど。

3-24-29

桜が綺麗でした。

3-24-26

基本的に
4ヶ国語くらい、
併記されている。

3-24-32

本当の目的地は
こちら。

AMUSE MUSEUM.

3-24-25

ずっと
来たかったのですが、

今で良かったと
思いました。

3-24-23

ギャラリースペースでは
裂き織りの展示。

3-24-24

ディスプレイが素敵。

3-24-22

さてさて。

いよいよ、
BORO(ボロ)の
美術館へ!

3-24-21

奇跡的に収集された
東北の野良着や
日常服などが、

多数
展示されています。

3-24-14

その価値が全く
認められていなかった時代に、

田中忠三郎さんが
収集した布たち。

3-24-17

活動の最初は
縄文土器の発掘から、
始まったそうです。

足元に本物の土器‥

展示がダイナミック!

3-24-19

民具も少しあります。

3-24-18

火消し半纏。

3-24-15

なんと、
着ていいんですって!

※そもそも、
ガラスケースの中に
入っているもの以外、

ほとんどすべての
展示物に
触れられます。

(すごい美術館だ)

BB8A450A-BF02-4FCA-A376-352E682F7C71

現代の感覚でも
これ着て、
外を歩けますよ。

3-24-16

綺麗だなぁ‥

3-24-20

胸に刺さる。

C5A3AFA7-F684-4045-ACC6-30896170A9B3

建物の外に
ごった返すひと群れと
隔離されたように、

静かな館内。

E0CFA550-7E6F-4F6F-9144-3230A398ED64

捨ててしまうのだよなぁ…

決して栄光の
トロフィーでは
ないけれど、

地に足をつけ
暮らした日々を、

物から
知ることができる。

3-24-13

屋上にも
出られます。

いい眺め。
(左を見れば、スカイツリー)

3-24-30

ずっと変わらない
景色もある。

3-24-31

花は咲き続けるでしょう。

3-24-12

私が暮らしていた頃の
東京のイメージ。

消えゆく雰囲気が
愛おしい。

3-24-11

お昼は
南インド料理、

夕ご飯もインドの
炊き込み御飯ビリヤニで
大満足!

(チャイとビリヤニ、ライタで
2,000円…東京物価ですね( ; ; ))

3-24-10

あっという間に
帰りの時間。

暮らしの上に
モノは生まれる。

日常に溢れている
美しさに感謝します。

明日も営業しています。

05916669-7784-4ADB-8445-4DBB94C19467

取り急ぎの
更新となりますが、

明日(21日)の祝日も
平常通り11時〜16時で
営業致します。

1345F06D-F3DD-44E8-ADFE-99BB808B9243

つい先ほどの
買い付け。

相変わらずの
軽バン・テトリス。

AF890C0B-43DA-4322-96B3-E0F523B07204

運転席側から。

買い付け品の掃除は
随時行っていますが、

係留地に
長く落ち着かず、
早速お嫁にでるものも。

EC1BB51B-F4DB-4032-BFCF-A72364FC6D96

器もあります。

74A39877-3677-4C43-827A-E2A332BCA943

洗った古道具を、
晴れた日には
外で乾かせる…

春ですね。

2B175C69-F4A6-436D-9C9A-2DF50A98B484

お嫁に行った先の
道具たちの姿を、

写真で拝見させて
いただく幸せ。

ステキな
木彫作家さんの元で
輝いてるなぁ✨

70E03052-8292-4046-B3E1-6ED446FAEF90

布たちとの
嬉しい再会も、
日々の楽しみ。

帯バック、
生地の美しさが
活かされていました。

6A96126D-AE7D-47BC-9C5D-BA1D2CB4C4DA

相変わらず、

買い付け先にも
美しい景色が
広がっています。

こちらの作業小屋は、
カフェにしたい程でした。

4B779347-D9D1-4DC5-B984-F1EDF6F844B3

工夫の跡。

ちょっとしたもの
(階段など)が
ほとんど手作り。

持ち主の方が重ねた
時間の先にある、

古道具たちを
引き継ぎます。

25

この世界を遊ぼう。

24

3年くらい前に、
店頭でミニ頒布会
(代金お気持ち制)を行った、

十日町の無名書家さん
(独学で書かれており、
未だどこにも
発表されていません)の作品。

風が吹いている!

23

これらの表現が、
のびのびと展示される
ステキな企画も、

穏やかな
春の気配と共に
動き始めています。
(開催は晩夏)

77DB7A04-7560-44BB-8A1B-9856A22B2F52

お誕生日祝いで
ベルナティオ。

日々を繰り返し、
古いものと
ダンスする。

3-17-10

生きることは
表現そのもの。

残された道具や布は、
いつかの暮らしの
置手紙。

芽吹きも遠からじ。

21

久々の更新になります。

*時折、Facebook限定の
 小さな記事を
 上げておりますので
 よろしければ、こちらもどうぞ。

*Facebookアカウントの
 ない方でも
 ご覧いただけます。

18

すっかり、
暖かくなりました。

22

お客さまの装いで、
一足先に春を
感じさせていただく。

なんて、可愛いの!

3-12-1

おかげさまで、
買いつけペースも
冬ごもりから
開けつつあります。

3-12-2

素敵な布たちを
半世紀以上の
眠りから目覚めさせる。

(物自体は、
100年超経ています)

3-12-3

おはようおはよう。

春ですよ。

4

新しい生活が
始まりますよ。

5

現役で使われている
階段タンスが美しい、

大きなお宅で
眠っていました。

*掲載許可済み

6

真っ黒な
漆喰壁の色が
美しかった。

7

書院の欄間に
見とれ。

8

金具一つ一つが
重ねた歴史にまた
惹きつけられながら。

9

400年近い
歴史の中、

多い時には数十人が
暮らしたという…

10

囲炉裏も未だ
現役でした。

12

また別の
御宅の蔵の中から。

11

綺麗ですね。

コンディションの良い
縮緬。

13

大正期のものが
多く出ました。

麻の絽は珍しい。

15

久々にお引き取り
させていただいた裃。

14

手織りの美。

16

江戸〜明治期の
麻です。

17

鮫小紋。

藍の深い色…

AEBF617C-161B-4C14-B81B-CF5EFA1D4A65

様々な美味しい
頂き物。

26

春の香り。

天ぷらと
味噌和えにして。

AF6EE442-BB7E-45FA-8BBA-8CB74F37D0D9

息子さんの
おさがりだという

セーターの繕いが
素敵だった方。

27

お客様がご自身で
紐を足し、

カシュクールドレスのように
羽織られていた
秋田県の野良着。

FE8717D8-ED8F-41DE-BC0F-23CCD1002A12

(*着用写真も撮らせて
いただいたのですが、

まさかの
SDカードクラッシュで
データが破損、復旧ならず( ; ; ))

20

裏の布がいい!

袖元は小ハゼ留め、
とにかく
細やかな作りでした。

19

閂も丁寧だー

377B80EE-A2C2-4C73-8585-8442530C2E87

駆け足な更新でしたが、

明日からの営業も
またよろしく
お願いいたします。

DA65B833-C259-44DD-A298-F455C7DF7128

入りたてのものも、

掃除前ですが
ご覧いただけます。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ